Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2020/01/30
Update

映画『ハニーボーイ』あらすじネタバレと感想。キャストのシャイアラブーフは出演依頼を受けるつもりはなかった⁈

  • Writer :
  • 奈香じゅん

ノア・ジュプ主演、アルマ・ハレル監督作品『ハニー・ボーイ』

映画『ハニー・ボーイ』は、「トランスフォーマー」シリーズの主演を務めたシャイア・ラブーフが脚本を執筆。特に男性の観客から大きな支持を獲得し批評家も絶賛。

2019年のサンダンス映画祭で審査員特別賞を受賞し11月末から限定公開された作品です。

父親を演じるラブーフ他、ルーカス・ヘッジス、『プリティ・ウーマン』(1990)のローラ・サン・ジャコモ、『フォードvsフェラーリ』のノア・ジュープも出演。ラブーフが「ラブストーリー」と評す自身の伝記映画。

スポンサーリンク

映画『ハニー・ボーイ』の作品情報


(C)Amazon Studios

【公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
Honey Boy

【監督】
アルマ・ハレル

【キャスト】
シャイア・ラブーフ、ノア・ジュープ、ルーカス・ヘッジス、ローラ・サン・ジャコモ、FKAツイッグス、バイロン・バワーズ、マーティン・スター、クリフトン・コリンズ・Jr

【作品概要】
監督を務めたアルマ・ハレルはドキュメンタリーの映画作家で、本作が長編映画デビュー。トライベッカ国際映画祭のドキュメンタリー部門作品賞を受賞したハレルの『Bombay Beach』(2011)は、ハーバード大学の大学院が教材として使用。

友人であるラブーフの脚本を読んで共感したハレルは、『ハリエット』(2019)を製作した会社の創設者ダニエラ・タップリン・ランドバーグから資金と制作の自由を得て映画化を実現。

映画『ハニー・ボーイ』のあらすじネタバレ


(C)Amazon Studios

2005年。オーティス・ロートは子役からキャリアを積んだ22才の俳優。3度目の飲酒運転で逮捕されたオーティスは警察官に反抗し、更生施設へ送致されます。

モレノ医師は、施設から許可なく出れば4年間刑務所に服役すると説明し、検査の結果オーティスがPTSDを抱えていると診断。原因を尋ねます。

オーティスが自己認識していないことに気づいたモレノは、怒りの引き金になっていることは何なのか質問。オーティスは過去の記憶を辿り始めます。

1995年。子役で俳優業をしていたオーティスは、父親・ジェームズに付き添われて仕事をこなす毎日を送っていました。

粗悪なモーテルにジェームズと住んでいたオーティスは、父親の気性の激しい振る舞いに日々さらされています。

断酒し互助会へ通うジェームズですが、仕事を終えた息子を迎えに行くのをすっぽかし、オーティスが得たギャラでテイクアウトの食事を買い、2人で夕食。

地域に住む少年・少女の精神的ケアを担う組織に所属するトムがオーティスのメンターで野球観戦に誘ったことを知ったジェームズは、半ば強引にトムをバーベキューに誘うよう息子に言いつけます。

宿泊所に隣接するプールサイドへ訪れたトムを最初は世間話で相手をしますが、ジェームズは、突然息子に近づくなと脅し、トムをプールの中へ突き飛ばします。目の前で起きた光景にショックを受けたオーティスは絶句。

2005年。施設のプールサイドに座るオーティスは、爪をかじりながらジェームズがトムに取った行動を思い出します。

モレノ医師とのセッションで苛立つオーティス。医師は、部屋にある物を4つ選び、その度に手首に巻いた輪ゴムを弾くよう指示。

言う通りにしながらも部屋を歩き回るオーティスに対し、頭の中で駆け巡る思考を減らす為、モレノはもう一度繰り返すように言いますが、オーティスは馬鹿馬鹿しいと拒否。

水泳の時間、屁理屈をこねてばかりのオーティスに、インストラクターは、近くの森へ行ってお腹から声を出して叫ぶよう提案します。

1995年。ある日、映画の出演を打診されたオーティスは電話で母親へ報告。撮影がカナダで行われる為、前科があるジェームズが国外へ出られずオーティスに同行できない可能性を母親は気に欠けます。

すぐ傍に居る父親にオーティスがそのことを電話越しに伝えると、ジェームズは激怒。直接話をしない夫婦が互いを罵る言葉をオーティスが伝える羽目に。

「え?言ったことを繰り返すの?やって見るよ・・・ジェームズ、私はとっくに許してるけど、女の子を強姦したのはあんたでしょ」「また犠牲者の振りしやがって」

怒鳴りながら受話器をひったくる父親を部屋に残し、オーティスはやり切れない気持ちで外へ出ていきます。

日暮れの廃車置き場へ行ったオーティスは、落ちていた石で車の窓へ投げつけて壊し、父親から貰った煙草を吸い1人で時間を過ごします。

2005年。廃車置き場に居た自分を思い出したオーティスは、森へ行き何度も大声で叫びます。その後、気分が良くなったと施設のインストラクターへ報告。

「本音か?それとも小馬鹿にしてる?」そう訊かれたオーティスは、「両方」と返答。

「僕は忍耐強い。追い払うことはできないよ」と続けるインストラクターに、オーティスはそっぽを向いて歩き去ります。

モレノとのセッションを迎えたオーティスはいつもの様に苛立っています。

「フラストレーションを感じても良いのよ」

「親父の話をする意味がないんだって。親父のせいで酒を飲むわけじゃないんだから。仕事をする理由が親父なんだ。ただ、親父は、僕に何か良いことがあると全部自分の手柄だと思ってる」

「オーティス、それを書いてごらんなさい」

以下、『ハニー・ボーイ』ネタバレ・結末の記載がございます。『ハニー・ボーイ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

1995年。互助会へ出席したジェームズは、自分の生い立ちを告白。アルコール中毒・麻薬中毒だった義母に暴力を振るわれ育ったジェームズは、他にやることも無く軍隊へ志願。

戦争に駆り出され帰還した後、自身も麻薬とお酒に依存。ある日、正体をなくしたジェームズは、気づくと性犯罪者として登録され刑務所に服役。

息子が居ることを知りジェームズは喜びを感じましたが、心に抱える苦しみにもがいていたことを吐露。

ある晩、オーティスがジェームズと台詞の稽古をしていると、宿泊所に住む隣人が友人を集め遅くまで賑やかに話す声が聞こえてきます。

癇に障ったジェームズは怒鳴り込み口論へ発展。オーティスはうんざりし、少し休憩を求めますが、ジェームズは耳を貸しません。

煙草が欲しいと言ったオーティスに、ジェームズは火のついた煙草を指ではじいて投げつけます。抑えていた怒りをあらわにするオーティス。

「あんたは、付き人。雇ってあげてるんだ。他に前科者を雇う人なんか居ないから。僕がボスだ」

「減らず口を聞きやがって。俺はお前を置いていつだって出ていける」

言葉を発しようとしたオーティスをベッドに押さえつけ、ジェームズは口を開くなと声を荒げます。

「側に居て欲しい」そうオーティスが絞り出すと、ジェームズは理由をあげろと迫ります。

「俺はただのロデオ・クラウンで、とてもハリウッドで成功できるような玉じゃねえ」

涙を流す息子を見たジェームズは顔をそらし、涙を拭けと厳しい口調。オーティスは、悔しそうに手で顔をこすります。

番組の撮影は続き、ベッドに横たわりじっと放送されているドラマをテレビで見つめる父親の背中に、オーティスは、一度で良いから父親らしく振舞って欲しいと懇願。

ジェームズが話を聞いていなかったことに気づいたオーティスは、テレビの前に立ち塞がります。

「お父さんは性犯罪者、トムは政府の職員。あんなひどい目に遭ったのにそれでもカナダへ行く為のパスポートを用意してくれた」

適当にあしらうジェームズに腹を立てたオーティスは、今後自分をきちんと扱うまともな父親になって欲しいと強い口調。

しかし、オーティスの顔を平手打ちしたジェームズは、言葉に気をつけろと捨て台詞を残し部屋を出ていきます。

体を揺らしながらオーティスはむせび泣きます。

2005年。モレノとのセッションで、この晩のことを思い出し、頭を抱えながら涙を流すオーティスに、医師は部屋にある物を選べと指示。

「あんたは頭が良いと思っているみたいだけど、バカだぜ。俺に言う通り演じさせてるつもりだろうけど、効果的かどうかは子供の時から役者やってる俺には直ぐ分かる。こんなこと下らない!」

「もう1つ何か選んで」

「…。親父がくれた唯一価値のあるものは、痛みなんだ。あんたはそれを取り上げようとするのか?」

1995年。息子を殴った後、ジェームズはストリップバーでお酒を飲み麻薬に手を出し、ハイになって時間を過ごします。

一方、オーティスは、父親の仕打ちに同情する隣人の少女と平和な晩を過ごします。

翌朝モーテルの部屋へ戻ったジェームズは2人を見つけて因縁をつけ、少女に殴られます。

散々毒づいた後、ジェームズは、息子から雇っていると言われたことが傷ついたと静かに話します。

「お金を渡さなかったら、お父さんは僕と一緒に居てくれない」

その言葉に肩を震わせて泣き出すジェームズ。

「俺を批判するのを止めたら、知っていること全てをおまえに伝える」

オーティスは頷いて了承します。2人拳を合わせた手の甲に、ジェームズはキスをします。

高速道路脇の茂みにマリファナを栽培したこと、人は皆恨みを抱えていること、そして、オーティスがアルコール中毒の家系であると認識するようジェームズは話します。

手渡したマリファナを吸って咳き込む息子をジェームズは抱きしめます。父親の抱擁とマリファナで一時の幸せを感じるオーティス。

2005年。「簡単な解決方法はないけれど、ここからスタートになるわ」そうモレノから言葉を掛けられたオーティスは、今も同じモーテルに住む父親を訪ねます。
久しぶりの再会に親子は抱擁。ジェームズは、自分に腹を立てる人はおらず、それだけを昔から望んでいたと明かし、いつかオーティスにもそれが分かる日が来ると話します。

「お父さんの映画を撮る」「マシな話にしてくれよ」

オートバイで夜の道路を走りながら、後ろに父親を乗せているような思いに駆られたオーティスの顔に笑みが浮かびます。

スポンサーリンク

映画『ハニー・ボーイ』の感想と評価


(C)Amazon Studios

『ハニー・ボーイ』は、幼少時代に実父から受けた虐待でトラウマを抱えて成長したシャイア・ラブーフが過去と向き合い乗り越えるまでを描いた物語です。

ラブーフは、業界や映画通から俳優として高い評価を得ていましたが、飲酒や麻薬で問題を起こし続け、役者を続けることが困難な状況になっていました。

逮捕した警察官が刑務所ではなく精神科の治療が必要だと判断し、セラピーを受けることになったことが、この映画の誕生へ繋がっています。

唯一この頃まだ自分と口を聞いてくれていた親友アルマ・ハレルにセラピーを受けている間に書いた脚本を送ったら、映画にしようと言葉をかけてくれた

そう話すラブーフは、当初全く出演するつもりは無かったものの、父親の役を演じるなら監督をやるとハレルが条件を出し、「モーテルから出なきゃだめよ。お父さんに会いに行ってらっしゃい」と勧められたことを明かしています。

痛くて健気で悲しくて仕方がない物語であるにも拘わらず、ラブーフが評した通り愛に溢れた作品。

子供が親に愛情を求めるのは当たり前ですが、ジェームズもまた息子を何にも代えられないほど愛しています。しかし、自分の心に抱えた闇の方が深すぎて手が回らないで状態。

闘牛の間に登場する道化師の仕事(ロデオ・クラウン)をしていたジェームズは、オーティスを誇りに感じる一方で、自信の欠片もない自分の存在感を馬鹿にされた時12才の息子を殴り、断ったはずのお酒に手を出してしまいます。

しかし、結局、その溝を埋めようと歩み寄るのもオーティス。子供は、どんな親も許し続ける姿を『ハニー・ボーイ』は描いています。

ラブーフが7年間口を聞いてなかった父親と実際に対面した時の様子は、本作のエンディングにそのまま反映されました。

12才と22才のラブーフをそれぞれ演じたノア・ジュープとルーカス・ヘッジスは、最初から最後まで観客を引き込むパワフルな演技力を披露。

ルーカスはスキルを持つ役者で将来大きく成功する。彼の徹底した役作りは、他に見たことがない。毎日僕の家に来てクローゼットをあさり、朝起きると台所に居て観察。だんだんその凄さに怖くなり、そのうちノアまで住みついたから僕は他へ滞在し、2人が僕の家に住んでいた」とラブーフは撮影前のエピソードを紹介。

遠ざけていた父親を演じる勇気は計り知れませんが、その為に父親の心情へ深く分け入らねばならなかったラブーフは、人生が思うようにいかない父親の寂しさや孤独を理解することに繋がり、この映画製作後、親子関係を取り戻せたそうです。

自由になった気がする」と穏やかな表情で心境を述べたラブーフは、「痛みを無駄にするな。自分にとって利用価値があるものなんだ」と依存症を持つ親や家族との問題を抱えて悩む観客へメッセージを贈っています。

親と子供の間には多かれ少なかれ確執が存在し、ジェームズ・ディーンの『エデンの東』(1955)から昨年公開の『ガラスの城の約束』(2019)まで多くの映画で取り上げられている普遍的なテーマです。

まとめ


(C)Amazon Studios

無職の父親・ジェームズとモーテルに住み家計を担うオーティスは、12才の子役です。もっと父親らしくあって欲しいと望むオーティスですが、ジェームズは断酒したことが精一杯で人並みの父親になる術を持ちません。

オーティスはトラウマを抱えたまま成長。自身もアルコール依存症となりセラピーを受けていたある日、過去から引きずってきた痛みに向き合います。

ラブーフが書いた脚本を読んだ実生活の友人や俳優仲間の協力で映画化された『ハニー・ボーイ』は、愛された僅かな記憶を頼りに親を許し続ける子供の姿を描いた作品です。


関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『轢き逃げ 最高の最悪な日』あらすじネタバレと感想。水谷豊が作るサスペンス作品

映画『轢き逃げ 最高の最悪な日』は、5月10日(金)より全国公開! タップダンサーの子弟物語を描いた『TAP THE LAST SHOW』に続いて、俳優の水谷豊が監督を務めた第二弾。本作で水谷豊は、自 …

ヒューマンドラマ映画

映画『12か月の未来図』あらすじと感想レビュー。フランスの教育格差の現実を描く意欲作

映画『12か月の未来図』は岩波ホールにて2019年4月6日(土)より公開。 フランス社会で深刻な問題になっている教育格差に、改めてスポットを当てた映画『12か月の未来図』。 昨今、教育問題を題材にした …

ヒューマンドラマ映画

映画『オール・アイズ・オン・ミー』あらすじとキャスト!実話の感想は

1996年9月13日に若干25歳でこの世を去った2PAC。 エミネム、スヌープ・ドッグ、ドクター・ドレーは惜しみないリスペクトを見せ、死してなお、多くのアーティストや音楽ファンを魅了し続けるトゥパック …

ヒューマンドラマ映画

映画『家族のはなし』あらすじネタバレと感想。原作鉄拳のパラパラ漫画も楽しめるリンゴ農家のストーリーとは

映画『家族のはなし』は、11月23日より全国公開! 『家族のはなし』の主人公である拓也に『悪人』や「銀魂」シリーズの岡田将生、彼と徐々に疎遠になってしまう両親に時任任三郎と財前直見。 そして、何かと拓 …

ヒューマンドラマ映画

白石和彌映画『ひとよ』あらすじと感想レビュー。佐藤健×鈴木亮平×松岡茉優のらしくないダラしなさは新鮮

映画『ひとよ』は、11月8日(金)より全国ロードショー! 女優で演出家でもある桑原裕子が主宰する「劇団KAKUTA」が2011年に初演したヒューマンな舞台を映画化。 次男役を佐藤健、長男役を鈴木亮平、 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP