Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ドラマ映画

Entry 2017/09/16
Update

『二重生活』動画無料視聴はU-NEXT!ネタバレ感想とラスト考察

  • Writer :
  • 山田 苺

無作為に選んだ相手をただ尾行する”だけ”という、ソフィ・カル著『本当の話』からのアイデアを使い、修士論文のために他人の生活を覗き込んでしまう女子大生…。

映画『二重生活』に登場する女子大生の白石珠役を『ナミヤ雑貨店』などに出演の門脇麦が熱演。

今回は門脇麦主演の『二重生活』をご紹介します。

東京の閑静な街から雑踏に至るまでひたすら追いかける映像も密かな見どころ!

スポンサーリンク

1.映画『二重生活』の作品情報


(C)2015「二重生活」フィルムパートナーズ

【公開】
2016年(日本)

【監督】
岸善幸

【キャスト】
門脇麦、長谷川博己、菅田将暉、リリー・フランキー、烏丸せつこ、篠原ゆき子、西田尚美

【作品概要】
小池真理子の原作小説を、『あゝ、荒野』の岸善幸監督により映画化し、ドキュメンタリー出身ならではの生々しいカメラワークに、どんどん他人の私生活にのめりこんでしまう心理をつぶさに描き出しています。

劇伴もあえてサスペンスな曲調ではなく、どこか優雅ささえ漂わせていることによって、確かに全く新しい心理エンターテイメントとなっています。

▼▼U-NEXTで映画『二重生活』はご覧いただけます。
『二重生活』を今すぐ見る

2.映画『二重生活』のあらすじとネタバレ


(C)2015「二重生活」フィルムパートナーズ

大学院生で哲学を学んでいる白石珠は、ゲームデザイナーの卓也と、東京の閑静な住宅街にあるアパートで同棲をしています。

珠は修士論文のテーマを見せるために篠原教授の研究室に顔を出します。

篠原は珠にアドバイスとして、無作為に選んだ対象者を尾行し、行動を観察・記録する「哲学的尾行」を提案し、これにより人間とは何なのかを考察したらどうかと指導されます。

珠はそんな理由なき尾行の提案に最初は躊躇っていましたが、立ち寄った本屋に近所の立派な一軒家に住むエリート編集者・石坂をたまたま見つけたことで、早速尾行を実践してみることにします。

卓也からの電話も適当にあしらってしまうほど、知らず知らずのうちに尾行にのめり込む珠は、石坂に続いてカフェに入ります。

なんと石坂は妻子ある見にもかかわらず、ここで女性と密会していたのです。

カフェを出た後も後をつけると、石坂と愛人は、突然、裏路地に消えていき2人は屋外にも拘らず身体を重ね合っていました。

唖然とする珠ですが、ついつい何度もその前を通り過ぎるフリをして、2人の様子を覗き見してしまいます。

ことが終わると、石坂はタクシーに乗って去ったので、尾行の対象を愛人に変えます。

彼女の住居が分かり、名前をネットで調べると、そのしのぶという女性はデザイナーとして活躍している女性でした。

珠は家に帰ると、アパートの大家が、石坂のことについてべらべらと喋り、珠は偶然にもあらかた彼の情報を仕入れることに成功します。

珠は卓也の話も聞かず、論文の執筆に取り掛かり始めます。

次の日、珠は編集者から石坂が出てくるのを待ち伏せしています。

彼は喫茶店で作家と現行の打ち合わせを始め、帰りに家族にケーキをお土産ろして購入したのち戻ります。

その際、愛人から電話がかかると、会話の内容から後日恵比寿のホテルにて逢引することが分かります。

一方、篠原は自身の母の見舞いに訪れ、既に余命いくばくも無い母に、妻を紹介します。

母の喜ぶ顔を見る篠原はどこかうかない表情ですが、やってきた看護師に、3人で写真を撮って欲しいと頼みます。

休日、石坂の家をアパートのベランダから観察していると、家族揃って出かけていくのを見つけます。

卓也にどこに行くのかと聞かれても、あいまいな返答しかしない珠に、彼の表情は翳ります。

石坂は家族との水族館に訪れますが、彼はその際にも隙を着いて愛人のしのぶと連絡を取り合っていました。

そして逢引当日、ホテルのフロントに怪訝な目で見られながらも、珠は2人の尾行を続けます。

しかしホテルを出て、レストランで食事をしている際、しのぶは怒って出て行きます。

さらにレストランの傍には、石坂の妻子がその一部始終を見ていました。

妻は激怒し、娘を置いて歩きさってしまい、状況に追いつけない珠は迷った挙げく妻を対象に変えて尾行を続けます。

妻は自棄酒をしながら、深夜の東京を徘徊しつづけ、誰もいない公園で泣き崩れるのでした。

そして石坂家では事件が起こります。

妻が薬を飲んで自死を図り、閑静な住宅にサイレンが響き渡りました。

珠は家を飛び出し、野次馬に紛れていた大家と担架で運ばれる妻を見てますが、その際石坂と目が合ってしまいます。

翌日、駅で石坂がたまに接触してきて、妻に頼まれて尾行しているのかと詰め寄ります。

哲学的尾行の事は言えず、ただ何も教えれないというと珠は全速力で駅のホームへ逃げ込み、電車に乗って逃げ切ります。

対象者に接触してはいけない決まりだったので、動揺した珠は篠原に至急連絡を入れます。

しかし彼は母の最期に立ち会っているところでした。

篠原は一緒に立ち会っている妻に「終わりました」と力なく言いますが、妻は母を前に泣き崩れます。

帰宅した珠を無表情で見つめる卓也。そんな時、大家から番号を知り得た石坂から電話がかかってきて、会って話そうと提案してきます。

この電話を教授からだと珠はごまかしますが、卓也にウソだと見透かされます。

正直に尾行のことを話しても、理解してもらうことができなかった珠は泣くことしかできません。

後日、石坂に尾行の件をきちんと話すも、彼はずっと珠に否定的な態度をとり、自分のことを論文にするなと言い出します。

飲み屋で酒を飲む2人ですが、珠ここで尾行をしているとき、自分はどこか見らされていたと、正直に告白し論文を書かせて欲しいと懇願します。

挙句珠は酔いもあって石坂とホテルへとなだれ込んでしまいます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『二重生活』ネタバレ・結末の記載がございます。『二重生活』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ベットに入りまぐあう2人でしたが、寸でのところで石坂の娘からメールが来たことで、互いにシラけてしまい正気に戻ります。

ベットの隅で腰をかけた珠は、ぽつぽつと自分の身の上話を始めます。

彼女の父は8歳の頃になくなりましたが、その父の親友は、彼女が始めて好きになった男性でした。

その男性も病気で亡くなってしまったことから、自分の大切な人がいなくなっていくことで、ずっと虚無感を感じずにはいられないと言います。

そしてその虚無感は、石坂を尾行することで解消できると思っていました。

しかし石坂は、まるで珠がうぬぼれているかのように冷たく突き放し、この世に満たされている人間なんかいないのだと断言します。

それでも石坂は、論文のことは認めてくれました。

ところが2人がホテルから出てくるところを、卓也は目撃していたのでした。

論文は無事に完成し、篠原にも非常に好評でしたが、まだ尾行を続けるべきだとアドバイスします。

そこで珠は対象者を篠原に切り替え、彼の妻とのつましい生活を記録します。

卓也は珠を呼び出し、引越しすると告げると、珠は泣きすがることもせず、久しぶりに卓也の近状を聞いたりするのでした。

卓也が越した殺風景な部屋で、論文で向き合う珠はそこで初めて涙するのでした。

季節は夏、冬へと移ろい、珠の論文はとうとう完成します。

篠原は珠の論文をほめますが、対象者B(篠原)に関しての記述に誤りがあるといい、封筒を渡すとそれを使って修正をするように言います。

中には「代行エージェント」と書かれた名刺と劇団のチケットが入っていました。

篠原の妻はお金で雇った代行者だったのです。

その代行者の舞台を目にした珠は、自分が尾行していたときとは全く違う人物になっていて驚くばかりでした。

後日、珠は篠原の研究室に向かいますが、篠原は自死を図っていました。

春になり、アパートを引き払った珠は、道中仲睦まじい石坂一家を見つけます。

白石珠は理由なき尾行をしたことで、自分を他人に置き換えることが出来たのです。

そこから見えて分かったことは、満たされた人間はいないし、そんな苦痛を少しでも軽くしてくれるものが秘密であると論文をまとめていました。

珠は東京のスクランブル交差点で、篠原のような人物を見つけると、微笑んで雑踏の中へ向かっていくのでした。

スポンサーリンク

3.映画『二重生活』の感想と評価


(C)2015「二重生活」フィルムパートナーズ

原作では登場する人物が登場しなかったり、ストーリーにオリジナルの部分が出てきたりと脚色もいくつかありますが、一番良かったと思った脚色がラストシーンです。

原作のネタバレはここでは言及しませんが、映画と違ってややサスペンス調で終わります

映画は石坂を対象にしているときはサスペンス寄りですが、篠原を対象(これも原作にはない脚色)にしているときは、かなりドラマ寄りの話になっているのです。

ゆえにあのラストになるのでしょうが、個人的にあの穏やかでどこか前向きなところさえ見て取れるラストシーンに感動してしまいました。

原作が化けたとは、このことを言うのかとさえ思いました。

しかし、篠原はなぜ自死をしたのでしょうか?

遺言も何もないし、明らに死んだシーンも無いので、そもそも本当に死んだかどうかも若干微妙なところもありますが・・・

珠はこの論文で、秘密を持つことは人生の苦痛を軽減できると書きました。

篠原は自分の妻が代行者という秘密を、珠に間接的ですが打ち明けたことによって、苦痛を軽減する秘密をなくしたと言えます。

残ったのは母と、代行者とはいえ妻と送った生活の喪失感でした。

珠の論文を読んで採点(90点代!)した後、彼は首をくくったので、彼の死は、論文を非常に高く評価していることへの表れとも言えるかも知れません。

スポンサーリンク

まとめ


(C)2015「二重生活」フィルムパートナーズ

この独特の脚色は、評価に個人差が分かれそうですが、珠が石坂の尾行にのめり込むのと同じように、私たち観客もその生活をもっと見たいと思うようになる不思議な画力があります。

ほとんどの画面が、人の目線で追いかけるので、散歩好きの人なんかは、意外なところで好きになる要素があるかもしれません。

また、今作は門脇麦初主演となっていますが、彼女の自然な魅力が非常に詰まってて素敵でした。

恋人役の菅田将暉も、他作で見られるハイテンションはどこへやらと言いたくなるほど、かなり落ち着いた様子なので、彼の新境地を見たい方もぜひ。

▼▼U-NEXTで映画『二重生活』はご覧いただけます。
『二重生活』を今すぐ見る

映画『二重生活』を安全かつ無料で見る方法はU-NEXTがオススメです。

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができますで、大変お得になっています。

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2017年9月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

スポンサーリンク

関連記事

ドラマ映画

映画『二コトコ島』『石と歌とペタ』あらすじとキャスト!感想レビューも

ユーモラス、かつソリッド!しりあがり寿、岡田利規ら各方面の表現者たちから絶賛をされる唯一無二の映像ワールド。 知られざる奇才といわれる大力拓哉と三浦崇志コンビ監督の代表作である、映画『二コトコ島』&『 …

ドラマ映画

ダンケルクあらすじとキャスト!実話が原作?【ノーラン監督映画】

クリストファー・ノーランが3年ぶりに手がけた『ダンケルク』は、2017年9月9日(土)に公開。 『インセプション』『ダークナイト』シリーズで、一躍知名度をあげた映画監督クリストファー・ノーラン。    …

ドラマ映画

2017年3月公開の洋画メジャー&ミニシアター系おすすめ映画4選!

(C)2016 CJ E&M CORPORATION, MOHO FILM, YONG FILM ALL RIGHTS RESERVED 2017年3月公開洋画作品からおすすめ映画を、Cin …

ドラマ映画

映画『月と雷』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

直木賞作家・角田光代の小説『月と雷』が映画化され、監督を『海を感じる時』の安藤尋監督が務めたヒューマンドラマとして公開されました。 主演には初音映莉子、高良健吾を向かえ、田舎町で起こる「普通ではない」 …

ドラマ映画

『三度目の殺人』映画撮影担当【写真家/瀧本幹也展】開催日時と場所は?

大ヒット上映中の是枝裕和監督の『三度目の殺人』にて映画カメラマンを務める瀧本幹也。 今回ご紹介するのは写真家として活躍する瀧本幹也の単独写真展「FLAME/SURFACE」のお知らせです。 広告写真や …

ココマルシアター招待券10名様プレゼント
日本映画大学