Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2021/09/30
Update

映画『ビルド・ア・ガール』あらすじ感想とキャスト考察。結末に向けて成長するビーニー・フェルドスタインの変貌ぶりに注目!

  • Writer :
  • 桂伸也

映画『ビルド・ア・ガール』は10月22日(金)より全国ロードショー!

毎日に悶々とした平凡な女子高生が、音楽ライターとなり想像もしなかった様々な世界を見ていく姿を描いた映画『ビルド・ア・ガール』。

イギリスのジャーナリストによる小説を原作とした本作は、90年代イギリスの華やかな音楽業界に飛び込んだ一人の少女が、音楽ライターとして活躍する中で自身の立場に悩みながらも成長していくさまを描いた物語。

原作者のキャトリン・モランが脚本を担当、イギリスのコーキー・ギェドロイツ監督が作品を手掛けます。またキャストには若手のビーニー・フェルドスタインのほか、イギリスの俳優陣が脇を固めています。

スポンサーリンク

映画『ビルド・ア・ガール』の作品情報

(C) MONUMENTAL PICTURES, TANGO PRODUCTIONS, LLC,CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION, 2019

【日本公開】
2021年(イギリス映画)

【原題】
HOW TO BUILD A GIRL

【監督】
コーキー・ギェドロイツ

【キャスト】
ビーニー・フェルドスタイン、パディ・コンシダイン、サラ・ソルマーニ、アルフィー・アレン、フランク・ディレイン、クリス・オダウド、エマ・トンプソン

【作品概要】
1990年代イギリスの音楽業界に飛び込んだ一人の平凡な女子高校生が、辛口音楽ライターに変貌を遂げながらも、人生に悩みながら成長していく姿を描ぎます。原作はイギリスでジャーナリスト、作家とマルチに活動するキャトリン・モランの小説。

『嵐が丘』(1939)『Stella Does Tricks(ステラの企み)』(1996)のコーキー・ギェドロイツ監督が作品を手掛け、原作者のモランが脚本を担当します。

レディ・バード』(2017)『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』(2014)などのビーニー・フェルドスタインが主人公のヒロインを担当、他にも『マイ・ベスト・フレンド』(2015)などのパディ・コンシダイン、『ゲーム・オブ・スローンズ』(2011)などのアルフィー・アレン、『いつか晴れた日に』(1995)などのエマ・トンプソンら、イギリスの俳優陣が名を連ねています。

映画『ビルド・ア・ガール』のあらすじ

(C) MONUMENTAL PICTURES, TANGO PRODUCTIONS, LLC,CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION, 2019

1993年、平凡な日常に悶々とした日々を送っていたジョアンナ(ビーニー・フェルドスタイン)は、家族7人でロンドン郊外に住む16歳の想像力豊かで文才に恵まれた女子高生。

ある日詩のコンテストで自分の作品が受賞候補に選ばれるも、テレビ出演で緊張し大恥をかいた揚げ句に、家族崩壊の危機に陥ります。

この現状を打開すべく奮起したジョアンナは、音楽情報誌「D&ME」のライター募集に応募。一人でロンドンにのり込み強気に攻めることで、ついにライターの仕事を得ることに成功します。

そしてそれまで見たことのない音楽の世界に魅せられる中、取材で出会ったロックスターのジョン(アルフィー・アレン)に夢中になります。

ライターへの道は紆余曲折しながらも、ついに時の人へと変貌を遂げるジョアンナ。ジョンへの思いが、以後のその道に大きな波紋を呼ぶとも知らずに…

スポンサーリンク

映画『ビルド・ア・ガール』の感想と評価

(C) MONUMENTAL PICTURES, TANGO PRODUCTIONS, LLC,CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION, 2019

本作のファンタジックな雰囲気を醸し出しながらドギツいブラックユーモアを織り交ぜた展開からは、イギリス作品らしいコメディテイストをたっぷりと味わうことができます

一方で、本作には現代社会に向けての重要な課題の提起も見られます。それはメディア、マスコミといった存在の恐ろしさという点にあります。

80年代初頭は音楽が世界的、社会的に大きな関心を集めました。特にこの時代のイギリスではMTVの出現に伴い、プロモーションビデオを活用した斬新なプロモーション展開で、イギリス出身のアーティストたちがいわゆる「ブリティッシュ・インベージョン」なる勢力をもって世界に侵攻していきました。

こういった動きの裏で、同国ではインディーズでの音楽制作に携わるミュージシャンも多く存在しており、80年代に台頭した多くのアーティストたちが徐々に注目を失っていく一方で、地道に活動を続け、彼らが日本の音楽メディアからインタビューを受ける際などでは、本国のメディア露出を風刺するようなコメントも多く見られる傾向にありました。

劇中で主人公ジョアンナが1990年代の音楽シーンに飛び込む序章に出会ったバンド、マニック・ストリート・プリーチャーズは、イギリス・ウェールズ出身の実在のバンド。

デビューアルバム『ジェネレーション・テロリスト』をリリースする前に「30曲入りの2枚組のデビューアルバムを発表し、世界中でナンバーワンにして解散する」などといった刺激的なコメントを発表し、メディアからは物議を醸しました。

(C) MONUMENTAL PICTURES, TANGO PRODUCTIONS, LLC,CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION, 2019

このように、この時代のイギリスは音楽的には現在でも支持者を集めるクリエイター的な側面を持つ一方で、刺激的なコメントやキャッチフレーズ、プロモーション展開でリスナーたちを挑発、それに対しメディアが様々な批評を加えるという、創作の現場とは全く関係ない場面での衝突があちこちで見られました。

ジョアンナはアマチュアの文筆からいわゆるプロの「音楽ライター」へと変貌を遂げていくわけですが、物語の展開ではある意味純粋な音楽リスナーの視点を持ち、音楽と接していきます。

ところが彼女は音楽ライターとして活動するにあたって付きまとう様々なしがらみに悩まされ、自身の正直な感性にまで背を向けていくことになります

その結果彼女が大きく被った喪失感は、まさに「正直な自分」を失ったことにあります。

音楽を楽しむリスナーたちは、感性を捻じ曲げて描かれたアーティスト像に対して音楽を聴く前から彼らへの興味を失い、悪評によってアーティストたちは自身の創作意欲をそぎ落とされる……。

こうした状況に置かれる彼女の姿は、メディアやマスコミというものが人々の意識をコントロールするという危惧があることを示しているようでもあります。

オンライン化が社会的に急速に広がっている現在。「知りたい」と思う現場の様子を直に知ることができない様々な要因がはびこる中で、本作は音楽に限らずメディアやマスコミという媒体を介して、人々が遠くのことを知るということに強い不安をおぼえさせられます

そして人々はどうメディアやマスコミというものに向き合っていくべきなのかを、深く考えさせられるものとなっています。

まとめ

(C) MONUMENTAL PICTURES, TANGO PRODUCTIONS, LLC,CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION, 2019

主演のビーニー・フェルドスタインは、本作では非常に地味な表情を見せたオープニングから、徐々に派手なルックスで奔放な性格を持った女性へと変貌する姿を見せています

フェルドスタインは、プライベートではクィア(性的少数者、彼女の場合は同性愛者であることを示す)であることを公言しており、ガールフレンドであるプロデューサーのボニー・チャンス・ロバーツとの仲睦まじいツーショット写真を公に堂々と公開していることなどもよく知られています。

決して美人とはいえないながらも、時にキュートでセクシーと思わせる彼女のルックスは、日本のタレントである渡辺直美を彷彿するところもあり、どこかユーモラスな雰囲気を持ちながらも、同性から強い支持を集められそうな雰囲気もあります。

こうした彼女の本質的な一面は、主人公ジョアンナの人間像作りにも大いに反映されているようです。本作に彼女が出演したことは、それだけでも大きな意味があり、今後の出演作にも大いに期待できるところであります。

ジョアンナが高い文才を持ちながらもそれを存分に発揮できないもどかしさに悶々とする表情、対して大きく頭角を現し輝いていく表情。

彼女が劇中で演じたジョアンナからは、映画から発せられるメッセージを深く考えざるを得ないでしょう。

映画『ビルド・ア・ガール』は10月22日(金)より全国ロードショー

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『オーケストラ・クラス』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

映画『オーケストラ・クラス』は、8月18日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順公開。 挫折したバイオリニストと夢を見つけた子ども …

ヒューマンドラマ映画

映画『菊とギロチン』あらすじと感想。キャストの演技力にシビレた瀬々監督入魂の一作

構想三十年!瀬々敬久監督入魂の作品『菊とギロチン』がいよいよ7月7日(土)よりテアトル新宿ほかにて順次ロードショーされます! 時代に翻弄されながらも「自由」を求めて疾走する若者たちの辿り着く先は!? …

ヒューマンドラマ映画

映画『凪待ち』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。香取慎吾が髭をたくわえて臨む“新しい境地”

白石和彌監督が描き香取慎吾が演じる、あるギャンブラーの転落と再生のドラマ 映画『凪待ち』は『孤狼の血』の白石和彌監督が、香取慎吾を主演に迎えて描いたヒューマンサスペンス映画。 ギャンブルをやめられない …

ヒューマンドラマ映画

映画『ザ・サークル』結末ネタバレと感想。エマ・ワトソン演技力の評価

もし個人情報の全てを他人と共有したら? SNS依存度の高まる世の中に一石を投じる映画『ザ・サークル』。 近い将来にあり得るかも知れない恐ろしさを体験できる作品は、エマ・ワトソン主演、トム・ハンクス共演 …

ヒューマンドラマ映画

韓国映画『聖女Mad Sister』あらすじネタバレと感想。結末のクライマックスに姉妹を待つものとは⁈

『聖女 Mad Sister』は「のむコレ3」にて上映! 2019年11月15日(金)よりシネマート新宿・シネマート心斎橋にて開催されている「のむコレ3」。 「のむコレ3」にて、妹を守るため立ち上がっ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学