Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2019/04/21
Update

『ある少年の告白』ネタバレ感想。映画の結末で殻を破ることが出来た人間たちの可能性を示唆

  • Writer :
  • 西川ちょり

NYタイムズ紙がベストセラーに選んだ
胸打つ衝撃の実話を映画化!

今もなお、アメリカ中西部、南部に残る同性愛矯正施設。同性愛を克服するため施設に入れられた少年の体験と、本当の愛とは?

ルーカス・ヘッジズ主演、ジョエル・エドガートン監督第二作となる映画『ある少年の告白』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『ある少年の告白』の作品情報


(C)2018 UNERASED FILM, INC.
【公開】
2019年公開(アメリカ映画)

【原題】
Boy Erased

【監督】
ジョエル・エドガートン

【キャスト】
ルーカス・ヘッジズ、ニコール・キッドマン、ラッセル・クロウ、ジョエル・エドガートン、フリー、ジョー・アルウィン、グザビエ・ドラン、トロイ・シヴァン、デヴィッド・ジョセフ・クレイグ、チェリー・ジョーンズ、セオドア・ペレリン

【作品概要】
監督デビュー作『ザ・ギフト』(2015)が話題になったジョエル・エドガートンの監督第2作目。

若手実力派俳優ルーカス・ヘッジズが主演を務めた実話を元にしたヒューマンドラマ。

2016年に発表され全米で大きな反響を呼んだ実話をもとに描きます。

映画『ある少年の告白』のあらすじとネタバレ


(C)2018 UNERASED FILM, INC.
バプティスト教会の牧師であるマーシャルは礼拝で誇らしげに語りました。「私には美しく思いやりのある妻と、素直で誠実な息子がいる。この恵みに感謝します」

マーシャルと妻・ナンシー、一人息子ジャレッドの生活は幸せに満ちたものでしたが、ある日、一変します。

ジャレッドが通う大学から匿名の電話がかかってきたのです。

高校時代から女性に興味が持てないと感じていたジャレッドは大学に入って、自分は同性に惹かれることを自覚し始めていました。

入学時に親しくなり、いつもジョギングを一緒にする友人ヘンリーに仄かな想いを持つジャレッド。

しかしある日、ルームメイトの旅行中に、ジャレッドはヘンリーに突然乱暴されてしまいます。

泣いて謝るヘンリーでしたが、彼は教会の少年にも手を出していることを告白し、ばらさないようにと半ば脅しをかけてきました。

ショックのあまり、家に戻ったジャレッドでしたが、そのことがどこからかバレて、何者かが家に電話してきたのです。

父は、別の教会の牧師と、以前同じような経験をしたことがあるという友人を家に呼び、何やら相談をしていました。

彼らの出した結論は、同性愛的嗜好を取り除くための救済プログラムにジャレッドを参加させるというものでした。

母の運転する車に乗り、何時間もかけてようやく施設に到着したジャレッドを、早速係員が施設内に連れていきました。

ナンシーは「見学させてもらえますか?」と尋ねますが、「本人のみです。迎えは5時です」と事務的な返事が返ってきただけでした。

12日間のプログラム中、ジャレッドは母と共に近くのホテルに泊まり、ここに通うことになっています。

白いシャツを着た若者たちが、集まっていました。

皆、同性愛のことを家族に咎められ、この施設にやってきた人たちでした。彼らは、禁止事項を読み上げさせられていました。

曰く、喫煙、飲酒、入所者同士の接触、日記を書くことなどすべて禁止。トイレに行くのすら係員と一緒でなくてはなりません。

ここで行われたことは決して口外しないようにと釘を刺されます。

ヴィクター・サイクスという男がやってきて、青年たちを見渡し言いました。「生まれつきの同性愛者などというものはいない。それは君たちが選んだものの結果なのだ。生まれつきのフットボール選手がいないとの同じだ」

「できるまで”フリ“をしろ!」とサイクスは叫び、青年たちに男らしくするよう何度も何度もその言葉を繰り返しました。

同性愛の傾向にあることは改められると信じ、ジャレッドは素直にプログラムに取り組み始めました。

家系図をかかされ、問題のある人を探し出したり、”心の精算“という自分自身の問題行動を皆に告白して懺悔する時間が設けられたり、と毎日同じようなプログラムが繰り返されていきました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ある少年の告白』ネタバレ・結末の記載がございます。『ある少年の告白』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

フットボール選手だったという大柄な少年キャメロンは、サイクスに反抗的で、そのせいである日、罰を受けます。

祭壇の前に棺が置かれ、その前にひざまずかされるキャメロン。悪魔を追い払うのだと言って、家族の前で、かわるがわる聖書で叩かれます。彼の幼い妹にも聖書を持たせて彼を叩かせるサイクスたち。

ジャレッドの中に疑惑が芽生え始めます。そんな時、ジャレッドはサイクスに呼び出され、最初に来た時に取り上げられたノートについて尋ねられました。

サイクスはジャレッドが書いた小説が、男女の恋愛を描いているが、本当は同性同士の自分の体験を置き換えて書いたのだろうと質問します。

それはただの小説です、学校の課題だったのですと答えても、サイクスは信じようとしません。

ジャレッドの様子を見ていたゲイリーという青年は彼に忠告します。「治っているフリをするんだ。さもなければ長時間施設にいれられてしまう。今はそれを判断する前段階なんだ。治療が有効と信じているなら話は別だが」と。

翌日、キャメロンは何事もなかったようにプログラムに通ってきました。サイクスに声をかけられて快活な声を上げていましたが、ジャレッドは、そっと彼の肩に手を当てるのでした。

それを見ていた別の青年が、「なんで肩に手をあてたりするんだ? 誰もみていないとでも?」と忠告してきます。

ジャレッドが一人でトイレにはいると係の男が「規則違反だ」と言って高圧的な態度を取ってきました。ジャレッドの不信感が次第に大きくなっていきます。

翌日、ナンシーがジャレッドを起こしに部屋にやってくるともう彼の姿はなく、「今日は歩いていく」という手紙が残されていました。

その日の”心の精算“はジャレッドの番でした。彼はゼイヴィアという絵を描いている青年と一晩手を握って眠った体験を告白しますが、サイクスは本当のことを言っていないと彼を批判します。

噓はいっていませんとジャレッドは応えますが、サイクスは、君は他の皆の時間を無駄にしている、男性と関係を持ったことをきちんと告白しなさいと命じます。

ジャレッドは噓をつけと言うのですか?作り事をしゃべれと?と反論。お父さんから聞いているとサイクスは言い、「あのことは僕の責任ではなく向こうの問題だ」とジャレッドは怒って言い返しました。

すると今度は父親が憎いと言えとサイクスは迫り、「憎んでいない」とジャレッドが応えても「父親が憎いはずだ」と主張し続けます。

ついにジャレッドは施設を飛び出そうとします。

しかし大勢の職員がかけつけ、彼の前に立ちはだかりました。ジャレッドはトイレに駆け込み、母親に電話しました。母が出たので「迎えに来て!」と叫ぶジャレッド。

母が到着しても、彼らはドアを開けようとしません。しかし、キャメロンが手を貸してくれて、やっとドアが開けられ、母は息子を連れ、車に乗り込みました。

それでもなお、追いかけてきたサイクスに母は怒鳴りました。「あなたの資格は一体何?牧師? 心理学者? どれでもないわね。恥を知りなさい!」

「私もね」と母はつぶやき車をスタートさせました。

途中、レストランで休憩し、母は家に電話をしにいきました。父は施設に戻るように言ったそうですが、母は絶対戻さないとジャレッドに約束します。

「あの日、お父さんは二人の男性を家に招いて男だけで話をしていたの。私はおとなしくそれに従うだけだった。それは正しいことなのか疑問を持っていたのに口を閉ざし続けていたの。もう黙っていない。お父さんを説得するわ。わかってくれるはずよ」と母は言うのでした。

後日、警察が家を訪ねてきました。「キャメロンという子を知っている?」と母に尋ねられ思わず立ち上がるジャレッド。キャメロンは自殺したと告げられます。

4年後。

ジャレッドは両親と離れて暮らしていました。彼が書いた施設での体験を告発した記事は新聞に掲載され、書籍化の話もきていました。

書籍化のことで親に許可を得るために久しぶりにジャレットは家に戻り、母がもう教会には行っていないことを知ります。

父はまだ自分のことを認めようとしてくれません。新聞記事も送りましたが、まだ目を通してもくれていないのです。

ジャレッドは父に書籍化することを告げ、自分が体験したことを世間に公表する許可を得ました。

「施設でのことを一度も聞いてくれなかった」とジャレッドは父を責めました。「父さんは自分の影響のことしか考えていなかった」

父は苦しそうに語りだしました。「私のあとつぎを立派に運営してほしかった。でもわかったよ。進む道が違う。私もフリはできない。同意するのは難しい。だが、傷つけたと思われるのはつらい。お前を失いたくない」

ジャレッドは父をまっすぐ見て言いました。「ぼくは同性愛者だ。そして父さんの息子だ。ぼくを失いたくないなら父さんが変わらなければ」

その言葉を聞いた父は言いました、「努力するよ。必ず」。

スポンサーリンク

映画『ある少年の告白』の感想と評価


(C)2018 UNERASED FILM, INC.

原題が『Boy Erased』とあるように、これは人格を否定され、取り除かれようとした少年の物語です。

息子が同性愛者であることを認められない牧師の父は、息子を矯正施設に送ります。

まだ十代の、未熟な少年は、自身も同性愛の傾向にあることに戸惑っており、親の言いなりになって、同性愛は矯正できると信じ、真剣にプログラムに取り組もうとします

しかし、彼にとって、キリスト教の清廉な場所であったはずの施設は次第にカルト的なものへと変容していきます。彼が戸惑い悩む様子がリアルに描かれています。

彼が体験するこの不安な感覚は、ジョエル・エドガートンの処女監督作『ザ・ギフト』と似た雰囲気を持っています

参考映像:ジョエル・エドガートン監督作品『ザ・ギフト』(2015)

『ザ・ギフト』(2015)では、幸福な人生を送っている夫婦に突如近づいてきた謎の男をジョエル・エドガートンが演じていましたが、『ある少年の告白』では、施設の責任者サイクスをジョエル・エドガートンが演じているのです。

彼の嗜虐的なふるまいは、子どもたちを追い詰めていき、ついには自死まで出してしまいます。

本作は、ガラルド・コンリーが実際に体験した回想録を原作としていて、こうした矯正施設の実態をあぶり出すことが映画の一つのテーマとなっています。

驚くべきことに、同性愛をキリスト教の信仰によって克服させようとするセラピーは、エンドロールで示されるように、現在も南部や中西部で行われています

セラピーを強いられたため、鬱やトラウマをもたらされたり、自殺に及んだ人も少なくないといいます。

映画はそうした事柄を告発する一方、聖書原理主義のキリスト教が持つ根深い問題にも焦点をあてています。

さらに親と子、とりわけ、父親と息子の関係性がこの映画のもう一つの大きなテーマとなっています。

この親子の場合、同性愛への父親の偏見、誤解というだけでなく、父親の職業が確執に大きく関わっています

成長した少年は未だにわかり会えない父に向かって、「自分の保身をした」と非難の声を浴びせていますが、父親が牧師という身分、尊敬される職業についている自分を守りたかったのは確かでしょう。

このあと父親は彼を理解する努力をすると約束し、物語は一筋の光明を描いて終わります。

苦悩の果てに、それでも我が子を愛している父の姿が浮かび上がり、ほっとさせられますが、このシーンが感動的なのは、寧ろ、あれほど自信がなく戸惑っていた青年が、自分をきっちりとみつめ、はっきりと父親に対して物事が言えるように成長した姿をみせていることです。

人が一つの大きな殻をやぶった様子が描かれており、その姿は実に感動的です。

それは、また、息子が助けを求めてきた時に、きちんと自分の意志で息子を救い出し、夫の言葉にはむかい息子を守り通した母親の姿にも言えます。

夫に付き従う良き妻を盲目的に演じていたこの女性が、子供のために、その大きな殻を突き破る姿は壮快でさえあります。

「恥を知りなさい!」と声を荒げた女性は、そのあと、疑問を持ちつつも夫に黙って従った自分自身を恥じます

この女性の懸命さが息子を守り成長させたのです。『ある少年の告白』が感動的なのは、まさにこの殻を破ることが出来る人間への想いに満ちているからなのです。

偏見や差別に対して、人は変わることが出来るのだという可能性を映画は見ているのです。

まとめ


(C)2018 UNERASED FILM, INC.

ジャレッドを演じるのは、若手実力派俳優として活躍しているルーカス・ヘッジズ。『レディ・バード』(2017/グレタ・ガーウィグ)でも 同性愛である自分に戸惑う高校生を演じていました

母親をニコール・キッドマン、父親をラッセル・クロウという、最近益々精力的に活動しているベテラン俳優が演じ、複雑な家族関係を見事に表現しています。

施設に通う少年に、YouTuber、ミュージシャンとしても有名なトロイ・シヴァンが扮していますが、アイスランドのロックバンド、シガー・ロスのヴォーカリスト兼ギタリスト、ヨンシーとともに、本作の主題歌「Revilation」も担当するなど、多才ぶりを発揮しています。

カナダの著名な映画監督グザビエ・ドランが出演しているのにも注目です。

監督兼出演のジョエル・エドガートンは、監督第一作『ザ・ギフト』(2015)では子供時代のいじめの問題に切り込んでいました。

さらに主演した映画『ラビング 愛という名前のふたり』(2016/ジェフ・ニコルズ)では黒人女性と結婚したために異人種間の結婚が法律で禁止されていたバージニア州を追い出されながらも、生得権のために州裁判所に判決を棄却するよう訴える物静かな白人男性を演じていました。

今回の作品といい、作品選びに確かなポリシーを感じさせます

関連記事

ヒューマンドラマ映画

『TANGタング』原作小説ネタバレあらすじ。ロボット・イン・ザ・ガーデンの感想解説。感動的な友情を人間とロボットで語る

小説『ロボット・イン・ザ・ガーデン』が、二宮和也主演で2022年に映画化されます。 ある日、庭に旧型ロボットがあらわれて、妻に逃げられたダメ男がロボットの持ち主を探すために、ロボットと共に旅に出るとい …

ヒューマンドラマ映画

映画『蜘蛛の巣を払う女』日本劇場公開は2019年!ドラゴンタトゥーの女の続編とは⁈

ミレニアムシリーズ第1作目の『ドラゴン タトゥーの女』の続編となる、映画『蜘蛛の巣を払う女』が2019年に公開されます。 ドラゴンのタトゥーを入れた天才ハッカーのリスベットが、前作でタッグを組んだジャ …

ヒューマンドラマ映画

映画『空母いぶき』キャストの浮舟武彦役は山内圭哉(たかや)。演技力とプロフィール紹介

累計400万部を突破する人気コミック作品・かわぐちかいじ原作の『空母いぶき』を実写化した映画が、2019年5月24日より公開されます。 監督は『ホワイトアウト』『沈まぬ太陽』などで知られる若松節朗。 …

ヒューマンドラマ映画

映画コンフィデンスマンJP|あらすじネタバレと感想。ロマンス編にてドラマ版からカメオ出演するキャストを見逃すな⁈

長澤まさみ×東出昌大×小日向文世共演の映画『コンフィデンスマンJPロマンス編』2019年5月17日(金)公開! 2018年春に放映された月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』が豪華キャストと共に映画化。 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ブラッククランズマン』あらすじネタバレと感想。スパイク・リー新作【原題:BlacKkKlansman】

今回ご紹介するのは2018年5月、第71回カンヌ国際映画祭でプレミア上映された『ブラッククランズマン(原題BlacKkKlansman)』。 日本での公開はまだ未定ですが、今の時代に見逃すことのできな …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学