Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ドラマ映画

映画『ポリーナ、私を踊る』あらすじとキャスト! 原作漫画紹介も

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

ひとりの天才バレエ少女が数奇な運命に翻弄されながらも、成長していく姿を描いた映画『ポリーナ、私を踊る』。

10月28日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー!

今回は映画『ポリーナ、私を踊る』と映画化の原作バンド・デシネをご紹介します。

スポンサーリンク

1.映画『ポリーナ、私を踊る』の作品情報


©2016 Everybody on Deck – TF1 Droits Audiovisuels – UCG Images – France 2 Cinema

【公開】
2017年(フランス映画)

【原題】
Polina, danser sa vie

【監督】
ヴァレリー・ミュラー、アンジュラン・プレルジョカージュ

【キャスト】
アナスティア・シェフツォワ、ニール・シュナイダー、ジェレミー・ベランガール、ミグレン・ミルチェフ、アレクセイ・グシュコフ、ジュリエット・ビノシュ

【作品概要】
踊ることに人生をかける天才バレエ少女の成長する姿を見つめ、その成功と挫折過程を描いたドラマ。

また、原作はBD(バンド・デシネ)と呼ばれるグラフィックノベルで、人気のバスティアン・ビベスよるもの。

監督はドキュメンタリー映画や長編映画を手がけているバレリー・ミュラー、そしてダンサー兼振付家として活躍するアンジュラン・プレルジョカージュの共同監督。

2.映画『ポリーナ、私を踊る』のあらすじ


©2016 Everybody on Deck – TF1 Droits Audiovisuels – UCG Images – France 2 Cinema

モスクワにあるボリショイ劇場のバレエ団入りを目指すロシア人の少女ポリーナ。

彼女はバレリーナに憧れなれながら貧しい家庭環境で育ち、また、アカデミーでのバレエの稽古では、厳しい恩師ポジンスキーのもとで幼少の頃から鍛えられました。

ポリーナは将来有望なバレリーナとして期待されていましたが、憧れのボリショイ・バレエ団への入団を目前にしたある日、コンテンポラリーダンスと出会います。

ポリーナはすべてを投げ打って、自分のパートナーとともに南フランスにあるコンテンポラリーダンスカンパニーへ行くことを決意します。

しかし、向かった新天地で待ち受けていたのは、夢と愛に葛藤する日々でした。

やがてポリーナ練習中に怪我を負ってしまい描いてきた未来が狂い始めてしまいます。

失意のポリーナが、新たにたどり着いた場所で見つけたものとは…。

スポンサーリンク

3.映画『ポリーナ、私を踊る』の見どころ


©2016 Everybody on Deck – TF1 Droits Audiovisuels – UCG Images – France 2 Cinema

フランスで描かれた漫画として知られるバンド・デシネ。そのBC期待の新星バスティアン・ヴィヴェスのグラフィックノベル『ポリーナ』を原作に映画化作品。

主人公ポリーナを熱演したのは、ダンサーとしての資質と独特の存在感が高く認められ、今作で映画デビューに大抜擢されたアナスタシア・シェフツォワ

また、コンテンポラリーダンスカンパニーの振付家を演じたのは、ご存知名女優ジュリエット・ビノシュ

そのほか、元パリ・オペラ座エトワールのジェレミー・ベランガールや、フランスの若手俳優ニールス・シュナイダーたち魅力的なキャスト陣が集結。

監督は幅広いジャンルの作品を手掛けて手腕をかわれたヴァレリー・ミュラーと、バレエダンサーでありコンテンポラリーダンスの振付家としても世界的に活躍するアンジュラン・プレルジョカージュが共同監督を務めます。

今作『ポリーナ、私を踊る』は、バンド・デシネの原作である世界観を失うことなく完成させた、アーティスティックな映画としても意欲作品です。

スポンサーリンク

4.『ポリーナ、私を踊る』の原作者は?


©2016 Everybody on Deck – TF1 Droits Audiovisuels – UCG Images – France 2 Cinema

映画『ポリーナ、私を踊る』の原作者はバスティアン・ヴィヴェス(Bastien Vivès)。

1984年2月11日にフランス・パリで生まれたバンド・デシネ作家(漫画家)です。

ペニンゲン装飾美術学校で応用美術を学んだ後、ゴブラン映像学校でアニメーションを学びました。

2006年にバスティアン・シャンマックス(Bastien Chanmax)のペンネームでネット媒体で、『ろくでなしのプンギ(Poungi la Racaille)』を発表。

2007年に『彼女たち(Elles(s))』を出版して本格的にバンドデシネ作家としてデビューを果たします。

2008年にミカエル・サンラヴィルとの共作『ハリウッド・ジャン』を経て、同年『塩素の味』を発表。この作品で翌年に第36回アングレーム国際漫画祭の新人賞を受賞しました。

それ以降、現在まで20冊ほどの単行本を出版。タブレット型端末を用いた作画やアシスタントを起用するなど、従来のバンド・デシネ界にはない制作の方法を試みたことで、新作は発表されるたびに話題を集めています。

今作『ポリーナ、私は踊る』の原作は、2011年に刊行された『ポリーナ(Polina)』で、バレリーナとその教師との関係を25年のスパンで描いたことが大きく評価され、バンド・デシネ書店賞やACBD批評グランプリを受賞しています。

まとめ


©2016 Everybody on Deck – TF1 Droits Audiovisuels – UCG Images – France 2 Cinema

ポリーナは厳格な恩師ボジンスキーから教わったのは、バレリーナとして努力や苦労を見せてはならないということや、踊ることで豊かな感情を表現するということ。

バンド・デシネ新時代を象徴する実力派作家バスティアン・ヴィヴェスの最高傑作を完全実写化。

フランス漫画界が今最も注目するバスティアン・ヴィヴェスが描いた、“切なく美しい物語”の行方とは?

踊ることの目的を見失いながらも成功も挫折を経験したことで、かつての学び舎を訪ねたポリーナの見たものはとは…。

映画『ポリーナ、私を踊る』は、10月28日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー!

ぜひ、お見逃しなく!

スポンサーリンク

関連記事

ドラマ映画

映画『二コトコ島』『石と歌とペタ』あらすじとキャスト!感想レビューも

ユーモラス、かつソリッド!しりあがり寿、岡田利規ら各方面の表現者たちから絶賛をされる唯一無二の映像ワールド。 知られざる奇才といわれる大力拓哉と三浦崇志コンビ監督の代表作である、映画『二コトコ島』&『 …

ドラマ映画

三度目の殺人|福山雅治(重盛)の娘役女優は誰?【ゆか/蒔田彩珠】

“本当は、なんで殺したと思ってるんですか?本当のことに興味はないのかな、あなたはー。” この呼びかけは被疑者である三隅が、弁護士の重盛に伝えた言葉。山中社長という咲江の父親の命を奪った真相へと、三隅が …

ドラマ映画

映画『セールスマン』感想とあらすじネタバレ!ラスト結末も

第89回アカデミー賞で外国語映画賞を獲得した、イランの名匠アスガー・ファルハディ監督による『セールスマン』をご紹介します。 以下、あらすじやネタバレが含まれる記事となりますので、まずは『セールスマン』 …

ドラマ映画

映画『ラサへの歩き方 〜祈りの2400㎞』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

新年の挨拶に初詣は行かれましたか?今回ご紹介する『ラサへの歩き方〜祈りの2400㎞』は、五体投地(ごたいとうち)という、巡礼の姿を描いた作品。 チベット民の巡礼の祈り姿は、あまりに途方もないロード・ム …

ドラマ映画

映画『月と雷』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

直木賞作家・角田光代の小説『月と雷』が映画化され、監督を『海を感じる時』の安藤尋監督が務めたヒューマンドラマとして公開されました。 主演には初音映莉子、高良健吾を向かえ、田舎町で起こる「普通ではない」 …

ココマルシアター招待券10名様プレゼント
日本映画大学