Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『Smoke』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

  • Writer :
  • 西川ちょり

映画『Smoke』のあらすじネタバレと感想やラスト結末をまとめました!

以下、あらすじやネタバレが含まれる記事となりますので、まずは『Smoke』映画作品情報をどうぞ!

スポンサーリンク

映画『Smoke』作品情報

【公開】
2016年(アメリカ)

【原題】
Smoke

【監督】
ウェイン・ワン

【キャスト】
ハーヴェイ・カイテル、ウィリアム・ハート、ハロルド・ペリノー・ジュニア、フォレスト・ウィテカー、ストッカード・チャニング、アシュリー・ジャッド

【作品概要】
作家のポール・オースターが脚本を担当、『ジョイ・ラック・クラブ』のウェイン・ワン監督がメガホンをとり、ニューヨーク、ブルックリンに住む人々の人間模様を描いた1995年の作品です。このたびデジタルリマスター化されスクリーンに復活しました。

映画『Somke』あらすじとネタバレ

煙草屋に男が入ってきて、煙草二缶とライターを買って行きました。店長のオーギー・レンは、常連客に今のは作家のポール・ベンジャミンで、もう長いこと新作を発表していない、数年前に起こった銀行強盗で妊娠中の妻を亡くしたんだよ、と語ります。

ポールが歩いていると黒人の少年に引っ張られて二人は歩道に倒れてしまいます。その横を車が猛スピードで通り過ぎました。お礼がしたいからと、ポールは少年をカフェに誘い、うちに泊まりたくなったら連絡してくれと電話番号を教えます。

ある夜、ポールが煙草を切らしたとオーギーの店にやって来ました。話しているうちにオーギーが毎日写真を撮っていることが判明。彼は自分の作品を貼ったスクラップブックを取り出しました。

それらは、いつも同じ場所から自分の店を撮った、定点観測の写真でした。一生をかけた一大プロジェクトだ、とオーギーは言いますが、ポールにはみんな同じ写真に見えてしまいます。「もっとゆっくり見なきゃ。」と言われ、じっくり写真を見始めたポールはその中に生前の妻が映っているのを見つけ、思わず涙ぐんでしまいます。

少年がポールの家に突然やってきました。彼はすきを見て紙袋を本棚に隠します。少年が二晩泊まったところで、ポールは気が散って仕事ができないと追い出してしまいます。二日後、少年のおばが訪ねて来ました。自分の父親が生きているという噂を聞いて彼は家を出たようなのです。

少年はトーマス・ジェファソン・コールといい、父であるサイラス・コールのガレージを探しあて、偽名を名乗ってバイトとして働いていました。

オーギーのもとに、昔つきあっていたルビーがやってきました。「あたしたちの娘」を助けてくれという彼女。本当に自分の娘なのか?と疑うオーギーでしたが、彼女と一緒に少女に会いに行きます。少女は母親の顔を見るなり子供は堕ろしたと言い放ち、二人は追い返されてしまいます。

トーマスが再びポールの家を訪ねると、思いがけず歓迎されます。ポールはオーギーにトーマスを雇ってくれるように頼みます。早速働きだしたトーマスでしたが、大事な商品を濡らすという大失敗をやらかします。

ポールは本棚の紙袋を発見していました。中には5千ドルを超える金が! トーマスに問いただすと強盗が落としたものを拾ったのだと言います。トーマスはその金を損害の埋め合わせとしてオーギーに渡し、オーギーはそれを生活に困っているルビーにそっくり手渡します。

トーマスがサイライスのところにいると、ポールとオーギーが訪ねてきて、トーマスが偽名を名乗っていたことがバレてしまいます。サイライスに問い詰められ、本名を明かすと、「嘘だ」と暴れだすサイラス。大騒ぎのあと一同はピクニックのテーブルにつき、葉巻をくゆらせます。

数ヶ月後、ポールは新聞社からクリスマスストーリーの原稿依頼を受けました。何かいい話はないかとオーギーに尋ねると、オーギーは昔、自分が経験した話を語り始めます。

「俺が写真を撮るきっかけになった話さ。ある日店番をしていると少年が万引きをしやがった。追いかけるとやつは財布を落として逃げちまった。中には免許書と何枚かのスナップ写真が入ってた。少年の幼いころの写真、母親と一緒に映った写真、そいつを見るとなんだか怒りが治まっちまった。警察に訴える気にもなれなくて財布を持ち帰り、そのままにしていた。クリスマスに思い出して返してやろうと少年の家に出かけていった。ベルを押して「ロジャーはいますか?」と言うと、90歳くらいのばあ様がドアを開けた。盲目だった。彼女は俺に「来てくれたのロジャー?」と言った。考える前に「うん、そうだよ。クリスマスだから来た」と答えていた。彼女はぼけかけていたが他人と孫の違いくらいわかる。わかっていて楽しんでいた。俺も調子を合わせ適当なことをいろいろ話した。仕事についたとか結婚のこととか。ばあ様はわかって喜んでいた。いろいろ買い込んで二人で食べた。トイレを借りると、箱にはいったままの35ミリカメラがたくさん積んであった。一ついただこうという気分になった。ばあさんは眠っていた。財布をテーブルに置いてカメラを持って外に出た」。

じっと聞いていたポールは「その後は会わなかったのかい?」と聞きます。2,3ヶ月して気が咎めて返しに言ったんだがばあ様はいなくなっていたとオーギーは答えます。「死んだのかな」とポール。「ああ」とオギー。

ロジャーは微笑みます。彼はその話がうまくできたフィクションだろうと考えています。それを指摘されても尚、オーギーは「秘密をわかちあえない友達なんて本当の友達といえるか?」と微笑むのでした。

スポンサーリンク

『Smoke』の感想と評価

映画の舞台は1990年代のブルックリンです。現在のブルックリンは洗練された街に変貌していますが、映画は下町の雰囲気を残した当時の風景を記録しています。

ハーヴェイ・カイテル扮するオーギーの煙草店は煙草の他にも、スナック菓子や雑誌なども置いています。街のよろず屋の役割を果たしているのでしょう。彼は毎日通りの向かいから自分の店の正面を写真に撮っているのですが、この写真が実にいいのです。皆同じように見えて、一つ一つ違う。天候や季節の違い、通りかかった人々の顔ぶれ、動作の違い、それはオーギーが「プロジェクト」と呼ぶとおり貴重な「記録」ですが、アートの領域から見ても素晴らしいものです。

ウィリアム・ハート扮するポールにオーギーが語るクリスマスストーリーの信憑性は実に曖昧です。曖昧といえば、ストッカード・チャニング扮するルビーが娘の父親をオーギーだと言っていますが、これもかなり怪しい話です。

物語はその曖昧さをはっきりさせる方向には動きません。寧ろ、煙草の煙のように、ゆるやかに流れてしまいます。それが恐らくこの物語に登場する人物の生きる知恵なのでしょう。

フォレスト・ウィテカー扮するサイライスが、少年が自分の子と知って取り乱す場面のあと、ピクニックのテーブルを囲んで、各々がくつろいでいる(あるいは疲れ果てて放心している)ショットは、見事な構図と相まって、忘れがたい場面としていつまでも心に残りそうです。

まとめ

本作は1995年に恵比寿ガーデン・シネマで公開され、数年後、『ボウリング・フォー・コロンバイン』に拔かれるまで同館の動員記録1位を誇った作品です。

孤独を抱えた作家が、地域の人々と触れ合う中で、豊かな気持ちを取り戻していく姿が感動的です。

「煙の重さを量れるというやつがいたんだ」というふうに時折、ポールが煙草にまつわるエピソードを語る場面も印象に残る愛すべき作品です。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『レディ・バード』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【グレタ・ガーウィグ監督おすすめ代表作】

女優グレタ・ガーウィグの初単独監督・脚本作で、第90回アカデミー賞で作品賞・監督賞・主演女優賞・助演女優賞・脚本賞の5部門にノミネートされた、映画『レディ・バード』。 『フランシス・ハ』『20センチュ …

ヒューマンドラマ映画

映画『ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男』あらすじとキャスト

映画『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』は、2018年3月TOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開されます。 実話を基にチャーチル首相就任からダンケルクの戦いまでのこれまで知られ …

ヒューマンドラマ映画

映画トモシビ(銚子電鉄映画)アンコール上映舞台挨拶と公開劇場は?

映画『トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡』のアンコール上映が、7月1日(土)より東京・新宿武蔵野館で出発進行! また、7月1日(土)10:00の回上映後は、アンコール上映開始を記念して、個性派俳優で知 …

ヒューマンドラマ映画

映画『プラトーン』ネタバレ感想とあらすじ結末の評価解説。監督の実話を基に意味を見失う戦争の現実を伝える

オリバー・ストーン監督が自らの体験を基にベトナム戦争を描いた衝撃作! オリバー・ストーンが脚本・監督を務めた、1986年製作のアメリカのR15+指定の戦争ドラマ映画『プラトーン』。 1967年、ベトナ …

ヒューマンドラマ映画

映画『生きちゃった』ネタバレ感想と結末ラスト考察。タイトルの意味に変化が起きて観客それぞれにメッセージは託される

映画『生きちゃった』は人によって解釈の違うタイトル。 高校時代からの友人である3人の男女が、それぞれ複雑な感情を隠し、悲劇的とも言える運命に直面する映画『生きちゃった』。 『川の底からこんにちは』(2 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学