Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2021/07/17
Update

映画『ホロコーストの罪人』感想評価と解説レビュー。ユダヤ人家族が直面する悲劇を通して描くノルウェー最大の罪

  • Writer :
  • 松平光冬

ノルウェーがホロコーストに加担していた衝撃の過去を描く

映画『ホロコーストの罪人』が、2021年8月27日(金)より新宿武蔵野館ほかで全国公開されます。

第2次世界大戦時、ノルウェーの警察や一般市民までがホロコーストに加担していたという事実をもとに、あるユダヤ人家族が直面する悲劇的運命。

あまりにも非情なノルウェー最大の罪を隠さず描き出した、本作の見どころをご紹介しましょう。

スポンサーリンク

映画『ホロコーストの罪人』の作品情報

(C)2020 FANTEFILM FIKSJON AS. ALL RIGHTS RESERVED.

【日本公開】
2021年(ノルウェー映画)

【原題】
Den storste forbrytelsen(英題:Betrayed)

【監督】
エイリーク・スベンソン

【脚本】
ハラール・ローセンローブ=エーグ、ラーシュ・ギュドゥメスタッド

【製作】
マーティン・サンドランド、テレッセ・ボーフム、カトリン・グンデルセン

【編集】
クリスチアン・シーベンヘルツ、エリセ・ソルベルグ

【キャスト】
ヤーコブ・オフテブロ、シルエ・ストルスティン、ミカリス・コウトソグイアナキス、クリスティン・クヤトゥ・ソープ、シルエ・ストルスティン、ニコライ・クレーベ・ブロック、カール・マルティン・エッゲスボ、エイリフ・ハートウィグ、アンデルシュ・ダニエルセン・リー

【作品概要】
第2次世界大戦時、ノルウェーの秘密国家警察がホロコーストに加担していた事実をもとに、あるユダヤ人家族が直面する悲劇と運命を描きます。

出演は『獣は月夜に夢を見る』(2014)、『ラスト・キング 王家の血を守りし勇者たち』(2016)のヤーコブ・オフテブロ、『ソフィーの世界』(1999)のシルエ・ストルスティン、「ミレニアム」シリーズ(2009~2010)のミカリス・コウトソグイアナキスら。

日本のアニメに憧れる少女を描いた『HARAJUKU』(2018)で高い評価を得たノルウェー出身のエイリーク・スベンソンが、監督を務めました。

映画『ホロコーストの罪人』のあらすじ

第2次世界大戦中のノルウェー。

父ベンツェルを家長とするユダヤ人一家のブラウデ家は、ボクサーの次男チャールズがアーリア人女性のラグンヒルと結婚し、長男イサク、長女ヘレーン、三男ハリーらも含めて幸せな空気に包まれていました。

しかし1940年4月、ナチスドイツがノルウェーに侵攻したことで状況は一変、チャールズたちユダヤ人男性はベルグ収容所に連行され、過酷な労働を強制されることに。

残されたチャールズの母サラやラグンヒルは、愛する家族の帰りを待ちながら、スウェーデンへ逃亡する準備もを進めます。

1942年11月、突然夜中に起こされたチャールズら囚人は、所長によって2つのグループに分けられます。それはベルグに残る者たちと、アウシュビッツ収容所へと移送される者たちでした……。

スポンサーリンク

映画『ホロコーストの罪人』の感想と評価

(C)2020 FANTEFILM FIKSJON AS. ALL RIGHTS RESERVED.

本作『ホロコーストの罪人』は、1940年4月のナチスのノルウェー侵攻により家族を引き離されたブラウデ一家を記したマルテ・ミシュレのノンフィクション・ノベル「Den storste forbrytelsen(最大の罪)」を映画化したものです。

ナチスが定義していた人種のカテゴリーでは、ノルウェーは「優等な北方人種」の国として、占領地でありながらドイツの保護領とされていました。

そのため、19世紀に主にバルト地域からノルウェーに移住してきたユダヤ人も、占領当初は平穏な生活を送っていました。

しかし、次第に戦況が激しくなるにつれ、ノルウェーでも反ユダヤ主義政策が導入されることに。

ノルウェー屈指のボクサーだったチャールズ・ブラウデとその家族に起こる悲劇は、そのままノルウェーで暮らしていたすべてのユダヤ人に当てはまるものでした。

(C)2020 FANTEFILM FIKSJON AS. ALL RIGHTS RESERVED.

本作で描かれるのは、罪なきユダヤ人が迫害・殺害される悲劇に加担した者の中に、同じノルウェーで暮らしていた人間もいたという事実です。

ノルウェー人警察官によるユダヤ人の逮捕・拘束、ノルウェー人財務官吏によるユダヤ人の財産没収、収容所におけるノルウェー人監視員の暴行、そしてノルウェー国鉄職員やタクシー運転手によるユダヤ人のアウシュヴィッツ移送…要職者はおろか一般市民までもが、“史上最悪の罪”に関与していたのです。

こうした出来事は、長らく問題視されたり公になることがありませんでしたが、1980年代に入ってホロコーストから生還したユダヤ人が次々と証言し始めたことで、ナチスの戦争犯罪について再検証がされることとなりました。

本作監督で1983年生まれのエイリーク・スベンソンも、自身が生まれた地元の街近辺で起きたにもかかわらず、こうした出来事について無知だったとして、「自分がこの作品を映像化しないのであれば、映画そのものを作り続ける意味はないのではないかと思った」と、映画化した意義を語っています。

「虐殺はナチスの仕業だが、ノルウェーにおけるユダヤ人の強制連行は、ノルウェー人が行ったことである」

時のノルウェー首相イェンス・ストルテンベルグが、自国が第2次大戦中にユダヤ人の追放・虐殺に加担した事実を認め、初めて公式に謝罪したのは、終戦から67年後の2012年でした。

まとめ

(C)2020 FANTEFILM FIKSJON AS. ALL RIGHTS RESERVED.

本作は、ほかのナチ・ホロコースト作品で散見される直接的な残酷描写こそありませんが、心理的かつ精神的に、観る者の心を抉っていきます。

昨日まで親しかった隣人・友人から、突然遠ざけられたり蔑まれるようになってしまう……あまりにも理不尽な人間同士の迫害は、今なお世界各地に存在します。

自国の罪を「過ぎたこと」とせず真正面から提起・告発する――スベンソン監督の「映画そのものを作り続ける意味」を、ご自身の目で確認下さい。

映画『ホロコーストの罪人』は、2021年8月27日(金)より新宿武蔵野館ほかで全国公開


関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『この道』あらすじネタバレと感想。EXILE AKIRAが山田耕筰と北原白秋の友情を熱演

歌い継がれて100年。童謡誕生から100年経った今でも、日本人の心の故郷を思い起こさせる童謡『この道』は、どのようにして誕生したのでしょうか。 詩人・北原白秋と音楽家・山田耕筰が出会って生まれた歌「こ …

ヒューマンドラマ映画

映画『ビリーブ 未来への大逆転』あらすじネタバレと感想。尊敬される女性の半生を描く

世紀の「男女平等」裁判に挑んだ女性弁護士の実話 2019年3月22日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほかでロードショーの映画、『ビリーブ 未来への大逆転』。 86歳の今もなお、現役のアメリカ最高裁判事 …

ヒューマンドラマ映画

映画『50年後のボクたちは』あらすじと感想レビュー!原作はある?

ファティ・アキン監督の『50年後のボクたちは』は、かつて、14歳だったすべての大人たちに贈るロード・ムービー! 2017年9月16日より東京・ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほか全国順 …

ヒューマンドラマ映画

映画“blinded by the light”カセットテープ・ダイアリーズ|感想とレビュー評価。ロックと移民青年の物語が訴えるもの

映画『カセットテープ・ダイアリーズ』は2020年7月3日(金)より公開。 『ベッカムに恋して』(2002)のグリンダ・チャーダ監督が描く新たなドラマは、アメリカのロックスターに衝撃を受けた、ある一人の …

ヒューマンドラマ映画

映画『人魚伝説』ネタバレあらすじ感想評価と結末解説。復讐リベンジの“鬼と化す海女”のバイオレンスを白都真理が熱演す!

夫を殺された海女による、壮絶なリベンジ・バイオレンスドラマ 『太陽を盗んだ男』(1979)の長谷川和彦を中心とする日本の若手監督9人が1980年代初期に発足した、企画・制作者集団「ディレクターズ・カン …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学