Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2019/07/19
Update

映画『シンク・オア・スイム 』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。逆転劇の実話を孤独な現代人へ贈るヒューマンコメディ

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』は2019年7月12日(金)より、新宿ピカデリーほか全国ロードショー!

スウェーデンに実在する、男子シンクロチームをモデルに、駄目な中年男達の逆転劇を描いた、ヒューマンコメディ映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』。

フランスで動員400万人突破を記録し、大ヒットした本作をご紹介します。

映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』の作品情報


(C)2018 -Tresor Films-Chi-Fou-Mi Productions-Cool industrie-Studiocanal-Tf1 Films Production-Artemis Productions

【公開】
2019年公開

【監督・脚本】
ジル・ルルーシュ

【脚本】
アメッド・アミディ

【製作】
アラン・アタル
ユゴー・セリニャック

【キャスト】
マチュー・アマルリック、ギョーム・カネ、ブノワ・ポールブールド、ジャン=ユーグ・アングラード、フィリップ・カトリーヌ、ビルジニー・エフィラ、レイラ・ベクティ、マリナ・フォイス、フェリックス・モアティ、アルバン・イワノフ、バラシンガム・タミルチェルバン

【作品概要】
「フランスのアカデミー賞」と呼ばれるセザール賞で、最多10部門にノミネートされた、ヒューマンコメディ作品。

うつ病が理由で、人生の希望を失った男が、男子シンクロチームと出会い奮闘する姿を描いています。

主演に、2005年の映画『ミュンヘン』や、2008年の映画『007 慰めの報酬』などに出演し、監督としても活躍するマチュー・アマルリック。

共演に2000年の映画『ザ・ビーチ』などで知られる、ギョーム・カネ。

ティエリーを演じた、フィリップ・カトリーヌは、本作でセザール賞の助演男優賞に輝いています。

映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』あらすじ


(C)2018 -Tresor Films-Chi-Fou-Mi Productions-Cool industrie-Studiocanal-Tf1 Films Production-Artemis Productions
ベルトランは、2年前からうつ病を患った事で、会社を退職し、自宅で引きこもりのような生活を送っていました。

妻の献身的な支えで、再就職先を探しますが、なかなか上手くいきません。

ある日、ベルトランは、娘の送り迎えで訪れたプールで、男子シンクロチームの、メンバー募集の広告を目にします。

ベルトランは何も考えず、男子シンクロチームに連絡をし、新たなメンバーとして加わります。

ですが、シンクロチームにいるのは、怒りっぽく自己主張の強いロラン。

プールの販売事業を営んでいますが、経営が上手くいかず自暴自棄に陥っているマルキュス。

内向的な性格で友達もおらず、女性経験もないティエリー。

ミュージシャンで成功する事を、25年以上夢見続けているシモンなど、癖のあるメンバーばかりでした。

元シンクロ選手で、コーチを務めるデルフィーヌも、何となくシンクロチームに参加してきたベルトランを簡単に受け入れるなど、投げやりな印象を受けます。

シンクロチームは、練習をした後、サウナルームで人生の愚痴をこぼし、酒場で飲んだくれる日々を送っていました。

そんなシンクロチームに、初演技の機会が訪れます。

水球の試合でのハーフタイムで、観客の前でシンクロパフォーマンスを披露する事になりました。

チームに加わったばかりのベルトランは、観客席で妻と共に、仲間のシンクロパフォーマンスを見て感動していますが、内容のレベルの低さに、妻は明らかに戸惑っており、観客の反応も微妙でした。

また、シンクロチームのメンバーは、それぞれ新たな問題に直面します。

ベルトランは、新たに見つけた家具販売の仕事先で、先輩従業員に酷い仕打ちを受けるようになります。

ロランは、自己主張の強さから妻に見捨てられ別居する事になり、マルキュスは経営の悪化から、従業員に給料を払う事が出来なくなります。

プールの管理を仕事にしていたティエリーは、新たな管理システムに仕事を奪われ、シモンは、いつまでも夢を追いかけている事で、娘に愛想を尽かされてしまいます。

それぞれ、現実から逃れるようにシンクロに取り組んでいましたが、ティエリーが、男子シンクロの世界大会の情報を見つけ、勢いで出場登録をします。

世界大会という目標に向けて、練習を重ねるようになったシンクロチーム。

ですが、コーチのデルフィーヌが、好意を抱いていた男性に、ストーカーのようにつきまとっていた事が発覚。

男性はプールに乗り込んで来て、デルフィーヌに一方的に別れを告げます。

デルフィーヌは、失恋のショックから立ち直れず、シンクロチームの指導など不可能な状態となります。

そこへ、新たな指導者として現れたのは、デルフィーヌの友人で、水球チームのコーチをしている、車椅子の女性アマンダでした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』ネタバレ・結末の記載がございます。『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。
甲高い声で罵声を発しながら、スパルタ式で進めていくアマンダの指導に、シンクロチームの心はボロボロに追い込まれていきます。

また、チームのコスチュームを揃える為に、マルキュスの万引き計画に加担したベルトランは、妻にバレてしまい、シンクロチーム自体に悪い印象を持たせてしまいます。

徐々にレベルアップしていくシンクロチームですが、水中に潜って全体を支える土台役がいない事が問題になります。

土台役は、水中で2分以上潜るほどの肺活量が必要で、50秒が限界のシンクロチームの中で、務まる者はいませんでした。

チームが深刻な問題に直面した中、ロランは老人施設に入居している母親の見舞いに行きます。

母親は精神状態が不安定で、ちょっとしたキッカケでロランを口汚く罵るようになっており、母親の前では我慢を重ねていた事が、ロランが怒りっぽくなった理由の1つでした。

老人施設の待合室で悩むロランに、施設で働くジョンが話しかけてきます。

ジョンは「辛い事もある」と、ロランに理解を示し、自分も朝の老人の匂いが耐えられず、常に息を止めて仕事をしている事を話します。

ロランは、その話を聞き、ジョンをシンクロチームの土台役にスカウトします。

シンクロチームにジョンが加わり、練習に熱が入りますが、アマンダの厳しい指導に、メンバーの不満が爆発。

ロランは、アマンダを車椅子から突き飛ばし、プールの中に落とします。

アマンダも復讐とばかりに、シンクロチームを2時間サウナ室に閉じ込め、再びチームがバラバラになります。

そんな時、ティエリーの熱心な説得で、デルフィーヌがコーチとして戻って来ます。

デルフィーヌは「チームに必要なのは対話」と主張し、詩の朗読でチームの心を1つにまとめます。

そして迎えた、世界大会当日。

ベルトランは、家族の理解を得られないまま会場へ向かいます。

世界大会は、ハイレベルな戦いが繰り広げられますが、ベルトラン達はシモンが考えた音楽と、照明の演出でシンクロパフォーマンスを披露し、見事金メダルに輝きます。

ベルトラン達が、シンクロの世界大会で優勝した事実は、すぐにはニュースになりませんでしたが、世界大会の様子を見ていた家族に、ベルトランは暖かく迎えられるのでした。

映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』感想と評価


(C)2018 -Tresor Films-Chi-Fou-Mi Productions-Cool industrie-Studiocanal-Tf1 Films Production-Artemis Productions
本作は、大きく分けて3部構造となっており、それぞれが効果的な意味を持ち、テイストも変わっているという面白い構成になっています。

ここでは、それぞれのパートについて、考察していきます。

登場人物の紹介となっているシリアスな前半パート


(C)2018 -Tresor Films-Chi-Fou-Mi Productions-Cool industrie-Studiocanal-Tf1 Films Production-Artemis Productions
前半では、人生に希望を失っているベルトランが、男子シンクロチームに出会い、メンバーになっていく様子を描いています。

ここでは、主人公のベルトランの他に、シンクロの主要メンバー4名が、それぞれ抱えている問題を、丁寧に描いています。

前半パートは、コメディ色はかなり控えめになっており、家庭や仕事の問題をシリアスに描いているので、コメディ映画を期待していると、少し肩透かしのような印象を抱くかもしれません。

また、作品全体が淡々と、スローテンポで進んでいきます。

ですが、この前半パートで、登場人物のキャラクターや抱えている問題を丁寧に描く事で、最初は誰が誰だか分からなかったキャラクターに親近感を覚え、中盤以降、自然とキャラクターに感情移入するようになります。

チームとして形になっていくコメディ色の強い中盤パート


(C)2018 -Tresor Films-Chi-Fou-Mi Productions-Cool industrie-Studiocanal-Tf1 Films Production-Artemis Productions
前半でのキャラクター紹介の後、中盤では世界大会に向けて、シンクロチームが形になっていく様子を描いています。

ここからコメディ色が強くなり、特に甲高い声で、車椅子に乗った状態で、シンクロメンバーに暴行を加えながら罵倒し続ける、アマンダのキャラクターが強烈です。

また、前半ではスローだったストーリー展開も、ここから軽快になっていきます。

シンクロメンバーの技術が向上している様子を、オリビア・ニュートン・ジョンの80年代のヒット曲「フィジカル」に合わせて、メンバーが自主練習している様子で見せるなど、シリアスだった前半の空気を一変させる、軽快な演出へと変わっていきます。

同時に、メンバーそれぞれが抱える問題が悪化し、シンクロの世界大会に挑む事だけが、心の支えになる様子など、ここでも人間ドラマは丁寧に描かれています。

芸術的なシンクロを披露!スポーツドラマの終盤パート


(C)2018 -Tresor Films-Chi-Fou-Mi Productions-Cool industrie-Studiocanal-Tf1 Films Production-Artemis Productions
いよいよシンクロチームが、世界大会に挑む終盤パート。

シンクロチームのメンバーに、これまで関わってきた人達が、テレビやインターネットで見守っている中で、人生を賭けた勝負に出るという、スポーツドラマ色の強い展開となります。

作中を通して、シンクロチームの、本気のシンクロパフォーマンスが披露されるのは、この世界大会の場面のみとなります。

出演俳優達が、実際に猛練習して挑んだシンクロパフォーマンスは、鳥肌が立つほどの完成度で、特にエアーギターを披露しながら、観客の声援を受けて、水上を進んでいくシモンのパフォーマンスは、彼の夢が少し叶ったような気がして、自然と涙が溢れていました。

これまで、シンクロチームの、ダメ人間ぶりのみが描かれる展開の為、この場面での彼らの本気とカッコよさは、非常に感動的で必見です。

本作は、登場人物に感情移入できないと、失敗する可能性が大きかった内容です。

上記のように「人物紹介」「シンクロチームとしてのレベルアップ」「勝負を挑んだ世界大会」と、綺麗に各パートに分けて、分かりやすい構成にまとめた、ジル・ルルーシュ監督の手腕が光る、文句なしのエンターテイメント作品です。

まとめ


(C)2018 -Tresor Films-Chi-Fou-Mi Productions-Cool industrie-Studiocanal-Tf1 Films Production-Artemis Productions
本作は、大きく分けて2つのテーマを描いています。

1つは、前半部分に強調される「人生の憂鬱な部分」

ジル・ルルーシュ監督は、当初は男子のシンクロを描く事は考えておらず、現代社会を生きる憂鬱や苦しさなど、感傷的なテーマで制作する予定でした。

本作の前半部分で、シンクロチームが、サウナで愚痴を言い合っている部分は、まさに「現代社会の憂鬱と苦しさ」を描いている場面と言えます。

そして、もう1つのテーマは「孤独になりすぎている、現代人への問いかけ」です。

主人公のベルトランは、自らが抱えている悩みを誰にも話せず苦しんでいましたが、シンクロチームと出会い、心を通わせる事で、チームとして団結していきます。

男子のシンクロへ理解の無い周囲は、冷たい視線を向けますが、チーム一丸となり立ち向かう姿を通して、他者との連携の素晴らしさ、人に心を開く大切さを問いかけています。

しかし、本作は決して重い内容ではなく、特に中盤以降は軽快なテンポで、メタボ体型のおじさん達の、奮闘する姿をコミカルに描いています。

工夫された構成で、泣いて笑えるヒューマンドラマとして完成された本作。

社会に見捨てられた男たちの逆転劇を、是非ご覧ください!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

【ネタバレ】バーナデット ママは行方不明|あらすじ感想と評価解説。原作との違いから“挫折したネガティブ主婦”の自分探しを解く

悩めるこじらせ主婦が巻き起こすトラブルをハートフルに描く 『6才のボクが、大人になるまで。』(2014)のリチャード・リンクレイター監督と『TAR/ター』(2023)のケイト・ブランシェット主演で贈る …

ヒューマンドラマ映画

『東京ノワール』あらすじネタバレと感想。ヤマシタマサ×井上幸太郎トークイベント

裏社会から足を洗う事を決意した男が直面する、悲しい運命を描く映画『東京ノワール』は、2018年8月4日から「新宿K’sシネマ」で公開中。 練られた構成と俳優たちの熱演が魅力の、今作をご紹介 …

ヒューマンドラマ映画

映画『きまじめ楽隊のぼんやり戦争』ネタバレあらすじ評価とラスト結末の感想。キャストが池田暁監督の不条理な世界観を具現化する!

「きまじめの、ぼんやり」は、「考えない、ふまじめ」なこと。 独自の世界観で唯一無二の作品を作り上げる池田暁監督の長編第4作『きまじめ楽隊のぼんやり戦争』。個性派俳優たちの集結で、池田ワールド全開です。 …

ヒューマンドラマ映画

ルイ・マル映画『ダメージ』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

今回ご紹介する映画は『ダメージ』(1992)です。 監督は『死刑台のエレベーター』(1958)や『地下鉄のザジ』(1960)など、恋愛劇から社会派まで幅広い作品を世に送り出したフランスの巨匠ルイ・マル …

ヒューマンドラマ映画

映画『友罪』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【生田斗真&瑛太主演】

映画『友罪』は、5月25日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー。 『64ロクヨン』の瀬々敬久監督と瀬々組スタッフが再び集結して放つ犯罪にまつわるストーリー。 偶然出会い、心通わす友人と …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学