Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2023/01/28
Update

映画『ラジオデイズ』ネタバレ結末あらすじと感想評価。ウディアレン代表作にミア・ファローとダイアン・キートンが集結!懐かしく美しき日々と“戦争の愚かさ”

  • Writer :
  • 谷川裕美子

何気ない日々の貴さを歌い上げる名作

アニー・ホール』(1978)で知られる名匠ウディ・アレンによるノスタルジックなコメディ映画。

第二次世界大戦開始直後のアメリカに暮らす少年・ジョーの目を通して描かれる、アレン監督自身の自伝的作品です。大人になったジョーによるナレーションを、監督自身が務めています。

顔を揃えるのは、ミア・ファロー、ダイアン・キートンらアレン作品の常連たち。珠玉のコメディを紡ぎます。

何気ない日々がどれほど美しく素晴らしいものなのかを歌い上げる人間讃歌です。愚かだからこそ愛おしい人々の姿が、愛情たっぷりに映し出されます。

いつまでも観ていたくなる最高の一作です。その魅力についてご紹介します。

映画『ラジオ・デイズ』の作品情報


RADIO DAYS(C)1987 ORION PICTURES CORPORATION.. All Rights Reserved

【公開】
1987年(アメリカ映画)

【監督・脚本】
ウディ・アレン

【編集】
スーザン・E・エース

【出演】
ミア・ファロー、セス・グリーン、ジュリー・カブナー、ジョシュ・モステル、マイケル・タッカー、ダイアン・ウィースト、ダイアン・キートン

【作品概要】
アニー・ホール』(1978)、『ハンナとその姉妹』(1987)で知られる名匠ウディ・アレンによる人間讃歌。

自身の少年期の思い出を散りばめた、郷愁感あふれる珠玉のコメディ映画です。

第二次大戦開始直後のニューヨークに住む平凡な一家の思い出が、当時娯楽の中心にあったラジオにまつわるエピソードを通して美しく描かれます。

アレン作品の常連であるミア・ファロー、ダイアン・キートンらが出演。

映画『ラジオ・デイズ』のあらすじとネタバレ


RADIO DAYS(C)1987 ORION PICTURES CORPORATION.. All Rights Reserved

ある晩、ある夫婦の家にふたりの泥棒が入りました。そのうちのひとりが、物色している最中にかかってきた電話に思わず出てしまいます。それはラジオ番組からの電話でした。「曲当てクイズ」に参加することになったふたりは、全問正解して豪華賞品を獲得します。

泥棒による被害額は50ドルでしたが、翌日山ほどの豪華賞品が自宅に届いて夫婦は驚きました。

1940年代にニューヨーク郊外の海辺の街で暮らしていた少年ジョーの家では、いつもラジオがかけっぱなしにされていました。

いつもくだらない議論をしている両親、魚を友人からよくもらってくる叔父のエイブ、その生臭さにうんざりしている叔母のシール、隣家の電話を盗み聞きするのが趣味のその娘・ルーシー、祖父母という大家族と暮らすジョーは、家族たちと同じくラジオに夢中でした。

ラジオから流れる音楽やドラマをバックに繰り広げられるさまざまな人間模様を、ジョーは見つめて育ちました。

ラジオドラマ「覆面の騎士」の秘密指輪が欲しくてたまらないジョーは、学校で献金したなかから少しくすねて指輪を買い、教師と両親から叱られます。

ビーおばさんはマヌリス氏と楽しくデートした帰り、霧の中で車がガス欠で止まってしまいます。そのときラジオから、火星人が侵略したため非常事態宣言が出たという言葉が聞こえてきて、マヌリス氏はビーを残して逃げてしまいます。10キロも歩かされることになったビーは、その後彼に火星人と結婚したのでもう会えないと言いました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには映画『ラジオ・デイズ』ネタバレ・結末の記載がございます。映画『ラジオ・デイズ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


RADIO DAYS(C)1987 ORION PICTURES CORPORATION.. All Rights Reserved

ラジオに出ている者たちにも悲喜こもごもがありました。ラジオスターのロジャーはタバコ売りの若い娘・サリーと屋上で密会中、ドアが自動ロックされてパーティー会場に戻れなくなります。伝説ではそこに雷が落ちて彼が一ヵ月休んだとか、妻も同じ目的で屋上に別の男とやってきて蜂合わせたとか。

ユダヤ教徒のジョー一家が断食中、ラジオをかけている隣家にエイブは苦情を言いにいきます。しかし、彼から諭されたエイブは隣家の思想に染まり、たっぷりごちそうになって帰宅しました。

曲を聞くたびに、ジョーの胸には当時の思い出が蘇ります。一番の思い出は、ビーおばさんとそのボーイフレンドと映画館にいったときの素晴らしい体験でした。

一方、サリーは殺人現場を目撃してしまい犯人に連れ去られますが、同郷だったことから気に入られラジオの仕事を与えられます。しかし、録音の最中に真珠湾攻撃のニュースが知らされ、スタジオは騒然となりました。突然戦争に突入したアメリカで、サリーは米軍のために歌うようになります。

ジョーは鉄屑集めをするようになり、ラジオも日本とドイツを悪者とするドラマに変わりました。戦闘機を見つけようと双眼鏡を覗いていた少年たちは、偶然裸の女性のいる部屋をみつけて双眼鏡を奪い合います。その後、そのグラマラスな女性が、病気の担任の代理教員として現れて少年たちは大興奮します。

海を見ながら物思いにふけっていたジョーは、ナチスの潜水艦を目撃しましたが、誰にも話しませんでした。

恋するたびに男の欠点を見てしまうビーは、いまだに独身のまま。妊娠中のジョーの母は、妹に現実に妥協する大切さを話します。ビーは恋する相手が、今も失ったフィアンセ男性を思っていることを知ります。

サリーは下剤のコマーシャルソングを歌ってクビになり、発声法を学んでから人生が変わります。なまりを克服し、洗練された彼女はスターとなりました。

修繕に出していたラジオをとりに行ったジョーがタクシーを止めると、運転していたのは父でした。ジョーは初めて父の仕事を知ります。

その後、母が妹を出産。ジョーはビーとその不倫相手とラジオ・ショーに行き、最高に楽しい一日を過ごします。ダンスしながら男は来週離婚するとビーに話します。しかし、彼が妻と別れることはなく、ビーはまた別の愛を探すことになりました。

ある日、いたずらをしたジョーを捕まえ、厳しく尻を叩く父。しかし、ラジオで8歳の少女が井戸に落ちたニュースを聞いて叩く手を止め、息子の頭をなでました。救出状況を伝えるラジオに、息をつめて耳を傾ける人々。やがて悲しい結果が伝えられ、人々は深い悲しみに沈みます。父は泣きながら息子を抱きしめ、母はずっとふたりをなでていました。

1944年を迎えようとする大晦日のパーティー。その様子をラジオで聞きながら、自宅で祝うジョーの家族たち。ステージではサリーが美しい歌声を聞かせています。

サリーは街の景色が素晴らしいと言って、パーティーに参加した人々を屋上へと誘いました。様々な思いに包まれる大勢の人たち。やがてカウントダウンが始まり、新たな年が明けました。人々は笑顔で祝い合います。

ジョーの母は赤子を抱きながら未来が怖いと話し、父は彼女をなだめました。ビーが眠っていたジョーを起こし、家族みんなで新年を抱き合って祝います。

屋上に雪が降り始め、人々は一斉にパーティー会場へと戻っていきました。静かになった屋上に雪が降り積もります。

ジョーにとって忘れられない新年になりました。あの人たちも、ラジオの懐かしい声も忘れません。しかし、時とともにその声は次第に薄れていきました。

映画『ラジオ・デイズ』の感想と評価


RADIO DAYS(C)1987 ORION PICTURES CORPORATION.. All Rights Reserved

美しき日々を打ち壊す愚かしい戦争

ラジオが一番の娯楽だった時代の古き良きアメリカを描く珠玉のコメディです。「今でもいくつかの歌は聞いた瞬間、鮮やかに思い出が蘇ります」という主人公・ジョーの言葉が、この作品のすべてを表しています。

甘さも苦さもすべて含めて、人間の何気ない暮らしがどれだけ美しいものなのかを丁寧に綴る一作です。なぜこんなに楽しいのかと不思議になるほど、観るほどに心が美しいもので満たされていきます。

本当に豊かな生活とは、愛に満ちた時間を生きることだと教えられる作品です。

ラジオ音楽をバックに、愛すべき人たちの温かな日々が綴られます。

隣家の電話の盗み聞きが趣味の従姉。結婚に憧れ続ける夢見がちなビーおばさん。歌い踊る娘のルーシーを見て、声を合わせて歌う父と叔父。

結婚記念日にプレゼントを贈られた母は父を抱きしめ、少年は両親のキスを見られる唯一の素晴らしい日を胸に刻みます。

何気ない一日一日に宿る、心を満たす小さく光り輝く幸せ。しかし、戦争という恐ろしい影が忍び寄ります。

1944年の新年を迎えた日のことをジョーが「今でも忘れない」と言っているのは、その後、それらの小さな幸福に満たされた生活が激変したからにほかなりません。

井戸に落ちた少女の無事を祈り、息を詰めてラジオの実況を聞いていた心優しき人たちも、その翌年である1944年からは自分の命を守るだけで精一杯だったことでしょう。

果たしてジョーの一家は全員無事でいられたのか、家は残ったのか、などについてはなにも語られません。しかし、戦争以前と以降では、世界が一変してしまったのは確かです。

この美しい物語は、人の世の素晴らしいものすべてを壊す戦争というものの愚かさと残酷さを、色濃く浮かび上がらせています。

アレン監督ならではの秀逸なコメディセンス


RADIO DAYS(C)1987 ORION PICTURES CORPORATION.. All Rights Reserved

本作では市井の人々の姿が愛情たっぷりに、クスリと笑える小ネタ満載で描かれます。ウディ・アレンならではの軽妙で秀逸なコメディシーンは最高です。

ジョーの祖母は毎朝夫にコルセットを締めてもらっています。重量級の豊満な体つきなので、なんと30分もかかるのです。対照的にやせっぽちな夫は、ぶつぶつ文句を言いながらも毎日付き合います。笑ってしまいながらも、なんて素敵な夫婦なのかと感嘆せずにはいられません。

「スポーツ美談」という番組では、腕を失った後に脚も失い、果ては失明しながらも試合に出場する野球選手が紹介されます。もうコメディを越えて、コントのワンシーンかのようです。

ラジオから流れる美声の歌声を聞いた少女たちがもだえるシーンは秀逸です。丸椅子に座ったお尻と足下が揺れる映像だけで、彼女たちがどれだけ心酔しているのかが手に取るように伝わってきます。

一番のコメディエンヌは、ラジオスターと不倫していたタバコ売りのサリーです。キンキン声でおバカな言動を繰り返す彼女は、マフィアの殺人現場を目撃したり、下剤コマーシャルの仕事をクビになったりと大忙し。演技派のミア・ファローが扮して笑わせてくれます

しかしそんなサリーは紆余曲折の末に、発声を直したことをきっかけに洗練され、大スターとなっていきます。まるで戦争に間に合わせたかのように。

笑いと涙の真骨頂は、伝えられた井戸に落ちた少女の救出状況を伝えるラジオニュースが流れるシーンです。科学実験と称して母の一張羅のコートを紫に染めてしまったジョーを父親が家中追いかけまわし、捕まえてお尻を折檻します。そのドタバタ劇が笑いを誘うなか、前出のニュースが流れてくるのです。

父は手を止めて息子の頭をなで始めます。全米の人々が息を詰めてニュースに聞き入り、少女が亡くなったと聞いて嘆き悲しみます。父親もまた、ジョーを抱きしめて涙をこぼすのです。少女を悼み、その家族の悲しみを思い、我が子を抱きしめ涙する両親の姿は強い印象を残します。

ひとりの見知らぬ少女の命をこれほど大事に思う人々が、なぜ何千もの人たちの命を奪う戦争をおこなわねばならないのか。考えるほどに悔しく情けない思いにかられずにはいられません

まとめ


RADIO DAYS(C)1987 ORION PICTURES CORPORATION.. All Rights Reserved

涙と笑いに満ちた人々のごく平凡な毎日を、温かな視線でコミカルに映し出す名作『ラジオ・デイズ』。たまらなく幸せな気持ちになる作品です。

経験したわけではないのに、よく知っているかのような郷愁感。それは、たとえ時代が変わっても、すべての人たちの幼年時代の思い出と重なるものが感じられるからではないでしょうか。

今より大きく感じた生まれ育った町や、初めていった映画館での感動、大人の人間模様を傍らで見つめていたことなどを、ジョーを通して思い出した方もきっと多いことでしょう。

日本には戦争を経験したことがない世代がほとんどを占めますが、すぐ近くで今尚戦火に遭い苦しんでいる人たちが大勢いることを、私たちは皆知っています。

美しい日々の素晴らしさを実感するほどに、それらを破壊してすべてを奪う恐ろしい争いが、一日も早くなくなることを願わずにはいられません。





関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『二コトコ島』『石と歌とペタ』あらすじとキャスト!感想レビューも

ユーモラス、かつソリッド!しりあがり寿、岡田利規ら各方面の表現者たちから絶賛をされる唯一無二の映像ワールド。 知られざる奇才といわれる大力拓哉と三浦崇志コンビ監督の代表作である、映画『二コトコ島』&『 …

ヒューマンドラマ映画

花戦さキャストとあらすじ!原作はある?舞台挨拶や試写会情報も

その花僧、大胆不敵なり! 花の力で世直しに挑んだ男の痛快時代劇エンターテインメント『花戦さ』をご紹介します。 CONTENTS映画『花戦さ』の作品情報映画『花戦さ』のキャスト一覧池坊 専好 / 野村萬 …

ヒューマンドラマ映画

映画『マイ・サンシャイン』あらすじネタバレと感想。ハル・ベリー&ダニエル・クレイグ出演作のタイトルに込められた意味とは

映画『マイ・サンシャイン』は、アメリカ史に刻まれるLA暴動の最中にある、市井に住む普通の家族の生活を描きます。 「007」シリーズでボンドガールを務めたハル・ベリーと、ジェームズ・ボンド役で知られるダ …

ヒューマンドラマ映画

映画『脱脱脱脱17』あらすじとキャスト!松本花奈監督の評価は?

『鈴木先生』の入江沙季役や『恋につきもの「いばらのばら」のいばら役などで知られる女優・松本花奈。 彼女が監督を務め才能を発揮した『脱脱脱脱17』は、MOOSIC LAB 2016で準グランプリなど4部 …

ヒューマンドラマ映画

『パパはわるものチャンピオン』ネタバレ感想。プロレスラー棚橋弘至ファン目線で解説

怪我のため、トップから転落し悪役に転身したレスラーと、その家族の物語を描いた映画『パパはわるものチャンピオン』。 家族をテーマにした作品ですが、1人のレスラーの生き様を描いた映画として、非常に見応えの …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学