Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2017/09/13
Update

映画『サラバ静寂』吉村界人(ミズト役)演技評価と感想

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

“音楽が禁止された世界で、音楽に出会ってしまった若者たちはどこへ向かうか”
映画『サラバ静寂』の公開日は、2018年1月27日(土)より、渋谷ユーロスペースほか順次全国公開!

静かなるノイズ映画『サラバ静寂』で主演を果たしたのは、若手大注目の俳優・吉村界人!

2014年『PORTRAIT』にて初主演を務めて以来、長編映画では『太陽を掴め』にて初主演、ドラマでは『わにとかげぎす』『僕たちがやりました』など、数々の映画やドラマで大活躍です。

今回は映画『サラバ静寂』と、主演キャストの吉村界人に注目します!

スポンサーリンク

1.映画『サラバ静寂』の作品情報

【公開】
2018年(日本映画)

【企画・脚本・監督】
宇賀那健一

【キャスト】
吉村界人、SUMIRE、若葉竜也

【作品概要】
俳優としても知られる宇賀那健一監督の長編映画第4作となる作品。2008年の『発狂』や2016年の『黒い暴動❤』などは多くの映画祭でも高い評価されています。

俳優の浅野忠信と歌手のCharaの娘で、雑誌『装苑』モデルのSUMIREのスクリーンデビューにも注目。

2.映画『サラバ静寂』のあらすじ


(C)「サラバ静寂」製作委員会

音楽や映画、小説といった娯楽が一切禁止される法律「遊楽法」が施行された日本。

ネジ工場に勤務するだけのツマラナイ生活を過ごしていたミズトとトキオ。

ある日、2人は偶然にも根絶されたはずの音楽がたくさん保存されている廃墟を見つけました。

廃墟に通いつめることで音楽に魅了されていく2人は、未だに闇ライブが行われているという「サノバノイズ」の存在を知ります。

彼らはそこへ行くことを夢見て一緒に音楽制作に乗り出します。

そして、音楽を所持している罪で父親の命を奪われた女性ヒカリも、2人のいる廃墟へと歩みを向けていた…。

スポンサーリンク

俳優・吉村界人(ミズト役)プロフィール


映画『サラバ静寂』吉村界人

吉村界人(よしむらかいと)は、1993年2月2日に東京都渋谷に生まれた俳優。事務所はオフィス作に所属。

身長は173cmの体重54kgという均整のとれた身体で、血液型はAB型。家族構成は父親は元ボクサーで、母親は油絵を描いて、二人兄弟の弟です。

幼い頃にピアノやブルースハープの音楽演奏にも親しんだそうで、高校卒業後は、夜間の大学へ進学。学び舎からほど近くの古本屋に通いつめては本を読みあさり、映画を観続けた日々を過ごしたそうです。

2013年に、オフィス作が開催した初めてのワークショップオーディションに参加すると、500人以上の参加者から選ばれて事務所に所属となります。

映画『PORTRAIT』(2014)初主演デビュー!

2014年に内田俊太郎監督の映画『PORTRAIT』にて初主演を務めます。この作品のオーディションを受ける前は、大学を中退して1年間余り引き籠りな生活を送っていたそうです。

しかし、演じる主人公と吉村界人自身が重なって、これは自分が演じるべきだと強く思ったそうです。このことをきっかけに俳優人生が大きく変わっていくことになります。

【吉村界人のフィルモグラフィ(映画)】

2014年
『ほとりの朔子』(深田晃司監督)
『PORTRAIT』(内田俊太郎監督)主演
『25 NIJYU-GO』(鹿島勤監督)
『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』(犬童一心監督)
『百円の恋』(武正晴監督)西村役

2015年
『ズタボロ』(橋本一監督)リョウ 役
『夫婦フーフー日記』(前田弘二監督)
『おかあさんの木』(磯村一路監督)
『いいにおいのする映画』(酒井麻衣監督) 主演カイト役

『いいにおいのする映画』

2016年
『ちはやふる』(小泉徳宏監督)
『ディストラクション・ベイビーズ』(真利子哲也監督)
『ハッピーアイランド』(渡邉裕也監督)主演
『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』(宮藤官九郎監督)
『太陽を掴め』(中村祐太郎監督)主演

『太陽を摑め』

2017年
『牝猫たち』(白石和彌監督)
『獣道』(内田英治監督)
『お前はまだグンマを知らない』(水野格監督)轟一矢役
『関ヶ原』(原田眞人監督) – 松平忠吉役

また、これらの映画出演のみならず、吉村界人の類稀な持ち味のある独自の存在感は、ファッション業界からも注目されています。

その表現力こそが、数多くの映画やドラマで積み重ねられたものなのでしょう。

さて、このような俳優として注目される吉村界人は、映画『サラバ静寂』の監督を務めた宇賀那健一とも昔から交流があるそうです。

宇賀那健一が俳優出身の映画監督ということで互いに切磋琢磨する関係なのかもしれませんね。

吉村界人は宇賀那監督との映画に作りに関して次のように述べています。

「監督とは知り合いでしたので、やっと一緒に映画をできるんだ、と瞬間的には歓喜しましたが、その倍以上に冷静で、ちゃんと成し終えないと、という気持ちが押し寄せてきました。宇賀那監督、プロデューサーと三人で身を焦がしながら、渇望してました。今、静寂してる時間はなかったので。主人公ミズトは、作品の普遍でありストーリーテラーをしながらも、絶え間なく人生に枯渇した様な空気が流れて来るように考えました。共演した竜也、SUMIREの青い炎であろうと思いました。」

吉村界人が俳優として、どのように宇賀那健一監督とコミュニケーションを図ったのか興味が湧くコメントですね。

その辺りは冒頭にご紹介した『サラバ静寂』のメイキング映像でも、その様子の一端を感じられたのではないでしょうか。

知人として交流がある宇賀那監督だからこそ、身を焦がし合いながらもぶつけ合った情熱があったのではないでしょうか。

映画でどのような演技を見せたのか吉村界人の演技力に要注目です!

まとめ

映画『サラバ静寂』の公開日は、2018年1月27日(土)、渋谷ユーロスペースほか順次全国公開予定。

吉村界人主演のほか、共演者には『葛城事件』に出演した若葉竜也や、映画初デビューの浅野忠信の娘でモデルのSUMIREも脇を固めています。

ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『たまゆらのマリ子』感想レビュー。瀬川浩志監督がオリジナル脚本で挑む現代社会に潜んだ日常

友人や夫に裏切られた主婦、マリ子の暴走を描いた人間ドラマ『たまゆらのマリ子』。 普通に生きる事を強要されているとも言える、現代の日本において、誰もが抱える不満やストレス、隠し持った本音の危うさを、鋭い …

ヒューマンドラマ映画

映画『ウィーアーリトルゾンビーズ』あらすじネタバレと感想。LOVESPREADが担当した楽曲がエモい感情を掻き立てる

生きてるのに死んでる。それは感情のないゾンビみたい。 偶然、同じ火葬場で出会った両親を亡くした子供たち。彼らの共通点は泣けないこと。 彼らは感情を失くしたゾンビなのだろうか? 自分の心を取り戻すため4 …

ヒューマンドラマ映画

『ニューシネマパラダイス』動画無料視聴はこちら!結末ネタバレと感想も

ジュゼッペ・トルナトーレ監督作品『ニュー・シネマ・パラダイス』の日本公開は、イタリアから遅れること翌年1989年12月16日に、東京のミニシアターのシネスイッチ銀座でした。 史上空前の40週間ロングラ …

ヒューマンドラマ映画

映画『PLAN 75』あらすじ感想と評価解説。“SF現代版姥捨て山”を早川千絵監督が再び描く

映画『PLAN 75』は2022年6月17日(金)より新宿ピカデリーほか全国公開。 75歳を迎えた人々に「命の選択」を与える国の政策が実行された社会を描く『PLAN 75』。 「姥捨て山」の物語を現代 …

ヒューマンドラマ映画

大映男優祭を特集上映!『座頭市』『炎上』など代表作のあらすじ紹介

4月14日(土)~5月11日(金)まで角川シネマ新宿にて「大映男優祭」を開催。 “その男たちは、清らかで、美しい――”と、あのしっとりと艶やか湿度をもった大映作品の中から、2017年の「大映女優祭」に …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学