Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

野外映画ねぶくろシネマ2017柏の葉T-SITE・雨天の場合は?

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

夏休み最初の週末2017年7月22日(土)に、野外映画ねぶくろシネマ@柏の葉T-SITEで『ヒックとドラゴン』を無料上映されます。

「映画×ファミリー×アウトドア」をキーワードにピクニック気分で映画が観られるイベント「ねぶくろシネマ」が千葉県初開催されます。

スポンサーリンク

1.野外映画ねぶくろシネマ@柏の葉T-SITEとは?

柏の葉T-SITEは、児童書の蔵書数は日本一

それに合わせて、ねぶくろシネマが今回セレクトしたのは、子どもたちに人気の原作が絵本の「ヒックとドラゴン」。

星空の下で、池のほとりにスクリーンを立てて1日限りの野外上映会を開催されるようです。

子どもたちが騒いでも気兼ねなく映画を観られる環境を作りたいと、東京都調布市の父親たちが始めた野外映画館「ねぶくろシネマ」。

これまで各場所で開催してきましたが、第11回目は千葉県初開催となります。

『柏の葉T-SITE(千葉県柏市)夏祭り』のコンテンツとして、アクアテラスにスクリーンを立てて、1日限りの野外映画上映会を無料で行うことを決定したようです。
ねぶくろの持ち込みは必須ではないようですよ

2.野外上映ねぶくろシネマイベント情報の詳細

【イベント日時】
日時:2017年7月22日(土)
※雨天の場合は 翌日7月23日(日)に順延になります。

【開場】
17:00~(上映時間 19:00~21:00)

【場所】
柏の葉 T-SITE 前アクアテラス(池) https://store.tsite.jp/kashiwanoha/

【住所】
〒277-0814 千葉県柏市若柴227-1

【アクセス】
つくばエクスプレス「柏の葉キャンパス」より徒歩7分

【料金】
無料

【作品】
『ヒックとドラゴン』(2010年・98分)


(C)2009 by PARAMOUNT PICTURES. All Rights Reserved.

【映画詳細】
『リロ&スティッチ』などで人気のディーン・デュボア&クリス・サンダース監督が、クレシッダ・コーウェルによる同名児童小説をファンタジー・コメディとして映画化。

ある日、弱虫なバイキングの少年ヒックは怪我をドラゴンと出会います。やがて、天敵であるはずの2人は、秘密の友情を育みながら、バイキング一族にとっても未来を変える奇跡が起きるのか…。。

【参加方法】
事前申し込み不要、当日会場に集合

【対象】
どなたでも参加可です。

【持ちもの】
アウトドアで使えるクッション、 敷物、 懐中電灯などお持ちになると便利です。 寝袋は必須ではありません。 (テントの設営不可

スポンサーリンク

まとめ


(C)2009 by PARAMOUNT PICTURES. All Rights Reserved.

2017年7月22日(土)は夏休み最初の週末です。

この機会に野外映画ねぶくろシネマ@柏の葉T-SITEに出かけて、映画『ヒックとドラゴン』の無料上映を観に行かれませんか?

また、当日「柏の葉T-SITE 夏祭り(7/21-23)」で、焼きそばや、かき氷の屋台村(メインテラス)も出店しているので、屋台や店舗で夕食を購入して夕涼みがてら映画鑑賞ができようですよ。

当日、お時間が合うあなた!ぜひ、お出かけくださいね。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『こどもしょくどう』あらすじネタバレと感想。吉岡秀隆&常盤貴子共演で貧困やネグレクト問題を子供たちの視点で描く

2019年3月23日より公開の映画『こどもしょくどう』。 俳優の吉岡秀隆、女優の常盤貴子らが出演している映画『こどもしょくどう』。 とある食堂が「子ども食堂」を開くまでの経緯を子どもたちの視点から描い …

ヒューマンドラマ映画

映画『息衝く』あらすじとキャスト一覧!木村文洋監督の作品情報は?

映画『へばの』『愛のゆくえ(仮)』で、社会と個のあり方について鋭く問題を投げかけた 木村文洋監督。 2018年2月下旬より上映される映画『息衝く』では、日本ではタブーとなった「宗教、原発、家族」を軸に …

ヒューマンドラマ映画

映画『シンク・オア・スイム 』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。逆転劇の実話を孤独な現代人へ贈るヒューマンコメディ

映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』は2019年7月12日(金)より、新宿ピカデリーほか全国ロードショー! スウェーデンに実在する、男子シンクロチームをモデルに、駄目な中年男達の逆転劇 …

ヒューマンドラマ映画

『長いお別れ』映画と原作小説の違いをネタバレ解説。中野量太版と中島京子版を比較

アメリカでは、認知症を患い徐々に記憶を失っていく過程を「ロング・グッドバイ(長いお別れ)」と呼ぶそうです。 認知症を患う父親とその家族の姿を描いた中島京子の小説『長いお別れ』の映画化です。 監督は、映 …

ヒューマンドラマ映画

映画『シリアにて』ネタバレ感想と解説。戦地が泥沼化する状態を女性の視点で描く

戦地シリア。窓の外は死の世界でアパートの一室に身を寄せる家族とその隣人を女性の視点から描く。 映画『シリアにて』は、激化するシリアで、アパートの一室をシェルター代わりにして身を寄せ合う家族とその隣人を …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学