Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2018/01/25
Update

映画『アウトサイダーズ』あらすじと感想。マイケル・ファスベンダーの演技力とは

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

映画『アウトサイダーズ』は、2018年2月10日(土)より、シネマート新宿、シネマート心斎橋ほかにて全国順次公開!

トラヴェラーズコミュニティの長であるコルビーは、絶対的な権力でカトラー・ファミリーを組織。

しかし後継ぎとなる息子チャドは、これまで腕利きのドライバー役として犯罪に加わってきたものの、自身の子どもたちには一般的な生活をさせたいと考えます…。

スポンサーリンク

1.映画『アウトサイダーズ』の作品情報


© BFI, CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION AND TRESPASS AGAINST US LIMITED 2015

【公開】
2018年(イギリス映画)

【原題】
TRESPASS AGAINST US

【監督】
アダム・スミス

【キャスト】
マイケル・ファスベンダー、ブレンダン・グリーソン、リンゼイ・マーシャル、キリアン・スコット、ロリー・キニア、ショーン・ハリス、
バリー・コーガン

【作品概要】
「X-MEN」シリーズや『エイリアン コヴェナント』のマイケル・ファスベンダー主演による親子三代の父と息子の物語。

マイケルが主人公のチャドを演じ、父親コルビー役に『アサシン クリード』に次いで2度目の父子役を演じたブレンダン・グリーソン。

演出はケミカル・ブラザーズの映像作品を手がけ、長編劇映画初監督となるアダム・スミス監督。

音楽はケミカル・ブラザーズのトム・ローランズが担当しています。

2.映画『アウトサイダーズ』のあらすじ


© BFI, CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION AND TRESPASS AGAINST US LIMITED 2015

イングランド南西部のグロスタシャー州。

犯罪を生業にしながらトラヴェラーズコミュニティを形成し、トレイラーハウスで各地を回る放浪をして代々生きてきたカトラー・ファミリー。

コミュニティの長である父親コルビーの後継ぎであり、腕利きのドライバー役として多くの悪事に手を染めてきたチャドは、家族に何も告げずに独り密かな計画を立てていました。

自分のように学校教育も受けずに、識字もできない人生をまだ幼い息子と娘に歩ませたくなかったのです。

チャドは悪事から足を洗い、ひとつの場所に定住することを望み、妻と子どもたちと4人で安定する暮らしを始めようと、町の片隅に家を借りる算段をしていました。

しかし、それに巨大な壁のように立ちはだかったのは、絶対的な力で一族ファミリーを支配する父親コルビーでした。

ある夜、チャドは父親コルビーの命令で大邸宅に押し入ります。

激しい逃走をかわして、何とか無事に逃げ切理ますが、事件は国内史上最大級の強盗事件としてメディアは大きく報道をされることになります。

この事件を担当したのは、日頃からカトラー・ファミリーを目の敵にしていた警察や、ロヴァッジ巡査はチャドの逮捕に向けて動き出す。

ロヴァッジから重要参考人として尋問を受けたチャドに告げられたのは、あの強盗に押し入った先は州総督の邸宅だと知らされます。

こうして一層父親コルビーとの確執が明確になったチャドの父子の絆は決定的な危機を迎えますが…。

スポンサーリンク

3.映画『アウトサイダーズ』の感想と評価


© BFI, CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION AND TRESPASS AGAINST US LIMITED 2015

実話を基に始まったフィクション映画

本作『アウトサイダーズ」のアイデアは、脚本を担当したアラステア・シドンズによるものです。

彼が偶然に読んだ新聞記事に掲載されていた、コッツウォルド郊外を脅かしてきた犯罪一家を目にしたことに始まります。

記事によるとそのファミリーは州の7割の犯罪で告訴をされていた凶悪なもので、豪邸に度重なる不法侵入で地元警察にはよく知られた存在だったそうです。

当初アラステアはドキュメンタリー映画に最適な題材になると興味を抱きますが、熟考する間にフィクションの劇映画にして表現を広げた方がパワフルなストーリーになると確信します。

誰もが持つ家族をテーマに確執や絆をダイナミックに掘り下げ、社会に染み込んだ偏見や差別は、観客の誰にも共感が持てる作品になると感じたのです。

アラステアはイングランドにいるアウトサイダーズ(はみ出し者たち)の生き方について次のように述べています。

「『アウトサイダーズ』に登場するカトラー・ファミリーは、この国で実際に発見できるアウトローの姿とほとんど同じだ。銀行口座もパスポートもなく、国民保険にも入っていないような、徹底的に社会から追いやられた人たち。彼らの多くは一度も学校に通ったことがない。この映画で私を魅了したのは、家族に対する見方だ。殴り合いの喧嘩もするけれど家族の強い絆が貫かれている。実際の人々にインスパイアされているが、カトラー・ファミリー自体はフィクションの存在だ。この映画は彼らについての物語で、とりわけ3世代にわたる男たちの関係に焦点を当てている」

脚本を担当したアラステアが興味を抱いたように、観客のあなたも映画がはじまると、社会と断絶した特異なトラヴェラーズコミュニティの生活や、自由な暮らしぶりの家族の姿に惹きつけられるでしょう。

しかし、一般的でないコミュニティの生活環境のなか、人はどのように教育や人格を形成さてていくのだろうと、一抹の不安も感じされられるはずです。

するとその矢先、カトラー・ファミリーの犯罪行為の過激さや、チャドの派手なカーチェイスの登場に、再度グングンと閉ざされたコミュニティに寄り添う感情に引き戻されてしまいます。

さすがケミカル・ブラザーズの映像制作を担当していたアダム・スミス監督のクールな演出の力もありますが、なんと言っても主人公チャド・カトラーという最も重要な役を演じた、俳優マイケル・フェスベンダーの演技力が光っています

社会の時の流れや親子世代に揺れるチャド役を演じきったマイケルを持って、3世代の男たち関係を見事に見せてくれています。

マイケルとブレンダンが共演した魅力


© BFI, CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION AND TRESPASS AGAINST US LIMITED 2015

例えばマイケルの演じたチャドは、常に心に問いを抱いています。

「善と悪」「定住者と非定住者」「教育の有る無し」「父子の確執」など、その悩みとは簡単な正解が出せないことばかりで、頭がいっぱいといってもいいでしょう。

スクリーンを観ていると、トレーラーの中のベットでチャドが朝日に包まれ寝ている時こそ、彼が一番自分らしい安息なのではないかと見る者に感じてしまうほどでした。

映画の撮影中にマイケル・フェスベンダーは、共演したブレンダン・グリーソンと脚本の内容について話し合いを交わしたそうです。

「なぜコルビーはチャドに学校に通わせなかったのか?ブレンダンとそのことについて話し合ったよ。それは彼なりに息子を支配下に置くためのやり方だったのか?それとも、学校に通わせることでコルビーが悪だと信じるシステムに息子が順応してしまい、考えが歪められ、自分たちのコミュニティそのものを汚してしまうと思ったのか?答えが何であれ、チャドは自分の子供が教育を受けるべきだと言うことに関しては断固とした信念を持っていた。だから。『アウトサイダーズ』は変わりゆく時代についての物語で同時に古いしきたりを捨てて新しい光を見つけ出そうというのは時に難しいことなんだということについての物語でもある」

このように演じる時にも自問自答を繰り返すしマイケルは、最善をを尽くそうと努める真摯な俳優だと言えるでしょう。

そのことについて脚本家アラステアは、「マイケルのすごいのは、人に好かれない部分と、観客に彼の苦境を理解させ、共感させる部分をミックスした演技ができるところだ」と言わしめています。

本作を観たあなたはきっと、マイケルの揺らぎの波動を表情や演技からある種火傷のようなに心を熱くさせられるでしょう。

また、共演したブレンダン・グリーソンは、この作品に出演を承諾したことについて、マイケルを引き合いに出しながら、本作の核心をつく発言をしています。

「何よりの決め手はこの作品にマイケルが加わったということだった。長いことマイケルとの仕事を望んでいたし、彼が出るなら絶対に素晴らしい映画になると思った。この映画は観客に簡単な答えを与えはしないが、答えが分からない時こそ、映画はより感動的なものとなるんだ」

ブレンダンの述べた、簡単な答えはなく、分からないとしたシークエンスはとても象徴的に描かれています。

確かに正解などないからこそ、父子関係であり、感動的なものだと思います。

ちょっと単純な父親越えの作品ではなく、エディプスコンプレックスの通過儀礼が扱いになっていることに、問題の深さを考えさせられます。

息子チャド役のマイケルと父親コルビー役のブレンダンに注目してください!

4.『アウトサイダーズ』の公開される劇場は


© BFI, CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION AND TRESPASS AGAINST US LIMITED 2015

青森 フォーラム八戸(調整中)TEL:0178-38-0035

宮城 チネ・ラヴィータ(3/24〜)TEL:022-299-5555

山形 フォーラム山形(調整中) TEL:023-632-3220

千葉 USシネマ千葉ニュータウン(2/10〜)TEL:0476-48-2126

東京 シネマート新宿(2/10〜)TEL:03-5369-2831

神奈川 横浜ニューテアトル(2/10〜)TEL:045-261-2995

石川 ユナイテッド・シネマ金沢(3/17〜)TEL:0570-783-071

愛知 ユナイテッド・シネマ豊橋18(3/24〜) TEL:0532-38-0888
愛知 名演小劇場(2/10〜)TEL:052-931-1701

大阪 シネマート心斎橋(2/10〜)TEL:06-6282-0815

兵庫 元町映画館(調整中)TEL:078-366-2636

奈良 ユナイテッド・シネマ橿原(3/10〜)TEL:0570-000-206

*上記の劇場スケジュールは2018年1月25日現在のものです。映画館にお出かけの際は『アウトサイダーズ』公式ホームページを閲覧のうえ、足をお運び下さい。

スポンサーリンク

まとめ

父親コルビー役を演じたブレンダン・グリーソンは、チャドをコミュニティに残るように促すのは、息子チャドが外の世界で適応できないからと気がついたからではないかと指摘しています。

チャドは窃盗犯やドライバーとして善人すぎると言い、彼には何もスキルがなく字も読めない、一体何ができると解釈したうえで、「外側のルールのもとでは、カトラーの人間たちは恐らく勝てないんだ」と持論を持っているようです。

この鋭い指摘、あなたは本作をどのように感じるでしょう?

アダム・スミスの初監督作品は、ぜひ、あなたが若い頃に劇場で観ておくべき、佳作な映画です。

イギリス映画『アウトサイダーズ』は、2018年2月10日(土)より、シネマート新宿、シネマート心斎橋ほかにて全国順次公開!

ぜひ、お見逃しなく!

映画『アウトサイダーズ』オフィシャルサイト

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『クシナ』感想評価と内容考察。速水萌巴監督が語る“個人的な映画”として描いた“母娘の愛と憎悪”

映画『クシナ』は2020年7月24日(金)よりアップリンク渋谷ほか全国順次公開。 山奥で独自の共同体を築いている女性だけの村。 外からの侵入者を寄せ付けず、一切の情報を遮断していたこの村に、人類学者の …

ヒューマンドラマ映画

映画『五億円のじんせい』感想と評価。原作なしで脚本家の蛭田直美&監督ムン・ソンホが描く【自分だけの人生の目的の大切さ】

ちょっとだけボクの話を聞いてくれませんか! 映画『五億円のじんせい』は、2019年7月20日(土)よりユーロスペースほかにて公開! 善意で集まった五億円により、命を救われた過去を持つ高校生の、人生を見 …

ヒューマンドラマ映画

映画『焼肉ドラゴン』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

映画『焼肉ドラゴン』は、6月22日(金)より全国ロードショー! 岸田國士戯曲賞やキネマ旬報ベスト・テンの脚本賞などに輝く鄭義信が、東京新国立劇場10周年とソウル芸中の殿堂20周年の共同記念公演として上 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ラースと、その彼女』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

世の中には様々な愛の形が溢れていますが、今回取り上げるのは等身大の人形と恋をした男の物語『ラースと、その彼女』です。 観終わった後幸福感でいっぱいになる、ライアン・ゴズリング主演作『ラースと、その彼女 …

ヒューマンドラマ映画

津田寛治映画『名前』あらすじネタバレと感想。ラストの結末も

“行き場のない二人は家族になった” 映画『名前』の原案は、直木賞作家の道尾秀介が書き、キャストは名バイプレイヤーとして人気の高い津田寛治と、若手女優の駒井蓮の共演で描いた人間ドラマ。 中村正男が経営し …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP