Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

Entry 2021/06/17
Update

映画『猿楽町で会いましょう』ネタバレあらすじと結末の内容解説。恋愛ラブストーリーを嘘だけのヒロインと駆け出しカメラマンを通して“都会の愛と欲望”を描く

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

石川瑠華が嘘だらけのヒロインを演じ、金子大地が駆け出しのカメラマンを演じた映画『猿楽町で会いましょう』

児山隆監督の初長編作となった本作は、次代を担うクリエイターの発掘・育成を目指して、まだこの世に存在しない映画の予告編を制作する「未完成映画予告編大賞MI-CAN」でグランプリを受賞し、制作されました。

金子大地演じる駆け出しのカメラマンが石川瑠華演じる嘘だらけのヒロインに出会い恋に落ちるも彼女には秘密があった…

渋谷・猿楽町を舞台に都会の若者たちの渦巻く愛と欲望を生々しくリアルに描き上げたラブストーリー。

本作は、第32回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門に正式出品され、その後ウディネ ファーイースト映画祭2020コンペティション部門ノミネート、台北ゴールデンホース映画祭(台北金馬映画祭)に正式招待され、国内外でも注目を集めています。

スポンサーリンク

映画『猿楽町で会いましょう』の作品情報


(C)2019 オフィスクレッシェンド

【公開】
2021年(日本)

【監督】
児山隆

【脚本】
児山隆、渋谷悠

【キャスト】
金子大地、石川瑠華、柳俊太郎、前野健太、小西桜子、長友郁真、大窪人衛、呉城久美、岩瀬亮

【作品概要】
監督を務める児山隆監督は、助監督、オフラインエディターとして活動後、2014年に独立し広告を中心に映像ディレクターとして数々のCMを手がけ、本作が初長編監督作となります。

ヒロイン・田中ユカ役は『イソップの思うツボ』(2019)、『左様なら』(2019)などの石川瑠華。小山田修司役には『殺さない彼と死なない彼女』(2019)、『君が世界のはじまり』(2020)の金子大地。

『東京喰種トーキョーグール』(2017)、『弱虫ペダル』(2020)の柳俊太郎、『初恋』(2020)、『映像研には手を出すな!』(2020)の小西桜子、シンガー・ソングライター、役者としても活動している前野健太など多様な顔ぶれが脇を添えます。

映画『猿楽町で会いましょう』のあらすじとネタバレ


(C)2019 オフィスクレッシェンド

【Chapter:1】

フォトスラジオでアシスタントとして働き独立した駆け出しのカメラマン小山田修司(金子大地)は、雑誌編集者の嵩村秋彦(前野健太)に作品を見せて売り込みに来ました。

しかし、嵩村からは「作品にパッションを感じない。ちゃんと人を好きになったことある?」と言われてしまいます。何かあったら連絡すると言った嵩村でしたが、ふと思い出したように小山田に読者モデルの田中ユカ(石川瑠華)の写真撮影でした。

渋谷で待ち合わせた小山田とユカ。挨拶をした後不意にユカは小山田が着ていた映画『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』(1968)に触れ、小山田は嬉しそうな顔をします。

その後、移動し歩道橋の上で写真撮影を始めます。小山田はユカに表情を作らなくていいと伝え、ユカは「何を考えていたらいい?」と聞きます。小山田は適当でいいよ、今日の夕飯のこととかと答えます。

小山田との何気ない会話でリラックスしたのかユカの表情が和らぎ撮影は順調に終えました。ユカに恋人がいないことを知った小山田は、写真のチェックを口実に家に来ないかと誘います。何もしないと約束した小山田でしたが、強引にユカに迫り、ユカは涙を流します。

次の日小山田が起きるとすでにユカは帰ったあとでした。ある日、ユカのインスタグラムを見ていた小山田は、新しいプロフィール画像が撮りたいというユカの書き込みを発見し、よかったらプロフィール写真を撮らせて欲しいとユカに連絡します。

スタジオで写真を撮り、その日も小山田はユカを家に招きますが、何もなくユカは帰ってしまいます。

作品にやりたいことが伝わってこない、パッションを感じないと言われていた小山田でしたが、ユカの写真は評判が良く、小山田は次第にユカを撮りたい、自分に足りなかったものに出会えたと感じ始めます。ユカへの想いが募り、小山田はユカが好きだと伝えます。

小山田の言葉に対し、最初は戸惑うユカでしたが「よろしくお願いします」と答え2人は交際をすることになります。

出かけるたびに小山田はユカの様々な表情に魅了されシャッターを切ります。距離が縮まりつつある2人でしたが、ユカは決して小山田を家には入れようとせず、小山田はどこか距離を感じていました。

ある夜遅く、編集部から小山田に電話があり、カメラマンの代役を頼まれます。ついにチャンスが来たと喜ぶ打ち合わせに向かおうとした小山田でしたが…呼び鈴がなり、びしょ濡れのユカが立っていました。

驚いて部屋に入れ、これから打ち合わせに行くことを伝えるとユカはひとりにしないで、今そばにいてとすがりつきます。普段と様子が違うユカを放っておけず、感情が高ぶった2人は初めて体を重ねます。

アクセサリーショップで撮影の仕事をしていた小山田はアクセサリーを手に取り、ユカのために買って帰りました。電話をしながらユカの家に向かうと知らない男がユカの家に入って行きます。

動揺した小山田はユカが住んでいるはずの4階の2号室の前まで行って確認します。すると表札の名前はユカの苗字の田中ではなく、北村になっていました。

混乱した小山田はアパートの前で夜を明かし、朝ユカの部屋に入った男がその部屋から出て、その後ゴミ袋を持ってユカが部屋から出てきました。

小山田はユカに詰め寄りどういうことだと声を荒げます。怯えながらユカは「ちがうの」と説明しようとします。男とはすでに別れているが、新しい入居先が決まらずただ同居しているだけだと説明します。

今すぐこの部屋を出て行かないと信じないと小山田は言い、ユカは荷をまとめ始めます。部屋に入った小山田は『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』のポスターアートを見つけ男の趣味であったことに気づくのでした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『猿楽町で会いましょう』ネタバレ・結末の記載がございます。『猿楽町で会いましょう』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2019 オフィスクレッシェンド

【Chapter:2】

場面は過去に移り変わり、深夜の夜行バスに乗るユカが映し出されます。

深夜バスの休憩時間に自動販売機で飲み物を買おうとしたユカでしたが、小銭が足りず買うのを諦めました。そんなユカの様子を同じバスに乗っていた北村良平(栁俊太郎)は見て飲み物を奢ってあげます。

新潟から上京してきたユカは、演技スクールに通い始めますが、学費が貯まっていると事務員に言われてしまいます。特待生で学費は免除と聞いていたユカでしたが、実際は入学金が免除なだけで授業料は免除ではありませんでした。

アパレルのアルバイトだけでは到底払うことが出来ず困っていたユカに同じスクールに通う大島久子(小西桜子)が自分の働いているメンズエステで働かないかと誘います。メンズエステといっても風俗店に近いグレーなお店でした。

アパレルのアルバイトをオーディションなどの理由で突然休むことの多いユカに対し、店長はきつく言います。

ユカは店長に対し、私は店長と違ってやりたいことがあると言ってしまい更に店長の怒りを買ってしまいます。同じアルバイトの山本優一(大窪人衛)は夢を追うユカを一方的に応援し、好意を寄せていますが、ユカは距離を保ち仲良くしないようにしています。

久子はいつしかスクールからいなくなり、「芳岡藍」という名前で新人女優としてマスコミに注目され始めていました。

それを見たスクールの生徒が、久子に風俗みたいな店で働くよう誘われたことを話し始めました。ユカも誘われなかったか、と聞かれユカは誘われなかったと嘘をつきます。

スクールに女の子を紹介すると紹介料がもらえるから久子は勧誘をしていたとスクールの子たちは話しています。共に夢を追う友人だと思っていた久子がお金のために自分にアルバイトを紹介したと知り、ユカはショックをうけます。

チャンスを掴みたいユカはメンズエステの客である嵩村秋彦(前野健太)が業界人であることを知り、仕事を紹介して欲しいと頼みます。すると裏サービスをしてくれたら紹介すると言われ、性的な行為をしてしまいます。

嵩村が紹介したカメラマンが小山田でした。小山田が好意を寄せていることに気づきながらもユカは曖昧な態度でいます。

ユカは深夜バスで出会った北村のところに転がり込み同棲生活を送っていましたが、仕事が遅いのか帰ってくることもあまりなく、2人はすれ違っていきます。寂しい気持ちを言い訳に嵩村との関係も続けていました。

スクールでプロフィールを撮ってもらうとお金がかかると言われたユカはアパレルのアルバイトの優一に撮ってもらいますが、あまり良い出来ではありません。

インスタグラムにプロフィール写真を撮って欲しいと書き込みをすると小山田から連絡があり、撮影してもらうことに。その後小山田の告白を受け、ユカは小山田と付き合うことになりますが、ユカは小山田に北村のことを話さず隠しています。

ユカが家にいると北村が帰ってきて、腐った鍋の中を見て怒鳴り声をあげます。そもそも付き合おうって言ったか、勝手に転がり込んで、片付けもしない料理もしないで…そして好きな人が出来たから出ていけと言います。

ショックを受けたユカは雨の中傘も持たず飛び出し、小山田の家に向かい、ユカは小山田と関係を持ち、小山田の部屋で生活するようになります。

【Chapter:3】

初めてユカを撮った写真を賞に応募し、グランプリではないものの優秀賞を受賞した小山田は仕事が舞い込むようになり、どんどん知名度も上がっていきます。仕事が増えてくると共にユカと過ごす時間も減り、小山田はユカの元彼・北村のことが気がかりに思っています。

ユカが携帯を触っている時に盗み見をし、パスワードを知ってしまった小山田は、ユカが寝ている隙に携帯を開き、メッセージを見てしまいます。ユカは北村とまだ連絡を取っており、やっぱり一番好きなのは北村だとメッセージを送っていたのです。

ユカとそばにいたい気持ち、信じたい気持ちと知りたい気持ちの狭間で小山田は葛藤しますが、夜になるたびにユカの携帯を覗き見するのをやめられません。しかし、ユカに問い詰める勇気もなく、一人で抱え込んでいきます。

ファッションの季刊誌の表紙の撮影の仕事が入った小山田は打ち合わせで編集部を訪れ、嵩村に会い話していました。そこにユカがやってきて3人で話します。

ユカが自分と付き合っていることを嵩村に言っていないこと、嵩村がユカに対して言ったことが引っかかった小山田は嵩村にユカとどこで出会ったのか尋ねました。

ユカがカナという名前でメンズエステで働いており、そこで出会ったと話す嵩村に小山田は衝撃を受け、恐る恐る予約をいれ指定された場所に向かうと出迎えたのはユカではありませんでした。ユカはすでにそのお店を辞めていたのです。

アルバイトを頑張っても報われず、自分を見失いつつあるユカはかつてユカにメンズエステを紹介した久子の名前でメンズエステ店を転々としていました。更に芳岡藍がメンズエステで働いていたという匿名の投稿をSNSにしてしまいます。

ユカがスタンドインでスーツの撮影に向かうと、芳岡藍のスタンドインだということを知ります。久しぶりに再会した芳岡藍(久子)とユカ。芳岡藍に投稿したのユカでしょ、私の足を引っ張らないでと言われてしまいます。

ユカは紹介料のために私をメンズエステに紹介したんでしょ、嘘つかないでと言います。すると芳岡藍は怒り、嘘ついているのはあんたでしょと持っていたコーヒーを頭からユカにかけます。

落ち込んだユカは小山田に電話をかけますが、小山田は打ち合わせ中でした。何度目かのコールで電話に出ますが、泣きながら今すぐ来てほしいというユカを宥めつつ今は行けないと言います。「今じゃなきゃダメなの」そういうユカの声も届かず小山田はきませんでした。

ファッションの季刊誌の表紙の撮影で九州に向かった小山田は本当は日帰りですが、ユカに泊まりで撮影だと嘘を伝えます。表紙のモデルは芳岡藍でした。

撮影後芳岡藍が小山田にユカについて知っているかと尋ねます。小山田が撮った写真を見て、自分もこのように撮って欲しいと思い小山田にお願いしたと芳岡藍は言います。

撮影を終え、自宅に帰宅した小山田は自宅のアパートの前にタクシーが止まっていることに気づきます。タクシーに乗り込んだのは北村でした。嫌な予感がしてわざと音を立てずに家に入った小山田は裸でベッドに寝るユカを目の当たりにします。

小山田が詰め寄り、ここに北村を読んで関係を持ったのだろうと言いますが、ユカは知らないの一点張りです。

現場を見て一目瞭然であるというのにユカは頑なに認めず壊れたかのように知らないと叫び続けます。その姿をみて小山田はユカとの別れを決め、アパートから引っ越しました。荷物が片付いた部屋に一枚の写真が裏返しで床に落ちていました。

CMオーディションを受けているユカの姿が映し出されます。面接官にあなたはどのような人ですか?と聞かれ、皆からは明るいって言われますと曖昧に答えた後、言葉につまります。そして沈黙の後、「どのような人間なのかなんて知りたくないです」と答えるのでした。

スポンサーリンク

映画『猿楽町で会いましょう』の感想と評価


(C)2019 オフィスクレッシェンド

本作は【Chapter:1】で小山田の視点で描き、【Chapter:2】で過去から現在へ、ユカの視点で描きます。

不器用な男女の恋愛模様と思って見ていたものが、【Chapter:2】でガラリと印象が変わり、ユカという人物が漠然とした夢を描き東京にやってきたものの、嘘で塗りかため自分を見失いっていく痛々しさをリアルに描きます。

小山田の視点では幸せそうに見えた2人の恋愛もユカが抱える秘密によって揺らいでいきます。そして【Chapter:1】、【Chapter:2】のその後を【Chapter:3】で描いていきます。

【Chapter:3】はもはや甘い恋愛物語ではなく、愛を求め、足掻き、虚像にすがろうとしたり…次第に自分すらも見失ってしまうユカの痛々しさと、ユカを信じたい気持ちと真実を知りたい気持ちで葛藤する小山田の苦しい恋愛模様が描かれています。

ユカという人物は、加害者でもあり、被害者でもあるという彼女自身が矛盾を孕んでいる存在といえます。

夢を見て上京したものの、現実はそう簡単にはいきません。高い授業料を払うためにメンズエステで働き始めるユカ。限りなくグレーな店でユカは嵩村に出会い、仕事のために性的なサービスをしてしまいます。

嵩村という人物は自分が若い女の子を性的に搾取していることに無自覚です。更に冒頭で嵩村は小山田の写真を見てパッションが感じられない、本当に人を好きになったことないでしょうなどと言います。

しかし、後半で人に本当に人を好きになったことないでしょうときかれた嵩村は笑いながらないねと答えているのです。そのような場面から嵩村の言葉の薄さ、駆け出しの若者に対して搾取していることに無自覚な加害者の怖さが描かれています。

そもそもユカは本当に女優になりたいと強い志を持って上京したのでしょうか。同じスクールに通っていた久子が新人女優として駆け上がり始めた頃、ユカはスタンドの仕事で再会する場面があります。

これしかないから私は必死にやっている、ふらふらしているあなたとは違うと久子に言われてしまいます。それはユカにとっては図星だったのではないでしょうか。

ユカは人が言った言葉を受け売りで他の人に平然と話す、自分のなさ、空虚さがある人物であり、同時にそれはユカが求められる人物になろうとして自分を見失ってしまっていることとも繋がっていくのです。

ユカの空虚さが彼女の存在をファム・ファタルのように見せるのです。彼女は人を振り回している自覚がなく、自分の矛盾や塗り固めた嘘にも気付けなくなっているのです。

小山田からしたらユカは加害者として映るかもしれません。北村との関係が終わっていないのに小山田と付き合い、メンズエステのことや嵩村のことも言わず、曖昧な嘘をつき続けます。小山田と出会って変わろうと思った、というユカの言葉は本心でしょうか、それとも嘘でしょうか。もはやユカ自身もそれはわかっていないのかもしれません。

ユカ自身の本当の本心はオーディションで彼女が言った自分がどんな人物かなんて知りたくないという言葉なのかもしれません。自分を見失い本当にやりたかったことも見失いつつある彼女は嘘で塗り固めた自分自身と向き合うことが怖いと感じているのです。

一方で、小山田にとってユカはどのような存在だったのでしょうか。小山田はフリーランスとしての自分の地位のなさからどうにか仕事を貰いたいとあがいていますが、自分の中で今ひとつこれだというものに出会えていません。そのような小山田のふらついた部分が写真に表れ、情熱がない、やりたいことが伝わらないと言われてしまいます。

ふらついていた小山田がユカと出会い、恋をすることで自分に足りなかったものを見つけたように感じ、人として成長していきます。ユカが嘘をついていることはわかっていながらもユカに本当のことを聞くのは怖い、信じたいと思う小山田の気持ちはユカが好きだからこそです。

小山田はユカのことを恋人として大切にしていると同時に最愛の被写体として見ている部分も伺えます。自分がユカのことを一番よく撮りたい、撮れると感じている小山田。

終盤ユカを信じきれず、ユカの嘘を問い詰め場面で泣き叫ぶユカに対し小山田は無我夢中でシャッターをきります。ユカとの恋は小山田を成長させるとともに、カメラマンとしても成長させました

まとめ


(C)2019 オフィスクレッシェンド

嘘だらけのヒロインと駆け出しのカメラマンの恋を描いた児山隆監督初長編映画『猿楽町で会いましょう』。

嘘で塗り固められ自分自身をも見失ってしまうユカという役柄がまるで憑依したかのようにリアルに演じる石川瑠華と、ユカを受け止め向き合おうとする小山田を受け身の姿勢で演じながらユカを引き立てる金子大地。

2人の若手俳優の演技のぶつかり合いが観客を惹きつけます。

現在、過去、現在と3部構成にし、登場人物の印象をガラリと変え、都会の若者の虚無や欲望のために必死に足掻く姿をリアルに描き出しています。

関連記事

ラブストーリー映画

ジエン・マンシュー映画ママダメ主演の女優のプロフィールは?

映画『ママダメ』のヒロイン役を演じた台湾の女優の簡嫚書(ジエン・マンシュー)が、ネットで可愛いと大注目。 ジエン・マンシューは、どのような女の子なのでしょう? スポンサーリンク CONTENTS1.映 …

ラブストーリー映画

映画『パリの恋人』あらすじネタバレと感想。オードリー・ヘプバーンの名作ミュージカルの見所

永遠の妖精オードリー・ヘプバーンが、パリを舞台に歌って踊るミュージカル映画。 ミュージカル映画の金字塔『雨に唄えば』のスタンリー・ドーネン監督と、オードリー・ヘプバーンが初めて組んだ作品です。 オード …

ラブストーリー映画

レイニーデイ・イン・ニューヨーク|ネタバレ感想とあらすじ考察。恋愛映画おすすめの作品をティモシー・シャラメとエル・ファニングで描く

雨と街と人と出会いとノスタルジック。そんな魅力が詰まった映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』   ウディ・アレン監督による、魅力的にニューヨークの街を描くハートフルラブストーリー『レイニーデイ・イ …

ラブストーリー映画

映画光あらすじとキャスト!カンヌ2017河瀬直美受賞の可能性は?

視力を失いゆくカメラマンとの出逢い、彼女の何かが変わり始めるー。映画『光』のキャッチコピー。 河瀬直美監督は前作『あん』でも社会の片隅の小さな出逢いを、まるで詩集にような作品に仕上げて見せてくれました …

ラブストーリー映画

映画『ゴッズ・オウン・カントリー』あらすじネタバレと感想。ラストの主人公ジョニーたちの決断が清々しい余韻を与える

“神の恵みの地“と呼ばれるイギリス・ヨークシャー地方を舞台に二人の孤独な青年の間に生まれる愛の行方を綴った映画『ゴッズ・オウン・カントリー』をご紹介します。 昨年7月に開催された「レインボーリール東京 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学