Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

『カイロの紫のバラ』ネタバレ結末あらすじと感想解説の評価。‟映画の眩い輝き”が辛い現実からヒロインを奇跡のラブストーリーへ導く

  • Writer :
  • 谷川裕美子

映画を愛するヒロインの奇跡のおとぎ話

軽妙なセリフ劇が人気の名匠ウッディ・アレンが監督・脚本を手掛けるファンタジック・ラブストーリー。

大恐慌時代のアメリカを舞台に、映画のスクリーンから飛び出してきたスターと恋に落ちるヒロインをコミカルに切なく描きます。

主演は『ハンナとその姉妹』(1986)、『ラジオデイズ』(1987)などアレン監督作品の常連で元パートナーのミア・ファロー。

スクリーンスターのトムと、トムを演じている役者のギルの2役を、『愛と追憶の日々』(1984)のジェフ・ダニエルズが演じます。

不景気にあえぐ町で、失業した暴力夫との生活に疲れていたヒロインのセシリアは、映画の世界に魅了されることで現実の辛さから逃れていました。

そんな彼女の前に、大好きな映画の登場人物・トムがスクリーンから飛び出してきます。

セシリアとトムの夢の逃避行をユーモラスに切なく描くとともに、映画の輝きを思い出させてくれる一作です。

映画『カイロの紫のバラ』の作品情報


(C)1985 ORION PICTURES CORPORATION. All Rights Reserved

【公開】
1986年(アメリカ映画)

【監督・脚本】
ウッディ・アレン

【編集】
スーザン・E・モース

【出演】
ミア・ファロー、ジェフ・ダニエルズ、ダニー・アイエロ、ステファニー・ファロー、アービング・メッツマン、デヴィッド・キーサーマン、カミール・サビオラ、ダイアン・ウィースト

【作品概要】
名匠ウッディ・アレンが監督・脚本を手掛けるおしゃれで小粋なファンタジック・ラブストーリー。

大恐慌時代のニュージャージーに住むヒロインが、スクリーンから飛び出してきたスターと恋に落ちるさまをユーモアとペーソスたっぷりに描きます。

主演は『ハンナとその姉妹』(1986)、『ラジオデイズ』(1987)などほぼすべてのアレン監督作品に出演するミア・ファロー。

スターのトムと、トムを演じる役者のギルの2役を、『愛と追憶の日々』(1984)のジェフ・ダニエルズが演じます。

ダニー・アイエロ、アレン作品常連のダイアン・ウィーストらが共演。

映画『カイロの紫のバラ』のあらすじとネタバレ


(C)1985 ORION PICTURES CORPORATION. All Rights Reserved

1930年代、大恐慌真っただ中にあったニュージャージーで失業中の暴力夫のモンクと暮らすセシリアは、ウェイトレスの仕事で家計を支えていました。

彼女の心の支えは、つらい現実を忘れさせてくれる映画だけでした。映画『カイロの紫のバラ』に魅せられたセシリアは、仕事中も思わず手を止めてしまうほど夢中になります。

ある日、帰宅したセシリアは部屋に夫が女性を引き入れているのを見て、怒って家を出ていきます。なだめようとする夫を振り切って家を飛び出すセシリア。しかし、行くあてなどあるはずもなく、結局自宅に戻ります。

翌日、いつも通り出勤したセシリアは、皿を落として割ってしまいます。これまでにも何度も皿を割ってきたセシリアは、とうとうクビになってしまいました。泣きながら、彼女は『カイロの紫のバラ』を観にいきます。

すると、映画の主人公・トムが突然セシリアに向かって話しかけてきました。そして驚いたことに、スクリーンから飛び出してきます。

トムはセシリアの手をとって映画館を飛び出しました。スクリーンの中の役者たちも映画館の観客たちも、パニックで騒然となります。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには映画『カイロの紫のバラ』ネタバレ・結末の記載がございます。映画『カイロの紫のバラ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)1985 ORION PICTURES CORPORATION. All Rights Reserved

セシリアはトムを閑散とした遊園地へ連れていきました。トムにセシリアは映画に戻るように言いますが、彼は自由を楽しみたいと答えます。セシリアが結婚していると知った後も、トムは彼女に熱い思いを告げました。

トムを失ったスクリーンの中のキャストたちは座ったきりになり、そのことに不平を言った観客たちとケンカになってしまいます。

困り果てた映画館から苦情を受けた映画制作スタッフは、トム役を演じたギル・シェパードを説きふせ、ニュージャージーへと連れていきました。

一方、高級レストランで食事をしたトムとセシリアは、トムの持っていたお金が偽物だったために払えず、あわてて逃げ出します。

誰もいない遊園地で、トムはセシリアにやさしくキスをしました。

翌朝、モンクは、映画館で俳優が女性を連れて逃げたという噂話をセシリアに話します。

現地に着いたギルは、スクリーンの中の役者たちといがみ合った後、偶然セシリアとカフェで遭遇しました。トムと一緒に逃げた女性だと気付いたギルは、今トムがどこにいるか聞き出します。

一方、モンクは、妻が夜に男と遊んでいたことを友人から教えられました。

トムに会いにいったギルは、トムを叱りつけてケンカを始めます。セシリアを愛していると話すトムに、ギルは虚像は虚像のままだと言い放ちました。

映画に戻ることを拒み続けるトムを連れて、セシリアは教会へ行きました。そこにモンクがやって来ます。妻を殴ろうとしたモンクとトムは殴り合いのけんかを始めました。

トムを殴りつける夫を必死で止め、もう一緒に行かないとセシリアは叫びます。夢の住人のトムはまったくダメージを受けておらず、ピンピンしていました。

セシリアは再会したギルに、彼の才能をほめたたえます。ギルは大喜びし、純粋な彼女を愛するようになっていきました。

ひとり遊園地に残されていたトムは、見知らぬ女性・エマに話しかけられます。商売女だという彼女の仕事が何なのかわからないまま、トムは彼女についていきました。娼婦たちから誘惑されても、彼は愛する人がいるからといって断り、エマをすっかり感動させます。

楽器店に立ち寄り、楽しく即興演奏するセシリアとギル。ギルはそっとセシリアにキスします。うろたえながら、セシリアはトムに会いに行きました。

お金がなくても食事をする方法があると言い、トムはセシリアを連れてスクリーンの中に戻ります。中の役者たちに迎えられ、映画のなかで食事を楽しむセシリアたち。しかし、ストーリーのなかでトムと結婚するはずだったキティは、セシリアを見て失神してしまいます。

セシリアたちはその後も映画の中でデートをして回りました。熱いキスを交わすふたりに、スクリーンを外から見ていたギルが声をかけ、セシリアを忘れられないと話します。

セシリアをめぐってケンカをするギルとトム。ギルはセシリアに駆け落ちを申し込みました。セシリアはギルを選び、夢の世界にいるトムにお礼を言って別れを告げます。

トムは彼女の思いを受け止め、スクリーンの仲間のもとへと帰って行きました。

セシリアは自宅に戻って荷造りを始め、夫にこれまでの不平をぶつけます。殴ろうとする夫にもひるまず、愛する人とハリウッドに行くと告げ、セシリアは家を出ていきました。

しかし、セシリアが映画館に着くと、ギルは彼女を置いて去った後でした。

傷心の彼女は大荷物を抱えて、映画館の席に着きます。しかしセシリアはスクリーンの中の華やかなダンスシーンにいつの間にか心奪われ、微笑みを浮かべていました。

映画『カイロの紫のバラ』の感想と評価


(C)1985 ORION PICTURES CORPORATION. All Rights Reserved

アレン監督ならではの小粋なファンタジー

不景気にあえぐ大恐慌時代のニュージャージーで失業苦の夫と暮らすヒロイン・セシリアが、愛する映画の魔法にかかり、夢のように美しい恋に落ちるラブストーリーです。温かみある映画館で彼女が見つめていたのは、華麗な世界を映し出すモノクロ映画でした

金をせびり、いうことを聞かないと殴るひどい夫・モンク。ケンカして飛び出したところで、セシリアには行くあてなどどこにもありません。家計を支えるためにウェイトレスの仕事を頑張ろうとするものの、夢見がちの彼女はミスを繰り返し、とうとうクビになっていまいます。

行き場を失った彼女が落ち着ける先は映画館だけでした。現実逃避したいセシリアは、どっぷりと映画の魅力にはまっていきます

そんな彼女が、5回目に『カイロの紫のバラ』を観ていたとき、突然スクリーンからトムが飛び出してきます。彼女は驚きながらも、嬉しい気持ちを隠しきれず手をとって逃げ出しました。映画ファンなら誰しもセシリアの奇跡を羨まずにはいられない名シーンです

このトムが本当に優しくて、とてもおしゃべりな男性なのです。アレン監督ならではの早口のセリフ劇が最高に楽しい展開となっています

トムが飛び出していなくなってから、スクリーンの中の役者たちはまったくやる気がなくなり、座り込んだままになってしまいます。それを観ていた観客が本気で怒りだし、スクリーンの中と外で大ゲンカになってしまうのがおかしくてたまりません。威厳ある高貴な夫人役が一般人の観客を叱りつけるなど、思わず笑ってしまうユーモラスなシーンが続きます。

そんななか、トムを演じていた役者のギルが加わったことで、ますますややこしい状況に陥ります。彼もまた純粋な心で自分を手放しでほめてくれるセシリアに夢中になっていきました。

訪れた楽器店で即興音楽を奏で、心を通わせるようになっていくセシリアとギル。心地よく、生きる楽しさに満ちた素敵なシーンです。

トムとギルのふたりから愛されたセシリアでしたが、やがてすべての愛に見放されてしまうほろ苦い結末を迎えます。終わりがきちんと訪れるおとぎ話だからこそ、永遠に輝き続けることができるのでしょう

そのことをよく知るアレン監督ならではの、味わい深いエンディングとなっています。

セシリアが教えてくれる映画の輝き


(C)1985 ORION PICTURES CORPORATION. All Rights Reserved

本作は男女の恋愛を描く物語ではありますが、ヒロインの持つ映画への何よりも深い愛を確かめる作品でもあります。

失業中の夫・モンクは、気に入らないことがあるとすぐに手を上げる暴力男です。最低ではありますが、彼は彼なりにセシリアを愛していました。彼女は彼を嫌っているわけではないものの、到底幸せとはいえません。

そんなセシリアの前に、スクリーンの中の憧れの存在だったトムが現れます。夢の世界の人間であるトムは偽札しか持っておらず、殴られてもまったくダメージを受けません。そんな妖精のような彼は、ほかの女の色香にまったく惑わされることなく、セシリアへの愛を貫きます。

一方、途中から現れたギルもまた、純粋なセシリアに心を奪われ駆け落ちを申し込みます。現実の世界で幸せに生きたいセシリアは、生身の男性であるギルを選びました。

しかし、残念ながら生身の男は裏切ります。現実的な幸せを求めたセシリアがトムではなくギルを選んだのと同様、トムがスクリーンに戻って夢から覚めたギルは、セシリアを置いてハリウッドに帰ってしまいました。

トムならば決してセシリアを裏切ったりはしなかったことでしょう。しかし悲しいことに、愛さえあれば幸せになれるというものではありません。ギルがいてもいなくても、結局セシリアがトムを選べなかっただろうことを思うと、純粋な愛だけで満たされない現実に悲しみを覚えずにはいられません

夢のような恋に破れてしまったセシリアでしたが、映画館の席についてスクリーンを見た途端に、生気を取り戻します

みるみる輝き出すセシリアの表情を通して映画が持つ偉大な力が映し出され、大きな感動に包まれる素晴らしいラストシーンとなっています。

まとめ


(C)1985 ORION PICTURES CORPORATION. All Rights Reserved

大不況のなかで芽生えた純粋なロマンスを、美しく切なく軽やかに描く秀作『カイロの紫のバラ』。暴力をふるう夫との生活に苦悩し、いつも頼りなさげだったヒロイン・セシリアが、スターとの夢のような出会いを通して逞しく成長していきます。

彼女をいつも支え、心に光を与えてくれていたのは、映画の中の美しい世界でした。多くの人たちの情熱と努力によって創り上げられた想像の世界が、どれほど人々の心を温め癒してくれるものかを、改めて実感させてくれる作品です

一瞬の恋の輝き。それが指からすり抜けたときの途方もない悲しさ。それでも、セシリアは経験しなければよかったなどとは決して思わなかったことでしょう。彼女はまさに映画のような恋を味わうことができたのですから。

素晴らしい恋とは甘さと苦さがあってこそ。映画のワンシーンを思いだすかのように、セシリアはこれからもずっと美しかった時間を思い起こすことでしょう。

彼女が大事に思い出すその相手は、彼女が最後に選んだはずのギルではなく、夢の住人のトムだったに違いありません





関連記事

ラブストーリー映画

映画『婚約者の友人』あらすじネタバレ感想とラスト結末の解説評価。フランソワ・オゾン監督がモノクロとカラーを織り交ぜて描くミステリー作品

『8人の女たち』などで知られたのフランソワ・オゾン監督のミステリー映画『婚約者の友人』。 第1次世界大戦後のドイツ。婚約者を戦争で亡くしたアンナの前に現れた青年は何者なのか? 真相が明かされた時、新た …

ラブストーリー映画

映画『猿楽町で会いましょう』ネタバレあらすじと結末の内容解説。恋愛ラブストーリーを嘘だけのヒロインと駆け出しカメラマンを通して“都会の愛と欲望”を描く

石川瑠華が嘘だらけのヒロインを演じ、金子大地が駆け出しのカメラマンを演じた映画『猿楽町で会いましょう』 児山隆監督の初長編作となった本作は、次代を担うクリエイターの発掘・育成を目指して、まだこの世に存 …

ラブストーリー映画

高倉健映画『夜叉』あらすじネタバレと感想。ラスト結末の考察も【田中裕子のマドンナ役の演技にも注目】

高倉健と田中裕子共演のおすすめ映画『夜叉』 1960~70年代の東映の任侠モノで一世を風靡した高倉健。「午前十時の映画祭8」でデジタル・リマスター版として、健さんが1985年に元ヤクザ役の“夜叉の修治 …

ラブストーリー映画

となりの怪物くん映画撮影ロケ地とエキストラ情報!キャスト評価も

『青空エール』『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』『orange -オレンジ-』など、大ヒット青春映画を公開してきた東宝が、新たな青春映画を作ることに! 主演は若手人気の菅田将暉と土屋太鳳のダブル主 …

ラブストーリー映画

【ネタバレ解説考察】ラーゲリより愛を込めて|結末/ラストシーン/最後で犬クロの実話と“脚色”×遺書の配達人が“4人”に変わった理由を探る

映画版のオリジナル描写に込められた 史実に対する「わずかながらの心の救い」とは? 辺見じゅんのノンフィクション小説を原作に、第二世界大戦後にシベリアの強制収容所(ラーゲリ)に抑留された実在の日本人捕虜 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学