Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/03/30
Update

【新宿東口映画祭2021】開催日/上映劇場/作品情報。「君の名は」「のらくろ」など多彩なラインナップが揃う

  • Writer :
  • 石井夏子

映画の街・新宿から、新しい映像文化を発信。

東京新宿にある映画館・武蔵野館は昨年2020年で100周年を迎えました。100周年を記念し、武蔵野館・シネマカリテでは、2019年6月より、月ごとにテーマを決めての企画上映を行ってきました。

そして2021年、これまでの100年へ感謝と、これからの100年への礎を築くことを願って、「新宿東口映画祭」が、2021年5月28日(金)より実施されます。

「新宿東口映画祭」の開催日程や上映作品についてお伝えします。

スポンサーリンク

「新宿東口映画祭」について

新宿の歴史・文化を振り返りながら、「映画の街・新宿」として新しい映画文化を発信していくことを目指す「新宿東口映画祭」。

開催劇場である、武蔵野館・シネマカリテで完結するのではなく、地域のイベントの一つとして新宿東口地区の更なる活性化につなげていき、さらに、来年以降も継続して開催することによって、新宿から映画文化を発信していくことができればと考えているそう。

映画祭では様々な視点から映画を楽しんで頂けるよう多彩な作品がされています。

「新宿東口映画祭」概要

【開催期間】
2021年5月28日(金)~ 2021年6月10 日(木)

【開催場所】
武蔵野館 〒160-0022 東京都新宿区新宿 3-27-10 武蔵野ビル 3F
シネマカリテ 〒160-0022 東京都新宿区新宿 3-37-12 新宿 NOWA ビル B1F

【上映作品】
『昭和枯れすすき』『君の名は・第一部』『君の名は・第二部』『君の名は・第三部』『シリウスの伝説』『星の王子さま プチ★プランス』『アストロガンガー』『小さな園の大きな奇跡』『閃光少女』『チャンブラにて』『淪落の人』『なまくら刀』『カリガリ博士』『狂へる悪魔』『「のらくろ二等兵」教練の巻・演習の巻』『のらくろ伍長』『お伽話「日本一桃太郎」』『泳げや泳げ』『一寸法師「ちび助物語」』『雀のお宿』『天狗退治』

■各作品の上映日程、入場料金などにつきましては、決定次第公式HP等で告知されます。
■上映作品及びイベントは諸事情により中止となる場合がございます。

上映作品紹介

画像:『カリガリ博士』

写真提供:マツダ映画社

映画がまだ「活動写真」と呼ばれ、音がつかなかった時代は、活動弁士たちによる上映が行われてきました。

その歴史を再度見つめ直し、無声映画や活動弁士の魅力を改めて感じてほしい。そんな思いが込められた作品や、懐かしのTVアニメ新宿に所縁のある作品など、様々な視点から映画を楽しんで頂けるよう多彩な作品がラインナップされています。

活弁上映作品

画像:『狂へる悪魔』

写真提供:マツダ映画社

ドイツ表現主義の映画で最も古く、また最も影響力が高いと評され、今日でも世界的に高く評価されている『カリガリ博士』を、かつて武蔵野館で弁士を務めていた徳川夢声と福地悟朗の当時の貴重な音声素材を復元した特別版にて上映。

また『カリガリ博士』と2本立てで、1886年に原作が出版されて以来、数多く映画化されている「ジキルとハイド」作品の中でも決定版との評価が高い『狂へる悪魔』も上映されます。

活弁アニメーション作品

画像:『なまくら刀』

国立映画アーカイブ所蔵

現存する最古のアニメーション『なまくら刀』日本漫画にその名を残す「のらくろ」シリーズ、時代を超えて語り継がれるお伽話の『桃太郎』『雀のお宿』『一寸法師』など、大人も子供も楽しめる無声アニメの8本を活弁上映します。

日本独特の映画文化である無声映画の弁士・楽士付上映の心躍るライブ・エンターテイメントの世界を是非お楽しみ下さい。

日本映画

画像:『昭和枯れすすき』

(C)1975 松竹株式会社

日本映画からは、新宿を舞台に昭和の生んだ大ヒット曲をモチーフに兄妹の愛の姿を描いた『昭和枯れすすき』

そして、ラジオドラマでの人気を受けて映画化されると大ヒットを記録し、氏家眞知子のストールの巻き方が「眞知子巻き」と呼ばれて女性の間で流行した日本の恋愛映画の金字塔とも評される「君の名は」全3部作を上映します。

アニメーション作品

画像:『シリウスの伝説』

(C) 2021 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. L618285

アニメーション作品は、製作期間3年、8万枚のセル画を使用し、当時アニメーションで表現するのが最も難しいとされた「火」と「水」の世界を舞台に、水の王子「シリウス」と火の姫「マルタ」の禁じられた悲しい恋の行方を描いたフルアニメーション大作『シリウスの伝説』

世界中で愛されているサン・テグジュペリ原作の同名児童文学をアニメ化した、夢とメルヘンに満ち溢れた永遠の名作『星の王子さま プチ★プランス』と、意思を持つ巨大ロボットが主人公の少年と合体して敵と戦うという斬新な設定が話題となったロボットアニメーション『アストロガンガー』の豪華ラインナップとなっています。

武蔵野エンタテインメント配給作品

画像:『淪落の人』

NO CEILING FILM PRODUCTION LIMITED (C) 2018

日本中を温かな感動で包み大ヒットした『淪落の人を手掛けた武蔵野エンタテインメント配給作品特集も用意されています。

その他の上映予定作品は、『小さな園の大きな奇跡』『閃光少女 Our Shining Days』『チャンブラにて』の3本です。

スポンサーリンク

まとめ


また、新宿東口映画祭提携企画として、現在活躍中の人気弁士が一堂に会する『第1回 カツベン映画祭』の同時開催も決定しました。

このほかにも、イベント企画、そして映画祭の第1回目を彩る話題の新作映画など豪華作品を準備中です。

新宿東口映画祭では1本1本丁寧に厳選した魅力的な作品が用意されています。

新宿東口映画祭は、2021年5月28日(金)~ 2021年6月10日(木)に、武蔵野館とシネマカリテにて開催です。

どうぞご期待ください!!



関連記事

新作映画ニュース

映画『トゥルー・ヒストリー・オブ・ザ・ケリー・ギャング』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。ネッド・ケリーの知られざる素顔に迫る!

ジョージ・マッケイ、ニコラス・ホルト、ラッセル・クロウ、チャーリー・ハナム共演。 19世紀、権力と差別に立ち向った伝説の反逆者、ネッド・ケリーの素顔を描く、豪アカデミー賞主要12部門ノミネート3部門受 …

新作映画ニュース

津田寛治らが映画初日舞台挨拶!『RUN! 3films』キャストと共に撮影秘話を語る

何者にもなれなかった男たちの3つの物語が今、疾走する!! ゆうばり国際ファンタスティック映画祭をはじめ、数々の映画祭に招待され受賞もしてきた土屋哲彦監督、畑井雄介監督の疾走感溢れる3作品を1つに集めた …

新作映画ニュース

映画『私は確信する』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。実話の未解決事件が基の裁判サスペンス!

口コミで広がり40万人動員の大ヒット裁判サスペンス。 ヒッチコック狂の“完全犯罪”と物議を醸した未解決事件を映画化。 フランス全土で議論を巻き起こした話題のサスペンス裁判劇がいよいよ日本公開します。 …

新作映画ニュース

4DX上映の映画館情報『スカイスクレイパー』香港のザ・パールで大暴れ!パニックアクション超大作

超高層ビルからのスリル満点のアクションが4DXシアターで炸裂! 映画『スカイスクレイパー』の4DX版が、9/21(金)より公開です。 「4DXシアターが火の海になる」救出不可能!?な特別映像をお届けし …

新作映画ニュース

今週おすすめ映画!上映される最新の洋画邦画の人気ランキング【2018/8/10より公開】

今週8月10日(金)より、劇場公開されるオススメの新作映画を、恒例の映画ライターさんイチオシまとめ! 「映画鑑賞するのに失敗したくない!」 「おすすめの動画配信サイトで何を見たらいいの?」などのお悩み …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学