Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

『花様年華』ネタバレ結末あらすじと感想の評価解説。大人の“純な”不倫愛を映画監督ウォン・カーウァイがトニー・レオンとマギー・チャンと共に描く

  • Writer :
  • からさわゆみこ

香港の名匠、ウォン・カーウァイ監督が大人の純愛を描いたラブストーリー

今回はトニー・レオンとマギー・チャンを主演に、家庭を持つ男女の不倫愛をプラトニックに描いた、映画『花様年華』をご紹介します。

恋する惑星』(1994)、『ブエノスアイレス』(1997)のウォン・カーウァイ監督と、多くのカーウァイ監督の作品で撮影を手掛けた、『ばるぼら』(2020)のクリストファー・ドイルのコンビが、1960年代の香港の空気感を微細に再現します。

舞台は1962年の香港。新聞社の編集者をするチャウと、商社で社長秘書をするチャン夫人は、同じアパートに同じ日に引っ越し、隣人同士になります。

チャン夫人の夫は海外出張が多く、チャウの妻は夜勤が多い、互いにすれ違いがちな夫婦でしたが、円満な家庭を築くべく努力をする中、互いのパートナーが不倫関係にあると気づきます。

スポンサーリンク

映画『花様年華』の作品情報

(C)2019 JET TONE CONTENTS INC.ALL RIGHTS RESERVED

【公開】
2000年(香港映画)

【監督・脚本】
ウォン・カーウァイ

【原題】
花樣年華(英題:In the Mood for Love)

【キャスト】
トニー・レオン、マギー・チャン、レベッカ・パン、ライ・チン、スー・ピンラン

【作品概要】
ウォン・カーウァイ監督作品に多数出演する、トニー・レオンは本作でカンヌ国際映画祭で男優賞を受賞しました。

ダブル主演のマギー・チャンはウォン・カーウァイ監督の『いますぐ抱きしめたい』(1988)、『欲望の翼』(1990)の出演を機に演技派女優の頭角を現し、本作を含む5作品で、香港電影金像奨の最優秀女優賞を獲得しました。

映画『花様年華』のあらすじとネタバレ

(C)2019 JET TONE CONTENTS INC.ALL RIGHTS RESERVED

「女は顔を伏せ、近づく機会を男に与えるが、男には勇気がなく、女は去る」

1962年の香港。スエン夫人の家に内覧に来たチャン夫人は、その部屋を間借りするとに決め帰宅します。

一足遅れで新聞社で編集をするチャウも訪ねました。スエン夫人は隣人のクウ家の部屋が、一室空いているはずと教え、チャウはクウ家の一室を間借りします。

チャン夫人とチャウは同じ日に引越しをし、こうして隣人同士となりました。

2人とも既婚者でしたが、パートナーは出張や夜勤で不在がちでした。世話好きなスエン夫人のおかげで、家族ぐるみの付き合いができ、親しくなるのに時間はかかりませんでした。

チャンの夫が再び長期出張に出る日、彼女は“ハンドバック”を2つ買ってきてほしいと頼みます。秘書をしている社長の妻と愛人の分です。

チャウは妻と旅行をするため休暇を取ります。2組の夫婦は仲睦まじい様子でした。

ある日、チャンは夫が日本で購入した、電気炊飯器を隣人たちに披露します。スエン夫人が“隣人のよしみ”で買ってきてほしいと頼みます。

夫人はチャウにも勧めます。チャウが炊飯器を受け取り、代金を払いにいくとチャンの夫は「奥さんからもらっている」と言われ、チャウは腑に落ちない気持ちになります。

ある日、チャンがクウ宅に新聞を借りに行くと、チャウが対応に出て自分の新聞を渡します。その時、彼は新聞の連載小説が好きで、小説家になりたかったと話します。

彼女も新聞の連載小説のファンで、お互い読書好きという共通点がありました。チャウから本を借りたチャンがそれを返しに行くと、クウ夫人がチャウ夫妻はケンカをして、数日帰っていないと伝えました。

原因はチャウの妻が臨時の夜勤で遅くなる、迎えに来なくていいと連絡したにも関わらず、彼は迎えに行き妻がその日、日勤でとっくに帰宅したと言われたからです。

チャンが通う屋台でチャウもその晩、同じ屋台で夕飯を済ませます。そして、チャウは同僚のピンから、妻が別の男と歩いているところを見たと伝えられます。

一方、チャンは出張から帰る夫に、スエン夫人やクウ家は外食で留守で、自分は残業で帰りが遅くなると電話しますが、クウに用事があるふりをしてチャウの部屋を訪ねます。

部屋からはチャウの妻が出てきます。「今日は早いのね」とチャンがいうと、体調が悪くて早退したと言い、早々にドアを閉めてしまいました。

チャンは夫が出張でいない日は、相変わらず屋台のテイクアウトで、夕飯を済ませていてチャウとすれ違うこともありました。

そんなある日、チャウはチャンをレストランに呼びだし、お願い事があると言います。妻にハンドバックを贈りたいから、彼女と同じものを買ってきてほしいというものです。

ところがチャンのハンドバックは、夫が日本で買ってきたもので、香港では手に入らないと言い、逆にチャンはチャウのネクタイは、どこで買ったかを聞きます。彼は妻が海外出張に行った時に買ってくるもので、香港では売っていないと言います。

チャンは同じネクタイを夫もしていると話し、チャウも妻がチャンと同じバックを使っていると話すと、彼女は「知ってる…。」と答え、互いのパートナーが不倫関係にあると、確信しました。

以下、『花様年華』のネタバレ・結末の記載がございます。『花様年華』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)2019 JET TONE CONTENTS INC.ALL RIGHTS RESERVED

2人は夫や妻が在宅している日も会うようになりますが、互いにパートナーとの関係は継続し、世間の目を避けるように会いました。

帰りが深夜遅くなりチャウが「朝まで一緒に・・・」と誘うと、チャンは(夫と)言い方が違うとはぐらかし、同じやりとりをチャンならどうするか、シチュエーションをやり直すと、彼女は「私は誘えない」と言います。

チャウはどちらが先に誘ったか関係なく、いずれにしてもあの2人の関係は始まっていると言うと、彼女は動揺し彼の妻が誘ったのかもと夫をかばいました。

その後、チャウは“声が聞きたかった”とチャンの会社に電話したり、タクシーの中で彼女の手を握ろうとしますが、チャンはことごとく拒否をします。

ある日、日本からの手紙がアパートに届き、家政婦はチャンの夫からだと思いますが、それはチャウの妻が彼に宛てた手紙でした。チャウは手紙を読むと怒りをあらわに丸めます。

チャンは夫とチャウの妻が一緒に日本にいると考え、探りを入れましたが彼は何も話しませんでした。

チャウが屋台へ向かおうとした時、偶然チャンと会います。彼は多趣味で独身の時は色んなことができたと話します。チャンも独身だったら今よりも幸せだったかもしれないと、結婚生活の難しさを痛感していました。

それでもチャウはチャンに夫はすぐに戻ってくると励まします。そして、自分はもうクヨクヨ悩むのは時間の無駄だと、人生は短い別の生き方を考えていると話します。

チャンがどう生きるのか訊ねると、彼は新聞の連載小説を書き始めたと告白します。そして、筋書きを一緒に考えてほしいと頼み、彼女はがんばってみると引き受けました。

小説の執筆を手伝うため、チャンはチャウの部屋を訪ねました。そこにクウ夫妻とスエン夫妻が帰宅し、クウ家のリビングで麻雀がはじまってしまいます。

リビングからチャウの部屋が見えてしまい、帰るに帰れなくなったチャンは、そのまま朝を迎え密かに出て行き、彼の部屋にチャンのスリッパが残されました。

この件があってチャウは書斎代わりの部屋を探すと言います。そして、自分たちは“潔白”だけど噂は困るから、安心して会えるとチャンを誘いました。

チャンは「一線は守りたい」とその提案を退けましたが、チャウは会社にまで電話をして誘います。チャンは戸惑いながらも小説の執筆を口実に、借りた部屋でチャウと密会を重ねました。

連載小説が順調に進んできた時、チャンがチャウを夫に見立て浮気の真意を迫る練習をします。夫が浮気を白状したら、頬を叩くという場面です。

しかし、チャウは弱すぎるとダメ出しをしてやり直しますが、今度は深刻に考えすぎたチャンは、夫は簡単に認めないと泣き出してしまいました。

そしてとうとう、2人の関係に暗雲が垂れ込めます。スエン夫人が外出しがちなチャンに、夫が出張でいないからといって、出歩き過ぎだと注意をしました。

スエンは夫が帰ったら出張を減らしてもらい、夫婦でいる時間を増やすよう諭します。チャンはこのことをチャウに話し、距離を置き始めました。

そんなある雨の日、チャウは家の近くで雨宿りをするチャンと会います。彼女は一緒にいるところを見られたくないと言い避けようとします。

2人に会話はありませんが、チャンは彼が2度も電話をしてきた理由を聞くと、シンガポール行きの切符の手配を頼みたかったからと言います。

チャンは驚き、期間や理由を聞きますが、チャウは同僚のピンから仕事を手伝ってほしいと頼まれたと話しますが、「気分転換さ。噂は嫌だ」と言います。

チャンは自分たちは何もしていないと言いますが、チャウは自分の本心は違うと、チャンが夫と別れる気がないなら、思いが募る前に自分の方から去るだけと言います。

そして、冷静なつもりだったが、彼女の夫が帰国してくると考えると、腹立たしく思うと告白します。そうならないために、心構えの練習をしてほしいと頼みます。

「もう会わない。ご主人を大切に…」と、手を握って去る別れの練習をしていると、チャンはまた深刻になってしまい、悲しさの余りチャウの胸で泣いてしまいました。

2人はタクシーでどこかへ向かいます。チャンも自分の本心に気がついたように「帰りたくない」と、チャウの肩にもたれると、彼は彼女の手を握ります。

朝を迎えそれぞれの部屋に帰ると、チェンの家のラジオから「花のように魅惑的な年、月のように輝く心。氷のように清い悟り、楽しい生活、深く愛しあう二人、満ち足りた家庭、でも急に闇に迷い込み、辛い日々になる」と『花様的年華』が静かに流れます。

チャウはチャンのオフィスに電話をしますが、3コールして切ります。「僕だ。切符がもう1枚取れたら一緒に来ないか」とつぶやきます。

彼は書斎にしていた部屋で待ちましたが、もちろん彼女は来ませんでした。チャンはチャウが去った部屋に行きます。彼女は涙を流しながら「私よ。切符がもう1枚取れたら、連れてって」と、心の中でつぶやきます。

(C)2019 JET TONE CONTENTS INC.ALL RIGHTS RESERVED

1963年、チャウはピンとシンガポールで働いていました。チャウの仕事中に下宿先に、誰かから電話が入ります。

部屋に帰ったチャウは、家具やベッドの下をしきりに何かを探します。下宿屋の主人に「なくなっている」と苦情を訴えますが、何がなくなっているのかは言いません。

再び部屋へ戻ったチャウは、口紅の付いたタバコの吸い殻をみつけ、留守中にチャンが訪ねてきたのではないかと考えます。

チャウはピンと食事をしながら、昔の人のやり方で大きな秘密を抱えた者は、どうしたと思うか聞きます。ピンが知らないと答えると、チャウは続けて話します。

山に行って大木を探し、幹に穴を掘ったらそこに秘密をささやき、土で埋めて秘密が漏れないよう封印するのだと教えます。ピンはチャウには隠しごとが多すぎると問い詰めますが、彼は何もないとはぐらかしました。

チャンはホテルの部屋でタバコをくゆらせます。タバコを持つ彼女の薬指には、指輪はありませんでした。そして、椅子でくつろぐ彼女の足には、香港でチャウの部屋に忘れたスリッパがありました。

チャンはホテルの部屋から、シンガポール日報にいるチャウに電話をかけますが、話す言葉が見つからず、無言のまま切ってしまいました。

1966年香港。チャンはスエン夫人の家を久しぶりに訪ねました。スエン夫人はアメリカで暮らす娘家族との同居を決め、荷造りの最中でした。クウ夫妻もどこかへ越して、今は別の人が住んでいます。

クウ夫妻やチャン、チャウがいた頃がとても楽しい日々だったと、スエン夫人は振り返りチャンも頷きます。そして、空いたスエン夫人の家を、チャンが借りることになりそうでした。

少し時が経ち香港に戻ったチャウもクウ夫妻を訪ねますが、別人が住んでいました。そして、スエン夫人も引っ越したことを知りました。

チャウはスエン夫人の家には、誰が住んでいるか尋ねました。現家主は母親と息子の2人暮らしだと教えます。チャウはその部屋の扉を見て微笑み、家をあとにしました。

同年、カンボジア。「時は移ろい、あの頃の名残は何もなくなり・・・」チャウはカンボジアのアンコールワットにいました。

チャウは遺跡の中で穴の開いた柱を見つけ、その穴に顔を近づけ何かをささやき始めました。その様子を離れた場所から、静かにみつめる少年僧の他、周りには誰もいません。

そして、チャウはアンコールワットの遺跡から離れます。彼がささやいていた穴は、根に土の付いた草で塞がれていました。

「男は過ぎ去った年月を思い起こす。埃で汚れたガラス越しに見るかのように。過去は見るだけで、触れることはできない。見える物はすべて幻のようにぼんやりと・・・」

スポンサーリンク

映画『花様年華』の感想と評価

(C)2019 JET TONE CONTENTS INC.ALL RIGHTS RESERVED

映画『花様年華』はいわば、ダブル不倫を描いた物語ですが、その発端となる主人公の妻や夫の顔は一切出てきません

後ろ姿や家具などで隠されていて、この2人がどのタイミングで深い関係になったのか、曖昧にしたままストーリーは進み、やがてチャウとチャンのプラトニックな恋愛に繋がっていきます。

主人公のチャウにはモデルとなった人物がいます。香港の短編作家のラウ・イーチョン(劉以鬯)です。

チャウの辿った経歴や足跡は、ラウ・イーチョンの経歴や足跡が参考になっており、エンドロールにも監督の次に名前がクレジットされています。

また、ラウ・イーチョンは小説「酒徒」を1963年に出版しますが、チャウが小説を手がけていた頃と重なり、この小説は本作の続編といわれる映画『2046』のアイデアに影響を与えています。

映画『花様年華』はカーウァイ監督の膨大な構想の一部で、『欲望の翼』(1990)の続編、『2046』(2004)の前編作品ともいわれ、この3作品をウォン・カーウァイ監督の「1960年代シリーズ」と呼び、作品には登場人物や設定の一部が受け継がれています

これらのカーウァイ監督作品は、詩を読むようなストーリー展開、時間軸の組み合わせ方など、まるで村上春樹の小説を読んでいるような感じに陥ります。

また、村上春樹の詩のような文脈には、音楽が聴こえてくるような特徴があり、それをカーウァイ監督が詩的なモノローグと挿入曲の効果によって、体現化しているイメージがありました。

この感想もあながち間違いではなく、カーウァイ監督は実際に村上春樹からの影響も多大に受けていたようです。

2人の大きな秘密とは

チャウがアンコールワットの遺跡を訪れた時、みつけた穴に何かをささやいたのは、大木の幹に穴を掘って、秘密をささやき封じ込める行為と同じです。

彼の誰にも知られてはならない秘密とはなんだったのでしょう? おそらく彼女が「今夜は帰りたくない」と言った晩、2人は最初で最後に結ばれ、彼女はその時に彼の子を身ごもったのでしょう。

チャンがわざわざシンガポールに出向いたのは、チャウの子を出産したことを知らせるためだったと推察します。ところが幸か不幸か2人はすれ違い、再会しませんでした。

チャンは口紅の付いた吸い殻を残し、みつけたスリッパを持ち帰り、自分が来たことを知らしめ電話までしますが、チャウの子を出産したことは伝えられないまま帰国します。

チャウが香港に戻り、スエン夫人の家に母子が住んでいると聞いただけで、彼はチャンが自分との間にできた子と暮らしていると考えます。

なぜそう考えることができたのでしょう? チャウは日本に行った妻から手紙をもらいました。その手紙はチャウと別れ、チャンの夫と日本で暮らす・・・といった内容だったからではないでしょうか?

チャンにもそのことは伝わっていたでしょう。しかし、世間体を気にする彼女は自分たち夫婦が、破綻していることを誰にも知られたくなかったのだと察します。

だから、チャウから別れを切り出された時に、惨めさと寂しさから本気で泣いてしまったのです。一方チャウは、彼女を本気で愛していたため、全てを知っていながら知らないふりをしたのです。

チャンはスエン夫人の家に住んでいれば、いつかチャウが訪ねて来ると考えたのかもしれません。

しかし、それも憶測にすぎず、チャンがその子供を夫との子だと、言っていると考えたら、チャウは簡単には訪ねることはしないでしょう。

チャウがアンコールワットで、遺跡の穴にささやいたのは、その秘密をそこに封印したからです

ただ、穴を土で埋めたのではなく、草であったことから、いつか彼女の口から語られるのを待つ、チャウの期待のようにも見えました。

チャウが書いた小説とはどんな物語か

映画の冒頭に出る「女は顔を伏せ、近づく機会を男に与えるが、男には勇気がなく、女は去る」これが小説の序文なのでしょう。

チャンは貞淑を保ちつつ、チャウを近づかせるような隙もみせますが、彼女自身に勇気がなく、結局はチャウの方から去ってしまいました。

最後の「男は過ぎ去った年月を思い起こす。埃で汚れたガラス越しに見るかのように。過去は見るだけで、触れることはできない。見える物はすべて幻のようにぼんやりと・・・」からは、美しい思い出を美しいままで終わらせる“男の美学”を感じさせます。

これは小説の締めくくりとなった一文だと推察しますが、鑑賞後、これは映画の中のラブストーリーなのか、小説の中のラブストーリーなのか、混乱してきます。

思えば「練習」と称した浮気を追求する場面や別れの場面は、まるで原稿用紙を書き直すかのようにも見ることができます。

また、お互いのパートナーが不倫関係にある・・・と、気づきながらもきっかけやタイミングがはっきりしないところは、小説初心者ならではの詰めの甘さともみれます。

そう考えると本作は、やはり小説の世界なのか、それとも現実のストーリーを描いたのかと、どちらともとれる作品でした。

まとめ

(C)2019 JET TONE CONTENTS INC.ALL RIGHTS RESERVED

『花様年華』は1960年の香港が舞台となっていますが、登場するシーンは住まい、住まい近くの街角、職場、隠れ家・・・と限られ、それだけで1960年代を彷彿させているのが、カーウァイマジックです

また、カーウァイ監督の得意とする、起承転結のない見せ方には、想像力を搔き立てられます。そこから幾通りもの解釈ができるところに醍醐味を感じます。

本作は「1960年シリーズ」の2作目として、完成された作品ではありますが、もし初見だった場合、『欲望の翼』からの続編で、『2046』への伏線作だと思って観ると、他の作品も必然的に観たくなります。

映画『花様年華』は普通のラブストーリーでは飽き足らない上級者向けのラブストーリーです。

表層的な愛情表現だけが愛ではないこと、“墓場まで持っていく”ほど秘密にしなければならない、大切な愛もあることを示していました



関連記事

ラブストーリー映画

映画『ポルト』あらすじネタバレと感想【アントン・イェルチン出演】

ジム・ジャームッシュが製作総指揮を務め、ポルトガル第2の都市ポルトを舞台に、異国の地で巡り合った男女を描いたゲイブ・クリンガー監督の『ポルト』をご紹介します! スポンサーリンク CONTENTS映画『 …

ラブストーリー映画

映画『彼女が好きなものは』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。原作 浅原ナオトのWEB小説を神尾楓珠と山田杏奈が印象的な演技で魅せる

ゲイであることを隠して生きる高校生・純とBL好きであることを秘密にしているクラスメイトの紗枝。思いがけないきっかけで付き合うことになった2人は……!? 浅原ナオトの小説『彼女が好きなものはホモであって …

ラブストーリー映画

映画『ホットギミック』ネタバレ感想。山戸結希が『溺れるナイフ』以上に作家性を発揮した完成度!

映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』は、2019年6月28日(金)より全国ロードショー 山戸結希監督がジョージ朝倉の原作を映画化した『溺れるナイフ』(2016)に続いて、再び少女漫画作品を実写映 …

ラブストーリー映画

映画『3泊4日、5時の鐘』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

2016年10月開催された、第29回東京国際映画祭のコンペティション部門にて、新作『雪女』を発表して話題となった杉野希妃監督。 女優や監督として多才ぶりが注目される一方。彼女は若き才能の育成を目的とし …

ラブストーリー映画

映画『タイタニック』ネタバレ感想。実話結末までのあらすじ【レオナルド・ディカプリオ代表作】

映画『タイタニック』は、1997年に公開されたジェームズ・キャメロン監督による作品で、現在も多くの方々から支持されている作品です。 1912年、英国のサウサンプトン港を出航したタイタニック号沈没事件を …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学