Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

実写映画テルマエ・ロマエ|ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。漫画やアニメも人気な阿部寛主演のコメディは日本とローマ“共通の風呂文化”

  • Writer :
  • 秋國まゆ

ヤマザキマリの大人気コミック『テルマエ・ロマエ』を実写映画化!

武内英樹が監督を務めた、2012年製作の日本の大ヒットコメディドラマ映画『テルマエ・ロマエ』。

古代ローマ帝国から現代の日本にタイムスリップした浴場設計士が、日本人の洗練された風呂文化に衝撃を受け、そのアイデアを用いた斬新な浴場を古代ローマ帝国に築いていく姿とは、具体的にどんな内容だったのでしょうか。

マンガ大賞2010や第14回手塚治虫文化賞短編賞を受賞したヤマザキマリの同名コミックを、阿部寛主演で実写映画化した大ヒットコメディドラマ映画『テルマエ・ロマエ』のネタバレあらすじや作品解説をご紹介いたします。

スポンサーリンク

映画『テルマエ・ロマエ』の作品情報


(C)2012「テルマエ・ロマエ」製作委員会

【公開】
2012年(日本映画)

【原作】
ヤマザキマリの『テルマエ・ロマエ』

【監督】
武内英樹

【キャスト】
阿部寛、上戸彩、北村一輝、竹内力、宍戸開、勝矢、キムラ緑子、笹野高史、市村正親、外波山文明、飯沼慧、岩手太郎、木下貴夫、神戸浩、内田春菊、松尾諭、森下能幸、蛭子能収

【作品概要】
映画『テルマエ・ロマエ』は、「のだめカンタービレ」シリーズや『翔んで埼玉』(2019)などを手掛ける武内英樹が監督を務めた、日本のコメディドラマ作品。

原作であるヤマザキマリの漫画『テルマエ・ロマエ』をもとに、実写映画化された作品です。

「劇場版TRICK」シリーズや『チーム・バチスタの栄光』(2008)などに出演する阿部寛が主演を務め、2013年第36回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞しています。

映画『テルマエ・ロマエ』のあらすじとネタバレ


(C)2012「テルマエ・ロマエ」製作委員会

古代ローマ帝国の始まりは、紀元前753年にまで遡ります。幾度もの戦争や謀略を繰り返しながら、他民族を制圧し属州とすることで、ローマは世界最大の帝国として繁栄を極めていきました。

帝国の繁栄に貢献した歴代の皇帝たちは、神格化されることで神として崇められ、後世にその名を遺しました。

紀元128年、時の皇帝ハドリアヌスは、反対勢力を粛正するなど、暴君として恐れられていました。

そうしたローマにあっても、民衆は「テルマエ」と呼ばれる公衆浴場を愛し、皇帝は巨大な浴場を建設することで、民衆の支持を集めていきました。

アテネまで赴き、最高の建築技術を身に着けてきたテルマエ技師ルシウス・クイントゥス・モデストゥスは、古き良きローマのテルマエを民衆に思い出して貰おうと、あえて古いデザインのテルマエを設計しました。

しかし今の流行は、斬新な発想による派手なテルマエです。そのためルシウスの設計は時代に合わず、彼は職を失ってしまいました。

そんなルシウスを見かねた彼の友人であり、ローマに住む石工兼彫刻家のマルクス・ピエトラスは、テルマエに入ろうと誘います。

ただ今のテルマエは、本来あるべき「日々の疲れを癒しくつろげる空間」は微塵もなく、水泳をしたり格闘したり、脱毛したりと騒がしいところでした。

静寂な空間が広がっているのは湯の中だけです。ルシウスは静寂を求めて湯の中に潜り、派手なテルマエがもてはやされるこの現状を打破できるような斬新な発想を思いつこうとします。

その時、ルシウスはふと、湯が流れていく排水溝が目に留まりました。しかし、排水溝に顔を近づけすぎたせいで、ルシウスは流れに飲み込まれてしまいます。

ルシウスが死の物狂いで湯船の底から這い上がると、そこはローマではありませんでした。ルシウスは2,000年後の日本の銭湯へタイムスリップしてしまったのです。

ただ、ルシウスはここが日本であることに気がつきません。それどころか、ここは奴隷が入る属州のテルマエだと思い込んでいます。

ルシウスはシンプルで機能的な日本の浴場スタイルに感銘を受け、これを斬新さを求めるローマのテルマエに取り入れようと考え、ローマ人とは違う顔つきの日本人「平たい顔族」に、この浴場スタイルを仲間の技師に見せていいかと頼みます。

しかし、ルシウスの言葉は銭湯にいる日本人には通じません。それに全く気づかないルシウスは、まだ何か隠している風呂文化があると考え、隣接している女湯に入り込んでしまいます。

1人のおばちゃんから体重計を投げられ、ルシウスはその場で気絶。慌てて駆けつけた日本人男性に男湯に戻され、意識を取り戻したルシウスはフルーツ牛乳を貰います。

ローマのテルマエを遥かに凌駕する日本の風呂文化に、感銘を受けるとともに敗北感を感じたルシウス。必死にそれを悟られぬよう涙を堪え、目を瞑った彼は、いつの間にかローマへ帰っていました。

その数ヶ月後。ルシウスが風呂桶や富士山の壁絵、衣服を入れる籠、フルーツ牛乳など日本の浴場スタイルを取り入れ、設計したテルマエはローマ人にとても好評でした。

しかしルシウスは、マルクスと彼が一緒に暮らしている老齢の師匠と一緒に入った際、「家に風呂があったらいいのに」という師匠の言葉を聞き、湯の中でこう思いました。

「(確かに年老いた身で大浴場へ足を運ぶのは大変だ。入浴を諦めている老人も少なくないだろう)」

「(それはテルマエを愛するローマ人にとって、自分の生きがいを奪われるようなもの)」

「(何とかしてやれないものか。家に風呂、家に風呂、家に風呂…)」………するとルシウスは、再び現代の日本へタイムスリップ。

今度は銭湯ではなく、漫画家志望の山越真実がアシスタントをしている漫画家の家でした。浴槽にシャワー、湯の温度を逃がさないようにしているバスタブトレー、シャンプーハットにルシウスは感銘を受けました。

そこへ要介護者の漫画家の父が現れます。漫画家の父は、風呂場にいたルシウスを外国人のヘルパーだと勘違いし、彼にあかすりやシャンプーハットの使い方を教えました。

それにまたもや敗北感を感じ、洗面所前で項垂れるルシウスを見て、真実は漫画家としてデビューするために必要な「インパクトある主人公」だと思い、急いでスケッチブックを取りに行きました。

しかし真実が戻ってきた頃には、既にルシウスの姿はありません。何故ならルシウスは、洗面所に置かれた害虫駆除のスプレーを、誤って自分の顔に噴射しローマに帰ってしまったからです。

その1ヶ月後。ルシウスは師匠のために、家庭用のテルマエを設計しました。シャワーとシャンプーハットもついた画期的なテルマエに、ルシウスの評判はまさにうなぎのぼりです。

ただルシウスの顔はどこか浮かない様子。彼は日本で見た浴場スタイルや知識を再現しただけで、自分で考えたものではないと落ち込んでいたのです。

そんなルシウスの元に、思わぬ依頼が舞い込んできます。何と第14代ローマ皇帝プブリウス・アエリウス・ハドリアヌスから、別荘の個室風呂の設計を頼まれたのです。

民衆から暴君と呼ばれているハドリアヌスですが、実は彼はローマの平和を維持するため、属州を視察し、軍事力ではなく文化で圧倒できればいいと考えていました。

「テルマエとローマの在り方は似ている。広ければいいというものではない、派手であればいいというものでもない。安らげる場を与えてこそ、人々の幸福に繋がる」

「心を落ち着かせ、ローマの平和を施策するためには、テルマエが必要だ」「ローマ帝国のためだと思って、そなたの力を貸してはくれまいか」

以下、『テルマエ・ロマエ』ネタバレ・結末の記載がございます。『テルマエ・ロマエ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2012「テルマエ・ロマエ」製作委員会

翌日。ルシウスは早速、ハドリアヌスの側近アントニヌス・ピウスの案内で、ハドリアヌスが設計した彼の別荘を視察します。

その時、アントニヌスはルシウスにこうお願いしました。「皇帝は優れた建築家であり、稀代の天才であるが故に、我々の想像以上に孤独なお方だ」

「元老院とも対立し、心を開ける理解者が少ない。そなたは、その数少ない理解者の中の一人なのであろう」

「立派なテルマエを作ってくれ。それが、皇帝の救いになる」………そう言われたルシウスは、恥も外聞もかなぐり捨てて、平たい顔族からアイデアを貰おうとします。

ルシウスが別荘のテルマエで溺れ、タイムスリップした場所は2012年、真実が派遣社員として働く東京・新宿のショールームでした。

ルシウスは真実に硬貨を渡し、ショールームを案内させます。バブルバスやアロマキャンドルなどに感銘を受けたルシウスは、ハドリアヌスの依頼を完遂できるか不安になりました。

お腹が痛くなったルシウスは、真実の案内でトイレへ行きました。そこで体験した自動温水便座に衝撃を受けたルシウスは、ワンダーウェーブ洗浄による初めての快感が癖になりそうでした。

そのまた数ヶ月後。ルシウスが設計した、自動温水便座とバブルバス、アロマキャンドルなどを再現した個室風呂は、ハドリアヌスからとても好評でした。

ルシウスはハドリアヌスからの報奨金で、妻への手土産を買い我が家へと帰宅。しかし肝心の妻は、子供を欲しがるあまりマルクスと不倫していたのです。

一方、みちこから追い出された真実は、ルシウスがショールームに現れたことで、仕事場に男を連れ込んだと上司に勘違いされクビになってしまいました。

そのため真実は、実家である田舎の温泉宿へ帰る羽目に。客である大学教授にルシウスから貰った硬貨と、ショールームに置き去りにされた彼の衣服を見せ、彼が古代ローマ帝国の人であることを知りました。

そこで真実は、古代ローマ帝国について勉強し、ルシウスを主人公とした漫画を描くことにしました。

しかし現実はそううまくいかず、真実は母から伊丹ホテルの跡取り息子とのお見合いを勧められます。

随分前から赤字続きのため、温泉宿を閉めることになるかもしれないからです。真実は廃業寸前の温泉宿を救うため、漫画家になる夢を諦め、お見合いすることを決心します。

その頃ハドリアヌスは、二度目の視察巡回へと旅立ちました。アテネからトルコ南部の小都市アンティオキアを経て、エジプトのアレクサンドリアへ上陸。

全ては順調に思えましたが、ハドリアヌスが身も心も委ねていた愛人アンティノーをナイル川で亡くしてしまい、ハドリアヌスはすっかり生きる気力を失ってしまいました。

そんなハドリアヌスを立ち直らせるべく、アントニヌスは妻の不倫が原因で酒浸りとなっていたルシウスに助けを求めます。

ハドリアヌスの元へ馳せ参じたルシウスは、彼を元気づけるための策を考えるより先に、まず故障した風呂を修理しようとしました。

しかしそこで溺れ、ルシウスは再び日本へタイムスリップ。次に行き着いた先は、真実がお見合い相手とデートしに来たワニの養殖場でした。

そこでルシウスは、温室の仕組みとバナナに感銘を受け、ハドリアヌスがアンティノーと食した思い出のバナナをローマに持ち帰ろうとします。

しかし、真実と一緒に温泉街で遊んでいるうちに、ルシウスが持っていた種入りのバナナは野生の猿に盗まれてしまいました。

それを追いかけたルシウスは、開放感ある屋外の温泉に感銘を受けつつ、バナナがそのすぐそばの川に落ちているのを発見。それを取り戻した時、ルシウスはローマへ帰ってきていました。

それからしばらくして、ルシウスはナイル風のテルマエを設計し、ハドリアヌスの生きる気力を取り戻すことに成功。

さらにハドリアヌスは、アンティノーの化身として、ナイル川から持ち帰ったワニが元気を取り戻したことと、ナイルで味わったバナナを再び食すことができてとても喜んでいました。

ルシウスは思いきって、ハドリアヌスにこのテルマエを設計できた真実を伝えようとします。しかしハドリアヌスは、反乱を起こした北方の蛮族の制圧へと向かってしまいました。

ローマは長い間、ドナウ川を居住区とする蛮族たちに苦戦を強いられていました。その戦いは、3年にも及びました。

紀元前135年。ハドリアヌスは、ルシウスに書状を送りました。「私も年を取った、そろそろ後継者を考えねばならない」

「そこで、次期皇帝候補のルキウス・ケイオニウス・コンモドゥスを養子にとろうと思う」

「ケイオニウスには最初の事業として、民衆向けの大浴場を作らせようと思っている」

「過去の皇帝のものを凌駕した、素晴らしいテルマエをそなたに作ってもらいたい。そうすれば、ケイオニウスに対する民衆の支持も得られる」

しかし、ケイオニウスは女癖が悪い軟弱な男で、民衆から軽蔑されていました。ルシウスはケイオニウスに直接会いに行き、辞退を申し出ます。

しかしそうなると、ハドリアヌスの意に背くことになり、反逆罪として極刑に処されることに。葛藤するルシウスの元に、彼のせいで仕事を失ったと逆恨みするテルマエ技師が襲来。

揉み合いの末、ルシウスはそばにあった井戸の中へ転落し、真実がいる温泉宿へタイムスリップします。

ルシウスは初めての岩盤浴に感動しつつ、真実の父と温泉宿の常連客の男たちに連れられ、以前見た屋外の風呂へ入浴。人間の傷を治癒する効能があることを知りました。

そこでルシウスは初めての温泉卵を堪能し、これは美味だと感動しました。しかしその後、常連客の男が持っていた腐った酒を飲まされ、悶絶します。

その時ルシウスは、偶然ラテン語を勉強中の真実と再会。彼女が飲ませてくれた、毒消しの湯のおかげで回復したものの、急に酒が回って湯の中へドボン。

ルシウスは自分を抱きとめてくれた真実と一緒に、ローマへ帰還。ルシウスはアントニヌスと真実の制止を振り切り、ケイオニウスのテルマエ建造を辞退します。

ハドリアヌスに絶縁されたルシウスは、真実がいるローマへ戻る道中、戦地にも傷を治癒する効能がある鉱泉があることを発見。

帰宅後、ルシウスは真実から、アントニヌスがパンノニア属州へ5年間派遣されることになったと知らされました。


(C)2012「テルマエ・ロマエ」製作委員会

真実を連れ去ろうとしたケイオニウスを、アントニヌスが力尽くで止めたことが原因でした。

しかし真実が知っているローマの史実によると、パンノニア属州へ派遣されたのはアントニヌスではなく、ケイオニウスです。

そこでケイオニウスは疫病にかかり、彼の亡き後にアントニヌスが皇帝になるはずでした。

つまりこのままアントニヌスが皇帝にならなければ、ハドリアヌスは神格化されません。何故ならハドリアヌスを嫌い、彼の神格化に反対する元老院を説得し、彼の神格化を認めさせたのはアントニヌスだからです。

ハドリアヌスが神格化されなければ、彼の業績が抹消されるだけでなく、後世まで愚かな王という烙印を押されることになります。

そう話す真実の言葉を信じたルシウスは、ケイオニウスにハドリアヌスの神格化を頼みましたが、まともに取り合ってくれません。

それどころか、ケイオニウスに自らの力でハドリアヌスに認められたのではないことを言い当てられ、ルシウスは自暴自棄になってしまいます。

そんなルシウスに、真実はこう言いました。「あなたが期待に応えようと、悩んでもがいた末に、私たちの世界を見たのなら、それはあなた自身の手で導き出した答えなんだよ」

「あなたは無能なんかじゃない、何も恥じることなんてない」………真実の言葉で自分を取り戻したルシウスはアントニヌスに、疲労困憊の兵士たちを癒す湯治場の建設を提案。

アントニヌスの了承を得て、ルシウスはハドリアヌスにも、彼が考案したと嘘をつき提案しました。「兵士は疲労困憊しています」

「この地には、人間の傷を治癒する効力を持った鉱泉があるのです」「兵士さえ回復すれば、ローマ軍の勝利も見えてくるでしょう」

ハドリアヌスはこの案を採用。ルシウスは早速、真実と奴隷たちと一緒に、湯治場の建設に取り掛かりました。

そこへ、真実を探しに来た父親と常連客の男たちが登場。彼らが助っ人になってくれたおかげで、ルシウスは難航していた湯治場の建設に成功し、ローマ軍の勝利に貢献しました。

祝宴の夜、ルシウスは真実に感謝を述べ、「お前と出会えてよかった」と初めて彼女の前で笑顔を見せました。

真実が嬉し涙を流した時、彼女の手が透けていきます。それを見たルシウスは、自分がローマに戻る時は決まって涙を流した時だと思い出しました。

「また会えるかな?」「きっと会える、ローマの道は全てに通じているのだから」

そうルシウスと話した後、真実たちは現代へ帰還。真実は恋に落ちたルシウスへの想いを馳せながら、彼と一緒に見た夜空を眺めました。

1ヶ月後。兵士たちやルシウスと共にローマへ凱旋したハドリアヌスは、勝因である湯治場の建設を提案したアントニヌスを讃え、属州への派遣を取り消しました。

そしてハドリアヌスは、湯治場を建設したルシウスを呼び出し、「私がそなたの嘘を見抜けぬと思ったか。大義であった!」と民衆の前で彼を称賛しました。

スポンサーリンク

映画『テルマエ・ロマエ』の感想と評価


(C)2012「テルマエ・ロマエ」製作委員会

ローマのテルマエ技師ルシウスは、愛国心が強く、それ故にローマ人の生きがいであるテルマエの設計・建造への思い入れも強いです。

良く言えば真面目、悪く言えば頑固者なルシウスは、斬新な発想を欲していました。その彼の願いがきっと、神に届いたのでしょう。

いつしかルシウスは、古代ローマ帝国と2,000年後の日本を行き来するタイムトラベラーとなりました。それが、ルシウスが名建築家として名を馳せるきっかけとなります。

ルシウスが日本へタイムスリップするたびに、ローマにはない風呂文化に感銘を受けている姿、そして言葉が通じないが故に生じる日本人との温度差がとても面白いです。

なかでもルシウスが、自動温水便座を体験した場面が印象深く、観ている人も思わず笑ってしまうギャグ場面となっています

ギャグ要素が強い物語の前半とは打って変わり、物語の後半はローマの行く末がかかっているシリアスな場面が多く、ルシウスは自分の実力で名声を得たのではないことに自責の念に駆られてしまいました。

そんなルシウスを立ち直らせてくれたのもまた、日本人でした。日本での体験と真実たちとの出会いが、ルシウスを成長させ、そしてローマの風呂文化を変えたのです。

ルシウスと真実たちの共同作業と、ルシウスと真実の約束が描かれた場面はとても感動します。

まとめ


(C)2012「テルマエ・ロマエ」製作委員会

愛国心が強い頑固なローマのテルマエ技師が、ある日突然現代の日本へタイムスリップし、そこで得た知識と体験を活かして、ローマの風呂文化を変えていく日本のコメディドラマ作品でした。

エンドロール前、ハドリアヌスたちのその後が記されたテロップが流れました。ハドリアヌスはそれまでの帝国拡大路線を止め、現実的な国内安定化路線へと変革させ、138年に死去。のちにアントニヌスにより神格化されました。

アントニヌスは138年に第15代ローマ皇帝に即位し、先帝ハドリアヌスの国内安定化路線を継承し、その治世は終始平穏でした。161年没。

ケイオニウスはアントニヌスに代わり、137年にパンノニア属州総督に就任。ハドリアヌスの養子として、帝位継承者に指名されていましたが、史実どおり赴任先のパンノニア属州で疫病にかかり、翌年138年に死没しました。

ルシウスは当時革新的な浴場などを次々と作り、名建築家として名を馳せましたが、後世に残る文献が少ないため、晩年は不明です。

真実はローマでの体験を活かし、ルシウスを主人公とした漫画『テルマエ・ロマエ』を描き、出版社に持っていきました。その帰り道、真実は川から這い上がってきたルシウスと再会しました

エンドロール中の映像には、ルシウスたちがそれぞれテルマエを楽しんでいる様子が描かれていました。愛国心が強いローマのテルマエ技師が、現代の日本人との出会いを機に、ローマの風呂文化を変えていくコメディドラマ映画が観たい人に、とてもオススメな作品です。




関連記事

コメディ映画

シンクロナイズドモンスターあらすじと感想【アン・ハサウェイ映画】

2017年11月3日より劇場公開されるアン・ハサウェイが主演を務める『シンクロナイズドモンスター』。 職ナシ、家ナシ、彼氏ナシ‼︎巨大な怪獣を操るダメウーマンが、負け犬人生と世界の危機に立ち向かう? …

コメディ映画

映画『ディック・ロングはなぜ死んだのか?』ネタバレ感想と考察評価。元ネタ事件の真相と“馬”に関わる田舎町での出来事

静かな田舎町で、突如起きたある男の不可解な死が波紋を呼ぶ 死の真相を知る2人の男が、何故か真実を隠そうと悪戦苦闘するダークコメディ映画『ディック・ロングはなぜ死んだのか?』。 「アメリカの病的な部分」 …

コメディ映画

実写映画『かぐや様は告らせたい』あらすじネタバレと感想。平野紫耀×橋本環奈演じる“恋愛頭脳戦”

映画『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦』は2019年9月6日(金)にロードショー公開! アニメ化でも大きな話題となった赤坂アカの同名人気コミックがついに実写映画化。 監督を務めたのは、『兄に …

コメディ映画

『ディアーディアー』動画無料視聴はU-NEXT!ネタバレ感想レビュー

絶滅種と聞くと、その危機感以上に自然界のロマンを感じてしまう人は意外といるのではないでしょうか? ところが、絶滅したはずの動物がまれに人々の前に現れるケースもあるそうです。 実際、タスマニアタイガーと …

コメディ映画

映画『ゾンビランド2ダブルタップ』ネタバレ感想とレビュー評価。続編でも結末までの悪ノリ小ネタは健在でキャスト陣の魅力も満載!

映画『ゾンビランド:ダブルタップ』が11月22日(金)より全国ロードショー。 2009年北米公開の前作『ゾンビランド』から10年の時を経て、役者と制作陣が更にパワーアップして戻ってきました。 この10 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学