Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『うみべの女の子』ネタバレ結末あらすじと感想考察。石川瑠華と青木柚が演じた“青春という残酷さとすれ違い”

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

石川瑠華と青木柚によるダブル主演作『うみべの女の子』

浅野いにおによる原作漫画を『リュウグウノツカイ』(2014)、『富美子の足』(2018)のウエダアツシ監督が映画化。

海辺の小さな街に住む、石川瑠華演じる小梅と、青木柚演じる磯辺。好きな人に振られ、興味本位で体を重ねた2人は、恋人でも友達でもない曖昧な関係を続けてしまいます。

身体を重ねてもすれ違うもどかしい“思春期の性と恋”。求めても求めても満たされない、アンバランスで残酷な若き頃の「性」と「恋」を描く、もどかしくも切ない青春譚『うみべの女の子』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『うみべの女の子』の作品情報


(C)2021『うみべの女の子』製作委員会

【公開】
2021年(日本映画)

【監督】
ウエダアツシ

【原作】
浅野いにお

【脚本】
ウエダアツシ、平谷悦郎

【音楽】
world’s end girlfriend

【挿入曲】
はっぴいえんど

【キャスト】
石川瑠華、青木柚、前田旺志郎、中田青渚、倉悠貴、宮崎優、高橋里恩、平井亜門、円井わん、西洋亮、高崎かなみ、いまおかしんじ、村上淳

【作品概要】
監督を務めるウエダアツシ監督は、閉塞的な現状を打開しようと行動を起こす女子高生たちが巻き起こす騒動を描いた映画『リュウグウノツカイ』(2014)で長編初監督デビューを果たしました。以降、『桜ノ雨』(2016)、『天使のいる図書館』(2017)、『ジャンクション29』(2019)と青春映画を手がけてきました。

ウエダアツシ監督が実写化したのは「ソラニン」「おやすみプンプン」「デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション」など大ヒット漫画を書き続けている漫画家浅野いにおの原作漫画。浅野いにおの漫画が実写化されるのは『ソラニン』(2010)に続き11年振りとなります。

オーディションを経て見事小梅役に選ばれたのは『イソップの思うツボ』(2019)、『猿楽町で会いましょう』(2021)とめきめき頭角をあらわ始めた石川瑠華。磯辺役には『暁闇』(2018)で「MOOSIC LAB 2018」男優賞を受賞した青木柚。

小梅の友人である桂子役には『君が世界のはじまり』(2020)、『街の上で』(2021)の中田青渚、幼馴染の鹿島役には子役の頃から活躍し、朝ドラ『おちょやん』(2020)や大河ドラマ『平清盛』(2012)などに出演する前田旺志郎。

映画『うみべの女の子』のあらすじとネタバレ


(C)2021『うみべの女の子』製作委員会

海辺の小さな街。中学2年生の小夏(石川瑠華)は、憧れの三崎先輩(倉悠貴)に性行為を強いられ、自暴自棄になり同級生の磯辺(青木柚)に連絡をし、衝動的に初体験をしてしまいます。

何故自分を呼んだのかと聞く磯辺に小梅は「一年の時私に告ったじゃん」と言います。磯辺は、このまま小梅が自分のこと好きになる可能性はないのかと聞きます。小梅は、「磯辺のことは好きじゃない、ただの気分転換」と言います。

恋人でもないけれど、ただの友達だった頃には戻れない。曖昧な関係のまま小梅は頻繁に磯辺の家にやってきては身体を重ね、スリルを求めて学校でも行為に及び、いつしか性行為が日常の一部となっていました。

ある日、父親にカメラを買ってもらった小梅が磯辺の家にやってきます。写真を撮ってメモリーがなくなった小梅に磯辺はそこら辺にあるSDカードを持っていっても良いと言います。

SDカードをもらって帰った小梅は家で撮った写真を確認していると、磯辺からもらったSDカードの中に水着の女の子の写真があることに気づきます。

次の日磯辺を呼び出して、この写真の子は誰かと問い詰める小梅。すると磯辺は海辺で拾ったSDカードだから誰だか知らないと答え、写真の女の子に対して可愛いと興味を示す磯辺に小梅は不機嫌な顔をします。

いつものように磯辺の家に行った小梅は磯辺が水着の女の子をパソコンのデスクトップ画面にしているのを見て、嫉妬のような感情を抱きます。行為の後磯辺が寝ている間に勝手にパソコンのフォルダからSDカードの写真を削除してしまいます。

その日以来磯辺は小梅のことを避け、連絡も返してくれません。学校で磯辺を見かけた小梅は自分が何かしたのかと磯辺に尋ねます。磯辺はもう飽きたと言います。しかし、磯辺が嫌なところ直すから、約束が違うと小梅も引き下がりません。

付き合えないと言ったはずなのに関係を終わりにしたがらない小梅に磯辺は怒りをあらわにします。生きているだけで苦しい奴らの気持ちなんてわからないだろうと怒鳴ります。

磯辺の激しい感情を目にした小梅は泣きます。磯辺の怒りには兄の死が関係していました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『うみべの女の子』ネタバレ・結末の記載がございます。『うみべの女の子』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2021『うみべの女の子』製作委員会

磯辺の実の兄はいじめが原因で自殺し、磯辺は兄のパソコンに残っていた遺書を見つけますが、両親をこれ以上悲しませないためにもと、開かずに捨てます。

母親は海外に単身赴任し、父親(村上淳)も忙しく家には殆ど帰ってきません。兄の私物が多く残る部屋で磯辺は兄のSNSアカウントを引き継ぎ一人で過ごしています。だからこそ勝手にパソコンのファイルを削除した小梅を許せなかったのです。

小梅の幼馴染であり密かに小梅に想いを寄せている鹿島(前田旺志郎)は小梅と磯辺が一緒にいるところを目撃してしまい、昼休みに磯辺を呼び出し小梅にちょっかいかけているのではと問いただします。

磯辺はわざと卑猥なことを言って鹿島を煽ります。磯辺の口車にのせられた鹿島は思わず手を出してしまい2人は殴り合いに。

鹿島は磯辺の兄が地元の先輩らの中で転校してきてすぐいじめたら死んでしまったとネタになっていると言います。「お前らが兄を殺したんだ」と磯辺は恐ろしい形相で言います。他人の痛みをわからないとどこか遠くを見ながら話す磯辺を不気味に思う鹿島。

小梅の親友である桂子(中田青渚)が教室にやってきて喧嘩を目撃されてしまいます。鹿島は野球部の県大会を目前に控えていたため教師に激しく問い詰められます。

答えられない鹿島に、磯辺は自分が転んだと教師に向かって言い、県大会を控えて手を出すような馬鹿じゃないと再び鹿島を煽ります。鹿島はカッとして磯部とともに階段から落ち怪我をしてしまいます。

幸い磯辺は頭の怪我で済みましたが、鹿島は足を骨折し、県大会には出場できませんでした。落ち込む鹿島のお見舞いに駆けつけたのは鹿島に想いを寄せている桂子でした。

磯辺と会えないもどかしさから小梅は三崎先輩に連絡をします。三崎先輩に誘われ海に行くことになった小梅。海の後カラオケに移動した先輩の仲間たちと小梅でしたが、先輩たちは煙草ではない怪しげなものを吸いお酒を強要された小梅は具合が悪くなりトイレで嘔吐します。

そこにやってきた三崎先輩に性行為を強要され小梅は抵抗し逃げ出します。

傷ついた小梅は磯辺の家に押しかけますが、「帰れ」と言われてしまいます。磯辺に素直になれない小梅は先輩に襲われかけたことを話します。磯辺は苛立ち慰めて欲しいのか、自慢かと突き放します。

小梅は突然服を脱ぎ始め全裸になって磯辺に抱きつきます。2人はもみくちゃになります。突き放された小梅は「磯辺に会いたかったの」と叫びます。

2人は足りない何かを埋めるかのように激しくお互いの身体を求めます。「してもしても何にか足りない気がするのは何故だろう」と小梅は呟きます。

磯辺はするたびにもうやめようと思うのに気がついたらしてしまうとこぼします。そして自分は呪われているからもうすぐ死ぬんだとも言います。

夜、磯辺はスタンガンを手に三崎先輩たちが遊んでいるビリヤード場に駆けつけ、兄をいじめた三崎先輩とその仲間に復讐します。

磯辺は学校に来なくなり、小梅は磯辺に対する想いが強くなっていきます。文化祭を前に小梅は磯辺にプレゼントを用意し、手紙を書きます。プレゼントは以前磯辺の部屋で聞いた曲のCDでした。

文化祭当日、磯辺にCDを渡そうと磯辺を探しますが、磯辺のクラスメートは2学期になってから一度も学校に来ていないといいます。

台風直撃の天気予報通り、雨足はどんどん強くなっていきます。嫌な予感がした小梅は磯辺が自殺をする気ではと嵐の中うみべに磯辺を探しにいきます。

磯辺は雨が強くなりうみべの喫茶店に入っていました。小梅は磯辺を見つけられず海辺で嵐の中座り込んでいます。

嵐が去り喫茶店を出た磯辺は店先で以前SDカードの写真で見た少女と偶然出会います。

その奇跡のような出会いが磯辺を変えてしまいます。その子が通っている高校に進学を決め勉強し始めた磯辺。かつての自分は死ぬかもと言っていた磯辺とは別人のようです。

文化祭の時に言えなかった想いを磯辺に伝えた小梅でしたが、磯辺はもうかつての磯辺ではなく…今更付き合うのも違う気がすると断られてしまいます。

時が経ち、高校生になった小梅。高校生の小梅には磯辺ではない別の恋人がいますが、磯辺にあげるはずだったCDの曲を聴いています。

スポンサーリンク

映画『うみべの女の子』の感想と評価


(C)2021『うみべの女の子』製作委員会

埋まらない“何か”

中学生の「性」と「恋」という大胆なテーマを繊細に切り取った映画『うみべの女の子』。

小梅はどこにでもいるような女の子であり、自分勝手さ、不器用さを持っています。誰もが好きと思えるようなヒロインではありません。だからこそ惹きつけられる魅力を持っているのです。

「恋」が何かも分からず、興味本位で「性」に手を伸ばしてみた小梅にとって身体を重ねる行為はコミュニケーションであり、求められていると感じることでもあったかもしれません。小梅がうみべの女の子の写真に対して感じた嫉妬は自分ではない女の子を魅力的だと磯辺が言ったことに対しての嫉妬でしょう。

更に三崎先輩に振られた小梅が磯辺に連絡したのは、1年生の頃磯辺が小梅に告白したからでした。小梅は欲していたのは“求められること”なのかもしれません。それは性的に求められることでもあると考えられます。異性として好きだと思われたい、求められたいと思っているのです。いつしか小梅は磯辺を求め始めます。

しかし、小梅が求め始めるのに反して磯辺の心は離れていきます。家に帰ってこない両親、兄の死の責任を感じている磯辺は何よりも“”を必要としています。最初身体の関係を持った頃の磯辺は小梅に対して好意がありました。小梅が自分のことを好きになり、付き合うことはないのかと尋ねる磯辺に小梅は否定します。

好きでもない磯辺と身体だけの曖昧な関係を続けることで、愛のない性行為の空虚さに磯辺は蝕まれていきます。残酷なまでにすれ違う2人の心。

小梅は「恋」が分からないからこそ、自分でも制御できず感情を磯辺にぶつけてしまう。自分の言動が他者に与える影響に無自覚でそんな小梅に対し磯辺は他人の痛みが分からないと批判します。一方で磯辺の小梅に対する苛立ちは自分に対する苛立ちでもあります。

兄の死に責任を感じ、自分が何より兄の痛みに無自覚であったと後悔する気持ちから小梅の些細な無自覚な言動が許せないのです。

いじめと孤独


(C)2021『うみべの女の子』製作委員会

磯辺は兄のいじめが原因で都内から田舎のうみべの街に引っ越してきました。しかし、ここでもいじめに遭い兄は自殺しました。

磯辺自身も学校に友達はなく、街にも馴染めずにいます。それどころか兄のことがあり憎しみを抱き、田舎者だと見下しています。小梅に対してもどこか馬鹿にしている部分もあり、その奥には磯辺の孤独といじめに対する憎しみがあるように感じます。

家に一人で両親とも距離のある磯辺は次第に磯辺を求め、磯辺の心に踏み込もうとする小梅を拒絶し始めます。拒絶する一方で小梅の温もりを求めている自分もいる、その思いが磯辺に罪悪感を抱かせ、このままではいけないこの関係は終わらせなくてはならないと思うのでした。

思春期の若さが棘になり、お互いがお互いに温もりや愛情を求めているのにすれ違ってしまう、苦しい小梅と磯辺の不器用さにいつかの自分の青臭さを重ねる人もいるのではいでしょうか

まとめ


(C)2021『うみべの女の子』製作委員会

浅野いにおの原作漫画をウエダアツシ監督が実写映画化した映画『うみべの女の子』。

未熟であるが故にお互いに傷つけぶつけ合い、すれ違ってしまう苦しさを体現した石川瑠華と青木柚ののめり込むような演技にも圧倒されます。

小梅と磯辺を取り巻く鹿島や桂子を演じた前田旺志郎、中田青渚の等身大の中学生の幼さ、繊細さにも注目です。



関連記事

ヒューマンドラマ映画

【ミッドウェイ映画2020リメイク】トヨエツ・浅野忠信・國村隼の演技力を本編動画で解説。日本人キャスト確かな存在感を残す!

映画『ミッドウェイ』は2020年9月11日(金)より全国公開。 『インデペンデンス・デイ』のローランド・エメリッヒ監督が、歴史的海戦を20年に及ぶリサーチを経て鮮明に描いた映画『ミッドウェイ』。 第二 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ジョゼと虎と魚たち』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【池脇千鶴の代表作】

若かりし頃の妻夫木聡と池脇千鶴主演のピュアで切ないラブストーリー。 今でも多くの人に愛される名作『ジョゼと虎と魚たち』を紹介します。 (C)2003『ジョゼと虎と魚たち』フィルムパートナーズ スポンサ …

ヒューマンドラマ映画

映画『俺たちに明日はない』ネタバレ感想と評価。アメリカン・ニューシマネが得た表現の自由

アメリカン・ニューシネマの傑作! 1930年代、大恐慌の風が吹き荒ぶアメリカに実在し、大強盗としてその名を知らしめたクライド・バロウ&ボニー・パーカー。 波乱にとんだ彼らの生涯が、それまでの …

ヒューマンドラマ映画

映画トモシビ(銚子電鉄映画)あらすじとキャスト!上映劇場情報も

関東の最東端にあるローカル線をご存知でしょうか。風光明媚な沿線から車両撮影や、ぬれ煎餅が赤字を救うことで、話題を集めたことで知られる「銚子電鉄」。 原作「トモシビ~銚子電鉄の小さな奇蹟~」をもとに、銚 …

ヒューマンドラマ映画

映画『息衝く』あらすじとキャスト一覧!木村文洋監督の作品情報は?

映画『へばの』『愛のゆくえ(仮)』で、社会と個のあり方について鋭く問題を投げかけた 木村文洋監督。 2018年2月下旬より上映される映画『息衝く』では、日本ではタブーとなった「宗教、原発、家族」を軸に …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学