Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

映画『銀魂2 』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【小栗旬×福田雄一】

  • Writer :
  • 村松健太郎

映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』は、8月17日(金)より全国公開

2017年の邦画実写ナンバーワンヒットとなった『銀魂』が、オリジナルキャストの再登板に加えて三浦春馬、堤真一、窪田正孝など豪華キャストを加えて早くも続編登場。

今回もパロディ満載のギャグパートと動けるキャストを用意したことで繰り広げられるアクションが最高のバランスで、宣言通り全部2倍の映画となりました。

スポンサーリンク

映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』の作品情報


(C)空知英秋/集英社 (C)2018映画「銀魂2」製作委員会

【公開】
2018年(日本映画)

【原作】
空知英秋

【脚本・監督】
福田雄一

【キャスト】
小栗旬、菅田将暉、橋本環奈、佐藤二郎、堂本剛、ムロツヨシ、柳楽優弥、吉沢亮、長澤まさみ、岡田将生、中村勘九郎、キムラ緑子、三浦春馬、窪田正孝

【作品概要】
『勇者ヨシヒコ』シリーズの福田雄一による人気漫画「銀魂」の実写版第2弾。

原作のエピソード「新選組動乱編」と「将軍接待編」を融合した映画ならではのハイブリッド・ストーリーが展開します。

主人公の坂田銀時を演じる小栗旬のほか、菅田将暉、橋本環奈たち豪華主要キャストは続投。また、三浦春馬や窪田正孝の演じる新キャラクターも必見です。

映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』のキャラクターとキャスト


(C)空知英秋/集英社 (C)2018映画「銀魂2」製作委員会

坂田銀時(小栗旬)
元攘夷派の白夜叉と恐れらた男。今は万事屋の主人。

志村新八(菅田将暉)
万事屋の突っ込み担当

神楽(橋本環奈)
万事屋のアイドル。実は夜兎族で怪力、大食い

桂小太郎(岡田将生)
攘夷志士、銀時、高杉晋助で古い仲の剣客

エリザベス(?)
桂の相棒の謎の宇宙生物

お登勢(キムラ緑子)
万事屋の大家

志村妙(長澤まさみ)
新八の姉、美人だが凶暴

徳川茂茂(勝地涼)
江戸幕府の若き征夷大将軍。あだ名は将ちゃん

松平片栗虎(堤真一)
警察庁のドンでキャバクラ好き、実は策士

近藤勲(中村勘九郎)
真選組の局長で熱い男

土方十四郎(柳楽優弥)
真選組の鬼の副長。別人格でヘタレのアニオタトッシーの顔を持つ

沖田総悟(吉沢亮)
真選組の一番隊隊長でドSな天才剣士

伊藤鴨太郎(三浦春馬)
真選組の参謀で知略家

河上万斉(窪田正孝)
千人切りの伝説の剣豪

高杉晋助(堂本剛)
幕府転覆を図る鬼兵隊の首魁

スポンサーリンク

映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』のあらすじとネタバレ


(C)空知英秋/集英社 (C)2018映画「銀魂2」製作委員会

本作の一番大切で面白いパロディ部分は、丸々カット版でお送りします!

家賃にも事欠くようになった万事屋は仕方がなくバイトの日々。なぜかそこにはお忍びで将軍茂茂がやってきて大騒ぎ。

うまくいけば大金が転がり込んできますが、一歩間違えれば打ち首獄門ものです。

その警護に駆り出された真選組の復調は何物かに襲撃を受けて、ヘタレな男に変貌してしまいます。

時同じくして真選組では、参謀として伊藤鴨太郎が存在感を発揮していました。

すっかり隊の空気を乱す存在になった土方は、沖田の足の引っ張りもあって真選組をクビに。

伊藤鴨太郎は、なんと高杉晋助率いる鬼兵隊と通じて、幕府による現状支配体制をひっくり返そうとしていました。

近藤は将軍の警護の名目で箱根に列車で向かいますが、実はそれは伊藤の罠で伊藤達に囲まれます。外には鬼兵隊の一派も迫ってきます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『銀魂2 掟は破るためにこそある』ネタバレ・結末の記載がございます。『銀魂2 掟は破るためにこそある』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

そんな危機を救ったのは、一度は伊藤側についた方思われた沖田でした。

沖田は単身で伊藤派と戦い圧倒的な強さを見せます。

さらにそこに真選組の衣装に身をまとった万事屋と、ヘタレのままの土方が参戦します。

マイクロチップで完全にヘタレなアニオタとして、洗脳されてしまっていた土方も銀時の激を受けて、徐々に元の人格を持ち直し始めます。

一方、警護が薄くなった江戸を鬼兵隊が急襲し、将軍暗殺を企みます。

率いるのは千人切りの剣豪河上万斉。圧倒的な強さで江戸城の天守閣に迫ります。

一方列車では、沖田&神楽のコンビが伊藤派の隊士を圧倒。

そして土方と沖田が決着戦を戦っています。

鬼兵隊の爆弾で列車は大破伊藤は片腕を失い、敗北を認めます。

そんな伊藤を敢えて捉えて処分する真選組。

近藤と土方は伊藤を裏切者ではなく侍として死なせること選びました。

列車での激闘を桂に託して江戸に取って返した銀時は、万斉と激突。

万斉は銀時を攘夷志士の亡霊でこの国に守るものはないとして倒すと叫びますが、それに対して銀時は自分は昔も今も周りにいる仲間たちのために戦っているのだと言って白夜叉として本能を発揮。

万斉を圧倒します。幕府の粘り腰を認めた高杉はまだ何かを企んでいるようです。

映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』の感想と評価

本作品『銀魂2 掟は破るためにこそある』は宣言通り全部が2倍

パート2なので全部2倍と宣言した福田雄一監督と映画『銀魂2』

その言葉通り、キャスト、アクション、スケール、ドラマ、そしてパロディギャグも倍増

文字通りの痛快娯楽アクション映画に仕上がっています。

小栗旬の座長力と福田監督の的確な狙いが今回もがっちりとはまりました。


(C)空知英秋/集英社 (C)2018映画「銀魂2」製作委員会

小栗旬の作品の主軸としての存在感は年々増すばかりで、彼がいると山田孝之がエリザベスの中の人を演じて見せたり、大友啓史監督作品『ミュージアム』(2016)では、妻夫木聡が特殊メイクの殺人鬼を演じたりもしました。

小栗自身の出演歴を見ると直木賞作家の金城一紀と組んだ『BORDER』『CRISIS』、映画で言えば福田雄一監督と大河ドラマ『西郷どん』の鈴木亮平と組んだ『HK変態仮面』で脚本に参加したりと、近年は実験的な作品も多いのです。

この率先して異端の選択肢を選んでいく姿が、また人を惹きつけるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ


(C)空知英秋/集英社 (C)2018映画「銀魂2」製作委員会

2017年の邦画実写ナンバーワンヒットとなった『銀魂』が、オリジナルキャストである坂田銀時役の小栗旬、新八役の菅田将暉、神楽役の橋本環奈たち豪華主要キャストがそろって再登板!

そこに新たに三浦春馬、堤真一、窪田正孝など豪華キャストも続編には登場です。

空知英秋の描いた原作の真選組動乱篇と将軍接待篇を合わせたストーリーが1つの見どころ。

もちろん、パロディ満載のギャグパートは、必見2倍の価値ありです。

小栗旬の座長ぶりと福田雄一監督の冴えた笑いのセンスに注目!

映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』は、8月17日(金)より全国公開

劇場で大いに笑って、楽しんでくださいね〜


(C)空知英秋/集英社 (C)2018映画「銀魂2」製作委員会

関連記事

コメディ映画

【ネタバレ感想】『女王陛下のお気に入り』ラスト結末の意味不明な“ウサギの解釈”とは

一筋縄ではいかない愛憎劇『女王陛下のお気に入り』 名女優三人が英国王室での愛憎劇を再現! 監督を務めたのは鬼才ヨルゴス・ランティモス。 一筋縄ではいかない愛憎劇と思わず笑ってしまうブラックな笑いに満ち …

コメディ映画

映画『上流社会』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

この作品を最後に女優業を引退したグレース・ケリー。 彼女のキュートな魅力溢れるミュージカル・コメディ作品『上流社会』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『上流社会』の作品情報映画『 …

コメディ映画

超高速!参勤交代|動画無料視聴は!ネタバレあらすじと感想評価【本木克英監督作品】

日本には時代劇の作品がいくつもありますが、その中でコメディ色が強いにも拘らず、第57回ブルーリボン賞作品賞を初め、かずかずの賞を受賞した、江戸時代の参勤交代が題材の『超高速!参勤交代』を紹介します! …

コメディ映画

中村友則映画『ケイタネバーダイ』あらすじと感想。大迫茂生の演技力が輝く個性的な存在感

映画美学校出身である中村友則監督の映画『ケイタネバーダイ』は、12月15日から池袋・シネマロサにて初上映となります。 暴力と不条理に満ちた現世、夢も希望もない来世、漂流し続ける主人公ケイタが選んだ道は …

コメディ映画

知英(JY)映画『レオン』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

元KARAのメンバー知英と竹中直人が共演したコメディ映画『レオン』は2月24日から公開中。 車との事故をきっかけに心と身体が入れ替わってしまった地味な派遣OLと女大好きワンマン社長というのは物語で、原 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学