Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

ルイ・マル映画『ダメージ』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

  • Writer :
  • こたきもえか

今回ご紹介する映画は『ダメージ』(1992)です。

監督は『死刑台のエレベーター』(1958)や『地下鉄のザジ』(1960)など、恋愛劇から社会派まで幅広い作品を世に送り出したフランスの巨匠ルイ・マル。

映画『ダメージ』は激しい不倫の愛に溺れる男女を描いたセンセーショナルな作品です。

スポンサーリンク

映画『ダメージ』の作品情報

【公開】
1993年(イギリス・フランス合作映画)

【原題】
Fatale

【監督】
ルイ・マル

【キャスト】
ジェレミー・アイアンズ、ジュリエット・ビノシュ、ミランダ・リチャードソン、ルパート・グレイヴス、レスリー・キャロン、イアン・バネン、ピーター・ストーメア

【作品概要】
もし息子の恋人と恋に落ちてしまったら。愛という名の魔界から抜け出せることはできるのか。

理性で抑えられない愛に溺れてゆく男を演じるのは『戦慄の絆』(1988)『運命の逆転』(1990)のイギリス出身の俳優ジェレミー・アイアンズ。

謎多きファム・ファタールを演じるのは『存在の耐えられない軽さ』(1988)や『ポンヌフの恋人』(1990)などで知られ、また世界三大映画祭全てで女優賞を獲得したフランス出身のジュリエット・ビノシュ。

傷つき、傷を求めあいながら愛し合う姿を2人が大胆に演じます。

映画『ダメージ』のあらすじとネタバレ

イギリス下院議員のスティーヴンは、上流階級の妻との間に2人の子供をもうけ、順風満帆な人生を送っていました。

ある日、スティーヴンはフランス大使館の式典で不思議な女性アンナと出会います。

アンナに心惹かれるスティーブンでしたが、彼女はスティーヴンの息子・新聞社に勤めるマーティンの恋人でした。

数日後マーティンが家にアンナを連れてきて家族に紹介します。

息子の恋人と知りながらも気持ちを抑えきれず、スティーヴンとアンナは肉体関係を結びます。

アンナは昔兄に兄妹以上の感情を抱かれていたこと、その兄が自死したことを告白します。

スティーヴンは離婚してアンナと再婚する決意をし、アンナにプロポーズしますが、彼女は今の関係のままでいたいと断ります。

後日スティーヴンはアンナがマーティンと婚約したことを知り、ショックを受けました。

以下、『ダメージ』ネタバレ・結末の記載がございます。『白い恐怖』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

婚約パーティでアンナの母エリザベスに会ったスティーヴンは、エリザベスにアンナとの情事を見抜かれ、娘と別れてくれと言われました。

しかし関係はずるずると続き、アンナもスティーヴンを求め続けます。

ある日、アパートで密会したスティーヴンとアンナの情事の最中をマーティンが目撃してしまいました。

ショックのあまりマーティンは足を踏み外し、階段から落ちて亡くなります。

スキャンダルとして知られたスティーヴンはアンナとの関係を含め全てを失ってしまいました。

それからしばらく経ち、異国のような町並みを1人で歩くスティーヴンが映されます。

彼の部屋には必要最低限の家具と、息子とアンナと映った大きなパネル。

「その後1度だけ彼女を見かけた。空港の乗り継ぎロビーで全くの偶然だった。彼女は私に気づかず、昔の恋人と一緒で子供を抱いていた、ごく普通の女だった」と述べパネルを見つめるスティーヴン。

スポンサーリンク

映画『ダメージ』の感想と評価

主人公のスティーヴンは、周りからは“完璧”と見られる人生を歩んできた男。

恵まれた暮らし、美しい妻、2人の子供。しかし彼は今まで何かを渇望したこともなく、孤独だったのです。

スティーヴンが初めて感情に身を任せて求めた人、それがアンナでした。なぜならアンナは暗い過去を持つ、傷を抱えた女性だったからです。

傷がある女と、その傷を求める男。

スティーヴンはアンナの影を、自身の孤独と重ね合わせて恋に落ちたのでしょう。

アンナはそれを分かっているかのようにスティーヴンが求めるものを差し出します。

そうして背徳感を抱きながらも情事に溺れていってしまうのです。

しかし倫理を犯したスティーヴンはその報いを受け、文字通り全てを失います。

印象的な最後のシーンは、まるで時間が止まったかのようです。

大切な息子、心の底から愛したアンナ、もう2人とも彼のそばにはいません。

スティーヴンはいつまでも一緒に過ごした時のアンナを想い続けるのでしょう。

孤独だった男が愛を知るものの、その愛の答えはまた孤独。

一度感情を知った今、その孤独はさらに辛いものかもしれません。

激しい恋愛は刹那的で、傷“ダメージ”のないものなんてない…空虚で哀しいラストシーンはそれを表しているかのようです。

まとめ

倫理を犯しながらも抗えずにはいられない愛の姿と、傷と孤独が共鳴した哀しい人間の性を描いた本作。

何もかもを失った後だけにある静けさと永遠を、私たちは日常で感じることはあるのでしょうか。

堕ちてゆく男を感傷的な魅力たっぷりに演じたジェレミー・アイアンズと、純粋さと魔性さが共存する女性を演じたジュリエット・ビノシュ、2人の美しい姿を存分に堪能して『ダメージ』お楽しみください。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『クーリエ:最高機密の運び屋』感想評価と考察解説。実話として描かれた世界滅亡を未然に防いだ1人のサラリーマン

映画『クーリエ:最高機密の運び屋』は、2021年9月23日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほかで全国公開! べネディクト・カンバーバッチ主演で贈る実録スパイ・サスペンス『クーリエ:最高機密の運び屋』 …

ヒューマンドラマ映画

映画『JOINT』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。犯罪ドラマを表裏の狭間で葛藤する男の視野から現代日本の裏社会を描く

半端者の男の葛藤と、現在進行形の日本の裏社会を描いた犯罪ドラマ! 刑務所から出所し、表の世界で新たな人生を歩もうとする、半グレの石神武司。 しかし、裏の世界から抜け出すことは容易ではなく、さまざまな思 …

ヒューマンドラマ映画

映画『半世界』あらすじとキャスト。稲垣吾郎と長谷川博己の演技評価の解説

東京国際映画祭の顔ともいえるコンペティション部門に選出された阪本順治監督の話題作『半世界』。 40歳を目前に人生の折り返し地点を迎えた男たちの葛藤と友情、そして希望を描いたヒューマンドラマ。 阪本順治 …

ヒューマンドラマ映画

【ネタバレ】メタモルフォーゼの縁側|あらすじ感想と結末の解説評価。キャストも熱演でBLが結ぶ悩める人々の“年の差友情”

女子高生のゆるやかな成長を描く「メタモルフォーゼの縁側」 「このマンガがすごい!2019オンナ編」第1位のマンガ「メタモルフォーゼの縁側」。 ほかにも数々の賞を受賞したこの作品は、好きなものを通して1 …

ヒューマンドラマ映画

映画『偽りの忠誠 ナチスが愛した女』ネタバレ結末感想とあらすじ解説。原題の意味から読み解く隠されたメッセージ

リリー・ジェームズとジェイ・コートニーが共演の映画『偽りの忠誠 ナチスが愛した女』 第二次世界大戦下のオランダ、ドイツ最後の皇帝ヴィルヘルム2世が亡命している公邸に、ナチス政権から派遣された一人のドイ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学