Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2022/06/02
Update

『競争の番人』ネタバレ原作あらすじと結末の感想評価。月9ドラマにて新川帆立が描く‟公正取引委員会の正義”が登場!

  • Writer :
  • 星野しげみ

小説『競争の番人』が2022年7月11日(月)からフジテレビ系月9ドラマに登場

第19回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作『元彼の遺言状』の作者、新川帆立の勝負作『競争の番人』

今まで描かれることのなかった公正取引委員会を舞台に、白熊・小勝負という凸凹バディが活躍する物語です。


(C)フジテレビ

2020年の4月からフジテレビの月9ドラマで放映された『元彼の遺言状』に続いて、本作もドラマ化され、7月11日(月)より放映されます。

キャストは、白熊楓に杏、小勝負勉に坂口健太郎。映画『オケ老人!』(2016)以来、6年ぶりとなる2人の共演となりました。

ドラマ『競争の番人』の放映に先駆けて、小説『競争の番人』をネタバレ有りでご紹介します。

スポンサーリンク

小説『競争の番人』の主な登場人物

【白熊楓(しろくま かえで)】
公取委の女性審査官。29歳。

【小勝負勉(こしょうぶ つとむ)】
公取委のキャリア審査官。東大首席のエリート

【天沢雲海(あまさわ うんかい)】
「ホテル天沢S」オーナー。

【長澤俊哉(ながさわ としや)】
「ホテル天沢S」ホテル長。

【碓井健司(うすい けんじ)】
「ホテル天沢S」ウエディング部門長

【安藤正夫(あんどう まさお)】
「Sクラシカルホテル」社長。何者かに刃物で刺されます。

【豊島浩平(とよしま こうへい)】
談合疑惑の聴取対象者。楓からの聴取後、自殺。

【豊島美月(とよしま みつき)】
浩平の娘で高校生。

【徹也】
楓の交際相手。大学時代の空手部の元先輩。

小説『競争の番人』のあらすじとネタバレ


新川帆立:『競争の番人』 (講談社、2022年)

公正取引委員会に勤める29歳の白熊楓。

ある日、白熊は道路工事を発注するゼネコンの談合について、参考人である工事発注者側の市役所職員・豊島浩平に話を聞いていました。

涙ながらに談合についての秘密を話した豊島は、その日の夜、市役所の屋上から飛び降り自殺をしました。

なぜこんなことにという思いを抱きながら白熊は斎場へ向かいますが、そこで豊島の高校生の娘・美月から、「どうしてお父さんは死んだの?」と言われます。

お父さんは正しいことをした、何も悪くはないと言いながら、豊島の自殺を招いたのは自分ではないかと思う白熊は「申し訳ありません」と謝るしかありませんでした。

このことがきっかけかどうかはわかりませんが、白熊のいる審査局第六審査長、通称「ダイロク」では配置換えが行われました。

白熊は桃園千代子という女性の元に配置されることになり、東大を首席で卒業したエリート・小勝負勉が留学先から帰って来て、白熊とともにバディを組むことに……。

そして新しい事件の割り当てがあり、栃木県S市のホテル3社をウェディング費用のカルテル疑惑の調査に当たります。

カルテルとは、事業者同士が話し合って値上げなどの合意をすることです。

白熊には結婚を約束した彼氏の徹也がいました。徹也は大学の空手部の先輩で神奈川県の警察官です。

つき合い出したのは、白熊が24歳の時。ちょうど警察官だった白熊の父が怪我をしたころです。

白熊は警察官をめざして警察学校にはいったのですが、現役警察官であった父が勤務中に怪我をし、娘の身を案じた母に警察官になることに猛反対され、やむなく警察学校を辞めました。

そんな相談も徹也にし、白熊の公正取引委員会に職が決まったときに付き合いだしたのです。

徹也とは結婚式場を下見にいったりしています。自分のプライベートな問題もかぶり、白熊はウエディング費用のカルテルには憤慨します。

地道な調査が1週間続きました。「Sクラシカルホテル」「温泉郷S」「ホテル天沢S」の3社はいずれも高度成長期に開業し、最近はジリ貧の経営状態でした。

しかし、調査中に「Sクラシカルホテル」の社長安藤正夫が男に刺されました。安藤は死にはいたりませんが、入院するはめになりました。

ちょうどそのホテルで内偵をする予定だった、白熊と小勝負はホテルの駐車場で「ホテル天沢S」を経営する天沢雲海の姿を見ました。

なぜこんなところにと不信に思い、彼の車を追っていたところ、本部から豊島美月が行方不明になったという連絡を受けました。

動揺する白熊を「今は雲海に集中しろ」と冷静冷徹な小勝負が諫めます。

その時、車から降りた雲海が男に刺されそうになり、飛び出した2人は雲海を助けました。

雲海の命と犯人とおぼしき男の命は助かったのですが、これによって雲海は自分が公正取引委員会からマークされていることを知ってしまいました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『競争の番人』ネタバレ・結末の記載がございます。『競争の番人』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

雲海を刺そうとした男は、S市で生花業を営む石田正樹という男でした。

ホテルのウエディングプランには生花は必需品です。ホテルに出入りする生花店にもホテルとの契約がありました。

白熊と小勝負は石田の店に行って話を聞くことにしました。石田の妻七瀬の話では、天沢グループとは10年以上お世話になっているが、仕事の斡旋のみかえりを要求されているというのです。

これはブライダル業界の納入業者いじめに値します。白熊は七瀬に天沢グループのことはちゃんと調べると約束して別れました。

その後2人は「ホテル天沢S」に行き、立入検査を求めますが、社長の雲海に圧力をかけられ立入検査を拒否されました。

見られるとまずい証拠を捨てようとしているのかなと白熊は思い、諦めて帰ろうとした時、ノートパソコンをかかえたホテル長の長澤の姿をみました。

動揺して逃げ出す長澤を、白熊はノートパソコンを取り上げようと彼を追いかけます。

そして、もう少しで追いつくというところで、長澤は車に乗り込み走り出します。自転車で追いかけた白熊の目の前で、ノートパソコンを川に捨てて逃げ去りました。

白熊は冷たい川にはいって、捨てられたノートパソコンをゲット。その途端、足をすべらせ、川にハマってしまいました。

ずぶ濡れの白熊を助けたのは、小勝負でした。

一方の天沢は、追いかけてくる白熊たちに腹をたて、マスコミに訴える作戦にでます。またその頃、白熊にも来年の4月から九州事務所に転勤の話が持ち込まれました。

「考えさせてください」といった白熊。恋人・徹也や母親のことが頭をよぎります。

悩みを抱えたまま、後日白熊は「フラワーショップ石田」へ調査に行きますが、そこで、日本で販売や栽培が禁止されている違法植物を見つけます。

あやまって販売したという七瀬は、見逃して欲しいと白熊に頼みます。白熊は早く処分するように伝え、その場を去りました。

その頃、天沢雲海はテレビ出演して、被害者はホテル側だと訴えます。取引先の花屋6店舗が共謀したというのです。

公取委は花屋への調査に乗り出すことになり、白熊が見逃した「フラワーショップ石田」の違法が摘発されました。

しかも、あきれたことに七瀬は白熊に責任をなすりつけるようなことを言っていました。

その後、七瀬の事情聴取は白熊が担当。「Sクラシカルホテル」が新規の花屋と契約したことを黙っていたことを知ります。

それからしばらくして、「ホテル天沢S」の長澤俊也が七瀬と小勝負の前に現れ、ホテルの立ち入り許可を出してくれました。

以前、長澤が持ち逃げして白熊がやっと取り上げたパソコンのデータは、善意団体への寄付の記録が入っていました。

長澤の証言で雲海が下請けから得た利益を後継者育成などに投資していたというのです。

資料部屋に案内され、2人が長澤の話を聞いていると、長澤が部屋から出て鍵を掛けられ、2人は閉じ込められました。

しかし、その部屋にはカルテル絡みの人間たちの宿泊名簿が残されていました。

名簿には、刺された「Sクラシカルホテル」の安藤、そして自殺した市役所職員の豊島敏郎の名前もありました。

一連のカルテル疑惑に関わった人たちが同じ部屋に何度も宿泊しているのです。このことは何を意味するのか。

翌日警備員によって救出された2人は、判断を上司に委ねることにし、入手した資料を上司の桃園に渡します。

一件落着のようでしたが、閉じ込められていた一夜は、白熊と徹也のデートを約束した日でした。

閉じ込められ携帯電話も繋がらなかったため、連絡が取れなかった白熊に徹也は怒ります。

おまけに徹也の元カノの妊娠まで発覚して、徹也は迷うことなく、元カノと結婚すると言います。すれ違いが多かった2人は別れることになりました。

傷心の白熊の元へフラワーショップの七瀬が現れました。

天沢ホテルとの取引を辞めた七瀬は、ホテルの密会には出入り業者が伝達係の役割をしていたことを、白熊に明かしました。

直近のホテル3社のカルテル密会日がわかり、先回りした白熊たちは部屋に盗聴器を仕掛けました。

それによって、ホテルのカルテルの機密を漏らされると思った雲海が、データ回収のために裏で暗躍していたことが判明。

ホテル社長の安藤を刺した犯人は、ホテル天沢Sのウェディング部門長である碓井でした。

碓井は安藤と手を組んで、談合関係者をゆすって一儲けしようと企んでいました。しかし安藤が裏切ったことにより、その怒りで安藤を襲ったのでした。

安藤は市役所職員の豊島ともかかわりがあり、豊島の娘美月が父の死に疑問を持っていることを利用して、真犯人を知りながら美月に罪をかぶせようともしましたが、それもうまく行きませんでした。

一時行方不明になっていた美月は宿泊していた友人宅から無事に戻り、真相を白熊に話していました。

こうして、ダイロクは、談合を行っていた雲海をはじめ、カルテル関係者を一斉摘発してめでたく結末を迎えました。

小勝負といいバディ関係になりつつあった白熊は、九州事務所への異動が決定。

白熊の送別会の日、最後に小勝負からもらったホワイトデーのプレゼントを抱え、白熊は振り返らずに前進していく決意をします。

スポンサーリンク

小説『競争の番人』の感想と評価

今まで名前は知っていても深くその働きを知らなかったと言える「公正取引委員会」。

小説『競争の番人』では、不正と戦う公正取引委員会職員の悩みとその活躍ぶりを描いています

公正取引委員会は、不正な手段で利益を生もうとする企業の行為を見破り、フェアな市場を提供するのが務め。

企業への立ち入り検査などを行う権利がありますがその一方で、警察の捜査令状のような強制的な権力や逮捕権は持っていません

じれったいのですが、あくまで調査をするのが役割でした。そのために甘くみられる組織と言えますが、そんな甘さをはねのける正義感あふれる委員が、主役の警察官志望だった白熊楓でした。

空手が得意な男勝りな肉体派の白熊は、調査でも体力勝負に出てしまいます。悩みを抱えながらも仕事に専念する白熊。

胸にあるのは、悪を絶対に許さぬ正義感と自分の信じたことをやりたいという強い意思です。

警察官と自衛官が違うように、同じように法の裁きを求める公正取引委員会も税務署とは違います。ですが、弱小役所と揶揄される職場で、白熊は思い切り活動しています。

まじかに結婚を控え、現実の勤務に悩みながらも、正義を全うしようとする自分の仕事に誇りを持っている白熊にリアルな親近感を抱きます。

ドラマ『競争の番人』の見どころ

原作は出版前からドラマ化が決まっていたと言います。しかも、同じ原作者のドラマを2クール連続で放送するのは、フジテレビ史上過去にない異例のケースといいますから、凄い!

原作とドラマの大きな違いは、白熊は警察学校を退学して公正取引委員会に入ったのですが、ドラマではある事件によって刑事を辞めた白熊が公正取引委員会に入ったという設定になっている点です。

白熊の持ち味の「刑事の眼」が、元刑事ということで一層リアルに描かれ、物語に深みも加わることでしょう。

また、主役の私的事情を織り交ぜながら、一連の事件がスピーディーに展開する様はそのままでしょうから、一度みたら病み付きになるに違いありません。

そして注目すべきは、そのキャスティング!

ストレートに感情のままに行動する空手の名人・元刑事の白熊楓に『CUBE 一度入ったら、最後』(2021)の杏、天才的頭脳の持ち主でクールなイケメン・小勝負勉は、『仮面病棟』(2020)などの坂口健太郎が演じます。

正反対の凸凹バディの2人は、自由で公正な経済活動の競争を守るために目を光らせる“競争の番人”。独占禁止法に関わる違反行為を取り締まり、不正を働く企業の隠された事実をあぶり出していきます。

杏は原作の白熊楓よりもしっかり者といった印象で、坂口健太郎はひねくれ者の原作の小勝負勉よりも若干憎めない印象を受けますが、この2人がどこまで原作に近い演技をするのかと興味を惹かれます。

バディを組みながら、お互いの過去やプライバシーに触れて、次第に惹かれあっていく様も楽しみな展開と言えます。

スポンサーリンク

ドラマ『競争の番人』の作品情報

【日本公開】
2022年(日本ドラマ)

【脚本】
丑尾健太郎、神田優、穴吹一朗、蓼内健太

【原作】
新川帆立『競争の番人』(講談社)

【演出】
相沢秀幸、森脇智延

【プロデユーサー】
野田悠介

【キャスト】
坂口健太郎、杏、小池栄子、大倉孝二、加藤清史郎 他

まとめ

名前は知っていてもその働きをあまり知られていなかった公正取引委員会を舞台に、白熊・小勝負という凸凹バディが活躍する物語『競争の番人』。

法の秩序に乗っ取って悪を裁くことには、警察も公正取引委員会も変わりはありません。悪を裁いたあとのスッキリとした爽快感はどちらも同じです。

原作者新川帆立が描く正義感あふれる物語が、『元彼の遺言状』に続いてフジテレビでドラマ化されます。

読んでから観るか。観てから読むか。どちらにしても、十分楽しめる作品と言えます。

ドラマ『競争の番人』は、2022年7月11日(月)から全国放映。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

「ジャン=ピエール・メルヴィル特集」上映作品一覧!公開日時と劇場は

アラン・ドロン主演『サムライ』『仁義』などで知られるフランス映画の巨匠ジャン=ピエール・メルヴィル。 彼の生誕100周年を記念して角川シネマ新宿にて、11月11日より特集上映を開催されます。 今回は上 …

ヒューマンドラマ映画

映画『さよなら、僕のマンハッタン』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

サイモン&ガーファンクルの楽曲が流れると思い出す、あの頃の青春。 『(500)日のサマー』や『gifted/ギフテッド』などの作品で知られるマーク・ウェブ監督が、脚本に惚れ込み10年越しに映画化を実現 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ヴォイス・オブ・ラブ』ネタバレ結末感想とあらすじ評価解説。セリーヌ・ディオンが世界的歌姫として見つけた“真実の愛”

世界的アーティスト、セリーヌ・ディオンの半生を華麗に映画化 映画『ヴォイス・オブ・ラブ』が、2021年12月24日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷に …

ヒューマンドラマ映画

映画『パリの家族たち』あらすじネタバレと感想。母親という存在を通して見える女性の生き方

仕事に家事に育児に恋に。 奮闘する女性への応援メッセージ。 現代は、多様化するライフスタイルで、家族の在り方も様々です。ひとつの存在に縛られて生きる時代ではありません。 結婚して母になっても、1人の女 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ふたりの女王メアリーとエリザベス』ネタバレ感想と結末までのあらすじ

恋に生きるか仕事に生きるか。 ふたりの女王に学ぶ女性の生き方。 16世紀、英国に君臨していた2人の女王。スコットランド女王メアリーと、イングランド女王エリザベス。 ふたりの女王は同じ時代に生きながら、 …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学