Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

Entry 2017/03/26
Update

映画『帝一の國』あらすじネタバレ感想とラスト結末の評価解説。菅田将暉×野村周平×竹内涼真らイケメン俳優が大集結の学園政権闘争コメディ

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ
  • リョータ

超人気のイケメン俳優たちが大大大集結!!!

「生徒会長の座につけば、将来の内閣入りが確約されている」という逸話がある超名門高校を舞台に繰り広げられる、学園政権闘争コメディ映画『帝一の國』をご紹介します。

菅田将暉、野村周平、竹内涼真、間宮祥太朗、志尊淳、千葉雄大という今をときめく豪華キャスト陣が集結。

本記事では各キャスト・監督・原作者のプロフィール、映画『帝一の國』のネタバレ有りあらすじを紹介させていただきます。

映画『帝一の國』を
今すぐ見る

映画『帝一の國』の作品情報

【公開】
2017年(日本映画)

【監督】
永井聡

【キャスト】
菅田将暉、野村周平、竹内涼真、間宮祥太朗、志尊淳、千葉雄大、永野芽郁、吉田鋼太郎、鈴木勝大、萩原利久、岡山天音、井之脇海、木村了、榎木孝明、山路和弘、真飛聖、中村育二

【作品概要】
古屋兎丸さんの同名コミックを、『ジャッジ!』『世界から猫が消えたなら』の永井聡監督がメガホンを取り、『ROOKIES』を手掛けたいずみ吉紘が脚本を担当。

キャストには菅田将暉、野村周平、竹内涼真、間宮祥太朗、志尊淳、千葉雄大ら超人気若手俳優を迎えた学園コメディ映画。

▼映画『帝一の國』は、U-NEXTで見られます。
映画『帝一の國』を
今すぐ見る

映画『帝一の國』のキャスト一覧

赤場帝一/菅田将暉


(C)2017 フジテレビジョン 集英社 東宝 (C)古屋兎丸/集英社

2008年の第21回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでファイナリスト12人に選出されたことをきっかけに、現在の事務所トップコートに所属することが決定した菅田将暉。

ブレイクのきっかけは、2009年に平成仮面ライダーシリーズ第11作『仮面ライダーW』にてフィリップ / 仮面ライダーW役でテレビドラマ初出演&初主演を飾ったことでしょう。同シリーズの劇場版でも主演を務め、同時に映画デビューも果たしました。

2013年には青山真治監督の映画『共喰い』で主演を務め、第37回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。2014年に入っても、テレビ朝日ドラマ『死神くん』や映画『そこのみにて光輝く』、『海月姫』、『闇金ウシジマくん Part2』と立て続けに話題作に出演し、様々な賞レースを総なめにしていきます。

その後も行定勲監督の『ピンクとグレー』(2016)、『デスノート Light up the NEW world』(2016)、『キセキ –あの日のソビト−』(2017)など、今や若手実力派俳優のトップをひた走る存在となっていますね。本作『帝一の國』以降も『銀魂』(2017)や『火花』(2017)の公開が控えており、その勢いはとどまることを知りません。

そんな菅田将暉が演じているのは、野心の男・赤場帝一。自分の国を作るという野心に燃え、生徒会長になるためには他人の靴を舐めることもいとわないという赤場を彼が一体どのように演じているのか非常に楽しみです!

東郷菊馬/野村周平


(C)2017 フジテレビジョン 集英社 東宝 (C)古屋兎丸/集英社

アミューズ全国オーディション2009「THE PUSH!マン〜あなたの周りのイケてる子募集〜」で、見事グランプリを受賞し、芸能界デビューを果たした野村周平。

翌年にはMBSドラマ『新撰組 PEACE MAKER』でテレビドラマデビューを果たし、その後もドラマや映画への出演が増えていきますが、彼が本格的にブレイクを果たしたのは、フジテレビドラマ『恋仲』(2015)でしょう。

この作品でミステリアスな蒼井翔太という役柄を演じ、一躍注目を集めることに。翌年にはフジテレビドラマ『フラジャイル』、『好きな人がいること』などに出演し、ますます人気に火が付きます。

映画では『ちはやふる』(2016)や『森山中教習所』(2016)、『ミュージアム』(2016)など立て続けに話題作に出演。

2017年には本作の他に、『サクラダリセット前篇/後篇』、『22年目の告白 -私が殺人犯です-』の公開が控えており、菅田将暉と共に若手俳優の先頭を切っている存在といえますね。

本作『帝一の國』では、謀略の男・東郷菊馬を演じています。スパイ張りの情報網を持ち、常に人の足を引っ張ることしか考えていない姑息な男という今までの彼のイメージとは少し違うキャラクターですが、一体どう表現しているのか…楽しみです!

大鷹弾/竹内涼真


(C)2017 フジテレビジョン 集英社 東宝 (C)古屋兎丸/集英社

竹内涼真が芸能界デビューを飾ったのは少々意外な形。2013年に女性ファッション誌『mina』初となる男性専属モデルオーディション「minaカレグランプリ」がきっかけだったのです。このオーディションで2000人以上もの候補者の中からグランプリに選出され、現在の事務所であるホリプロに所属することが決定しました。

同年、フジテレビのミニドラマ『車家の人々』という作品で俳優デビューを飾り、翌年には『仮面ライダードライブ』の主人公である泊進ノ介/仮面ライダードライブ役を射止め、一躍人気者に。

その後もTBSドラマ『下町ロケット』(2015)やテレビ朝日ドラマ『スミカスミレ 45歳若返った女』(2016)、日本テレビドラマ『THE LAST COP/ラストコップ』(2016)、映画『青空エール』(2016)などに出演し、そのルックスと抜群のスタイルで世の女性を魅了し続けています。

そんな竹内涼真が本作で演じているのは、正義の男・大鷹弾。まるで少年漫画の主人公のように公明正大、文武両道だという大鷹には、好青年を絵に描いたような存在の彼ならピッタリハマりそうですね!

氷室ローランド/間宮祥太朗


(C)2017 フジテレビジョン 集英社 東宝 (C)古屋兎丸/集英社

2008年に日本テレビドラマ『スクラップ・ティーチャー〜教師再生〜』で俳優デビューを果たした間宮祥太朗。

その後、フジテレビドラマ『花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011』や日本テレビドラマ『弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜』(2014)、フジテレビドラマ『早子先生、結婚するって本当ですか?』(2016)などに出演を果たしました。

映画でも『高台家の人々』(2016)、『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』(2016)などでその独特の存在感を見せつけ、2017年にも『トリガール!』『お前はまだグンマを知らない』などの公開を控えていますね。

本作『帝一の國』で演じているのは、支配の男・氷室ローランド。富豪の家系に育ち、王者の風格をまとっている氷室は、次期生徒会長候補の大本命と言われているのだとか。

金髪ロングヘアーの彼の王者然とした雰囲気に注目しましょう!

榊原光明/志尊淳


(C)2017 フジテレビジョン 集英社 東宝 (C)古屋兎丸/集英社

ワタナベエンターテインメントに所属する男性俳優集団D-BOYSの弟的な存在である“D2”のメンバー(2013年10月からはD-BOYS内のグループとなった)として知られている志尊淳。

俳優としては、2011年の舞台『ミュージカル・テニスの王子様2ndシーズン』の向日岳人役でデビューを果たします。

その後『烈車戦隊トッキュウジャー』(2014-15)で主人公のライト役に抜擢され、人気に火が付くことに。

他にもTBSドラマ『表参道高校合唱部!』(2015)、フジテレビドラマ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(2015)、『5→9〜私に恋したお坊さん〜』(2015)に出演。

映画でも『先輩と彼女』(2015)で主演を務め、矢口史靖監督の『サバイバル・ファミリー』(2017)などいった話題の作品に顔を出しており、舞台・ドラマ・映画と素晴らしい活躍を見せていますね。

そんな彼が『帝一の國』で演じているのは、補佐の男・榊原光明。 「彼を手に入れたものが勝つ」と言われている優秀な参謀で、アイドル的人気があるという榊原の可愛らしい姿は必見です!

森園億人/千葉雄大


(C)2017 フジテレビジョン 集英社 東宝 (C)古屋兎丸/集英社

メンズファッション誌『CHOKi CHOKi』の専属モデルとして活躍していた千葉雄大が俳優デビューを飾ったのは、『天装戦隊ゴセイジャー』(2010~2011)。

この作品を機に一躍脚光を浴びることになった彼は、TBSテレビドラマ『桜蘭高校ホスト部』(2011)や日本テレビドラマ『今日は会社休みます』(2014)、映画『アオハライド』(2014)、『黒崎くんの言いなりになんてならない』(2016)など、様々な話題作に出演することに。

2017年には『帝一の國』の他にも、『ReLIFE』『暗黒女子』『兄に愛されすぎて困ってます』『亜人』など公開予定の映画が多数控えている、今や押しも押されぬ人気若手俳優の一人となっていますね。

そんな彼が本作で演じているのは、戦術の男・森園 億人。文化部男子から絶大な支持を誇る将棋部の天才で、そのスキルを活かして知略を巡らせる策士をメガネ姿でキリリと演じている千葉雄大に注目です!

映画『帝一の國』の監督と原作者紹介


(C)2017 フジテレビジョン 集英社 東宝 (C)古屋兎丸/集英社

監督:永井聡

映画『帝一の國』で監督を務めるのは永井聡。

2004年ごろからCMディレクターとして活躍していた永井監督。誰もが目にしたことのある、ソフトバンクのあの白戸家のCMやサントリーのDAKARA、最近では宇多田ヒカルさんが出ているサントリーの天然水も手掛けている売れっ子ディレクターです。2013年と2015年には「ACC CM FESTIVAL クラフト部門ディレクター賞」を受賞するなど、他にも様々な受賞歴を誇っていますね。

映画界デビューは、2005年のオムニバス映画『いぬのえいが』。この作品で監督の一人として名を連ねました。

そこから10年ほどの根月を経た2014年に『ジャッジ!』で監督を務め、再び映画界に参戦することに。同作は、永井監督の得意分野である国際広告祭でのCM審査の裏側をコミカルに描いたもので、高評価を獲得します。

2016年には川村元気さんの同名小説を基にした『世界から猫が消えたなら』(2016)が大ヒットを記録し、一躍注目を集めることなりました。

そして今回長編映画としては3作目となる『帝一の國』に至るという訳です。CMディレクターとしての経験を活かしつつ、これまでとは全く異なる世界観を演出する永井監督の手腕に注目ですね!

原作:古屋兎丸『帝一の國』(集英社)


(C)古屋兎丸/集英社

映画『帝一の國』の原作者は古屋兔丸さんです。

1994年、『月刊漫画ガロ』に掲載された『Palepoli』で漫画家デビューを果たした古屋兎丸。

その後も週刊ビッグコミックスピリッツに『π』の連載を開始(2002~05)。その後も『ライチ☆光クラブ』、『彼女を守る51の方法』などを発表。2008年からはジャンプスクエアにて『幻覚ピカソ』、太宰治の作品を基にした『人間失格』、そして本作『帝一の國』に至ります。

ブラックな作風と繊細で色鮮やかな描写で非常に多くのファンがいる古屋兎丸ワールドを、永井監督がどう表現しているのかを考えるだけでワクワクしてきますね!

▼映画『帝一の國』は、U-NEXTで見られます。
映画『帝一の國』を
今すぐ見る

映画『帝一の國』のあらすじとネタバレ


(C)2017 フジテレビジョン 集英社 東宝 (C)古屋兎丸/集英社

全国屈指の頭脳を持つ超エリート学生たちがひしめき合っている超名門・海帝高校。政財界との強いパイプを持つ海帝のトップ、すなわち生徒会長の座を獲得したものは将来の内閣入りが確約されているという逸話が残っていました。

そして今年も4月、新学期が海帝に訪れます。新一年生の赤場帝一は、壮大な野望を胸にこの学校へやって来ました。

彼の夢は「総理大臣になって、自分の國を作る」こと。そのため帝一は好きだったピアノを辞め、生徒会長の座を掴もうとします。

実際に生徒会長選挙が行われるのは2年後の3年生の時ですが、その時点で優位に立つには1年生の今から動くしかないと考えていた帝一。どんな汚いことをしててでも、ライバル全員を蹴落としてトップの座を狙っていた帝一は、他の誰よりも早く動き始めます。

帝一が生徒会長になるためには、まず、評議会のメンバーにならなくてはなりません。評議会メンバーになるために、クラスの学級委員長、もしくは副学級委員長になることが必要でした。

帝一は中学で生徒会長の経験実績があるや、親が学校に多額な寄付をしていることで難なく学級委員長に指名されます。しかし、評議会メンバーに選ばれたメンツは、それぞれ実力と魅力的な個性がありなした。

焦りを感じた帝一は、評議会で次期生徒会長を選任し、その犬となり、生徒会長に忠誠を尽くすことで、自身が生徒会長になれるという夢を叶えたいのです。

帝一は次期生徒会長になるだろう氷室ローランドに取り入りますが、ライバルである菊馬の汚い手で陰謀にあいます。

生徒総会に自分の役割をアピールするチャンスの帝一。菊馬に邪魔され恥をかかされそうになったところを、ライバルである大鷹弾に助けられます。

弾は帝一と違い貧困な家庭で育ち、アルバイトしながらも、どこな爽やかで人を惹きつける魅力がありました。弾は次期生徒会長選では、帝一が推すローランドを頼まれながらも森園億人を押します。

帝一は生徒会長選で押すローランドの人気を盛り上げるため、仲間を集めて裸太鼓を企画して結束を高めます。そのことが上手くいくとローランドは帝一を信頼し評価します。

ローランドは自分になびかない人望の厚い弾が気に入らず、弾の父親の借金で生活が辛いこと利用し、ローランドは自分の父親の会社で働かせることで、弾の母親を楽にしてあげようと言いました。

弾は生活が大変なことから揺るぎますが、迷いを払拭してローランドの申し出を断固断ります。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『帝一の國』ネタバレ・結末の記載がございます。『帝一の國』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

一方の帝一は、次第にローランドの様子に疑問を抱きます。帝一は家に帰り父親と話すと、ローランドの父親は帝一の父・譲介と仕事で対立関係にあって、そのことも情報屋の菊馬はローランドに告げます。

そんな矢先、帝一は仕掛けていた盗聴機でローランドと菊馬が結託し、帝一を捨て駒にすること知ります。帝一はローランドへ決別状を送り、いつ何時も友人だと名乗る弾が押す森園先輩の陣営に入ります。

やがて、帝一は父親と相談をする中で、あるアイデアが浮かびます。

帝一の考えた作戦は、美旗のようにフォークダンスのマイムマイムを森園を中心に校庭で踊るという、「マイムマイム事変」という方法で支持者を集めます。そのマイムマイムの輪には、ローランド陣営から賄賂を貰った有権者は入れないという奇襲作戦でした。

なおもローランドは賄賂を周囲に配り対抗。それに反する森園は魅力で票を集めようとします。

現在の票数は30パーセントずつと拮抗し、選挙の行方は五分五分です。

生徒会長選の行方が怪しくなってきたローランド。その危機を感じた菊馬は父親の力を使い、帝一の父親の収賄容疑で逮捕に追い込みます。

森園陣営は参謀の帝一の父親が逮捕されたという、マイナスイメージの植え付けられ、支持率を落としていきます。

帝一は刑務所に行き、逮捕された父親と面会します。そこで父親に溜まっていた鬱憤を怒りとともに、「ただピアノが弾きたかっただけだった」とぶちまけました。

その後、帝一はこれらの状況に落ち込んで、家に引き篭もり学校を休み抜け殻のようになっていました。そんな生徒会長選の投票に帝一を見かねた弾は、胸ぐらを掴み叱責。投票に行くように帝一を本来の姿に戻そうとします。

弾や周囲の助けもあって我に帰った帝一は、生徒会長選挙の当日に学校へ行きます。

そんな帝一が校内に入ると菊馬に阻まれます。菊馬は幼い頃から帝一に何をやっても叶わなかったことを、ずっと恨んでいました。

次々にローランドを生徒会長に押す投票されるなか、森園の票数を伸ばし健闘していきます。

一方で帝一と菊馬の2人は、校庭の土埃を上げながら乱闘となります。帝一は投票に行けず一票を失くなってしまいます。

しかし、ローランドの横暴に耐えかねたローランド陣営は造反。そして、弾は森園を好きだと彼を支持しながらも白票を投じ、森園とローランドは同票になります。

そこで、現生徒会長の判断によって、次期生徒会長を任命することとなります。そして森園を次期生徒会長に決め、満場一致の拍手が上がります。

時は移ろい、帝一たちの生徒会長選挙がやってきました。

候補者は帝一と菊馬、そして弾の3人。

しかし、菊馬は支持を集められずいち早く脱落。菊馬が帝一か、弾のどちらに入れるかが勝敗を分けることになります。

帝一は自分を嫌う菊馬が票を入れるわけないという思いから、自分の票を弾に投票します。しかし、菊馬の一票は帝一にいれられました。

その結果、生徒会長は弾になります。

弾の生徒会長就任祝いの席に、帝一はピアノの前に座り、一番好きな楽曲「マリオネット(操り人形)」という曲を贈ります。

帝一は子どもの頃から好きだったピアノを再び弾きながら、「君たちのことだよ」と呟きます。

▼映画『帝一の國』は、U-NEXTで見られます。
映画『帝一の國』を
今すぐ見る

まとめ


(C)2017 フジテレビジョン 集英社 東宝 (C)古屋兎丸/集英社

今を時めく若手イケメン俳優たちが大集結している『帝一の國』。メインキャストとなる6人以外にも永野芽郁さんや吉田鋼太郎さん、木村了さんなどの人気俳優たちも出演しています。

主題歌も今大人気のクリープハイプの「イト」に決定し、永井監督も下記のようにコメント。

「イト」は正に僕らが求めていた映画の読後感を表現しており、ラストシークエンスに相応しい作品だと思う。クリープには珍しい程のポップさを持ちながら、狂気も感じる。これって、古屋兎丸先生の作品そのものじゃないかなと感動しました。(公式サイトより)

と、絶賛の声を送っています。そんな大注目の『帝一の國』は、イケメン揃いで楽しめ、笑いとちょっと感動もあったりする作品です。

帝一の弾くピアノの楽曲「マリオネット」は、強かなのか?誰を指すのか?

ご覧いただいたアナタの感想でお楽しみくださいね。

▼映画『帝一の國』は、U-NEXTで見られます。
映画『帝一の國』を
今すぐ見る

関連記事

コメディ映画

『不倫ウイルス』あらすじ感想と評価解説。SF映画の要素を入れた恋愛コメディとして“本当の愛”を追い求めた群像劇

ラブコメディ『不倫ウイルス』は2022年10月28日(金)より池袋HUMAXシネマズにて劇場公開! 愛していない人間とも肉体関係を持ってしまうウイルスに感染してしまった人と、彼らをとりまく人々の姿を描 …

コメディ映画

チャップリン映画『黄金狂時代』ネタバレ感想とラストまでのあらすじ。喜劇王が雪山の金脈探しに挑む

数々の名シーンが詰まった傑作チャップリン映画 “喜劇王”チャールズ・チャップリン監督・主演の、1925年製作の映画『黄金狂時代』 一攫千金を求めて山を目指す男たち描いたコメディ映画のクラシックを、ネタ …

コメディ映画

映画『引っ越し大名!』あらすじネタバレと感想。星野源×高橋一生×高畑充希らで描く等身大時代劇

映画『引越し大名!』は2019年8月30日(金)より全国ロードショー公開! 泰平の時代を迎えた江戸時代。 その時代を生きた大名たちにとっての一大事業「国替え(=引っ越し)」をテーマにした等身大時代劇を …

コメディ映画

映画『ポプラン』あらすじ感想と評価解説。上田慎一郎監督の‟イズム”がてんこ盛りのドタバタコメディ

映画『ポプラン』は1月14日(金)より全国ロードショー! 「カメラを止めるな!」シリーズの上田慎一郎監督による新作コメディー映画『ポプラン』。 あるきっかけで自身の男性器を失った一人の男性が、それを取 …

コメディ映画

映画『あ・く・あ ふたりだけの部屋』感想評価とレビュー解説。小泉ひなたがピンクなブラックコメディに挑む

映画『あ・く・あ ~ふたりだけの部屋~』は、 2021年5月29日(土)より池袋シネマ・ロサにて1週間限定公開、ほか全国順次公開予定!   園子温監督の助監督を経て異端映像作家として活躍する監督・中川 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学