Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『藍に響け』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。キャストの久保田紗友と紺野彩夏が和太鼓に打ち込む!

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

紺野彩夏、久保田紗友W主演。人とうまくつながれない少女たちが和太鼓を通してつながる映画『藍に響け』

すたひろ原作の漫画『和太鼓†ガールズ』を実写映画化。

誰にも言えない思いを抱えた環と、言葉を発することができないマリア。
人とうまくつながれない少女たちが和太鼓の“音”でつながり、心を通わせていく青春映画!

環役にはSeventeen専属モデルを卒業、現在はnon-no専属モデルとして活躍し、ドラマ『仮面ライダージオウ』(2019)にも出演した紺野彩夏。マリア役にはNHK連続テレビ小説『べっぴんさん』(2016年)、ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(2021)の久保田紗友。

映画『ちはやふる』(2016・2018)や『スウィング・ガールズ』(2004)などに続く新たな文化系青春映画が誕生!

スポンサーリンク

映画『藍に響け』の作品情報


(C)すたひろ/双葉社 (C)2021「藍に響け」製作委員会

【公開】
2021年(日本映画)

【原作】
すたひろ『和太鼓†ガールズ』(双葉社刊)

【監督】
奥秋泰男

【脚本】
加藤綾子

【キャスト】
紺野彩夏、久保田紗友、永瀬莉子、板垣瑞生、小西桜子、山之内すず、茅島みずき、吉田凜音、川津明日香、山本亜依、カトウシンスケ、濱田マリ、須藤理彩、筒井真理子、吹越満

【作品概要】
監督を務めるのは映画『かぐらめ』(2015)で長編映画デビューを果たした奥秋泰男。

環役には本作が映画初主演となる紺野彩夏。2016年から2020年までSeventeen専属モデルを務め、2021年よりnon-no専属モデルとして活躍しているほか、『仮面ライダージオウ』(2019)、『ミスミソウ』(2017)などに出演。マリア役には『ハローグッバイ』(2017)で初主演を務め、映画『サヨナラまでの30分』(2020)、ドラマ『M 愛すべき人がいて』(2020)の久保田紗友が務めました。

共演者には、『ホットギミック ガールミーツボーイ』(2019)、『初恋ロスタイム』(2019)の板垣瑞生、配信ドラマ『17.3 about a sex』(2020)の永瀬莉子、更に演技に初挑戦した山之内すずなど期待の若手が顔を揃えています。

また高校生らを見守る大人達をに濱田マリ、筒井真理子、須藤理彩、吹越満らが演じ、脇を固めます。

映画『藍に響け』のあらすじとネタバレ


(C)すたひろ/双葉社 (C)2021「藍に響け」製作委員会

ミッション系のお嬢様学校に通う松沢環(紺野彩夏)は幼馴染の佐伯美鈴(小西桜子)や友人と学校生活を送っていました。

しかし、父親の会社が倒産し、引っ越すことになり、習っていたバレエを辞めることになります。行き場のない思いを抱えながらも、誰にも言えず、母親に内緒で隠れるようにスーパーでバイトをし始めますが、気づかれてしまいます。

バレエも辞めることになり、母親に気を使ってアルバイトを始めた環に申し訳ない気持ちを感じている母親でしたが、環は自分の気持ちをうまく伝えられず、「大丈夫だから」と言葉を飲み込んでしまいます。

ある日学校から帰ろうとしていた環は、太鼓の鼓動を感じその音に吸い寄せられるように扉を開けると、そこで太鼓を叩いていたのは新島マリア(久保田紗友)でした。声帯損傷で声が出せないマリアでしたが、明るい表情で環に太鼓のバチを差し出して叩くよう促します。

そこへ部長の江森寿(永瀬莉子)をはじめ太鼓部の部員達が入ってきました。環は動揺したままその場をあとにしました。

翌日環の元にマリアは錦戸亜莉栖(山之内すず)、道長神乃(茅島みずき)と共にやってきて、寿の兄・江森司(板垣瑞生)も所属するプロの太鼓集団、雷鼓音のチケットを差し出します。よかったら一緒に行こうというマリアに対し、「太鼓なんてありえない」と環は言います。その言葉を近くにいた寿が耳にします。

断ったもののマリアの勢いに押された環は演奏を聴きにいき、圧巻のパフォーマンスに魅了されます。そして太鼓部に入ることを決意します。

しかし、部長の寿は反対し、自分と勝負して勝ったら入部を認めると言いました。その勝負とは30分間8分音符で太鼓を叩き続けることでした。初心者の環が寿に勝つことは誰が見ても不可能でした。

負けん気の強い環は勝負を受け入れ、太鼓を叩き始めます、最初は力強く腕を振り上げていたものの、次第に腕が上がらなくなっていきます。

それどころか立っているのもやっとで、今にも倒れそうになりながら太鼓を叩き続けます。不安そうに2人を見つめる部員達。とうとう環はもう数分で30分というところで倒れてしまいます。

慌てて駆け寄るマリア。環が持っていたバチは血が滲んでいました。負けたのだから入部は認めないという寿に対し、他の部員が人数足りていないのだから認めようとなだめます。

次の日から部活に参加することになった環ですが、皆と同じように太鼓が叩けるわけではなく、バチも持たせてもらえず、ひたすら素振りと声出しをするのみ。一人だけハブられていると感じた環は反抗的な態度を取ります。

「やる気あるの?」ときつく言う寿に環も言い返します。「こんな嫌がらせして楽しい?」そう叫んで練習を飛び出してしまった環をマリアが追いかけます。

素振りと声出しは基本で、初心者は基本練習をひたすら行なってやっと演奏することができるとマリアは環に伝えます。

自分と環は似ていると感じたマリアは自分が今、声を出す練習をしていること、声を出すことが夢だと秘密を打ち明けます。

マリアの話を聞いた環は積極的に基礎練習をするようになりました。その甲斐もあってとうとうバチで叩けるようになりました。

部員とも打ち解けつつある中、コンクールの課題曲が発表されました。コンペに向け練習している中、部室でとある写真を見つけます。

そこに映っていたのは国語教師のシスターニッチェ(筒井真理子)でした。ニッチェはかつて寿の父である雷太(吹越満)と雷鼓音を始めた和太鼓の名手で、スパルタコーチとして知られていたのです。

次第に「勝ちたい」という思いが強くなった環は、ニッチェに顧問をお願いするのはどうかと提案します。

断るニッチェでしたが、環は諦めずお願いを続けます。そしてニッチェの元に雷太がやってきて娘に太鼓を教えてほしいと頼みます。とうとう折れたニッチェのスパルタ指導が始まります。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『藍に響け』ネタバレ・結末の記載がございます。『藍に響け』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)すたひろ/双葉社 (C)2021「藍に響け」製作委員会

ニッチェのスパルタ練習に耐えきれず部活をやめたいと部長の寿に2人の部員が言いました。モチベーションが低い人とはやりたくない、努力が足りないだけに見えると環がいい、他の部員も環の言葉に反発を覚え、環と部員の間に溝が広がっていきます。

部員同士がギクシャクしたまま、コンクールのコンペが行われ、センターに選ばれたのはマリアと環でした。落ちてしまった寿は悔しさに涙を浮かべます。

センターが決まり、今の自分たちの実力をはかるために良いと地元のイベントに参加して演奏することになりました。

「できていると思っているその心が音に出るの」と、周りと合わせようとせず、自分のテンポで演奏する環にニッチェが言います。その言葉が現実になったかのようにイベントの演奏で環はどんどん周りと音がずれていきます。

一方マリアもリハビリが思うようにいかず、部活でも、マリアは何よりも皆と演奏をすることを大切にしていました。部員同士が仲違いするのを止めようとすると偽善だと言われショックを受けます。

部活に現れず、浜辺で立ち尽くすマリアを見つけた環は部活に来ないで何しているの、いつまでいじけているつもりと言います。

感情が高ぶった2人は、取っ組み合いをして砂だらけになります。疲れて家に帰ろうとした環ですが、ふと足を止め、練習室の扉を開けます。そこには太鼓の前に座り込むマリアの姿がありました。

環が太鼓を叩き始め、しばらくするとマリアも太鼓を叩き始めます。まるで太鼓で会話をしているかのように感情をぶつけ合う2人。

いつしか2人の心は太鼓を通して一つになっていきました。コンクールに向け、それぞれ心が一つになっていく部員達。

迎えた本番。部員達の音は一つになり、会場に響き渡ります。演奏を終え、晴れ晴れと舞台を後にします。環が舞台袖に向かおうとした時でした。

「たまき、ありがとう」

掠れながらもしっかりと自分の言葉でマリアが、環に感謝を告げたのです。環の瞳に涙が溢れました。

スポンサーリンク

映画『藍に響け』の感想と評価


(C)すたひろ/双葉社 (C)2021「藍に響け」製作委員会

誰にも言えない思いを抱える環と言葉を発することができないマリア。和太鼓の“音”で鼓動し、つながる少女たち。更にコンクールに向け、ぶつかりながらも一つになっていこうとする新たな文化系青春映画『藍に響け』。

本作は心情を多く語らないことで、太鼓を通して心を通わせていく様子を印象的に見せています。

父親が倒産し、バレエを辞めることになった心情を劇中で環が語ることはありません。冒頭浜辺でバレエシューズを燃やす場面があったり、何かもやもやを抱えている様子が環から感じられることはあっても言葉にすることはありません。

またマリアについても言葉を発することができない上に手話や筆記においても心情を吐露する場面はほとんどありません。

そんな2人が感情を爆発させるのは浜辺で取っ組み合いをした場面と、その後2人で感情をぶつけ合って太鼓を叩き合う場面の2つです。喧嘩も葛藤もぶつけるのは太鼓であり、太鼓の“音”なのです。

リズムがずれてしまい、演奏が失敗してしまった環に寿の兄・司が「俺なら太鼓の借りは太鼓で返す」と言います。

自分の感情も太鼓の“音”に表れ、対話をするのも太鼓の“音”なのです。まさに太鼓が一つのコミュニケーションのような役割を果たしているともいえます。

また、本作はキャストの皆が撮影の前から太鼓の練習をし、吹替なしで演奏に臨んでいます。実際に皆で練習し、演奏に挑んだからこそ生まれた一体感なのです。

(C)すたひろ/双葉社 (C)2021「藍に響け」製作委員会

主演の紺野彩夏、久保田紗友の2人の時にぶつかりながらも心を通わせていく関係性が印象的ですが、本作において重要な役割を果たしているのは部長の江森寿(永瀬莉子)でしょう。

彼女は部長として責任感もあり、誰よりも太鼓が好きで、勝ちたい気持ちも、上手くなりたい気持ちも人一倍ある人物だと言えます。

しかし、彼女には昔から自分よりも太鼓が上手い兄・司の存在がずっとありました。兄に対する複雑な気持ちに関しても劇中ではっきりと語られることはありません。

辞めたいと言った部員に対し、環は努力が足りないように見えると言います。環に対し、寿は誰もが環みたいなモチベーションでやれるわけではない、努力しても上手くなれない人もいると言います。

環が言っていることは間違っていない、自分自身が甘いことは分かりつつも、努力しても兄に敵わないと思わされてきた寿の苦しみがこの言葉に表れています。

そして寿は環に実力で負け、センターのポジションを取れませんでした。悔しさに涙を流す寿。家に帰っても心の中の葛藤が表れてしまっている寿に、兄・司は太鼓以外でもやるべきことがあるのではないか。太鼓では負けないけど、部長という立場に関しては寿の方が兄より勝ると思っていると伝えます。

センターを務められなくても、自分にできることを精一杯やろうと決意した寿は部員たちをまとめようと必死になり、演奏が失敗して険悪になってしまった次の日、何も言えない環に代わり部員の皆に謝ったのは寿でした。

自分自身の葛藤もありながら部長として成長した寿の姿は、この映画においても重要な存在になっています。

青春映画において主人公やライバルの存在が輝いて見えるのは、寿のような影で支える存在があってこそなのです。

まとめ


(C)すたひろ/双葉社 (C)2021「藍に響け」製作委員会

誰にも言えない思いを抱えた環が出会った太鼓。自分の思いをぶつけ、自分一人ではなく、皆で一つの音を目指す大切さに出会っていく環。言葉を発することができないが太鼓を通して自分を表現していくマリア。

うまく人とつながれない少女たちのみずみずしくも静かな情熱を感じさせる文化系青春映画『藍に響け』。

多くを語らないからこそ、ふとした言葉や表情が印象的に映り、感情を込めた太鼓の“音”として表れてきます。

ぶつかり合いながらも一つの目標に向かっていき迎えたコンクールの演奏は、吹き替えを使わずに実際に演奏しているからこそ説得力を持って観客に訴えかけます。

ぜひ劇場でその“音”を聞いてみてください。




関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ビューティフル・ボーイ』ネタバレ感想。ティモシー・シャラメが朗読する詩が胸に迫る

すべてを超えて愛している 『君の名前で僕を呼んで』で大反響を巻き起こしたティモシー・シャラメがドラッグ依存で堕ちていく少年を演じた映画『ビューティフル・ボーイ』。 ドラッグ依存で苦しむ息子と、そんな彼 …

ヒューマンドラマ映画

『オリエント急行殺人事件』2017版映画と原作の違いを調査

オリエント急行の密室である車内で発生した殺人事件に、偶然乗り込んだ世界的名探偵ポアロが挑む! 1934年の初版以来、多くの読者を魅了してきたミステリーの金字塔をケネス・ブラナーが映画化。 新たに生まれ …

ヒューマンドラマ映画

パッドマン5億人の女性を救った男|ネタバレ感想と内容解説。インド女性の悩みに立ち向かった男の実話!

映画『パッドマン5億人の女性を救った男』は、2018年12月7日(金)よりTOHO シネマズ シャンテほか全国ロードショー! 2000年代のインドで、衛生的でかつ安価な生理用品の開発・普及に奔走した男 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ディアハンター』ネタバレ感想。ロバート・デ・ニーロ代表作のタイトルに込められた意味とは

作品賞を始め、アカデミー賞5部門に輝いた不朽の名作映画『ディア・ハンター』。 ベトナム戦争映画の金字塔が製作40周年をむかえ完全版としてよみがえりました! 切ない物語、迫真の演技、美しい映像と音楽。 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ラビング 愛という名前のふたり』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

ただ一緒にいて普通の生活がしたいだけなのに…。ある夫婦の切なる願いは、アメリカの法律を変えることができるのか?! 実話から生まれた感動の物語です。 スポンサーリンク CONTENTS映画『ラビング 愛 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学