Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2020/10/03
Update

『小説の神様』映画キャスト莉子は千谷雛子役を演技力で魅せる!リコリコのすっぴんな可愛さにも注目

  • Writer :
  • 石井夏子

映画『小説の神様 君としか描けない物語』は2020年10月2日(金)より全国ロードショー。

2020年版「このミステリーがすごい!」「本格ミステリ・ベスト10」「2019ベストブック」の3冠を受賞し、さらに本屋大賞にノミネートされた気鋭作家・相沢沙呼による小説『小説の神様』。

小説『小説の神様』を、「HiGH&LOW」シリーズを手掛ける久保茂昭監督が、佐藤大樹と橋本環奈を主演に映画化したのが『小説の神様 君としか描けない物語』です。

本作でキラリと輝いていたのが、主役の一也(佐藤大樹)の妹・雛子を演じた莉子。

長編映画初出演ながらも、その愛らしさとピュアな空気感で、作品に爽やかなスパイスを効かせていました。

映画『小説の神様 君としか描けない物語』の作品情報


(C)2020映画「小説の神様」製作委員会

【日本公開】
2020年(日本映画)

【原作】
相沢沙呼『小説の神様』(講談社タイガ刊)

【監督】
久保茂昭

【キャスト】
佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS)、橋本環奈、佐藤流司、柴田杏花、莉子、坂口涼太郎、山本未來、片岡愛之助、和久井映見

【作品概要】
相沢沙呼による小説『小説の神様』を、佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS)と橋本環奈のダブル主演で映画化。

監督は「HiGH&LOW」シリーズの久保茂昭が務めました。

映画『小説の神様 君としか描けない物語』のあらすじ


(C)2020映画「小説の神様」製作委員会

高校2年生でありながらプロの小説家である千谷一也は、学校では小説家「千谷一夜」だということを隠して、ひっそりと暮らしています。

学校で彼の正体を知っているのは、親友の九ノ里だけ。

一也は小説家としてはスランプ状態で、中学でデビューして以降は本も売れず、ネットでも酷評されて自信を失っていました。

ですが、彼には書かなければならない理由があります。

幼少の頃、彼の父は小説家として活動していました。ですが、いくら書いても売れず、母が働いて家計を支えていました。

そんな父でしたが心臓病で亡くなり、妹の雛子も心臓病で入院。少しでも母と雛子の助けになりたいと考えた一也には、売れる小説を書く必要があったんです。

ある日、文芸部に所属する彼は、部長の九ノ里の頼みで、同じクラスの転校生・小余綾詩凪を文芸部に勧誘することに。

ですが、声のかけ方が分からず、「小説は好きですか?」と聞いてしまい、恥ずかしさのあまり教室を駆け出してしまいました。

一也は、妹の雛子のお見舞い前に立ち寄った本屋で、同じく高校生小説家「不動詩凪」の平積みされた文庫本を目にします。自分の小説はひとつも置いていません。「不動詩凪」が大好きだという雛子に、彼女の本を買ってプレゼントします。

廃部寸前の文芸部に、入部希望の1年生・成瀬が訪れます。たまたま一也が「千谷一夜」だと知ってしまった成瀬は、一也の小説の大ファンでした。

小説への熱い思いを吐露する成瀬に、自信のなさと苛立ちから当たってしまう一也。

そこへ訪れた詩凪が、一也の頬をはたき、「信じてないの?小説の神様を」と問いかけます。

後日、担当編集者の河埜に呼び出された一也は、「不動詩凪」との共作を提案されます。「不動詩凪」は構想を文章にしてくれる作家を探していて、確かな文章力を持った一也となら良いコンビになると考えたんです。

逡巡する一也でしたが、「話題性があるから売れる」という河埜の言葉を受け快諾。姿を現した「不動詩凪」の正体は、小余綾詩凪でした。

詩凪の口から新作の構想を聞いた一也の世界は一変。豊かなイメージに満たされます。

その日から、彼らふたりの執筆作業が始まりました。しかし、売れることだけを考えた一也の文章はとても陳腐で、詩凪は激昂。

なぜそんなに売れたいのかという理由をわかってもらおうと、一也は詩凪を妹の雛子の病室へ案内します。「不動詩凪」の文庫本にサインをねだる雛子に、詩凪は黙って微笑み…。

制約すら逆手にとった莉子の表現力に注目

(C)2020映画「小説の神様」製作委員会

莉子が演じたのは、主人公・千谷一也の妹、雛子。心臓に持病があり、入院しているため、彼女の登場シーンは病室のみ。

しかも、ベッドで横になったまま、動き回ることもありません。父も心臓病で亡くなっているという背景から、遺伝性の強い「肥大型心筋症」であると考えられ、そのため、運動などは禁止されているのでしょう。

そんな制約がある難役を、莉子は軽やかに演じ切りました。

見舞いに来た兄に浴びせる、愛情の裏返しの憎まれ口。詩凪に出会った時のはにかみと喜び。母親役の和久井映見との自然な親子感。

そして、突き抜けた明るさの中に見え隠れする陰の部分が、雛子という役に説得力を持たせていました。

とても長編映画での演技が初めてとは思えない、ナチュラルな佇まいの莉子。その裏には、役への貪欲なまでのアプローチがありました。

久保茂昭監督のアドバイスもあり、雛子になり切るために、台本では描かれていない彼女の設定を1から考え、書きだしたそうです。

病気の資料を読み込み、好きなものや嫌いなものは何かという細かいところまで「雛子だったら」と置き換えて考えていきました。

その雛子の設定や経歴を、共演者の演技に乗せて行ったという莉子。

彼女の地道な努力が、スクリーンで花開いていました。

雛子役を演じた莉子とは?

参考:莉子の公式Instagram

この投稿をInstagramで見る

可愛いシャツで女の子な日~こんな日もあるんだよ~👶🏻

莉子(@riko_riko1204)がシェアした投稿 –

雛子役を演じた莉子は、“リコリコ”の愛称で親しまれている、雑誌「Popteen」の専属モデルです。

2002年12月4日生まれ、神奈川県出身。特技はゴルフで、ハイスコアは90とのこと。

2014年6月、素人ながらフリーモデルとしてANAP GiRLに抜擢されてモデル業をスタート。

Zipperオーディションにて中学生に贈られる特別賞“ジュニアブロック賞”受賞をきっかけに事務所に所属しました。

2018年に、動画ソーシャルアプリ「TikTok」で注目を集め、高校3年生では最多の総フォロワー数250万人超えに。

2018年11月号より雑誌「Popteen」専属モデルを務めており、同年、WEBドラマ『とけないで、サマー』で女優デビューを果たします。

2019年には『パラレルスクールDAYS』など数々のドラマに立て続けに出演し、本作で長編映画初出演を飾りました。

SNSで培ってきた「魅せ方」と、モデル業で養ってきた「身のこなし」が、動けない莉子に躍動感を与えています。

また、普段は華やかなメイクが印象的な莉子が、雛子を演じるにあたって、すっぴん風メイクで素朴な愛らしさを見せているのにも注目です。

まとめ

参考:莉子のTwitter

若手キャストがメインとなり、みずみずしい青春ストーリーが繰り広げられる本作。

その中でも、雛子役を演じた莉子が、動けないのに躍動感溢れる演技で観客を魅了します。

特に、大ファンである「不動詩凪」と出会った瞬間の表情をお見逃しなく。

佐藤大樹演じる一也への「お兄ちゃん」呼びの愛らしさも必聴です。

映画『小説の神様 君としか描けない物語』は2020年10月2日(金)より全国ロードショー





関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『沈黙サイレンス』あらすじネタバレ感想とラスト結末の評価解説【マーティンスコセッシ代表作は信仰の意味を現代に問う】

遠藤周作の小説『沈黙』を『ディパーテッド』『タクシードライバー』のマーティン・スコセッシ監督が映画化。 マーティン・スコセッシ監督が1988年に原作を読んで以来、28年をかけて念願の映画『沈黙-サイレ …

ヒューマンドラマ映画

映画『ラスト・ムービースター』ネタバレ感想とレビュー評価。バート・レイノルズが最後の輝きを見せた珠玉の佳作

稀代の映画スター最後の主演作は、映画愛に満ちた泣ける作品! 2018年9月6日、惜しまれつつ他界したハリウッドスター、バート・レイノルズ。 それからちょうど1年。現在最も多くの傑作・問題作を放つと話題 …

ヒューマンドラマ映画

『川っぺりムコリッタ』ネタバレ結末あらすじと感想評価の解説。映画タイトルの意味に隠された仏教用語は“ささやかな幸せ”

北陸の小さな街を舞台に、青年が掴む再生のキッカケ 孤独な青年が、新たな生活を始める事になった、名も無き北陸の小さな街。 さまざまな過去を持つ人々が「ささやかな幸せ」をテーマに繰り広げる、人間ドラマを描 …

ヒューマンドラマ映画

映画『蜘蛛の巣を払う女』日本劇場公開は2019年!ドラゴンタトゥーの女の続編とは⁈

ミレニアムシリーズ第1作目の『ドラゴン タトゥーの女』の続編となる、映画『蜘蛛の巣を払う女』が2019年に公開されます。 ドラゴンのタトゥーを入れた天才ハッカーのリスベットが、前作でタッグを組んだジャ …

ヒューマンドラマ映画

グッドウィルハンティング|動画配信の無料視聴とネタバレあらすじ。結末感想の紹介も

『サバービコン』の主演マット・デイモンが自ら脚本を書き、天才でありながらも恵まれない過去を持つ繊細な青年ウィル役も演じています。 最愛の妻を亡くし、生きる希望を失ってしまった精神分析医ショーンを熱演す …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学