Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2020/02/23
Update

映画『スキャンダル』ネタバレあらすじと感想。実話のセクシャルハラスメント事件を基に女性の生き方を描く

  • Writer :
  • 西川ちょり

全米最大のTV局FOXニュースを揺るがせた女性キャスターのセクハラ騒動の全貌が明らかに!


2016年に、アメリカで視聴率1位を誇るニュース放送局「FOXニュース」で実際に起きたセクシャルハラスメント事件を題材にした映画『スキャンダル』

シャーリーズ・セロン、ニコール・キッドマン、マーゴット・ロビーの豪華共演が実現! ジョン・リスゴーがFOXニュースのCEOロジャー・エイルズに扮しています。

第92回アカデミー賞では、カズ・ヒロがメイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞しました。

スポンサーリンク

映画『スキャンダル』の作品情報


(C)Lions Gate Entertainment Inc.

【公開】
2020年公開(アメリカ映画)

【原題】
bombshell

【監督】
ジェイ・ローチ

【キャスト】
シャーリーズ・セロン、ニコール・キッドマン、マーゴット・ロビー、ジョン・リスゴー、ケイト・マッキノン、コニー・ブリットン、マルコム・マクダウェル、アリソン・ジャネイ

【作品概要】
2016年に起こったアメリカのケーブルテレビ局FOXニュースにおける女性キャスターへのセクハラ騒動をシャーリーズ・セロン、ニコール・キッドマン、マーゴット・ロビーという豪華共演で映画化。

脚本は『マネー・ショート 華麗なる大逆転』でアカデミー賞脚本賞を受賞したチャールズ・ランドルフが手掛け、『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』のジェイ・ローチが監督を務めた。

第77回ゴールデン・グローブ賞主演女優賞【ドラマ部門】ノミネート(シャーリーズ・セロン)、助演女優賞ノミネート(マーゴット・ロビー)

第92回アカデミー賞主演女優賞ノミネート(シャーリーズ・セロン)、助演女優賞ノミネート(マーゴット・ロビー)、メイクアップ&ヘアスタイリング賞ノミネート(カズ・ヒロほか)

映画『スキャンダル』あらすじとネタバレ


(C)Lions Gate Entertainment Inc.

メーガン・ケリーはアメリカのケーブルテレビで視聴率No.1を誇るFOXニュースのアンカーウーマンで、人気実力と共にトップに君臨していました。

彼女は、共和党の大統領候補者の討論会の進行係を務めた際、ドナルド・トランプの女性問題に踏み込み、トランプの怒りを買います。トランプはその夜、十数回もツイッターを更新し、メーガンを批判しました。その後、メーガンはトランプの狂信的支持者からの憎悪に悩まされることになります。

朝のニュースの顔として活躍してきたベテランキャスター、グレッチェン・カールソンは、番組を降板させられ、昼の視聴率の低い番組のキャスターに甘んじていました。

原因ははっきりしていました。FOXニュースのCEOロジャー・エイルズからのセクシュアルハラスメントに抵抗したせいでした。

彼女の下で働くケイラ・ポスビシルは、スターキャスターを目指しており、グレッチェンを尊敬しながらも彼女に見切りをつけます。

ある日、軽い気持ちでロジャーに挨拶に行くと、彼は彼女をメインキャスターにすることをチラつかせながら、スカートを持ち上げることを強要しました。ロジャーは「忠誠心」という言葉でケイラにせまり、ケイラは断ることができず言われるままにスカートをたくしあげました。

動揺したケイラは仲のいい同僚で、実はレズビアンで民主党支持者のジェスに相談しようとしますが、彼女は状況は理解してくれますが、「あなたのためにも私を巻き込まないで」と警告します。

2016年5月。メーガンは一年以上続いたトランプとの確執にピリオドを打つため、トランプと手打ちします。

ケイラはその後も忠誠心という名のセクハラを続けるロジャーを拒めず、その代償としてキャスターの地位を手に入れます。

一方、グレッチェンは番組終了後に呼び出され、クビを言い渡されます。グレッチェンは弁護士に電話をし、ロジャーをセクハラで訴えることを決心します。

グレッチェンがロジャーを訴えたことがメディアでセンセーショナルに報じられ、メーガンもケイラも自身の体験を思い動揺します。

メーガンはすぐにロジャーを擁護しセクハラなどないと番組で発言するよう指示を受けますが、彼女は沈黙を貫きます。人々はメーガンが契約更改の最中なので、契約金を釣り上げるために黙っているのではないかと噂しました。

グレッチェンは必ず自分以外の女性からも声があがるはずと踏んでいましたが、FOXニュースの女性たちは躊躇していました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『スキャンダル』ネタバレ・結末の記載がございます。『スキャンダル』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ケイラはロジャーからセクハラを受けているのではないかとメーガンから指摘され、なぜわかったのかと驚きます。メーガンは自分もそうだったからわかる、もう何年も前のことだけれど、と答え、ケイラはどうしてその時、声をあげなかったのですか、その後も被害を受ける人がいるとわかっているのに、とメーガンを責めました。

ロジャーは全面否認し、局内ではロジャーを恐れ、誰もグレッチェンのあとに続くものはいないだろうと見られていました。

しかし、6人の女性が、ロジャーがFOXチャンネルを創設する前にセクハラ被害を受けたと名乗り出ます。中には16歳のときに被害を受けたと告白する女性もいました。

そしてついにメーガンも自身もセクハラを受けたことを調査をすすめているポール/ワイス弁護士事務所に訴え出ます。それはマスコミで大々的に報道されました。

グレッチェンとメーガンは決して良い関係であったわけではなかったので、グレッチェンは驚きますが、メーガンが立ち上がったことで大きく流れは変わっていきます。

ケイラも被害を訴える決心をします。メーガンが証言したときには既に二十数名の訴えが出ていました。

ロジャーはグレッチェンをFOXニュースで攻撃するよう命じますが、弁護士にいさめられます。しかしロジャーの怒りはおさまりません。

そんなロジャーのもとにグレッチェンがここ一年の全ての会話を録音していたことが報告されます。彼女はくびになる前から周到な準備をしていたのです。

なぜ、今まで公表していなかったのかとロジャーに尋ねられた弁護士は、あなたに先に否認させ信用を失わせるための作戦だったのだと答えました。

そんな矢先、さらなる衝撃的な続報が流れました。ロジャーがメディオ王として知られるルパート・マードックから解雇を言い渡されたのです。

ロジャーは、自分は女たちに仕事を与え、世に出した貢献者なのだと主張しますが、マードックは誰も君の話には関心を示さないと言って、彼に金を払い解雇します。FOXニュース社の人気キャスター、ビル・オライリーのセクハラも明らかになり、同時に解雇されました。

その後、弁護士同士の話し合いでグレッチェンとロジャーは和解し、グレッチェンは賠償金を得る代わりに、過去の詳細については口を閉ざすという契約を結びました。

メーガンは共和党大会を取材し、FOXニュースのアンカーウーマンとして現在も活躍を続けています。

「ここに残るのはこれに耐えること? それとも変えていける?」ケイラは自問していました。ロジャーは去りましたが、マードックは、FOXニュースはこれまで通り継続することを宣言し、事態を修復させていました。

ケイラは、新たな場所に活躍を見出そうとFOXニュースの退社を決めるのでした。

スポンサーリンク

映画『スキャンダル』の感想と評価


(C)Lions Gate Entertainment Inc.

アメリカのFOXニュースのCEOロジャー・エイルズに対するセクハラ訴訟は、2017年10月に始まったハーヴェィ・ワインスタインによる過去のセクハラ暴露騒動とその後の「#MeToo」運動の先駆けとなったものです。

まだ数年しかたっていない実際の出来事をこれほどスピーディーにエンターティンメント作品に仕上げるのはアメリカ映画ならではの強みでしょう。テーマを深めるため映画オリジナルな登場人物も付け加えられていますが、ほとんどが実在の人物をモデルにしており、事実に忠実に描かれています

被害者のグレッチェン・カールソンは、ロジャー・エイルズと和解する際、過去の詳細を語らないという条件を飲みました。しかし、この事件をもっと世間にしらしめなければならないと考えた人物がいました。

アダム・マッケイ監督のリーマンショックの裏側を描いた映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』の脚本家・チャールズ・ランドルフです。

『マネー・ショート』は、ときにトリッキーな方法をとって、難しい経済問題を素人が見てもわかりやすいように解説していましたが、本作でも、冒頭、FOXニュースをはじめ、アメリカ保守派陣営の大半が入るビルを、シャーリーズ・セロン扮するFOXニュースの看板キャスター、メーガン・ケリーに歩かせ、案内人として映画の背景をわかりやすく説明してくれます。

FOXニュースは、メインキャストのひとり、マーゴット・ロビーが扮する女性の家族がそうであるように、一日、つけっぱなしにして観ている家庭も多いという保守層に圧倒的な人気があるチャンネルです。

トランプ大統領がまだ大統領候補だった際には、FOXニュースは決して彼を応援していなかったという事実に驚きますが、なによりもFOXニュースという職場で働く女性たちの実態が克明に描かれています。

ロジャー・エイルズは、保守層の男性視聴者にアピールするために、女性たちには、パンツでなくスカートをはくよう、しかももっと短いスカートをはくよう促し、カメラマンには脚線美をアピールするように映せと徹底的に指導していました。

また、女性の権利問題に直面すると男性から「君たちはフェミニストなのか?」と問われ、皆が、違いますと応える場面もいくつかありました。私たちは女の権利などと高らかに宣言して男性と闘う気はない、「フェミニスト」と呼ばれたくないという保守派の女性たちの姿が描かれています。

勿論、保守派の女性が皆、そうだというわけではないでしょう。中には、本当は民主党支持でレズビアンという社員もいて、彼女はそれがバレたらクビになるとひた隠しにしています。この女性を演じたケイト・マッキノンが実にいい味を出しています。

リベラルな思想の主人公による、正義感溢れる痛快な物語というのではなく、女性たちの複雑な心理描写に大きく焦点をあてているところが本作の特徴です。

喉から手が出るほどほしいポジションをちらつかせ、ほしかったら自分と付き合えと迫ってくる男性上司に対して、女性が実際に応える言葉と心の声を交互に重ねるシーンなどは、チャールズ・ランドルフならではのユニークさで、重要な問題を伝えるのにとても効果的です。

マーゴット・ロビーが演じるケイラは映画のオリジナルなキャラクターだそうですが、これは、実際にセクハラを受けた人のデリケートな問題が絡んでくるからでしょう。他に誰もいない場で上司に命令されるがまま、それに応じてしまい、自分を汚れてしまったと感じる彼女。

告発することで、立場がどう変わるかと恐れたり、セクハラを許したことを後悔する一方で仕方がなかったのだと正当化してみたりと、複雑な心理が吐露されます。それは局の看板キャスター、メーガン・ケリーも同様です。

また、全ての女性がロジャーを糾弾するわけではなく、ロジャーに反旗を翻す女性とロジャーを守ろうとする女性たちに二分化していく様なども大変リアルです。

どのようにして日々、女性たちが、働いており、どのような葛藤を抱いて毎日を乗り越えているのかが、可視化されていることが、この作品を並のエンターティンメントとは一線を画するものにしています。

まとめ


(C)Lions Gate Entertainment Inc.

上司のセクハラを拒否したために看板番組から降ろされ、挙げ句に理由もなくクビにされたため、訴訟を起こした女性、グレッチェン・カールソンを演じたのは、ニコール・キッドマンです。

大きな組織の実力者をたった一人で訴えた勇気ある女性を、抑えた演技で表現しています。訴訟の際に見せる冷静さもさることながら、閑職においやられながらも、懸命に結果を出そうとする一人の女性キャスターの人間味も見事に表しています。

FOXの看板キャスター、メーガン・ケリーはアメリカでは知らぬものはないと言われるほどの有名人ということで、シャーリーズ・セロンはカズ・ヒロによる特殊メイクを施し、彼女自身になりきりました。どんな時にも冷静で、格好良い様は、映画の中でも同僚の女性が「かっこよかったわ」と溜息をつくほどです。

また新進キャスターに扮したマーゴット・ロビーの初々しさに溢れた様にも触れておきましょう。タランティーノの『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』で演じたシャロン・テートも実に愛らしく魅力的でしたが、今回の役柄も負けていません。

それ故に、セクハラシーンは非常に痛々しく彼女の気持ちが伝わってきます。スターキャスターに扮したニコールとセロンとは違い、身近な存在に感じられるキャストとして、マーゴット・ロビーに感情移入する人も多いのではないでしょうか。

ニコール・キッドマンとシャーリーズ・セロン、マーゴット・ロビー3人が一同に揃う場面は実は一箇所しかありません。たまたまエレベーターで3人は一緒になるのですが、ほとんど会話もかわされないその僅かな時間に、組織内で置かれたそれぞれの立場や様々な感情が顕になり交錯します。非常に緊張感のある見応えのあるシーンです。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

ルイ・マル映画『ダメージ』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

今回ご紹介する映画は『ダメージ』(1992)です。 監督は『死刑台のエレベーター』(1958)や『地下鉄のザジ』(1960)など、恋愛劇から社会派まで幅広い作品を世に送り出したフランスの巨匠ルイ・マル …

ヒューマンドラマ映画

映画『英国総督 最後の家』あらすじと感想レビュー。グリンダ・チャーダ監督はなぜこの作品を作ったのか

映画『英国総督 最後の家』は、8月11日(土・祝)より、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー! 1947年、英国からの独立前夜。混迷を深める激動のインドで、歴史に翻弄された人々を鮮やかに描いた感動のド …

ヒューマンドラマ映画

白石和彌映画『ひとよ』あらすじと感想レビュー。佐藤健×鈴木亮平×松岡茉優のらしくないダラしなさは新鮮

映画『ひとよ』は、11月8日(金)より全国ロードショー! 女優で演出家でもある桑原裕子が主宰する「劇団KAKUTA」が2011年に初演したヒューマンな舞台を映画化。 次男役を佐藤健、長男役を鈴木亮平、 …

ヒューマンドラマ映画

映画『Fukushima 50』あらすじネタバレと感想・評価。佐藤浩市らキャストが語る“今”痛みを描く意味とは

映画『Fukushima 50』は2020年3月6日(金)から全国ロードショー 2011年3月11日午後2時46分、マグニチュード9.0、最大震度7という日本の観測史上最大となる地震が起こり、太平洋沿 …

ヒューマンドラマ映画

映画『新宿スワン』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

演技派で知られる綾野剛。いよいよ、2017年1月21日から『新宿スワンⅡ』の公開されます。 今回は前作『新宿スワン』をご紹介。監督は園子温。 ベルリン国際映画祭での受賞経験を持つ園子温監督の新たなチャ …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP