Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

映画『カクテル』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。若きトム・クルーズが演じる甘く苦い青春ラブストーリー《真実の愛を知って生まれ変わる》

  • Writer :
  • 谷川裕美子

本当の愛を知った青年の成長記

トップガン』(2022)シリーズで知られる大人気スターのトム・クルーズが主演を務める青春映画です。

野心ある主人公が喪失や再生を経験して本当の愛にめぐりあうまでを、『追いつめられて』(1987)のロジャー・ドナルドソン監督が描き出します。

大金を手に入れることを夢見ていた主人公・ブライアンが、ひとりの女性との真実の愛に出会ったことから人生の本当の幸せを知るようになります。

愛と死に苦悩しながら成長していくブライアンを演じるトム・クルーズに魅了される作品です。演技派のブライアン・ブラウン、エリザベス・シューらが共演します。

スポンサーリンク

映画『カクテル』の作品情報


(C)Buena Vista Home Entertainment, Inc.

【公開】
1989年(アメリカ映画)

【原作】
ヘイウッド・グールド

【監督】
ロジャー・ドナルドソン

【編集】
ニール・トラビス

【出演】
トム・クルーズ、ブライアン・ブラウン、エリザベス・シュー、リサ・べインズ

【作品概要】
ヘイウッド・グールドの同名小説を、『追いつめられて』(1987)のロジャー・ドナルドソン監督が映画化。

トップガン』(2022)シリーズで人気のトム・クルーズ演じる主人公・ブライアンが、一攫千金を夢見てバーテンダーとなり喪失や再生を経験して本当の愛にめぐりあうまでを描きます。

『普通の女』(1987)、『光をくれた人』(2016)のブライアン・ブラウン、『愛が微笑む時』(1994)、『リービング・ラスベガス』(1995)、のエリザベス・シューら実力派が共演。

映画『カクテル』のあらすじとネタバレ


(C)Buena Vista Home Entertainment, Inc.

兵役から戻ったブライアンは、大金を稼ぐことを夢見てニューヨークにやって来ました。

しかし、学歴と経験のない彼にとって都会での就職は簡単ではありませんでした。ブライアンはビジネススクールに通いながら、バーテンダーのアルバイトを始めますが、教授に嫌われて悪い成績をつけられてしまいます。

その一方で、ベテランバーテンダーのダグとの派手なパフォーマンスが人気となった彼は、ダグに一緒に店をもとうと持ちかけました。

しかし、ブライアンはその後自分の彼女に手を出したダグと仲違いし、店をやめてしまいます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには映画『カクテル』ネタバレ・結末の記載がございます。映画『カクテル』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)Buena Vista Home Entertainment, Inc.

ブライアンはジャマイカでバーテンとして働き始め、画家をめざす若い女性ジョーダンと出会います。

ふたりが仲良くなったところに、ダグが現れました。3年ぶりに笑顔で再会するブライアンとダグ。ダグは資産家のケリーと結婚し、ハネムーンで訪れていました。

ブライアンとジョーダンもすぐに恋に落ち、一緒に楽しい時間を重ねていきます。

しかし、ダグから金持ちの女に手が届かない男だと笑い者にされたブライアンは、挑発に乗って年上のボニーに手を出します。ブライアンが女性といる姿を見たジョーダンは傷つき、ひとりでニューヨークへ帰ってしまいました。

ニューヨークでボニーの会社を手伝うことにしたブライアンでしたが、やがて大ゲンカして別れてしまいます。

その後彼はジョーダンの勤めるレストランを訪ねました。声をかけますが、怒ったジョーダンに頭から料理をぶっかけられてしまいます。

それでも懲りずにジョーダンの家に謝りに行ったブライアンは、彼女から自分の子を身ごもっていることを聞かされました。ジョーダンは泣きながら彼を追い出します。

再びブライアンがジョーダンのアパートを訪れると彼女はおらず、隣人から彼女の実家を教えられます。

彼女の実家は大豪邸でした。資産家のであるジョーダンの父は、娘を妊娠させたブライアンに怒りを隠さず、小切手を渡して追い出そうとして口論となります。

そこに帰って来たジョーダンにブライアンは子どもの父親になると言いますが、ジョーダンは彼のことを信じられません。ブライアンは小切手を破り捨てて出て行きました。

ダグの店を訪ねたブライアンは、ダグの妻ケリーの奔放さに眉をひそめます。ダグは自分のヨットにブライアンを招き、大損を出したこと、そして妻は何も知らないことを話しました。

ダグのことで話がしたいとケリーはブライアンを部屋に誘って迫りますが、ブライアンは拒絶して部屋を立ち去ります。

ブライアンがヨットに戻るとダグは自殺していました。ブライアン宛ての遺書には愛情が満ち溢れていました。

ブライアンは警備を強硬突破してジョーダンの家を訪ね、ダグの死を伝えます。彼の誇りが本当の悩みを隠していたことを話し、同じ過ちを繰り返したくないと必死で訴えました。

真剣な思いを伝え、結婚してほしいとプロポーズするブライアン。ジョーダンはブライアンを愛していると答え、父を振り切ります。父に絶縁されたジョーダンはブライアンと結婚しました。

ブライアンは自分の店「Cocktails & Dreams」を開店しました。その開店祝の日、双子が授かったことを知ったブライアンは喜び、客のみんなににおごると叫びます。店は大きな歓声に包まれました。

スポンサーリンク

映画『カクテル』の感想と評価


(C)Buena Vista Home Entertainment, Inc.

愛と喪失から得たものとは

スター俳優のトム・クルーズが悩み深い青春期の青年の苦悩と喜びを演じる映画『カクテル』。子どものようにわがままで自分本位だった野心家の青年が、愛する女性と出会ったことで成長し幸せをつかむまでを綴ります。

カクテルをシェイクするカッコいい姿に加えて、喜び、苦しみにくるくる変わるトム・クルーズの豊かな表情も大きなみどころです。

また、本作ではもう一つ、男同士の友情という胸に迫るテーマも丁寧に描かれます。

主人公のブライアンは一攫千金を狙う野心家の青年で、ニューヨークでバーテンダーのバイトをしながらビジネスについて学んでいました。

バイト先にいたのはベテランバーテンダーのダグです。ダグはやんちゃなまま年を重ねた年かさの男性で、自分と同じやんちゃさを持つ年下のブライアンをとてもかわがります。

揃って派手で楽しいパフォーマンスをして客を沸かせ、ハイタッチで喜び合うふたりはまさに青春真っただ中にいました。しかし、青春には甘さと苦さがつきものです。ダグがブライアンの彼女に手を出したことでふたりはケンカ別れしてしまいます。

ジャマイカでバーテンダーとなったブライアンは、運命の女性・ジョーダンと出会いました。そんな彼の前に、逆玉婚で金持ちになったダグが現れます。

すると今度は、金持ちの年上女性をブライアンが口説けるかどうか賭けを始めます。ダグもブライアンもまったく成長していませんでした。目の前に面白そうなおもちゃがあれば手を出さずにはいられない幼児と何も変わりません。

恋人のジョーダン、遊び半分で心を奪われたボニーがどれほど傷つくかなんてほんの少し想像すればすぐにわかることですが、彼らは相手に心があることには思いをはせずに、面白い遊びをすることだけに夢中になります。

それが何より自身を傷つける行為であることに気づくまで、彼らには長い時間が必要でした。

ブライアンはジョーダンの妊娠をきっかけに、自分の心がジョーダンへの愛に満たされていることに気づくことができました。

しかし一方のダグは、重すぎる代償を払うことになります。彼は妻が自分だけを愛しているわけではないことに気づいていました。周囲の人々の気持ちを振り回してきた彼は、愛を弄ばれる苦しみを初めて知ったことでしょう。

金を手放してまでほかに愛を求める人生を選ぶ勇気はなかった彼は、事業に失敗して拠り所だった金からも見放されます。追い詰められたダグは、そのまま命を絶つしかありませんでした。

ダグが本当に愛していたのは、気の合うブライアンと笑い合って過ごす時間でした。しかし、人は成長しなければなりません。いつまでも同じ場所で同じ過ちを繰り返すことは許されないのです。

彼らが現実をみつめ、周囲の人たちへの当たり前の優しさを持てる大人に成長していたなら、避けられた悲劇だったかもしれず本当に残念です。

ダグの悲劇から多くを学んだブライアンは、麻薬のように人を狂わせる金への執着を振り捨て、資産家の実家と縁を切ったジョーダンと結ばれます。

ブライアンが真実を見誤ることはもうないでしょう。ブライアンとジョーダンとかわいい双子たちの幸せな未来を予感させて、爽やかに作品は幕を閉じます。

まとめ


(C)Buena Vista Home Entertainment, Inc.

青春の光と影を映し出すトム・クルーズの魅力満載のヒューマンラブストーリー『カクテル』。

誰もが青春期に経験する迷いの中での苦悩と喜びが、甘く苦くリアルに描かれます。

迷いながらも正しい道に戻れる者、脱落して戻って来られない者、まったく違う新たな道を見出して歩み続ける者。さまざまな人間が存在する奇跡と残酷さを見せつけられる一作です。

少し古い作品なので、本作を観るとご自身の青春時代を思い出すという方もきっといらっしゃることでしょう。

いろいろな思いを抱きしめながら、ぜひゆっくりご覧になってください。





関連記事

ラブストーリー映画

映画『伊藤くんAtoE』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

『伊藤くんAtoE』2018年1月12日(金)より全国一斉ロードショー。 柚木麻子のベストセラー小説を『ナミヤ雑貨店の奇蹟』や『PとJK』そして2018年春に『ママレード・ボーイ』が公開の廣木隆一が映 …

ラブストーリー映画

映画『ラ・ブーム』ネタバレあらすじ感想とラスト内容の考察。13歳のソフィー・マルソー代表作はボンドガールとなる以前の愛らしさが光る

恋に恋する13歳の危うい恋愛事情“ラ・ブーム”とは? 1980年代のパリが舞台の青春ラブストーリー『ラ・ブーム』をご紹介します。 長い夏休みが終わり、9月のパリでは新学期を迎えます。13歳のヴィックは …

ラブストーリー映画

『ぼくらの亡命』主演・須森隆文プロフィール!あらすじとキャストも

2016年11月20日に東京フィルメックスでワールドプレミアとして上映された内田伸輝監督作品。 『ぼくらの亡命』が2017年6月24日(土)よりユーロスペースにて公開。 俳優の須森隆文と櫻井亜衣を主演 …

ラブストーリー映画

池松壮亮映画『君が君で君だ』あらすじ感想と評価レビュー解説。満島真之介と大倉孝二の共演で男たちの哀しいラブストーリー!

この愛は純情か、それとも異常か!? 松居大悟が監督・原作・脚本を担当した『君が君で君だ』は、7月7日(土)より、新宿バルト9ほか、全国で七夕ロードショーされます!! スポンサーリンク CONTENTS …

ラブストーリー映画

『フィフティ・シェイズ・フリード』続編のあらすじとキャスト【ダコタ・ジョンソン主演】

「フィフテイ・シェイズ」シリーズついに完結 映画『フィフティ・シェイズ・フリード』は、2018年10月5日(金)より全国ロードショー。 少女とヴァンパイアの恋を描いた「トワイライト」シリーズが好きにな …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学