Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2018/02/12
Update

映画『八日目の蝉』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。井上真央×永作博美の演技が角田光代原作を見事に昇華

  • Writer :
  • Yasu

映画『八日目の蝉』は日本アカデミー賞では作品賞を含む10冠を獲得。

映画『八日目の蝉』の原作は、ベストセラーとなった角田光代原作の同名小説。

「愛する人の子供を一目見たかった」最初はたったそれだけだった女の4年間の悲しき逃避行の物語『八日目の蝉』

角田小説を演技派女優として知られる井上真央と、永作博美のW主演に迎え映画化。演出は『グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇』『いのちの停車場』など務めた、成島出監督が担当しています。

映画『八日目の蝉』あらすじや作品の感想や見どころをご紹介いたします。

スポンサーリンク

1.映画『八日目の蝉』の作品情報


(C)2011 映画「八日目の蝉」製作委員会

【公開】
2011年(日本映画)

【原作】
角田光代

【監督】
成島出

【脚本】
奥寺佐渡子

【キャスト】
井上真央、永作博美、小池栄子、森口瑤子、田中哲司、渡邉このみ、市川実和子、余貴美子、平田満、風吹ジュン、劇団ひとり、田中泯

【作品概要】
『最優秀作品賞』『最優秀監督賞』『最優秀主演女優賞』『最優秀助演女優賞』など日本アカデミー賞で10冠に輝いた、成島出監督の代表作となるサスペンス。小池栄子の怪演にも注目です。

2.映画『八日目の蝉』のあらすじとネタバレ


(C)2011 映画「八日目の蝉」製作委員会

野々宮希和子は妻子ある、秋山丈博と交際していました。

希和子は丈博の子どもを妊娠をします。すると丈博は、妻恵津子と離婚して、希和子と結婚する意志はあるものの、子どもはいらないと言われてしまい中絶する事になります。

そして今度は恵津子の妊娠。希和子が得るはずだった1人の女性として幸せはなくなり、所詮不倫は不倫と運命を受け入れます。

希和子はきっぱり丈博とは別れ、新たな人生を歩もうとしました。

希和子は「最後に一目、愛した丈博さんの子どもを見れば諦めがつく」と、秋山家を訪ねます。

すると丈博と恵津子が生まれたばかりの赤ん坊を置いて外出するところでした。

秋山家へ侵入する希和子は、ベビーベッドで寝ている女の子見つけます。

「カオル」と声をかける希和子。希和子は丈博との間に生まれた子どもにつける名前は、「カオル」と決めていたのです。

一目見たら満足なはずだった希和子。

しかし、希和子は衝動的にカオルを抱きかけて秋山家を飛び出しました。

誘拐。そして希和子の逃避行のはじまります。

友人に嘘をついて泊まらせてもらうなどして、生活していく希和子。

いきなり母親となった希和子は、育児に戸惑いながらも毎日を必死で生きていきます。

その頃、秋山の娘恵理菜は誘拐されたというニュースが世間に広まり、希和子は警察の目をかいくぐりながら生きていくことになります。

エンジェルハートいう女性だけを対象にした宗教団体施設に入所する希和子は、閉鎖的な環境下でその団体に身をゆだねるようにしながら、“親子として過ごす日々”をかみしめながら生活を続けていきます。

ある日、突然、エンジェルハートに警察の手が伸びます。

希和子はとっさにカオルを抱きかかえエンジェルハートから脱走します。

夜通し山道をさまよいながら逃げる希和子は、エンジェルハートで仲が良かった友人の久美の実家がある小豆島へ向かうのでした。

久美の実家の家業を手伝うことになる希和子。

やがて久美の母親から「すっかり島の人間になったね」と言われるまでになります。

カオルも友達ができて親子ともども安住の地が見つかったと思いましたが、ここにも警察の手が伸びてきました。

慌てて身支度を済ませ、島を出る準備をする希和子は「友達と離れたくない」とすがるカオルの姿に心が張り裂けそうになります。

「もうこれまでかな……」と悟った希和子は、カオルと一緒に写真館へ行きます。

「写真を撮って下さい。家族写真です」と写真館の主人に告げる希和子。

友達と離れる事になり落ち込むカオル。カオルとの時間は長くはないと悟り、泣き顔の希和子は記念写真を写します。

写真館を出た希和子は船の中で食べるものを売店で買い、停留所へ向かいます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『八日目の蝉』ネタバレ・結末の記載がございます。『八日目の蝉』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

希和子は停留所の前で立ち尽くします。

停留所では刑事達が待ち構えていたのでした。

女刑事に抱きかかえられ、警察車両に入れられるカオルは「ママ~、ママ~」と泣き叫びます。

そんなカオルを見るや逮捕された希和子は「あの子はまだご飯を食べていませんっ!よろしくお願いします…」と叫びながら頭を下げるのでした。

カオルではなく、恵理菜となった少女も今では大学生になり、親元を離れ、アルバイトで生計を立てています。

そして、妻子ある岸田孝史と交際しており、岸田の子を妊娠します。

岸田に妊娠したことは隠し、「私が今、妊娠したとしたらどうする?」と尋ねる恵理菜。

はっきりしない無責任な回答をする岸田。

恵理菜は岸田と別れ、1人で子どもを産み、育てる決意します。

この頃に恵理菜が知り合ったのはフリーライターの安藤千草。

千草は「あの誘拐事件のこと聞かせて欲しい」と恵理菜に近づいたのですが、なんと、エンジェルハートで共に時を過ごした恵理菜の遊び相手だったのです。

恵理菜は千草と共に、過去を振り返ろうと小豆島を訪れます。

その地で蘇る記憶は、希和子と共に過ごしたの幸せに満ちた思い出ばかりでした。

「私は幸せだった。愛されていた……?」

恵理菜は希和子と撮った写真の事を思い出し、写真館へと向かいます。

「昔、ここで写真を撮りました」と恵理菜が告げると、写真館の主人は、「写真は5年前に野々宮希和子が持って行った」と、一枚のネガを恵理菜に見せます。

希和子は逮捕された日に、カオルと一緒に撮影した記念写真をすでに引き取りに来ていたのです。

そのネガを使って写真を現像する主人。

浮かび上がってきたのは、紛れもなく、あの日のカオル(恵理菜)と希和子でした。

「今も、あの人の心の中に私はいる」

心の空白が埋まり、両親へのわだかまりも解け、これから生まれてくる子どもと共に、強くたくましく生きていくことを誓う恵理菜でした。

スポンサーリンク

3.映画『八日目の蝉』の感想と評価


(C)2011映画「八日目の蝉」製作委員会

誘拐は犯罪です。許される行為ではありません。

でも、希和子のカオルへの愛し方がすごいんです

自分の夫の不倫相手で夫の子どもを中絶した希和子に対し「子どもをおろすなんて最低な女。あなたの心はからっぽのがらんどうだ」とののしるような恵津子よりも、希和子に育てられた恵理菜は幸せだったのではないか、と思えるぐらいの、命がけの愛なのです。

血の繋がり云々よりも、どれだけ濃密な時間を過ごしたか、どれだけ互いが互いを思い合ったのかが重要なんですかね、やっぱり。

ストーリー展開は、現在と過去が交互に描かれている事もあり、ある程度は今後がどうなるかは分かった上で映画を見ていくことになるのですが、分かっているにも関わらず、希和子にこのまま逃げ切って欲しい!

思わず心の中で叫んでしまうほど、感情移入させられてしまう命がけの深い愛を感じさせてくれます。

また希和子自身、恵理菜から愛されていることや求められていると感じていたのでしょう。

希和子は自分と恵理菜の絆に絶対の自信があったことから、裁判では謝罪ではなく、「かけがいのない4年間をありがとう」と感謝が口から出てきたのだと考えられます。

その気持ちの裏付けとなっているクライマックスの写真のエピソードは名場面です!

刑務所に服役していた希和子が、カオルと一緒に撮った写真を受け取った時の表情を想像すると鳥肌ものです。

希和子がその写真を宝物のように「カオル」と、微笑みかけながら生きていっている光景が目に浮かぶようです。

まとめ


(C)2011 映画「八日目の蝉」製作委員会

永作博美の鬼気迫る“母親っぷり”も見ごたえ十分ですが、脇を固める小池栄子や森口瑤子も輝いた演技を見せてくれます

また、今やドラマや映画に引っ張りだこの吉田羊が、クライマックスで恵理菜を抱きかかえて警察車両に乗せる刑事役で出ています。

他にも希和子の不倫相手の秋山を田中哲司が演じているなど、今あらためて見ると超豪華キャスティング!

角田光代の小説と合わせて、映画『八日目の蝉』は必見な作品です。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

『三度目の殺人』映画撮影担当【写真家/瀧本幹也展】開催日時と場所は?

大ヒット上映中の是枝裕和監督の『三度目の殺人』にて映画カメラマンを務める瀧本幹也。 今回ご紹介するのは写真家として活躍する瀧本幹也の単独写真展「FLAME/SURFACE」のお知らせです。 広告写真や …

ヒューマンドラマ映画

映画『嘘を愛する女』原作は実話の事件を小説に!作者と発売日は

長澤まさみ×高橋一生出演の話題作『嘘を愛する女』は2018年1月20日より、東宝系にて全国公開されます。 また、気鋭のCMディレクター中江和仁監督の監督デビュー作あって注目が集まっています。 今回は原 …

ヒューマンドラマ映画

ビニー信じる男あらすじとキャスト!映画公開日や試写会情報も

“どう生きるか…。交通事故で選手生命を絶たれた男の、未踏の決断” 伝説のボクサー《ビニー・パジェンサ》の魂を震わす実話『ビニー/信じる男』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS1.映画『 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ヒトラーと戦った22日間』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

1943年に、ナチスの収容所ソビボルで実際に起きた反乱を描く映画『ヒトラーと戦った22日間』は、2018年9月8日より全国公開中。 歴史上あまり語られる事がない、命がけの脱出計画に挑んだ人々を描く、本 …

ヒューマンドラマ映画

映画『フォードvsフェラーリ』あらすじネタバレと感想。カーレスシーンで魅せたジェームズマンゴールドの卓越した演出

自動車の知識無しでもレースの醍醐味を味わえる映画『フォードvsフェラーリ』 映画『フォードvsフェラーリ』は1966年のル・マン24時間耐久レースが舞台。 GT40を運転しフォード社を優勝へ導いた伝説 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学