Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

『神は見返りを求める』ネタバレあらすじ感想と結末の解説評価。岸井ゆきの演技力が只者ではないと知れる快作!

  • Writer :
  • 西川ちょり

「 見返りを求める男」と「恩を仇で返す女」の壮絶なバトルの結末は!?

人間の「負」の側面を主題にめっぽう面白い作品を撮る吉田恵輔監督のオリジナル脚本による映画『神は見返りを求める』。

イベント会社に務める男性・田母神は、売れないYouTuber・ゆりちゃんを善意から支え励まし、ゆりちゃんはそんな田母神を「神」と崇めていました。

ところが良好だったふたりの関係が次第に崩れ始めます。エゴをむき出しにした2人のバトルは予想もしない展開へとなだれ込んでいきます。

話題作の出演が続くムロツヨシが主人公の田母神を演じ、YouTuberゆりちゃん役を、『愛がなんだ』などの作品で高い評価を受けている岸井ゆきのが務めています。

スポンサーリンク

映画『神は見返りを求める』の作品情報


(C)2022「神は見返りを求める」製作委員会

【公開】
2022年公開(日本映画)

【監督・脚本】
吉田恵輔

【出演】
ムロツヨシ、岸井ゆきの、若葉竜也、吉村界人、淡梨、柳俊太郎、田村健太郎、中山求一郎、廣瀬祐樹、下川恭平、前原滉

【作品概要】
『空白』などの作品で知られる吉田恵輔監督のオリジナル脚本による異色ドラマ。

ムロツヨシ演じる心優しい男が、岸井ゆきの扮する売れないYouTuberの手伝いを買って出るが、やがて関係に亀裂が生じ、動画を通して互いを罵りまくるバトルへと発展して行く。

映画『神は見返りを求める』あらすじとネタバレ


(C)2022「神は見返りを求める」製作委員会

イベント会社に勤める田母神は、合コンで飲みすぎてうずくまっているYouTuberのゆりちゃんを心配し、介抱していました。

田母神は、再生回数に悩む彼女を不憫に思い、小道具を貸し出したり、ロケ地まで車で送ったり、撮影を担当するなど、仕事の合間に番組作りを手伝うようになりました。

登録者数もあまり増えず、番組の評判もあいかわらずパッとしないままでしたが、ゆりちゃんは献身的に手伝ってくれる田母神に感謝し「神」と呼ぶこともしばしば。ふたりはとてもいいコンビでした。

ところがある日、基準を満たしていないにも関わらず、「裏メニュー」として生食用牛肉を出すお店をゆりちゃんが番組で紹介してしまい、お店は閉店に追い込まれるはめに。

田母神の知り合いだって言うから提供したんだとお店に泣きつかれ、田母神も困り果てますが、泣いているゆりちゃんを責めることもできません。

ゆりちゃんは下着姿になり田母神の背中に抱きつき、こんなことでしかお詫びできないと言いますが、田母神は服を着るように言って、自分は見返りなどいらないからと語ります。

将来、収益が出たとしても、それはゆりちゃんが思うように使えばいいと言う田母神。ゆりちゃんにとっては田母神はまさに神でした。

しかし、そんなふたりの関係に微妙な亀裂が入り始めます。本業が忙しく時間に追われるようになった田母神は、ゆりちゃんと番組について話し合う暇もなく、掛ける言葉もぞんざいなものになっていました。

ある日、ゆりちゃんは、田母神の同僚・梅川の紹介で、人気YouTuberチョレイ・カビゴンと知り合い、彼らとの“体当たり系”コラボ動画により、突然バズってしまいます。

裸になってボディペインティングするという内容に、田母神は心配し、ゆりちゃんに忠告しますが、ゆりちゃんは聞く耳を持ちません。それどころか、田母神に対して冷たい態度を取り始めるようになりました。

イケメンデザイナ一・村上アレンとも知り合ったゆりちゃんは、田母神を雑用係として扱い始めます。

そんな中、田母神から借金を重ねていた男性が自殺。彼が最後に訪ねてきた時、田母神はお金を渡さず彼を追い払っていました。

彼の借金の保証人にもなっていたため、田母神はたちまち多額の借金を背負ってしまいます。そんな事情を知る梅川は、ゆりちゃんが相当稼いでいるらしいということを田母神にささやきます。

田母神はゆりちゃんを呼び出し、これまで、手伝いをするのに、ずいぶん自腹を切ってきたこと、生肉事件の時、お店に示談金を負担していたことなどを述べ、50万ほど渡してほしいと頼みます。

しかしゆりちゃんは見返りはいらないと言ったじゃないですか、とつっぱね、収益も私が思うようにすればいいよといったじゃないと反論。見返りじゃなくて誠意を見せてほしいと田母神は主張しますが、ふたりの会話は平行線をたどり、ついに決裂してしまいます。

梅川がふたりに対して、あることないこと告げ口したこともあり、ふたりとも互いを嫌悪し合うように。田母神は、そもそも禁止されている生肉を出す店のほうが悪いんじゃないかと居直るなどあまりにも誠意のないゆりちゃんに対して、怒りが収まりません。

田母神は「GOD T(ゴッティー)」と名乗り、覆面をしたYoutuberとして、ゆりちゃんを攻撃し始めます。不快感をあらわにしながら、ゆりちゃん側も反撃を開始。醜い争いが一大イベントなり、人々の注目を集めることに。

ある日、田母神がアパートに戻ってくると、ドアに「ゴッティーの部屋」という落書きがスプレーでなされていました。

動画のコメント欄を見ると、身バレして、自分の住所が書き込まれていました。

ある日、ゆりちゃんは、ゴッティーとの争いを繰り広げる自身のチャンネル動画を見ていましたが、そこに寄せられた「観ていて不快。もっと前みたいな楽しいものが見たい」と書かれたコメントに目がいきます。

デザイナーの村上は相変わらずゴッティーとの対決を全面に掲げた構成を考え、彼を閉じ込める檻をデザインし、発注していました。

しかし、ゆりちゃんはもうこの争いに終止符を打ちたいと思っていました。すっかり人気YouTuberになったゆりちゃんでしたが、楽しさでいえば、田母神となんとか面白いものを作ろうと悪戦苦闘していたころのほうがずっと楽しかったと思うようになっていました。

しかし、村上は金もかけているのに今更変更できない、何の取り柄もないゆりちゃんが売れたのは、全部自分たちのお陰なんだと怒り出し、従うしかありません。

一方の田母神も、ゆりちゃんと一生懸命良いものを作ろうとしていた頃の動画を見て、今の姿との違いに愕然としていました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『神は見返りを求める』ネタバレ・結末の記載がございます。『神は見返りを求める』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ある夜、やたらとつきまとう仮面をつけたYouTuberに腹を立て、田母神は自転車で仮面の男を追跡しました。しかし、途中で、カップルにぶつかってしまい、怒った男性に暴力を振るわれ、挙げ句に女性にビール瓶で頭を殴られます。

なんとか家にたどりついた田母神は、水道で頭を洗い、その後、スマホで撮影をしながら、かつてゆりちゃんと一緒に踊ったダンスを始めます。彼の額には血がつたい始めていました。

YouTuberたちとパーティーをしていたゆりちゃんは、一人先に帰ろうとしていました。その時、これやばいよと言ってチョレイ・カビゴンから見せられた動画には、田母神が写っていました。

素顔をさらして、頭から血を流しながら、あのダンスを踊っている田母神。ゆりちゃんは呆然とその動画を眺めていましたが、やがて笑みを浮かべました。

ゆりちゃんはその日の撮影に、以前、田母神がくれたピンクのパーカーを着ていました。田母神がそれをくれた時、ゆりちゃんは冷たい視線を注ぎ、村上はいつまでもバカにして笑い続けたものです。

その服をあえて引っ張り出して身に着けたゆりちゃん。チョレイ・カビゴンと共に新たな挑戦をする予定でした。しかし・・・。

テレビのニュース番組では人気YouTuberゆりちゃんが、撮影中に全身大やけどを負ったという報道をしていました。使用した花火が服に着火したといいます。

病院に運ばれて治療を受けているゆりちゃんのもとにあの覆面YouTuberがやってきます。包帯姿のゆりちゃんを容赦なく撮影する男にスマホを向ける人物が現れました。田母神でした。

彼は逃げる男を追い、覆面を剥ぎ取ると、その素顔を撮影し、いつ公開されるか怯えて待てと脅し、彼を解放しました。

再び病室に現れた田母神。ゆりちゃんにカメラを向けると、ゆりちゃんはやっぱりあなたが嫌いだといつもの台詞を繰り返しますが、すぐそのあとに続いた言葉は「でも、ありがとう」でした。

病室を出たあと、ゆりちゃんが「ありがとう」と発する場面を何度も再生する田母神。

田母神が帰宅すると、待ち受けていたあの覆面YouTuberが襲いかかってきて、傘で背中を刺しました。あちこち刺されて倒れた田母神から男はスマホを奪い、そのまま立ち去りました。

田母神は立ち上がり、商店街をおぼつかない足取りでよろよろと進みはじめました。シャツには血が滲んでいました。

まだ行けるな、とぶつぶつとつぶやきながら、彼は、体を動かし始めました。小声で歌を歌いながらあのダンスを踊っていました。

スポンサーリンク

映画『神は見返りを求める』解説と評価


(C)2022「神は見返りを求める」製作委員会

吉田恵輔監督は、人間の「負」の部分に焦点をあて、醜い人間関係をそこはかとないユーモアに包み込んで綴ることに長けた作家です。

本作では、売れないYouTuberの女性と彼女の番組作りをアシストする男性との良好な関係が、やがて「見返りを求める男」と「恩を仇で返す女」という立場に変貌し対立していく様が描かれます。

本作に登場するのは、YouTuberというSNS時代の寵児ともいうべき人々ですが、きっかけとなる出来事に関しては、これが同人誌制作であろうと、自主映画制作であろうと、事情は同じといえるでしょう。

わいわいとお金にならないところで活動している時は、それぞれが身をわきまえていても、それが思いがけずバズってブレイクすることがあったとしたら、誰しも自分の存在をないがしろにされたくないものです。

ましてや世話したつもりの人間が、まるでひとりで成功にこぎつけたかのように振る舞っていたら尚更でしょう。

一方、「恩を仇で返す」と言われた側は、自分と比べてどれだけのことをしたというのか、「人のふんどしで相撲を取る」とはまさにこのこと、盗人猛々しいと怒り、生まれた溝は広がっていくばかり。

そんな誰にでも、どこででも起こりうる事柄だけに、本作でのエゴとエゴのぶつかり合いは、他人事とは思えない痛々しさに溢れています。

「誠意」の「せ」の字も見せない岸井ゆきの扮するゆりちゃんのふてぶてしさ。それゆえに怒りをつのらせ、思いがけない行動に出るムロツヨシ扮する田母神の必死さに目が離せません。

人間の感情に基づいた滑稽で醜いバトルが延々と展開しますが、それがYouTubeという舞台で大衆に可視化されていくのだからたまりません。

田母神はSNSの匿名の暴力の餌食になり、成功者であるはずのゆりちゃんも、いつしか自分自身が自由を失いシステムの中に取り込まれてしまっていて後戻りできないことに気が付きます。その上に誰もゆりちゃんを評価などしていないのです。

こんな醜いバトルが延々と展開する本作ですが、根本的にはラブストーリーであり、ある意味、彼らの醜い争いは、みっともない公開痴話喧嘩のようなものともいえます。田母神によって踊り続けられるダンスがそのことを証明しています

ただ、作品があまりにも陰惨な方向へと舵を切ってしまうため、そう断言してもよいのか、いささか躊躇してしまうのも事実です。

愛を知る道のりの代償は、あまりにも重く、終盤の展開には、誰もが思わず息を呑むことでしょう。

吉田監督の『犬猿』(2018)で、憎悪をぶつけ合っていた兄弟、姉妹が、他者から自身の兄弟、姉妹の悪口を聞かされたら怒り出すというようなユーモラスなエピソードもここにはありません

ユーモアで包むことを拒否したような、冷淡な視点が最後まで貫かれるのです

まとめ


(C)2022「神は見返りを求める」製作委員会

YouTuber・ゆりちゃんを演じる岸井ゆきのは、前半、さえない「底辺YouTuber」である時は、本当にさえない女性として存在しています。提供してはいけない生牛肉の食品レポをする時など、観ている者になんて愚かなのだと憤りを感じさせるくらいです。

それが、売れっ子になるに従い、どんどん性格が悪くなっていくのですが、それに反比例するようにどんどん可愛らしく魅力的に変化していきます。岸井ゆきのという役者が只者ではないことを改めて実感するのです

一方の田母神に扮するムロツヨシは、ひとのよいキャラクターを全面に出しながら、「誠意」にこだわり続けたがために、心身ともにボロボロになっていく男性を熱演しています。彼の受けた傷が画面から痛みとして伝わってくるかのようです

また、悪口の伝道師的な振る舞いをする若葉竜也のあっけらかんとした軽さにも驚かされます。本当にいやなキャラクターなのですが、もっと観ていたいと思わせる不思議な魅力があります。

役者の旨さを堪能する面白さも本作の大きな魅力のひとつと言えるでしょう




関連記事

ヒューマンドラマ映画

【総理の夫ネタバレ】結末あらすじとラスト感想。原作どおりのキャストが映画の最後を見事に変えたエンディングは必見!

未来を諦めない。 こんなリーダーを待っていた! 原田マハの小説「総理の夫First Gentleman」を、田中圭と中谷美紀の共演で実写映画化。奇しくも時は、日本のリーダーを決める自民党総裁選の最中。 …

ヒューマンドラマ映画

映画『人魚の眠る家』あらすじとキャスト。東野圭吾原作に篠原涼子が挑戦

11月16日の全国公開に先駆け、東京国際映画祭GALAスクリーニング作品として先行上映される超大作人魚の眠る家』。 篠原涼子の、かつて見せた事がない狂気の演技でも話題になっています。 発売から1か月で …

ヒューマンドラマ映画

映画『秘密への招待状』あらすじ感想と評価解説。アフターウェディングのリメイクをジュリアン・ムーアが熱演

映画『秘密への招待状』はTOHOシネマズシャンテほか全国順次ロードショー 映画『秘密への招待状』は、デンマークの名監督スサンネ・ビアによる映画『アフターウェディング』のハリウッドのリメイク作品です。 …

ヒューマンドラマ映画

『サムライマラソン』ネタバレ感想。一気にラストまで駆け抜ける結末に爽快感がある時代劇

日本初のマラソンは江戸時代に行われた「安政遠足(あんせいとおあし)」だった。 優勝すれば願いが叶う夢のマラソン大会が、藩の存亡をかけた戦いに変わる。行きはマラソン、帰りは戦。 『超高速!参勤交代』の土 …

ヒューマンドラマ映画

映画『裏アカ』あらすじ感想と評価解説。結末が気になる“SNSの裏アカウント”を通して出会う男女の「葛藤と欲望の闇」

映画『裏アカ』は2021年4月2日(金)より全国順次公開。 仕事への不満から、裏アカを作成し過激な投稿を続けるようになった真知子を通して、現代の二面性を描き出した映画『裏アカ』。 「TSUTAYA C …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学