Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

黒島結菜映画『プリンシパル 恋する私はヒロインですか?』あらすじとキャスト紹介

  • Writer :
  • 藤子留美加

2018年2018年3月3日(土)よりTOHOシネマズほか全国ロードショー中の『プリンシパル 恋する私はヒロインですか?』

いくえみ綾による人気少女漫画『プリンシパル』が遂に待望の実写化!

「好き」がなかなか伝えられえない全ての人に贈りたくなるようなドキドキ恋愛映画『プリンシパル 恋する私はヒロインですか?』のあらすじとキャストをご紹介します。

スポンサーリンク

1.映画『プリンシパル 恋する私はヒロインですか?』の作品概要


(C)2018「プリンシパル」製作委員会


【公開】

2018年(日本映画)

【原作】
いくえみ綾

【監督】
篠原哲雄

【キャスト】
黒島結菜、小瀧望、高杉真宙、川栄李奈、谷村美月、市川知宏、綾野ましろ、石川志織、中村久美、鈴木砂羽、白石美帆、森崎博之

【作品概要】
2010年11月号から連載を開始し累計150万部を突破した、人気漫画家いくえみ綾による少女漫画『プリンシパル』の実写化となった本作。

注目の清純派若手女優の黒島結菜と、若手ジャニーズグループ「ジャニーズWEST」で強い人気を誇る小瀧望をW主演に迎え、主役を囲うキャストを今や映画やドラマに引っ張りだこの俳優、高杉真宙と川栄李奈が務めます。

監督は映画『起終点駅』や2018年4月公開の『ばぁちゃんロード』など、様々なジャンルの映画を数多く手がけてきた篠原哲雄です。

2.黒島結菜のプロフィール

不器用でまっすぐな主人公・住友糸真

黒島結菜(くろしまゆいな)は、1997年3月15日生まれの沖縄県糸満市出身。

2013年公開の映画『ひまわり~沖縄は忘れない あの日の空を~』にて当時16歳でスクリーンデビューを飾り、その後はたて続けに様々な映画やドラマへの出演を重ねていきます。

NTT docomoやカルピス、ブルボンプチシリーズなど多数のCMへも出演しており、本作公開時はまだ20歳という若さでもあることから、今後の活躍が大いに期待される若手女優です。

黒島結菜のフィルモグラフィー

参考映像:映画『ひまわり~沖縄は忘れない あの日の空を~』

『ひまわり〜沖縄は忘れない あの日の空を〜』(2013)
『呪怨-終わりの始まり-』(2014)
『ストロボ・エッジ』(2015)
『あしたになれば。』(2015)主演・佐々木美希 役
『呪怨-ザ・ファイナル-』(2015)
『ストレイヤーズ・クロニクル』(2015)
『at Home アットホーム』(2015)
『流れ星が消えないうちに』(2015)
『オケ老人!』(2016年)
『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』(2016)
『サクラダリセット』前篇後篇(2017)ヒロイン・春埼美空 役
『プリンシパル〜恋する私はヒロインですか?〜』(2018)主演・住友糸真

スポンサーリンク

3.小瀧望のプロフィール

俺様系モテ男子の館林弦

小瀧望(こたきのぞむ)は、1996年7月30日生まれの大阪府出身。

184㎝という高身長とその甘いマスクで、ジャニーズファンのみならず沢山の女性からから人気を集める小瀧望。

彼は2008年7月にジャニーズ事務所に入所後、翌月には「Hey!Say!7WEST」(現7 WEST)というジャニーズグループへの加入が決定するなど早くから活躍が期待されていました。

2014年には現在の所属グループ「ジャニーズWEST」のメンバーに加入し人気は更に高まり、2015年には舞台『MORSE-モールス-』にて単独初主演を果たします。

現在は自身の所属するグループの活動のみならず、ドラマや映画やバラエティ番組の他、雑誌でのモデルも務めるなど様々なメディアでマルチに活躍する、ジャニーズきっての期待の星と言えそうです。

4.高杉真宙のプロフィール

ゆるふわ系モテ男子の桜井和央

高杉真宙(たかすぎまひろ)は、1996年7月4日生まれ。福岡県出身。

自身が小学校6年生のときに女の子に間違われスカウトされたことをきっかけに芸能界デビューを果たしたという、ユニークな経歴をお持ちの高杉真宙。

13歳の頃にはテレビドラマへの出演を果たし、その後も数多くのドラマや映画への出演を重ねその演技力は多くの人びとから評価されています。

参考映像:映画『散歩する侵略者』

2017年公開の、黒沢清監督によるカンヌ出品作品『散歩する侵略者』にて重要な役柄を見事に演じたことが評価され、毎日映画コンクールのスポニチグランプリ新人賞などの映画賞を受賞。

2018年夏に公開される映画『世界でいちばん長い写真』、『虹色デイズ』(2018年7月公開)、『ギャングース』(2018年秋公開)で主演を務めます。

一部メディアでは、注目度No.1若手映画俳優などと取り上げられるほど注目されている俳優の一人です。

スポンサーリンク

5.川栄李奈のプロフィール

小悪魔系キラキラ女子の国重晴歌

川栄李奈(かわえいりな)は、1995年2月12日生まれ。神奈川県出身。

2010年にAKB48第11期研究生オーディションに合格。2012年にAKB48のチームに昇格し、選抜メンバーに選抜されるなどして徐々に人気を高めていった川栄李奈。

その後もAKB48のメンバーとしてテレビやドラマなど活躍の場を広げていった彼女でしたが、2015年には同グループを卒業することになりました。

卒業後は女優としてのキャリアを伸ばしていき様々なドラマや映画に出演。

2017年にはau KDDIのCMに「織姫」役として起用されたことで全国的知名度は更に高まり、女優としてだけではなくタレントとしても多数のテレビ番組に出演しており、老若男女問わず多くの方々から支持される人気女優の一人となりました。

6.映画『プリンシパル 恋する私はヒロインですか?』のあらすじ


(C)2018「プリンシパル」製作委員会

東京の女子高で女子達からハブられてしまい、母親の再婚相手ともうまくいくことができないでいた主人公の住友糸真は、逃げるように実父のいる札幌に引っ越すことになります。

転校後、糸真が学校で出会ったのはクールな俺様系のイケメン弦と、こちらもイケメンのちょっと弱気だけれど優しい和央とキラキラ系女子の晴歌。

実は転校先の学校の女子達の中では、”あの2人はみんなのもの”というルールがあったことを知らなかった糸真は、弦と和央と親しくしていることを気に入らなく思った晴歌の嫉妬により、またしても女子間でのトラブルに巻き込まれてしまいます。

そんな中で繰り広げられていく、4人の中で交差していく「好き」の気持ちの行く末とは・・・。

まとめ


(C)2018「プリンシパル」製作委員会

本作は4人の登場人物の「好き」という気持ちが交差する高校生の甘酸っぱい恋愛を描いた青春映画。

東京から逃げるように北海道へ引っ越ししてきたのにも関わらず、そこでもまた女子からハブにされてしまう主人公糸真に待ち受ける、2人のイケメンの間で繰り広げられる彼女の恋愛の結末とは?

様々な困難を乗り越え、糸真は”プリンシパル”(ヒロイン)になることはできるのでしょうか?

映画『プリンシパル 恋する私はヒロインですか?』は2018年3月3日(土)よりTOHOシネマズ他全国映画館にてロードショー中です。

関連記事

ラブストーリー映画

映画『窮鼠はチーズの夢を見る』ネタバレ解説と結末の内容考察。コミック実写版で描いた大倉忠義×成田凌共演の“男性同士の恋愛”

追い詰められて行き場を失ったネズミ君。 さぁ、本気の恋をしよう。 セクシャリティを超え、恋愛の喜びと切なさを描き出した、水城せとなの人気漫画『窮鼠はチーズの夢を見る』『俎上の鯉は二度跳ねる』を、行定勲 …

ラブストーリー映画

【ダイナー映画ネタバレ】オオバカナコの年齢と過去の秘密とは?ラストのメキシコの祭の意味も解説

2019年7月5日に公開された映画『Diner ダイナー』。 平山夢明の小説『ダイナー』を原作としながら、蜷川実花監督がその色彩感覚で新たな世界を描いた映画『Diner ダイナー』。 本作のヒロインは …

ラブストーリー映画

高倉健映画『夜叉』あらすじネタバレと感想。ラスト結末の考察も【田中裕子のマドンナ役の演技にも注目】

高倉健と田中裕子共演のおすすめ映画『夜叉』 1960~70年代の東映の任侠モノで一世を風靡した高倉健。「午前十時の映画祭8」でデジタル・リマスター版として、健さんが1985年に元ヤクザ役の“夜叉の修治 …

ラブストーリー映画

映画『エマ、愛の罠』ネタバレ感想と考察評価。マリアーナ・ディ・ジローラモ(チリ女優)が演じる美しく情熱的な愛情

美しく情熱的なエマに誰もが魅了されてしまう。そんなエマが仕掛ける“愛の罠” 一人の奔放な女性の愛を描く『エマ、愛の罠』は10月2日から新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷、ヒューマントラスト …

ラブストーリー映画

二階堂ふみ映画『ばるぼら』ネタバレ考察と解説。ラストの原作漫画との違いと小説を“死なせなかった”意味とは?

映画『ばるぼら』は2020年11月20日(金)よりシネマート新宿、渋谷ユーロスペースほかにて全国ロードショー公開! 「漫画の神様」こと漫画家・手塚治虫の数々の代表作の中でも「異色の名作」「映像化は不可 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学