Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2017/05/01
Update

ちはやふる続編結び新キャストとエキストラ情報!

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

大ヒット映画『ちはやふる』続編をキャストとスタッフ一丸となって、2018年公開に向けて現在撮影中のようです。

タイトルは『ちはやふる-結び-』に決定したようで、前作『下の句』から2年後の様子を描いた作品。

今回は新たなキャストと、あなたも映画に出演できるかもしれないエキストラ募集の情報をピックアップします!


(C)2016 映画「ちはやふる」製作委員会 (C)末次由紀/講談社

スポンサーリンク

1.『ちはやふる-結び-』新たに登場する新キャスト!


映画「ちはやふる」公式HPから

真島太一に一目惚れをしたことから、瑞沢高校の競技かるた部に入部する、恋に強い憧れを持つ恋愛体質の女子新入生の花野菫役に、優希美青を抜擢。

優希美青は続編から参加ということで不安を抱えながらも演じることについて、

実際にかるたの練習をしたり、大会やかるた部の練習を見学させていただくにつれて、私もかるたが好きになってきました。
この映画で競技かるたに携わらせて頂いたからには、競技かるたの魅力をいっぱい伝えられたらなと思っています。(公式HPから)

と述べています。どのように恋に恋する女の子を演じるのか注目ですね。

また、同じ高校に来たのが、競技かるた経験者でプライドも人一倍高いが、本番に弱い新入生の筑波秋博役に、佐野勇斗をこちらも抜擢。

佐藤勇斗は筑波秋博を演じるにあたり、

競技かるたを体験するのは今回が初めてなのですが、僕が想像していたより遥かに奥が深く、集中力、体力が必要なものなのだなと、とても驚きました。
先生方のご指導のもと、とても楽しく練習させていただいています!
ちはやふるファンの皆様が思い描く「筑波秋博」の世界観を壊さないよう、僕なりに精一杯、全力で演じ切りたいと思います!(公式HPから)

映画の完成に向けて熱意をもっているようです。

映画版ならではのオリジナルキャラクターには、綿谷新と同じ福井の藤岡東高校の新入生で、綾瀬千早の最大のライバルで現役準クイーンの我妻伊織役に、清原果耶が務めます。

清原果耶はこの作品に挑むにあたり、

もともと原作が大好きなので出演させて頂く喜びを噛み締めつつ
キャストの皆さんの誰よりも、早く美しくかるたをとれるように稽古に励みたいです。
「ちはやふる」に何か新しい風を感じさせることが出来れば嬉しいです。(公式HPから)

彼女の“新しい風”と決意の感じる姿勢を表したコメント。活躍が楽しみですね。

さらに、漫画原作のとても重要キャラクターである、史上最強の競技かるた名人の周防久志役に、賀来賢人が務めます

賀来賢人は名人の周防久志役への意気込みについて、

かるたの天才、名人、個性的な人物で、今から芝居するのが楽しみです。
原作、映画ともに、とても熱量のある、信念を感じる作品に参加でき嬉しいです。
続編からの参加とはなりますが、座組に良い風を吹かせられればと思います。(公式HPから)

2018年公開予定の『ちはやふる-結び-』でこの4人の大いなる活躍や飛躍が見られるのを楽しみにしたいですね。

2.新キャストだけでない、あなたもエキストラ役で出演できるかも?


(C)2016 映画「ちはやふる」製作委員会 (C)末次由紀/講談社

女優として『ちはやふる』シリーズは。広瀬すずの代表作です。

先の前作の公開にあたり、舞台挨拶の会場で続編の制作が発表された際には、彼女の涙ぐむ喜びがとても印象的でした。

そんな『ちはやふる』の続編に、実はあなたもエキストラとして出演できる機会があるようです。

今作の映像制作を行なっている㈱ロボットの公式HPでは、ボランティアエキストラを大募集しています。
(http://movies.robot.co.jp/extra/chihayafuru/)

ロボットの公式サイト内に下記のエキストラ募集情報が告知されているようです。

5/8・11・12・13・14・16@足利 ・5/9・10@東京
5/15の募集は締め切り
5/7の募集が告知開始

映画『ちはやふる -結び-』の作品概要

2009年に第2回マンガ大賞受賞、2011年第35回講談社漫画賞少女部門受賞など、コミックス累計発行部数1700万部突破の人気漫画『ちはやふる』の実写映画化の続編です。

小泉徳宏監督を筆頭にスタッフと、広瀬すず、野村周平、真剣佑ほかのキャストともに、渾身の続編制作の撮影中のようです。

【撮影期間】
2017年5月上旬~6月下旬

【以下共通の事項】
特典&待遇:記念品贈呈あり 。撮影時間により食事を手配あり。
高校生・大学生役は若く見えれば実年齢は不問。

【募集日程】
5月16日(火)-〆5月11日
8:00~17:00@栃木県足利市
・高校生役(男女):5名
・部活動女子学生役(女性):10名

5月14日(日)-〆5月10日
8:00~18:00@栃木県足利市
・高校生男子学生役:32名
・高校生女子学生役:33名
・買い物帰り主婦役(女性):2名
・お母さん役(女性):3名
・幼稚園児役(男女):4名

5月13日(土)-〆5月8日
8:00~18:00@栃木県足利市
・男子学生役(男子):2名
・女子学生役(女性):2名
・ジャージ女子役(女性):2名
・20代教師役(女性):1名

5月12日(金)-〆5月8日
8:00~18:00@栃木県足利市
・高校生役男女:15名

5月11日(木)-〆5月7日
9:30~13:00@栃木県足利市
・高校生男子学生役:19名
・高校生女子学生役:37名
・部活動男子学生役:3名
・部活動女子学生役:5名

5月9日(火)・5月10日(水)[両日参加前提]-〆5月6日
9:30~13:00@東京都(23区外)
・高校生役(男女):30名
・サラリーマン役(男性): 4名
・OL役(女性): 2名
・マダム風主婦役(女性): 2名
・大学生役(男女): 6名

5月8日(月)-〆5月4日
7:30~17:00@栃木県足利市、高校生役男女60名

5月7日(日)-〆5月3日
7:30~17:00@栃木県足利市、高校の生徒役・教師役。
・高校生男子役:120名
・高校生女子役:120名
・教師役:30~50代の男性3名女性2名

*内容に関しまして随時変更や締め切りがなされることが予想されます。

せっかくの映画エキストラ募集の機会です、応募方法その他の詳細は、直接に映像制作会社ロボットの公式サイトの告知でご確認をしてくださいますよう、くれぐれも宜しくお願い致します。

ロボット告知への直接リンクアドレス 
http://movies.robot.co.jp/extra/chihayafuru/

スポンサーリンク

3.まとめ

映画『ちはやふる-結び-』の続編への新キャストたちの撮影に挑むコメントの紹介と、あなたもエキストラとして参加できる情報をご紹介しました。

もはや、映画は映画館で鑑賞するだけのものではありません。2016年はクラウドファンディングでも多くの映画が映画ファンによって支援されましたね。

現在の映画は、スタッフ、キャスト、そして観客のあなたの手によって、作られていることを今回は知っていただきたかったのです。

ぜひ、観るだけでなく、撮影現場体験も映画の醍醐味かもしれませんよ。ご興味のある方は参加なさってくださいね。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ゴッドファーザー3』ネタバレあらすじ感想とラスト結末の解説。最終章でコッポラが描きたかったマイケル・コルレオーネの最期

ドン・マイケル・コルレオーネの苦悩が明らかとなる最終章 フランシス・フォード・コッポラ監督による傑作『ゴッドファーザー』3部作の完結編。 マフィアのドンとして君臨するマイケルの苦悩と孤独、そして老いが …

ヒューマンドラマ映画

映画『ゴールデン・リバー』ネタバレあらすじと感想。シスターブラザーズは新たな人生を歩み始めるまでを描いたコメディ作品

ゴールドラッシュで沸くアメリカが舞台となる『ゴールデン・リバー』。 ブッカー賞作家パトリック・デヴィットの小説『シスターズ・ブラザーズ』を基に映画化されました。 最強の殺し屋・シスターズ兄弟が山師を追 …

ヒューマンドラマ映画

映画『覆面系ノイズ』中条あやみ主題歌デビュー!CD発売日と歌詞は

映画『覆面系ノイズ』は2017年11月25日(土)より全国公開がされます。 その前に映画の登場するバンドであり、今回映画主題歌を歌うバンド「in NO hurry to shout;(イノハリ)のメジ …

ヒューマンドラマ映画

『ヒトラーのための虐殺会議』あらすじ感想と評価解説。ナチスによるホロコーストに対する“歪み”の発生過程

映画『ヒトラーのための虐殺会議』は2023年1月20日(金)より全国ロードショー! 第二次世界大戦の残酷な出来事として語り告げられるホロコースト(ナチス・ドイツがユダヤ人などに対して組織的に行った絶滅 …

ヒューマンドラマ映画

『ミークス・カットオフ』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。西部開拓時に実在したスティーブン・ミークと“真のリーダーという問い”

西部開拓時代の移民が過酷な旅から抱く疑心を描いた作品 今回ご紹介する映画は、“現代アメリカ映画の最重要作家”と評されている、ケリー・ライカート監督の『ミークス・カットオフ』です。 ケリー・ライカート監 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学