Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

【ネタバレ】『山女』あらすじ感想と評価解説。映画女優として山田杏奈が《過酷な運命に立ち向かう少女》をしなやかに昇華!

  • Writer :
  • 谷川裕美子

昔話のような残酷でファンタジックな物語

ミスミソウ』(2018)『樹海村』(2021)の山田杏奈が主演を務める人間ドラマ。

柳田國男の「遠野物語」に着想を得たオリジナルストーリーで、人間の脆さと自然への畏敬の念、そして現代にも通じる貧困や差別など根深い社会問題を映し出します。

監督は、『リベリアの白い血』(2015)『アイヌモシリ』(2020)で民族のルーツを描いてきた福永壮志。

森山未來、永瀬正敏をはじめ、二ノ宮隆太郎、三浦透子、山中崇、川瀬陽太、でんでん、品川徹ら実力派俳優陣が顔をそろえます。

過酷な村での生活を離れて、深い山奥に入っていったヒロインの凛。彼女が山で出会ったのはいったい誰だったのでしょうか。伝承の世界に迷い込んだかのような本作の魅力をご紹介します。

映画『山女』の作品情報


(C)YAMAONNA FILM COMMITTEE

【公開】
2023年(日本・アメリカ合作映画)

【監督】
福永壮志

【脚本】
福永壮志、長田育恵

【編集】
クリストファー・マコト・ヨギ

【キャスト】
森山未來、永瀬正敏、二ノ宮隆太郎、三浦透子、山中崇、川瀬陽太、赤堀雅秋、白川和子、品川徹、でんでん

【作品概要】
初長編映画『リベリアの白い血』(2015)で、ロサンゼルス映画祭の最高賞U.S. Best Fiction Awardを受賞、インディペンデント・スピリット賞のジョン・カサヴェテス賞にノミネートされて注目を集めた福永壮志が監督を務める人間ドラマ。

福永監督は『アイヌモシリ』(2020)でもトライベッカ国際映画祭の国際ナラティブ・コンペティション部門で審査員特別賞、グアナファト国際映画祭では最優秀作品賞を受賞しています。

民話を元に新たな物語を紡ぎあげた本作では、凛というひとりの少女の生き様を通して、人間の善悪や信仰の敬虔さと危うさという、いつの時代も変わらない本質的なテーマを描きました。

主人公の凛を山田杏奈、森に住む謎の山男を森山未來、凛の父親・伊兵衛役を永瀬正敏が演じています。

映画『山女』のあらすじとネタバレ


(C)YAMAONNA FILM COMMITTEE

18世紀後半。冷害による食糧難に苦しむ東北の小さな村で、汚れ仕事を請け負う凛は、人びとから蔑まれながらもたくましく生きていました。

そんな彼女の心の救いは、盗人の女神様が宿ると言われる早池峰山でした。

ある日、米を盗んで村人から責められる父親・伊兵衛を見た凛は、家を守るために罪をかぶり、自ら村を去ります。

凛はけっして越えてはいけないと言われてきた山神様の祠を越え、山の奥深くへと進んでいきました。

そんな凛の前に、人間なのかもわからない不思議な存在が現れます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには映画『山女』ネタバレ・結末の記載がございます。映画『山女』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)YAMAONNA FILM COMMITTEE

言葉は通じないものの、山男の穏やかなやさしさを知った凛は、彼と暮らすようになりました。

凛と親しい泰蔵は、旅の道中に出会った旅人たちから山女を見たと聞きます。村から消えた凛に違いないと考え、泰蔵はそのことを伊兵衛に伝えますが、伊兵衞は神隠しにあった娘を探しにいくことはできないとはねつけました。

伊兵衞は、盗人を家に置けば村人たちからもっとひどい仕打ちを受けるようになることを恐れていました。

泰蔵は村長を訪ね、凛を探しにいってほしいと言って頭を下げます。村長らは、巫女のお告げにより雨乞いのために若い娘を捧げることを考えていましたが、よい生け贄を見つけられずに頭を悩ませていました。凛を人身御供にするために、村人たちは山へ探しに行きます。

迎えに来た泰蔵を見ても、凛は帰ろうとしませんでした。「山は人が住む場所ではない」と言う泰蔵を凛は突き飛ばし、「自分は村でも人ではなかった」と叫びます。

村人たちが無理矢理に凛を連れて行こうとしたそのとき、山男が現れて男たちに襲いかかりました。うろたえ逃げようとする村人たち。しかし、凛をかばった山男は撃たれて死んでしまいます。

村人たちに縛り上げられた凛は、村に連れて行かれ、牢に入れられました。

村長は伊兵衞に、盗人の罪に問わない代わりに凛を天の神に捧げると話します。伊兵衞は大きくため息をつき、代わりに自分から奪った田畑を返すよう話をつけました。

生け贄の話を知らずに凛を連れ帰ってしまった泰蔵は、後悔と怒りに震えて妻の春を責めます。

その晩。伊兵衞は牢を訪ね、凛に生け贄になることを話し、その代わりに田畑を返してもらえるようになったと伝えました。

伊兵衞が立ち去った後、泰蔵がやってきて、凛に謝りながら牢を壊そうとします。しかし、凛は彼を止め、自分は役目を果たすと告げました。

その後、死んだと思っていた山男が凛の牢の前に姿を現しました。

翌朝。凛は身を清められ、儀式の場へと連れて行かれました。縛られた凛の立つ台座に火が放たれたそのとき、にわかに空が暗雲に覆われて大雨が降り始めました。凛の足下の炎は消え、稲妻が光り、くくりつけられていた木に雷が落ちて凛は自由の身となりました。

すぐに雨は止みましたが、人々は恐ろしさのあまり凛を拝み続けます。

凛はひとり、早池峰山の方へ向かって歩いていきました。

映画『山女』の感想と評価


(C)YAMAONNA FILM COMMITTEE

厳しい自然に翻弄される愚かな人間たち

冷害に苦しむ小さな農村で起こる、昔話と錯覚させるような残酷でファンタジックな物語です。人間の愚かさと残酷さがくっきりと描かれています

主人公の凛は、過酷な運命に耐える日々を送っています。ひい爺が火事を出した罪で家の田畑は奪い取られ、父と障害を持つ弟と三人で遺体処理などの汚れ仕事を請け負っていました。そんな一家を村人たちは蔑み、最下層の扱いをしています。

それでも、一家はただひたすら村の一員として暮らすことでしか身を守る術がありません。身の不自由な弟の存在が、尚更彼らを村に縛り付けていました。

しかし、凛はそんな中でもやさしい心を忘れず、珍しい白いりんどうを見つけただけで「きっといいことがある」と言って健気に弟を励まします

ある日、耐えきれなくなった凛の父・伊兵衞は村の米を盗んでしまい、村人らから責められます。このままでは一家は立ちゆかなくなると知った凛は、父の罪をかぶり、自分が盗んだと嘘を自供しました。

村人たちの手前、家を守るために娘をひどく殴りつけるしかない伊兵衛。障害を持つ弟への深い愛から、凛はその痛みをひとり引き受けます。

村人たちによるひどい差別やいじめは、現代の人間模様にも同じく当てはまるもので、問題の根深さを感じさせます

雨乞いのために若い娘を生け贄に選ぶこととなり、互いの身内を差し出すようにと押しつけ合う男たちの姿は、グロテスクなまでの滑稽さです。力のない若い女性を犠牲にすることに何も違和感を抱かない感覚や、犠牲者を自分の身内からではなく下層世帯から選ぼうという汚い発想は、現在のジェンダー問題や差別問題にも通じています

老害と呼ばれる年寄りたちが牛耳り、責任をすべて下々にかぶせようとするさまは、腐敗した政治家たちの姿を彷彿とさせます

村では人間扱いされずに暮らしていた凛にとって、言葉は通じなくとも、森に住む山男は心安らげる唯一の存在でした。彼と寝食を共にし、彼女は初めて穏やかで「人間らしい」生活を手に入れます。

人の住まない山こそが、凛が人間として生きられる場所でした。

しかし、村人たちの魔の手はすぐに凛に迫り、山男を撃ち殺したあげく、凛を生け贄とするために連れ帰ります。

それでも、大自然は凛を見捨てませんでした。凛が縛り付けられ、台座に火を放たれた瞬間、頭上に広がった雲があっという間に大雨を降らせます。炎は消え、凛は自由の身となりました。

村人たちは、自然の神に守られている凛を畏れ、ひれ伏すしかありません。儀式の前夜、凛の前に現れた死んだはずの山男の姿。山男は本当は神の化身で、凛を助けるために駆けつけたのかもしれません。

実力派俳優たちの生み出す重厚な世界


(C)YAMAONNA FILM COMMITTEE

幻想的な本作の魅力を彩るのは、数々の実力派俳優たちです。

主演の山田杏奈は、『ミスミソウ』(2018)をはじめ、過酷な運命に立ち向かう少女がはまり役の俳優で、今作でも強靱な精神力とやさしい心を持つ凛をしなやかに演じています

「山男と一緒に自分も殺してけろ!」という魂の叫びに、思わず胸を揺さぶられることでしょう。

山男という異形の者を演じるのは、個性派俳優の森山未來です。言葉を話さない山男からにじみ出る優しさ、凛への愛情を表現しつつ、実は山神なのではないかと思わせる神聖さを醸し出しています。

凛の父・伊兵衞を、永瀬正敏が好演理不尽な理由で田畑を奪われて汚れ仕事を押しつけられたことへの怒り、それでも村にすがりついて生きるかしかない悲しみを見事に表現しています。

米を盗んだ罪をかぶってくれた凛を殴りつけながら、胸の内では慟哭していることが伝わってきます。凛を生け贄に差し出さねばならないことへのやるせなさ、それによって一家が救われることに安堵するずるさなど、伊兵衞の人間らしい愚かさをあますことなく演じきっています。

村長役の品川徹をはじめとする、村人役のでんでん、山中崇、川瀬陽太らベテランたちの重厚な演技が光る中、ひときわ異彩を放つのは春役を演じる三浦透子です。

異様なまでの迫力と色気、村役の孫としての高いプライド、夫となった泰蔵への恋心、泰蔵の凛への思いも見抜く鋭さ春の抱く複雑な感情を、抑えた演技で演じ、観る者の目を釘付けにしています

まとめ

民俗学者・柳田國男が収集した民話「遠野物語」にインスパイアされた一作『山女』幻想的な世界観に圧倒されます

厳しい環境の中、過酷な運命に翻弄されながらも健気に生きる女性・凛。人のいる場所に新天地を求めることを許されない凛は、奥深い森の中へと入っていきます。そこには、自然に混在する神がいました。

凛を救ったのは自然の怒りだったのか、それとも山男だったのか。いずれにせよ、凛が山に深く愛されていたことは間違いありません。




関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『バーレスク』あらすじとネタバレと感想。ラスト結末も

『ラ・ラ・ランド』や『グレイテスト・ショーマン』など、最近は多くの名作ミュージカル映画が世に出ました。 そんな中、遡ること2010年に『バーレスク』が公開されました。 第68回最優秀作品賞にもノミネー …

ヒューマンドラマ映画

映画『アンティークの祝祭』感想と内容評価。大女優カトリーヌドヌーヴと実娘キアラの“共演と絆”

映画『アンティークの祝祭』は6月5日(金)よりユーロスペースほか全国ロードショー 人生の終焉を悟った主人公が、半生をともにしてきたアンティークをガレージ・セールで処分することにします。それをやめさせよ …

ヒューマンドラマ映画

映画『ボルグ/マッケンロー氷の男と炎の男』ネタバレ感想レビュー。ラスト結末も

20歳の若さでウィンブルドンで初優勝を果たし、その後4連覇を達成したテニスプレーヤー、ビヨン・ボルグ。 天才的な才能を持ちながら、審判に噛み付く気性の粗さから「悪童」と呼ばれたジョン・マッケンロー。 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ホット・サマー・ナイツ』ネタバレ感想と評価レビュー。ほぼ無名のティモシー・シャラメを主演に起用

『君の名前で僕を呼んで』『ビューティフル・ボーイ』で一躍人気となったティモシー・シャラメ主演。 『ホット・サマー・ナイツ』は、今注目を集めるティモシー・シャラメが主演を務めたドラマ作品です。 マサチュ …

ヒューマンドラマ映画

『ライフ・イズ・ビューティフル』ネタバレ結末感想とあらすじ最後の伏線解説。名言の数々も飛び出す強制収容所に送られた父子の家族愛

過酷な状況下に陥ってもなお、妻と息子を救ったのは多幸感いっぱいの父の笑顔。 今回ご紹介する映画『ライフ・イズ・ビューティフル』は、田舎からトスカーナ地方の小さな街に、叔父を頼りに出てきた主人公が、旅の …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学