Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2018/11/17
Update

映画『サムライせんせい』あらすじネタバレと感想。人気漫画を市原隼人で実写化

  • Writer :
  • 福山京子

幕末150周年記念作品として製作された映画『サムライせんせい』は、黒江S介の同名コミックス「サムライせんせい」(リブレ刊)の原作を映画化しました。

幕末を奔走した土佐藩の“熱き志士”武市半平太が平成の世にタイムスリップ!

現代日本の学習塾を手伝うことで繰り広げられる痛快ながらも心温まる物語です。

スポンサーリンク

映画『サムライせんせい』の作品情報


(C)Movie ver. Master SAMURAI. and (C)Esusuke Croe / Libre 2017 All Rights Reserved.

【公開】
2018年(日本映画)

【原作】
『サムライせんせい』黒江S介

【脚本・監督】
渡辺一志

【キャスト】
市原隼人、忍成修吾、奥菜恵、押田岳、武イリヤ、螢雪次朗、永澤俊矢、松川尚瑠輝、西村雄正、若林秀男、小田雄介、新城貴大、大ちゃん、川村慎二、まひろ、大家由祐子、山下耀子、さがね正裕、ヤス、高崎翔太、中村有志、新城貴大、勝部演之、橋爪功

【作品概要】

本作の主演を務めるのは、あの大ヒット青春スポーツドラマシリーズで映画化もされた『ルーキーズ』(2008年)の主人公を熱く演じ、最近ではNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』で傑山役を好演した市原隼人が、幕末からタイムスリップした武市半平太を威厳を持って時にはコミカルに演じています。

監督は『キャプテントキオ』(2007年)、『新選組オブ・ザ・デッド』(2015年)の渡辺一志が担当。

半平太と同じく平成の世に迷い込んだ坂本竜馬を忍成修吾、平成の世で半平太と関わる平成世代の若者に押田岳、武イリヤ、さらに半平太を助ける佐伯老人を日本を代表する名優、橋爪功が演じるなど、多彩な顔ぶれが脇を固めます。

映画『サムライせんせい』のあらすじとネタバレ


(C)Movie ver. Master SAMURAI. and (C)Esusuke Croe / Libre 2017 All Rights Reserved.

激動の幕末期の土佐藩士・武市瑞山は、攘夷と虚藩勤王を掲げる⼟佐勤王党を結成した強いリーダーシップを持つ政治活動家としても名を馳せました。

彼を慕う人々から武市瑞山は通称の名、武市半平太と呼ばれました。

時は2017年、一人の侍姿をした男がキセルでタバコを吸っています。

その男がチョンマゲを整え、お地蔵さんに礼をしています。

一方大きな日本家屋の部屋で、多くの子ども達が騒いでいます。

ここはお屋敷の一部を塾として開放している佐伯邸であり、これから始まる授業を前に、スマホやゲームで子ども達が楽しんでいます。

「男子、もう始まるから辞めえや!」と女子が注意します。

合図とともに、子ども達は机の前にきちんと座り「サムライせんせい、よろしくお願いします」と挨拶をします。

教室の戸を開いて入ってきたのは、羽織袴にチョンマゲのサムライ姿の男でした。

子ども達と楽しく授業を終えると、保護者のお母さん達が「せんせい、いつも子どもがお世話になっています」とお礼を言いながらケーキやお菓子をサムライせんせいに渡します。

「妻以外の施しは受けぬ」とサムライせんせいが言い返すと、ますますお母さん達の目がハートになります。

「しかし、本当に子ども達も親達も武市さんを慕ってくれて、本当に1ヶ月前はどうなるかと思いました」

とサムライ姿の男と向かい合い、塾を開いた地元の名士の佐伯がケーキとお茶をしながら回想します。


(C)Movie ver. Master SAMURAI. and (C)Esusuke Croe / Libre 2017 All Rights Reserved.

文久3年1863年の幕末、武市半平太は土佐の実権を握る吉田東洋の暗殺に関与した罪で、勤王党の仲間と共に投獄されました。

半平太の牢獄の横から、同志達の拷問されている顧問の声が聞こえてきます。

半平太は切腹を言い渡されていました。

「人斬り以蔵が吐きよったぞ」と同士の岡田以蔵が自白したことを政敵に伝えられ、半平太は無念極まり慟哭の声を上げた瞬間意識を失いました。

半平太は気がつくと、草はらのグランドに横になっていました。

野球のボールが転がってくるので、半平太がそのボールを掴んで立ち上がった途端愕然とします。

意識が朦朧とする中トラックがやってきては驚愕し、スーパーマーケットを見つけて入れば多くの食料にまた叫びの声を上げます。

あまりの空腹にリンゴに手を伸ばし、後で必ず支払うと告げるも警察に追いかけられます。

広場でよさこい踊りをしている人々の中を、かき分けて逃げ惑う半平太の姿を「ウケる〜!」と言いながらスマホで高校生のサチコが撮っているのを聞き、佐伯寅之助は「あいつおかしいし、不審者やろ」とバカにして話していると、お気に入りのバイク・ザックスに逃げてきた半平太がぶつかりミラーが壊れます。

半平太は警察から逃げ続けるも精根尽き果て、遂に佐伯の屋敷前で倒れました。

佐伯は、半平太の話を聞くにつれて机の引き出しから日本の年表を取り出し、「武市さんの話す文久という年号がここで、その後元治、慶応と続いて明治大正昭和で今が平成になってます」と説明します。

二人は年表を見ながら、半平太が幕末から150年ほどタイムスリップしてきた衝撃的事実を知ります。

佐伯は半平太の実直な人柄を買い、幕末に帰る方法が見つかるまで子ども達のために、彼に塾の先生をしてほしいと頼みます。

「命の恩人の頼みですき!」と二つ返事で引き受けた半平太は、“サムライせんせい”として授業を受け持ちます。

サチコが学校の近くで「トラとは、小中学校も一緒で」と小学生に話しながら、寅之助とのデートの待ち合わせをしています。

寅之助は佐伯のやんちゃな孫であり、毎日をダラダラと過ごしていました。

ある日、屋敷で寝そべっている寅之助を見つけた半平太は、学校に行って勉強しろと説教しますが、本人はどこ吹く風でした。

また半平太は、道で寅之助が先輩といいつつも、素行の良くない者と連んでいるのを目にしました。

子ども達とはりまや橋を渡ったり、お祭りに行って花火を楽しんだりして楽しく充実した日々を過ごしながらも、半平太は土佐に残した妻の富を心配していました。

富は投獄された半平太の無事を信じ、その帰りを健気に待っています。

飛行機が飛び立ちます。

高知龍馬空港にジャーナリストと名乗る一人の男・楢崎梅太郎が降り立ちました。

梅太郎は、東京で動画サイトにアップされたサチコの映像が話題になっている、サムライせんせいのことを知り、居場所を突き止めます。

梅太郎は佐伯邸に忍び込むと半平太に見つかり、物干し竿で北辰一刀流の構えを見せました。

唖然とする半平太に、梅太郎は「アギ、約束忘れたがか?」と告げると「アザか!」と言って半平太は喜びます。

二人はあだ名で呼び合うほどお互いを認め合う仲で、梅太郎こそ吉田東洋の暗殺計画を巡り袂を分かった盟友、そして二人が別れる時に、またいつか会おうと約束した、あの坂本龍馬でした。


(C)Movie ver. Master SAMURAI. and (C)Esusuke Croe / Libre 2017 All Rights Reserved.

以下、『サムライせんせい』ネタバレ・結末の記載がございます。『サムライせんせい』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

二人は桂浜に向かいます。

そこには二人の銅像が建っていました。

「お前もわしもすごいと思わんか、150年を経っちゅう」と驚く半平太に、「今は山内容堂も徳川もおらん、山内は土佐藩でお前を利用しただけやった」と龍馬は静かに答えます。

さらに半平太は、このままでは異国に日本がとられると心配するも、自分たちが駆けずり回った日本がこんなに平和になっているなんてと思いを噛みしめています。

一緒に東京に行かないかと、龍馬に半平太は誘われますが、妻の富が87歳まで生きたことを聞き、ここで土佐に帰るまで過ごす決意を語ります。

帰りに寅之助が先輩達に連れて行かれるのを見た二人は、後を追います。

倉庫で金を持ってこないことに腹を立てた輩が、寅之助に暴行を加えています。

半平太は、相手がたった15人で不服だと呟きながら龍馬の見ている前で、全員を倒します。

帰ってから「なんでも言うことを聞く」という寅之助に半平太は、ある場所に連れて行ってほしいことと、弟子になるように言います。

龍馬は、東京へ戻りました。

ある日、半平太は教室で男の子達からゲームのキャラを探しに山の奥に一緒に行ってほしいと誘われます。

先約があると言って、半平太は断ります。

その先約とは、寅之助に富のお墓まで連れて行ってもらうことでした。

一方山に行った子ども達が、日が暮れても帰ってこないので、佐伯邸に家族と近所の人がたくさん集まっています。

そこへ帰ってきた半平太と寅之助は、すぐに山の奥へ探しに行きます。

見つけた子ども達を連れて帰ってきた時に、警察がやってきて半平太を連れて行こうとします。

佐伯が理由を聞くと、未成年者を怪我させて親が訴えているとのことでした。

寅之助が訴えるのも虚しく、半平太を連れて行こうとするので、寅之助はバイクに半平太を乗せて逃げます。

そこへ丁度車が通りバイクと衝突し、寅之助が飛ばされます。

寅之助が気がつくと、半平太のヘルメットだけが転がっていました。

後日、佐伯に高知銀行から連絡があり、佐伯家の代々預かっているものを見せる時が来たと言われます。

佐伯に渡されたものは、一通の封筒でした。

その日に開けるように書き記され、さらに封筒の裏には『瑞山』の署名がありました。

寅之助とともに封を開けると、そこには寺子屋と書かれた文字と佐伯邸の教室風景の絵が描かれてありました。

寅之助は自分の絵が描かれてあることに気づき、その横に『武市瑞山の弟子』と記されている文字を見つけ、佐伯と見つめ合います。

牢屋の中、真っ白な裃を身に纏った武市半平太の凜とした姿がありました。

その装束は、富が丹精込めて用意したものでした。

刀を手に取り、静かに切腹を終えました。

スポンサーリンク

映画『サムライせんせい』の感想と評価


(C)Movie ver. Master SAMURAI. and (C)Esusuke Croe / Libre 2017 All Rights Reserved.

幕末からタイムスリップした武市半平太を演じている老若男女人気のイケメン俳優、市原隼人。

初めての主演作『リリイ・シュシュのすべて』(2001)では、十代らしい透明感のある少年を演じ、『WATER BOYS2』(2004年)の主演で若々しい魅力を放ち、国民的人気俳優となりました。

人気だけでなく同年『偶然にも最悪な少年』の演技で実力を認められ、日本アカデミー新人俳優賞を受賞します。

そしてやはり代表作は『ROOKIES』(2008)。大ヒットした学園スポーツドラマで、市原隼人扮するイケメン不良・安仁屋そのものに成り切って演じました。

いつも大切な試合の前に不良に絡まれ、ボロボロの体をひた隠し、痛みに震えながらもピッチャーで投げ切るシーンに多くのファンが魅了されました。

本作では、今まで正統派2枚目として活躍してきた市原隼人が、崩れる役や汚れる役を、とんでもなくコミカルで、素っ頓狂な表情を見せています。

そもそも武市半平太という歴史上の人物は、高知で今も坂本龍馬と並び称されるほどの尊敬に値する人物で、実際幕末には土佐で若者を率いて土佐勤王党の指導者として大きな影響を持つ偉人です。

その知性や威厳を漂わせながらも、現代の初めて目にするものに出会う度に、感嘆の声を上げ、コミカルに逃げ惑い、どうしたらいいかパニクっている挙動不審の姿につい吹き出して笑ってしまいそうになります。

そんな崩れた三枚目の役と、いきなり日本の将来を危惧する真剣な眼差し、そして妻の富を心から心配し慕う切ない表情を見せる市原隼人の新しい魅力が、この映画にはぎっしり詰まっています。

その一方、飄々とした地元の名士佐伯翁扮する橋爪功の演技は、佐伯そのものを物語っています。

半平太から衝撃の事実を聞いても、一糸乱れずに年表を一緒に見て確認できる器を見事に演じています。

この映画に橋爪功の姿が見えるだけで、半平太と同じように心が救われていくのが不思議です。

まとめ


(C)Movie ver. Master SAMURAI. and (C)Esusuke Croe / Libre 2017 All Rights Reserved.

半平太が戻った後で、高知銀行に預けられていた手紙を佐伯とたらの助が開くシーンがあります。

そこには、“サムライせんせい”として子供たちと過ごした教室の風景と「武市瑞山の弟子」と書かれた寅之助の絵が描かれてありました。

時代が違っても、大切な人とその人に伝えてもらったものは変わらないというメッセージを感じます。

そして今の日本の平和が、多くの先人達の努力や命を懸けて築き上げてきたものであり、

今一度立ち止まる機会を与えてくれています。

半平太とともに映画の中にタイムスリップしてみませんか。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『梅切らぬバカ』ネタバレあらすじ感想と結末の解説評価。加賀まりこ演じる老齢の母と自閉症の息子が紡ぐ日常にある幸せ

自閉症の息子を愛しぬく老いた母の幸せな奮闘記 老いた母と自閉症の息子が地域コミュニティとの交流を通して自立の道を模索する姿を描いた感動のヒューマンドラマ。 加賀まりこが『濡れた逢びき』(1967)以来 …

ヒューマンドラマ映画

映画『散り椿』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【岡田准一おすすめ代表作】

日本映画史に残る数多くの大作・話題作の撮影監督として名をはせた木村大作の監督三作目にして初の本格時代劇『散り椿』。 原作は『蜩ノ記』の葉室麟。主演はすっかり日本映画の顔になりつつある岡田准一。 共演に …

ヒューマンドラマ映画

映画『レイトナイト(Late Night)』あらすじネタバレと感想。エマ・トンプソン演じるハートフルコメディの内容とは

2019年のサンダンス映画祭でプレミア上映され、アマゾン・スタジオズが全米配給権を獲得した映画『レイト・ナイト(Late Night:原題)』 映画『レイト・ナイト(Late Night:原題)』は、 …

ヒューマンドラマ映画

『母へ捧げる僕たちのアリア』あらすじ感想と解説評価。オペラの名曲の数々と共に描いた“成長と自立の難しさ”

映画『母へ捧げる僕たちのアリア』は2022年6月より全国ロードショー! オペラという世界との出会いは、少年に新たな光をもたらしました。しかしその入り口までの道のりは険しいものでもありました… 南フラン …

ヒューマンドラマ映画

『ベルイマン島にて』ネタバレ感想結末と評価あらすじ解説。フォーレ島を舞台にビッキー・クリープスらがひと夏の恋愛物語を演じる

巨匠の面影を身近に感じながら過ごす映画監督カップルのひと夏の物語 20世紀最大の巨匠イングマール・ベルイマンが愛した神秘的な島、フォーレ島を舞台に、映画監督同士のカップルが過ごした夏の日々を繊細なタッ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学