Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『リンドグレーン』感想とレビュー評価。母になることで世界一強い女の子は生まれた

  • Writer :
  • 石井夏子

映画『リンドグレーン』は2019年12月7日より岩波ホールを皮切りに全国順次公開。

2019年12月7日より岩波ホールを皮切りに全国順次公開される映画『リンドグレーン』。

「長くつ下のピッピ」「ロッタちゃん」シリーズなど、子どもの心をつかんで離さない児童文学を数多生みだしてきた作家アストリッド・リンドグレーンの“過渡期”を描いた本作

アストリッドの苦悩と希望を捉えながら、彼女がどうして偉大な作家になることができたのかを紐解いていきます。

スウェーデンやデンマークの雪深い広大な情景と、リンドグレーンを演じたアルバ・アウグストの豊かな表情が心に残りました。

スポンサーリンク

映画『リンドグレーン』の作品情報

© Nordisk Film Production AB / Avanti Film AB. All rights reserved.

【日本公開】
2019年(デンマーク・スウェーデン合作映画)

【原題】
UNGA ASTRID 

【監督・脚本】
ペアニレ・フィシャー・クリステンセン

【脚本】
キム・フォップス・オーカソン

【字幕】
大西公子

【字幕監修】
菱木晃子

【キャスト】
アルバ・アウグスト、マリア・ボネヴィー、マグヌス・クレッペル、ヘンリク・ラファエルセン、トリーネ・ディアホム

【作品概要】
監督・脚本は、長編監督デビュー作『A SOAP』(2006)が、ベルリン国際映画祭で銀熊賞、及び最優秀新人作品賞に輝いたペアニレ・フィシャー・クリステンセン。

主演リンドグレーン役に、巨匠ビレ・アウグスト監督の娘、新星アルバ・アウグスト。

その他にも、『ヴェラの祈り』(2014)のマリア・ボネヴィーや、『未来を生きる君たちへ』(2011)などのトリーネ・ディアホム、『テルマ』(2018)のヘンリク・ラファエルセンら、スウェーデン、デンマークを中心に北欧の才能が集結しました。

映画『リンドグレーン』のあらすじ

© Nordisk Film Production AB / Avanti Film AB. All rights reserved.

スウェーデンのスモーランド地方。

教会の土地で農業を営む信仰に厚い家庭で育ちながら、伸び伸びと育った16歳の少女、アストリッド。

礼拝で聞いた神父さまのお説教をジョークにして兄妹を笑わせるものの、母は苦い顔。

町のダンスパーティーでは男の子からダンスに誘われず、女友達を誘って踊り出します。

友達が先に帰った後は1人でジャズのナンバーにあわせてステップを踏むアストリッド。

その後、兄とともに帰宅しますが、母は彼女の帰宅が遅いことを咎めます。

アストリッドは母に、一緒に帰って来た兄が叱られないことの不平等さを訴えても聞きいれられません。

© Nordisk Film Production AB / Avanti Film AB. All rights reserved.

中学を卒業した彼女は、文才を見込まれて地方新聞社で働くようになります。

編集長は父の知人であり、アストリッドの友人の父親でもあるブロムベルイ。

彼は妻に先立たれ、後妻とは離婚調停中で、7人の子どもを抱えながら働いています。

ブロムベルイの助手として雇われたアストリッドは、その文才と知性を見込まれて、秘書兼記者へ出世。

同時にブロムベルイのことを異性として意識し始めるのでした…。

スポンサーリンク

映画『リンドグレーン』の感想と評価

© Nordisk Film Production AB / Avanti Film AB. All rights reserved.

アストリッド・リンドグレーンになるまで

本作は作家アストリッド・リンドグレーンのサクセスストーリーではありません。

アストリッドが作家への道を歩み始めるまでの大事な数年間を追いますが、その間彼女が進むのは、自由だった子ども時代も終わりを告げ、女性としての不自由さに直面した薄暗い迷路でした。

観客はアストリッドとともに、その“さなぎ”時代を追体験するんです。

少女から大人へと変わるアンバランスさ、男女への扱いの違い、教会のしきたり、そういったものが自由奔放だったアストリッドの魂をがんじがらめにしていきます。

男の子から声をかけて貰えないとダンスも出来ない。それでも女友達を相手に踊り、友達が帰った後も1人で踊り続けたアストリッド。

その帰り道、彼女は大声で叫びます。誰にも理解してもらえない彼女の孤独と葛藤を吐きだすように。

本作の後半にこれと対比する場面が登場し、そこが彼女の人生の大きなターニングポイントとなります。

彼女の後の人生を知っていても、差し出された温かな手に観る者も救われることでしょう。

子育て世代の共感を呼ぶ痛み

© Nordisk Film Production AB / Avanti Film AB. All rights reserved.

愛する者、特にわが子と離れなければならない苦しさは、今でも全世界共通ではないでしょうか。

子どもを一時的にでも誰かに預ける時、胸のどこかがチクリと痛む経験をしたことがある方も多いでしょう。

本作でも、アストリッドは愛するわが子との別れを余儀なくされ、それは精神的にも肉体的にも彼女を苦しめました。

赤子が飲んでくれなくても母乳を作り続ける乳房は熱を持ち、乳腺炎に罹ってしまったアストリッド。

強制的な子離れが及ぼす苦痛を、肉体的な影響から描くことで、経験したことが無くてもその痛みを観客に伝えてくれます。

出産の痛みを描いた映画は多いですが、出産後の体の痛みを描いた作品は多くはありません。

また、子どもとの距離や母になることへの不安を抱きながらも前へ進んで行くアストリッドの姿は、子育てに悩む現代の大人たちに勇気を与えてくれるでしょう。

アストリッドが想像の翼をはためかせ、わが子との距離を縮めていくさまに、作家リンドグレーンのきらめきが垣間見えます。

まとめ

© Nordisk Film Production AB / Avanti Film AB. All rights reserved.

誰もダンスに誘ってくれなかったアストリッド。

たった一人で踊って来た彼女に差し伸べられた手は温かく、ともに歩める相手となったからこそ、「世界一強い女の子」は誕生することができました。

アストリッドを演じたアルバ・アウグストが強さを手に入れ、輝きを増して行く表情に魅了されてください。

監督であるペアニレ・フィシャー・クリステンセンは、電気も電話も、同世代の子どももいない幼少期を過ごす中で、アストリッド・リンドグレーンの著書を支えとしたそうです。

ペアニレ・フィシャー・クリステンセン監督は“私を形作った人”とリンドグレーンを敬愛し、そのリンドグレーンを形作ったものは何なのかと探究したのが本作です。

多くの読者に勇気を与えてきたアストリッド・リンドグレーンの“強さ”の秘密をぜひ覗いてみてください。


関連記事

ヒューマンドラマ映画

【ネタバレ感想】『散り椿』映画ラスト結末に込められた意味を解説

名キャメラマンとして知られる木村大作が、『劔岳 点の記』『春を背負って』に続き、監督第3作目となると時代劇『散り椿』。 『雨あがる』などで監督としても活躍する小泉堯史を脚本に迎え、直木賞作家である葉室 …

ヒューマンドラマ映画

映画『世界から希望が消えたなら』あらすじネタバレと感想。キャストが信じる奇跡を身近な出来事として見せる

心の力が健康に大きく影響する。 信じることで起こる奇跡の物語。 医師から余命宣告を受けた男が体験した奇跡を描いたヒューマンドラマ。 もし明日、あなたの命が終わるとしたら、今あなたに出来る事は何ですか? …

ヒューマンドラマ映画

映画『百円の恋』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

女優・安藤サクラの両親は、父が俳優の奥田瑛二、母はエッセイストの安藤和津。 才能の豊かな両親に育てられた安藤サクラ。しかし、世間に広く知られるようになったのは、2014年に公開された、『百円の恋』がき …

ヒューマンドラマ映画

映画『バイス』あらすじネタバレと感想。実在の副大統領ディック・チェイニーを知っていますか

映画『バイス』は4月5日(金)より、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー 歴代最強の副大統領と呼ばれるティック・チェイニー副大統領(H・W・ブッシュ大統領政権)の半生をクリスチャン・ベールの超 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ヒトラーと戦った22日間』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

1943年に、ナチスの収容所ソビボルで実際に起きた反乱を描く映画『ヒトラーと戦った22日間』は、2018年9月8日より全国公開中。 歴史上あまり語られる事がない、命がけの脱出計画に挑んだ人々を描く、本 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP