Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2016/12/08
Update

映画『さざなみ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

2016年4月公開されて、前期公開作品の中では、断トツの話題をさらっていった、『さざなみ』に注目します!

当初の予想を超えた観客からの話題ぶりに、映画を配給された彩プロの関係者も笑顔。また、彩プロの担当者が、原題の『45 YEARS』をそのまま使用せず、『さざなみ』とした邦題は秀逸!

今回は、大人の映画ファンに、ぜひ、ぜひ、観ていただきたい、アンドリュー・ヘイ監督の『さざなみ』の意外に知られていない見どころと、作品解説をご紹介します。

映画『さざなみ』の作品情報

【公開】
2016年(イギリス)

【脚本・監督】
アンドリュー・ヘイ

【キャスト】
シャーロット・ランプリング、トム・コートネイ、ジェラルディン・ジェームズ、ドリー・ウェルズ、デビッド・シブリー、サム・アレキサンダー、リチャード・カニンガム、ハンナ・チャーマーズ、カミーユ・ウカン、ルーファス・ライト

【作品概要】
結婚生活45年を迎え、平凡だが幸せな毎日を送る熟年夫婦ジェフとケイト。そこに亀裂が入っていく1週間のドラマ。

出演は、『スイミング・プール』のシャーロット・ランプリングと、『長距離ランナーの孤独』のトム・コートネイが、円熟を見せる自然な演技が見どころです。

映画『さざなみ』のあらすじとネタバレ

さざなみ

(C)The Bureau Film Company Limited, Channel Four Television Corporation and The British Film Institute 2014

イギリスの郊外の地方都市に暮らす元教師のケイト。愛犬マックスと散歩に出れば、かつての教え子に会うなど、小さな町では彼女のこと知らないものはいません。

そんなケイトは、結婚45年を迎えようとする夫のジェフと共に、子どもはおらず、穏やかな日常を過ごしていました。

週末の土曜日に結婚45周年の祝賀パーティを控えていた月曜日のこと、夫ジェフもとに一通の手紙が届きます。

それは、スイス警察からの手紙で、50年ほど前に雪山で遭難した、女性の遺体確認に来て欲しいという連絡でした。

ジェフは、「ぼくのカチャ」と呟くと、元恋人と登山旅行に行った祭に、登山ガイドと先を歩いて行ったまま行方不明となっていたのです。

しかし、地球温暖化によりクレパスの雪が溶けて、当時の姿のまま、カチャは発見されたというものでした。

心の中で止まったままだったジェフの元恋人カチャとの時間が動きはじめます…。ケイトと共に過ごした45年間の日常も忘れて、ジェフの気持ちはスイスのカチャへと向いていきます…。

ジェフの態度に不安を感じるケイトでしたが、週末の祝賀会準備のために、1人で計画をこなさなくてはなりません。

会場使用の打ち合わせや料理選び、また、パーティで使用するジェフとの思い出の曲選びなど、やらなくてはいけないことは山ほどありました。

しかし、一方でジェフは、地球温暖化についての書籍を読んだり、それまで1人で街に出かけたことも無かったのに、内緒で旅行代理店に行ったりしていたのです。

ケイトにとっては、もう、パーティードレスを選ぶことも楽しくはない、祝賀会のその日を迎えることも、今となっては、行う目的も意味もなくなっているかのようです。

その日も祝賀会の打ち合わせに向かったケイトでしたが、時計店でスイス製の高級時計を見ると、ふと、カチャを思い出したのか、突然不安がよぎり、自宅に電話を掛けます。

しかし、夫は出ません…。ケイトの気持ちに陰るばかり…。

ケイトが家に戻ると、ジェフは食事の準備をしていました。しかし、夕食の席で、ジェフはケイトにカチャとの思い出を語りはじめます。

捜索の際に警察には夫婦だと伝え、カチャには玩具のような指輪あげたこと、カチャのような花についてなど…。を左手の薬指にしていた、と。

ケイトは、余裕の表情でやり過ごそうとしますが、内心はそんな話を聞きたくありませんでした。死んでいることを理性では理解しながらも、見えないカチャに嫉妬心を重ねていきます。

以下、『さざなみ』ネタバレ・結末の記載がございます。『さざなみ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。
ジェフは、コソコソと屋根裏で何かを探しています。しかし、簡易階段は上げられておりケイトは上に登れません。

ケイトはジェフに声をかけますが、ジェフは忙しそうに取り合おうとはしません。

あくる日、ケイトは、ジェフがいないことを良いことに、屋根裏に上がりジェフのやっていた行動を見つけようとします。

ジェフのカバンには、カチャとの思い出を綴った日記がありました。ケイトはスライド映写機を見つけると、機械のライトをつけて投写します。

乾いたスライドの進む音…、ケイトは映り出されたカチャの姿に目を疑います。

なんと、カチャは幸せそうな顔で、お腹は豊かに膨らんでいました…。

夫ジェフが最も秘密にしていたことは、カチャが妊娠していたことでした。

見えないカチャに嫉妬する以上に、惨めな現実を知ってしまうのです…。

土曜日の結婚45周年祝賀会で、ジェフは、ケイトへの感謝と共に多くの列席者たちに感謝の涙を流します。

しかし、ケイトの凍りついた表情で笑顔も涙もありません。

2人が付き合った当時の思い出の曲が流されると、涙と笑顔のジェフは、ケイトの手を取りエスコートしながらチークダンスを踊ります。

しかし、ケイトは曲が終わる前にその手を離してしまいます…。ケイトの心は凍ってしまったかのように…。

映画『さざなみ』の感想と評価

さざなみ1

(C)The Bureau Film Company Limited, Channel Four Television Corporation and The British Film Institute 2014

シャーロット・ランプリングが演じた、ケイトは社会科を担当する元教師。このことは祝賀会の下見に行った時に、壁にかけられた絵画について担当者との会話から想像ができます。

その際に、彼女の性格が強固で融通がきかないことも理解できます。完璧主義でキツい性格のケイトが、徐々に不安になり壊れていくのがこの作品の見どころです。

では、そんな強いはずのケイトが、愕然となるまで壊れてしまうのか、この作品をご覧になった多くの方から疑問が上がりました。

「なぜ、ケイトは、過去に死んでしまったの元恋人カチャにあれ程の固執し嫉妬するのか?」

実は、この作品を演出したアンドリュー・ヘイ監督は自身がゲイであることを公言しています。

そこに読み解くヒントも求めれば、少し強引な話し方になりますが、ケイトとジェフは子どもいない夫婦。それを同性愛者と仮説しましょう。

同じような価値観を長年一緒に歩んできたと思い込んだ2人。しかし、本当はジェフはバイセクシャルで隠し子がいた。そのことを秘密にして一切何もケイトには語らないのです。

完璧主義で落ち度のないはずのケイトは、自分が惨めでならなかったのです。

夫婦や恋人同士のどのような関係でも良いのですが、関係を持った時間が長い短いではなく、どのように同じものを見ながら変化していくかがパートナーではないでしょうか。

このケイトとジェフは、45年間を実は一緒には歩んでいなかったのではないでしょうか。

ケイトは疎ましかった父親の元から出たかった、ジェフも元恋人カチャが忘れたかった、2人の出会いはそれがきっかけでした。

以後の45年間のペアとしての努力は、7日間よりも軽いものでしかなかったのです。

まとめ

さざなみ3

(C)The Bureau Film Company Limited, Channel Four Television Corporation and The British Film Institute 2014
この作品に、出演を果たした俳優のシャーロット・ランプリングと、トム・コートネイの長年連れ添ったような気配はリアリティそのものでした。

それでいながら、内に秘めた不安や揺らぎを抱えた姿は、円熟した俳優ならではと言えるのではないでしょうか。

アンドリュー・ヘイ監督が、脚本に書いた繊細なまでの世界観を、2人が見事なパフォーマンスで演じたことに、世界中から賞賛や評価も高かったようです。

ダーレン・アロノフスキー監督やポン・ジュノ監督、そしてクラウディア・リョサ監督などが審査員を務めた、第65回ベルリン国際映画祭で、主演男優賞と主演女優賞をそろって受賞という快挙を得たのです。

もし、まだ、『さざなみ』をご覧いただいていない、あなた⁈

パートナーとの関係が悪くなる前に視聴するのをお薦めします。2016年最強の夫婦映画!ぜひご覧ください!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

クリント・イーストウッド映画『運び屋』あらすじネタバレと感想。俳優復帰作は『グラン・トリノ』と表裏一体!

映画『運び屋』は2019年3月8日(金)全国ロードショー 2014年、ニューヨーク・タイムズ・マガジンに掲載された「シナロア・カルテルが雇った90歳の運び屋」。 映画『運び屋』はその1本の記事をベース …

ヒューマンドラマ映画

映画『ハクソー・リッジ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

メル・ギブソン監督作品『ハクソー・リッジ』が日本公開に! 『ハクソー・リッジ』は、俳優としても有名なメル・ギブソンが10年ぶりに監督した作品です。 日本での公開は6月24日予定ですが、沖縄戦を舞台にし …

ヒューマンドラマ映画

『フラッグ・デイ 父を想う日』あらすじ感想と評価考察。名優ショーンペンが初めて自身の監督作に出演した“犯罪者の父”を持った娘の葛藤

優しい私の父親は犯罪者だった――衝撃の実話を映画化 映画『フラッグ・デイ 父を想う日』が、2022年12月23日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショーとなります。 2度のオスカーに輝 …

ヒューマンドラマ映画

映画サバービコン 仮面を被った街|あらすじとキャスト。日本公開情報も

微笑みの裏にはワケがある⁈ジョージ・クルーニーが、コーエン兄弟とドリームチームを結成! 理想的なニュータウンの裏側を描く人間不信ブラックコメディ『サバービコン 仮面を被った街』が5月4日(金)よりTO …

ヒューマンドラマ映画

映画『セールスマン』感想とあらすじネタバレ!ラスト結末も

第89回アカデミー賞で外国語映画賞を獲得した、イランの名匠アスガー・ファルハディ監督による『セールスマン』をご紹介します。 以下、あらすじやネタバレが含まれる記事となりますので、まずは『セールスマン』 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学