Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

【映画ネタバレ】ブラックナイトパレード|あらすじ感想とラスト結末解説。吉沢亮主演コメディは“黒いサンタ”の物語で大人も子供も幸せに笑える!

  • Writer :
  • もりのちこ

ファンタジーのキャパ超えた!?
こんなサンタ見たことない。

中村光の漫画『ブラックナイトパレード』を、福田雄一監督が実写映画化。『聖☆おにいさん』以来のタッグとなりました。奇妙な仏と神の次は、奇妙なサンタさんの登場です。

街はクリスマス、しかし今日もコンビニバイトな男・日野三春。受験失敗、就職失敗、彼女なしの現実に「なんで俺だけ」とぼやく彼が、黒いサンタ服の男に拉致された先は、北極にある「サンタクロースハウス」という会社でした。

「世界中の子どもたちにプレゼントを配る」という超激務のブラック企業で、“ブラックサンタ”として働かされる三春。

果たして三春は、世界中の子どもたちに幸せを届けることができるのか。そして、三春が連れてこられた本当の目的とは。

笑いと感動のクリスマスコメディ『ブラックナイトパレード』を紹介します。

映画『ブラックナイトパレード』の作品情報


(C)2022「ブラックナイトパレード」製作委員会 (C)中村光/集英社

【公開】
2022年(日本映画)

【原作】
中村光

【監督】
福田雄一

【脚本】
鎌田哲生、福田雄一

【キャスト】
吉沢亮、橋本環奈、中川大志、渡邊圭祐、若月佑美、藤井美菜、山田裕貴、佐藤二朗、玉木宏

【作品概要】
これが本当のクリスマス!?“黒いサンタクロース”の笑って泣ける知られざる物語を描いた中村光の漫画『ブラックナイトパレード』の実写映画化作品です。

監督は「銀魂」シリーズ、『今日から俺は!!劇場版』など数々のコメディ映画を手がける福田雄一監督。中村光の漫画作品の実写化は、『聖☆おにいさん』にドラマ化に続いて2回目となります。

冴えない主人公・日野三春役は、本作が映画初主演作となる吉沢亮。福田監督映画作品には『銀魂2』以来の出演となります。

またサンタクロースハウスで働く三春の同僚として、ハッキングのプロ北条志乃役を福田組でお馴染みの橋本環奈、どこまでもチャラ男の田中皇帝役を中川大志、イケメン料理長の古平鉄平役を渡邊圭祐が演じています。

その他共演には、コンビニの店長役に佐藤二朗、謎のキャラ「帽子さん」に“あの俳優”など、福田組の常連俳優が集結しました。

映画『ブラックナイトパレード』のあらすじとネタバレ


(C)2022「ブラックナイトパレード」製作委員会 (C)中村光/集英社

クリスマスには、良い子のところに“赤いサンタクロース”がやってきて、一番ほしかったプレゼントを置いていってくれます。でも、本当のクリスマスはそれだけじゃなかったのです。

悪い子のところにも、サンタさんはやってきます。そのサンタは“黒いサンタクロース”。そして悪い子に、絶妙な精神的ダメージを与えるプレゼントを置いていくのでした。

日野三春、22歳。大学受験失敗、就職失敗、彼女なし。コンビニ・ポーソン練馬北口店でバイトを始めて3年。街はクリスマスムードで盛り上がる中、三春は今日もバイトです。

同僚のただただチャラい男・田中皇帝(カイザー)は、「先輩。良い子が褒められるのって小学生までですよ!」と、迎えに来た彼女とともにさっさと帰っていきました。

おまけに、常日頃から廃棄商品を勝手に食べることに厳しい店長に、ケーキを取り置きしていると勘違いされ、ねちねちと怒られました。本当はカイザーのせいなのに。

「なんで俺だけ」三春はやさぐれていました。そんな三春の様子を見ているあやしい人物が。黒いサンタ服をきた男です。「悪い子みっーけっ」

三春は、帰り道ふらっと立ち寄ったホルモン屋台でその男に連れ去られます。目覚めるとそこは「サンタクロースハウス」という信じられない所でした。

男の正体は、クネヒトという名の“黒いサンタクロース”。この会社の社長だと言います。わけがわからず逃げ出そうとする三春でしたが、ここは北極、外は猛吹雪で出られません。

ここでは、世界中の子どもたちにクリスマスプレゼントを配るため、黒いサンタクロースたちが懸命に働いていました。

“ブラックサンタ”なだけにブラック企業並みの激務ではありますが、社員の待遇自体は好条件。ポーソン店長からの鬼電に心折れた三春は、ここで働くことを決意するのでした。

同僚の天才的ハッキング能力で良い子か悪い子を見分けるサンタ・北条志乃と、料理長でありながら職をいくつもかけ持つイケメンサンタ・古平鉄平が三春の面倒をみてくれます。

まずは部署決めです。“赤いサンタクロース”が不在となってしまった今、黒いサンタクロースが代わって、世界中の子どもたちからの手紙を仕分け、プレゼントを作り、良い子にも悪い子にもプレゼントを届けているとのこと。どの部署も忙しそうです。

サンタクロースハウスで働く妖精のリーダー「帽子さん」に連れられ、頭に謎の装置をかぶせられた三春は、思わぬ才能を発揮します。

そこは、悪い子用のプレゼントを選ぶ部署です。その子になってどのくらいのダメージを受けるか体を張って体験する三春。ガッカリ指数を次々と的中させていきます。

そんな中、サンタクロースハウスでは恒例の「トナカイ試験」が行われようとしていました。トナカイは皆の憧れの部署であり、9人の伝説の名が与えられたエリート集団。リーダーは「ルドルフ」です。

鉄平と志乃も、毎回試験を受けているとのこと。トナカイの「特別手当1千万」に惹かれた三春も受けてみることにします。

鉄平曰く、今回の試験にはすでに、トナカイ候補である「ポーソン練馬北口店」の卒業生が参加しているらしいと警戒をしています。

そのコンビニは、自分が3年間バイトしていたコンビニです。驚く三春の前に、天敵のアイツが現れました。コンビニバイト仲間のカイザー参上。

「まじすか!まじすか!」と相変わらずのテンションでやってきたカイザーは、すでにエリート面です。また彼は、三春にお土産で持ってきたDVDを見せます。

映し出された映像は、ポーソン練馬北口店・深夜の監視カメラの映像でした。

以下、『ブラックナイトパレード』ネタバレ・結末の記載がございます。『ブラックナイトパレード』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)2022「ブラックナイトパレード」製作委員会 (C)中村光/集英社

ポーソン練馬北口店は、なぜか深夜2時から4時に激混みするコンビニでした。監視カメラの映像には、レジに殺到する客に対応している三春の姿も映っています。

衝撃の映像に感心する志乃。しかし三春は、店長には「この店舗はまだマシな方だ」と教え込まれていました。

映像の中の客たちが一斉にカメラ目線になり、そこに店長が登場。「三春くん。私はサンタクロース養成所の所長です。君はこれまでの生徒の中でも一番タフだったよ。卒業おめでとう」お客さんたちも「おめでとう」と拍手をしています。

「だまされた。頼んでないのに育成って。俺の3年間……」打ちひしがれた三春でしたが、コンビニバイトで鍛えられたであろう能力でトナカイ試験を見事に突破していきます。

クネヒトはそんな三春に、赤いサンタクロースのことを話してくれました。「君なら赤いサンタクロースになれるよ」実は、クネヒトの顔が見えるのは三春だけでした。

また、このサンタクロースハウスには、クリスマスを憎むネズミが存在しているとのこと。今から19年前、赤いサンタクロースはそのネズミに殺されてしまったのです。

そして赤いサンタクロースの魔法が、間もなく解けようとしていました。それは、世界からクリスマスが消えてしまう危機を意味していました。

その話を聞いた三春は「命を狙われる赤いサンタになんか成りたくないんですけど~」と断りますが、カイザーが自分の身代わりになり狙われていることを知ります。

カイザーを助けに向かう三春。カイザーの周りには、ネズミの大群が迫っていました。フライパン片手にネズミの群れに飛び込む三春でしたが、吹き飛ばされ痙攣してしまいます。

「先輩相変わらずいい奴ですね」カイザーは次々とネズミを倒していき、三春と出会った5年前を思い出していました。

ろくでもない母親のため、コンビニバイトで借金返済に明け暮れるカイザー。「なんで俺ばっかり……」先輩のミスまで擦り付けられ、やさぐれていたカイザーを救ったのが、三春でした。

「仮は返しますよ」カイザーはネズミを蹴散らしていきます。

戦いの後、三春は母からのクリスマスカードの中に紛れていた、1枚のブラックカードを発見しました。忘れていた幼い頃の記憶が蘇ってきます。

19年前。突然夫を亡くした三春の母は、しばらく体調を崩し入院していました。クリスマスの夜、一人寂しく過ごす三春のもとに、サンタクロースが現れます。三春はそのサンタクロースに見覚えがありました。

三春は志乃にカードのことを調べてほしいとお願いします。実は彼女はスキンヘッドだったという衝撃のカミングアウトも交えつつも、志乃は真剣に相談へ乗ってくれました。

いよいよ、トナカイ試験の実技が行われます。課題は、子どもたちにプレゼントを届ける実践です。クリスマスには間に合わなかったけど!

三春、カイザー、志乃、鉄平はチームを組み、この課題に取りかかります。明け方までに膨大な数のプレゼントを届けなければなりません。

志乃がネットで最短ルートを割り出し、鉄平とプレゼントを特定。三春とカイザーで一軒一軒を回ります。鍵をこじ開け、煙突から不法侵入、こっそり子どもたちの寝室に向かう三春たちは、まるで泥棒です。

残るはあと一人。明け方まで時間がありません。マンションの壁をよじ登る三春とカイザー。

その時です。屋上からネズミの大群が押し寄せてきました。落とされる三春。激しい衝撃の中、三春は記憶を取りもどしていました。

あの黒いカードは、子供の頃やってきたサンタクロースが自分にくれたものです。そのカードを使い大量にほしいものを買った三春少年でしたが、母が驚きまた体調を崩してしまいます。

三春は、本当に欲しいものはもういないということに気付いていました。「パパはもういない」心を痛めた三春少年は、サンタさんに相談します。

「欲しい人にあげたらどうかな」と答えたサンタクロース。そこで三春は、「僕がサンタになる!」と友だち一人ひとりのほしいものを考え、一所懸命ラッピングしました。

ですが、プレゼントが重すぎて運べません。その手伝いのために来てくれたのは、トナカイ集団と黒いサンタクロースでした。

三春がカードをもらったクリスマスの日、サンタは“2人”いました。赤いサンタクロースと黒いサンタクロースです。黒いサンタクロースはクネヒトです。赤いサンタクロースは!?

目を覚ました三春。もう少しで夜が明けます。クネヒトはもう諦めて戻るように言いますが、三春は「この子だけ一番ほしい物をもらえないなんてかわいそうだ」と最後まで諦めません。

仲間とともに再挑戦します。再び襲撃してくるネズミたち。屋上で激しいぶつかり合いになりました。カイザーと鉄平がネズミを食い止めます。

「三春くん!今のうちにプレゼントを!」しかし三春は、仲間を犠牲にすることはできませんでした。ボスネズミを捕まえ屋上から放り投げようとした三春は、一緒に落下してしまいます。

駆けつける志乃のもとに黒いサンタ帽子だけが落ちてきました。三春は落ちる途中で何者かの放ったレーダーに引っかっています。現れたのはトナカイのリーダー・ルドルフでした。

ルドルフの力により間一髪のところで助かった三春は、最後のプレゼントを届けに走ります。物音に目覚めてしまった子どもがプレゼントに気付き、中身を確認しています。

「やったー!サンタさん、ありがとう」あわてて隠れた三春にも、その声は届きました。三春たちは見事トナカイ試験を突破しました。

三春には確かめたいことがありました。クネヒトの部屋に飾ってある、赤いサンタクロースの肖像画。その顔の部分が隠されていました。

隠していた幕を開けました。そこには三春の父そっくりの赤いサンタクロースが現れます。

「パパが赤いサンタクロース!?」クネヒトがやってきます。「ごめんな。赤いサンタクロースは家族にも言えない契約なんだ。命を狙われかねないからね」。

「パパはネズミに殺されたの?」すべての謎が解けた三春。

「なってやるよ。赤いサンタってヤツに」父の跡を継ぐ決意をする三春。世界に赤いサンタクロースが復活するのも、もうすぐかもしれません。

映画『ブラックナイトパレード』の感想と評価


(C)2022「ブラックナイトパレード」製作委員会 (C)中村光/集英社

福田雄一監督が、中村光の漫画『ブラックナイトパレード』を実写映画化。この冬、最高に笑って心温まるクリスマスファンタジーです。

サンタクロースといえば、赤い服に白く長い髭のお爺さんのイメージですが、実は黒い服のサンタクロースたちが世界中の子どもたちのために働いてくれていました。

北極にあるサンタクロースハウスは会社であり、働く黒いサンタクロースは社員。「花形のトナカイ部署に入るには、試験に合格しなければならない」という設定も大手企業のような様相ですが、そこでは世界中の子どもたちから届く手紙を仕分け、良い子か悪い子かを調査し、プレゼントを決めています。

ハッキングに不法侵入、作られるプレゼントは赤い帽子の妖精たちが「プッ~」として生み出すなど、ハチャメチャすぎるサンタクロースハウス。それでも、クリスマスが楽しな子どもたちのため激務をこなす黒いサンタクロースたちは、カッコよく見えます。

主人公は冴えない男・三春。「なんで俺だけ」と不運を嘆きながらも、真面目に生きてきました。良い人過ぎて損してしまうタイプです。

三春が働くポーソン練馬北口店は、なぜか深夜に激混みするというコンビニ。店長は廃棄商品の扱いと言い訳に厳しく、可愛い子を堂々と贔屓します。そんなポーソン練馬北口店が、実は重要な場所だったというまさかの展開。監視カメラで明らかになるコンビニの秘密に爆笑です。

福田雄一監督ならではの細かいボケの応酬に、何も考えずに「くだらねぇ~。でも好き~」と笑えます。


(C)2022「ブラックナイトパレード」製作委員会 (C)中村光/集英社

終いには、クリスマスを呪い赤いサンタクロースの命を狙う闇の人物。さぞや恐ろしい化け物かと思いきや、『勇者ヨシヒコ』シリーズを彷彿させる敵のクオリティ。強いのか弱いのか混乱に陥ります。

そうかと思えば、花形のトナカイ集団のかっこいいこと。中でもリーダー・ルドルフのカリスマ性にやられます。緩いかと思えば、ちゃんと見せ場もある福田ワールド全開です。

主人公の三春を演じるのは、意外にも映画初主演となる吉沢亮。とにかく多い小ボケラッシュにテンポ良くツッコミを繰り出す反射神経の良さは見事です。

福田組でお馴染み橋本環奈の変顔もグレードアップされ、スキンヘッド姿まで披露しています。また中川大志の歯っ欠けでチャラい姿が見れるのもレアです。

まとめ


(C)2022「ブラックナイトパレード」製作委員会 (C)中村光/集英社

クリスマスは良い子にも悪い子にもやってくる!?映画『ブラックナイトパレード』を紹介しました。

クリスマスが過ぎても、北極の「サンタクロースハウス」では、黒いサンタたちが激務をこなしています。プレゼントが遅れて届くことも!?

子供も大人も楽しめるファンタジーコメディ。難しいことは考えず、笑っていられるこの瞬間が幸せなのだと感じます。



関連記事

コメディ映画

韓国映画『僕の中のあいつ』あらすじネタバレと感想。ジニョン(B1A4)初主演作の演技力に注目!

韓国で190万人を動員!抱腹絶倒の入れ替わりコメディ映画! 韓国のアイドルグループ「B1A4」にて、リーダーを務めるジニョンの初主演作『僕の中のあいつ』。 韓国で大ヒットし、2019年初の損益分岐点を …

コメディ映画

映画『エキストロ』あらすじネタバレ感想と結末の評価解説。モキュメンタリーコメディの中にも“人生の主役を問う”

人生には脇役も主役もない。 唯一の主役はあなたです。 茨城県つくばみらい市のロケ施設「ワープステーション江戸」を舞台に、市民エキストラたちにスポットを当てた、現実と虚構の境界線が曖昧なモニュメンタリー …

コメディ映画

ビートルズ映画の名古屋上映の開催日や時間は?ReNYlimitedにて

ザ・ビートルズの来日記念日である6月29日(木)に、『A HARD DAY’S NIGHT(邦題:ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ! )』の一夜限りの上映会を開催! 会場は名古屋ReNY lim …

コメディ映画

映画『ブラインドスポッティング』あらすじネタバレと感想。アメリカに住む異なる人種が抱える葛藤と直面する差別

映画『ブラインドスポッティング』は2019年8月30日よりロードショー公開 黒人男性射殺事件で揺れたカリフォルニア州オークランドを舞台にした映画『ブラインドスポッティング』。 小学生から一緒に育ってき …

コメディ映画

映画『ダウンサイズ』あらすじとキャスト。マット・デイモン主演の社会風刺の利いたコメディとは⁈

マット・デイモン主演の社会風刺の利いたコメディ映画『ダウンサイズ』 「オーシャンズ」シリーズ、『オデッセイ』などで、誰もが知るマッド・デイモンを主演に迎えた映画『ダウンサイズ』。 アクションやSF、ヒ …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学