Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

【ネタバレ】スイッチ人生最高の贈り物|あらすじ結末の感想と評価解説。韓国映画で人生を選び直す男をクォン・サンウが演じる

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

トップ俳優とマネージャーの人生が入れ替わる!? ファアンタジックでハートフルな物語

トップ俳優でスキャンダルメーカーのパク・ガン(クォン・サンウ)は、華やかなシングルライフを送っています。

クリスマス・イブの夜、パク・ガンは古くからの友人であり自身のマネジャーであるチョ・ユン(オ・ジョンセ)と酒を飲み交わし、酔っ払ったままタクシーに乗り込みます。

「もし人生を選び直せるならどうするか?」。タクシー運転手の不思議な問いかけを聞きながらも眠りについてしまったパク・ガンが目を覚ますと見知らぬ家で、別れたはずの恋人・スヒョン(イ・ミンジョン)と見知らぬ子供2人に囲まれます。

果たしてパク・ガンの身に何が起こったのか……。

探偵なふたり」シリーズや、『鬼手』(2019)、『ヒットマン エージェント:ジュン』(2020)のクォン・サンウがトップ俳優を演じ、Netflixドラマ『サイコだけど大丈夫』(2020)、『エクストリーム・ジョブ』(2019)のオ・ジョンセがマネジャーを演じました。

監督を務めたのは、『探偵なふたり』(2015)や『ラスト・プリンセス 大韓帝国最後の皇女』(2016)でシナリオ脚色作家として実績を積み、『そう、家族』(2017)で長編監督デビューをしたマ・デユン。

現実を忘れて幸せな気持ちになるような、クリスマスらしいファンタジックでハートフルなコメディになっています。

映画『スイッチ 人生最高の贈り物』の作品情報


(C)2023 LOTTE ENTERTAINMENT & HIVE MEDIA CORP. All Rights Reserved.

【日本公開】
2023年(韓国映画)

【原題】
스위치(英題:Switch)

【監督】
マ・デユン

【キャスト】
クォン・サンウ、オ・ジョンセ、イ・ミンジョン、パク・ソイ、キム・ジュン

【作品概要】
出演オファーの絶えない人気俳優役を演じたのは、「探偵なふたり」シリーズや、『鬼手』(2019)、『ヒットマン エージェント:ジュン』(2020)のクォン・サンウ。

マネージャー役には、Netflixドラマ『サイコだけど大丈夫』(2020)、『エクストリーム・ジョブ』(2019)のオ・ジョンセ、他のキャストには『ワンダフル・ラジオ』(2012)のイ・ミンジョン、『ただ悪より救いたまえ』(2020)のパク・ソイ、ドラマ「賢い医師生活」シリーズのキム・ジュンが務めました。

映画『スイッチ 人生最高の贈り物』のあらすじとネタバレ


(C)2023 LOTTE ENTERTAINMENT & HIVE MEDIA CORP. All Rights Reserved.

トップ俳優のパク・ガン(クォン・サンウ)は、華やかなシングルライフを満喫しています。更に自他ともに認めるスキャンダルメーカーで、マネージャーのチョ・ユン(オ・ジョンセ)は事後処理に追われています。

クリスマスイブの夜、授賞式に参加したパク・ガンは、チョ・ユンを飲みに誘います。クリスマスイブは子供と過ごしたいというチョ・ユンでしたが、昔からの共であるパク・ガンを放って置けず付き合います。

チョ・ユンはパク・ガンにソヒョン(イ・ミンジョン)が帰国し、展示会を開くことを伝えます。ソヒョンは、10年前にパク・ガンの成功のために別れて以来、会っていませんでした。

その後、チョ・ユンは酔っているパク・ガンをタクシーに乗せます。タクシーの運転手はパク・ガンに、「成功されたあなたのような方は人生に不満などないのでは」と言いながら、「もし人生を選び直せるならどうするか?」と聞きます。

酔っていたパク・ガンは朧げになりながら眠りについてしまいます。そして翌朝目覚めると見知らぬ家の玄関で寝ていました。そしてそんなパク・ガンを起こしたのは、2人の子供でした。

更にそこには別れたはずのスヒョンがいます。困惑したパク・ガンは家を飛び出し、自分の高級マンションに向かいます。すると鍵番号も変わり、そこには知らない人が住んでいます。

警察に連行されたパク・ガンは、自分は大物俳優だと説明しますが、誰も相手にしません。そこに呼び出されたスヒョンがやってきます。スヒョンにも「ふざけているの?」と言われてしまいます。

諦めたパク・ガンは、自分の子供だというロヒ(パク・ソイ)とロハ(キム・ジュン)に自分は記憶喪失だと説明し、ママにバレないよう協力してくれと言います。

パク・ガンは、この世界では売れない再現ドラマの俳優で、スヒョンは絵画教室の先生として働いていることを知ります。更に自分のマネージャーであったチョ・ユンが大物俳優になっていることを知り会いにいきます。

そして、自分とマネージャーの人生が入れ替わったことに気づきます。チョ・ユンに会ったパク・ガンは、自分がスヒョンを空港まで追いかけ引き止めに行ったことでオーディションに行けず、かわりにチョ・ユンがそのオーディションで役を勝ち得て、トップ俳優へと上り詰めて行ったことを知ります。

そのことを知ったパク・ガンは、スヒョンに「海外で勉強もできたのに、行かずに後悔していないか」と聞きます。するとスヒョンは「後悔していない。今の生活が幸せ」と答えます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『スイッチ 人生最高の贈り物』ネタバレ・結末の記載がございます。『スイッチ 人生最高の贈り物』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)2023 LOTTE ENTERTAINMENT & HIVE MEDIA CORP. All Rights Reserved.

パク・ガンは、再現ドラマの収録で「もう一度撮らせてほしい」など意見を言うと、1テイクの契約だと文句を言われ、再現ドラマの仕事もなくなってしまいます。家族のためにも仕事しなくてはと、チョ・ユンに頼んでオーディションを受けますが、いい結果には繋がりません。

演劇の舞台もありますが、全くお金にはならず、見にきたチョ・ユンも居眠りをしてしまう始末でした。

そんなパク・ガンを見たチョ・ユンは、個人事務所を立ち上げるからマネージャーをやってくれないかと誘います。まだ役者を諦めたくないと渋っていたパク・ガンでしたが、家族のこともあり引き受けることに。

かつての自分とチョ・ユンの立場が全く入れ替わったことで、パク・ガンはチョ・ユンを自分に重ね「自分も経験したからわかる」とスキャンダルの際の対応など指南します。

時代劇のドラマの撮影現場で、急遽出演俳優が出られなくなり慌てて代役はいないかと監督らが話しているのを聞いたチョ・ユンはパク・ガンを紹介します。そして代役として出演したドラマが放送されると話題を呼びます。

少しずつ仕事が順調に回り始めたパク・ガンは、家族を普段行かないような高いレストランに連れていきます。更に、チョ・ユンが貸してくれたマンションや車を家族にみせ、ソウルに引っ越してこようかとスヒョンに言います。

喜ぶと思っていたパク・ガンでしたが、スヒョンは怒り「郊外に住もうと言ったのはあなたでしょ、子供のこともある。ロイはアトピーだから自然のある場所で育てようと話したのに」と言い、パク・ガンは「家族のためを思って提案したのに」とスヒョンと口論になってしまいます。

「喧嘩しているの?」そんな2人の様子を子供達が不安そうに見つめます。パク・ガンは、かつての自分にように成功した生活を送ることが幸せだと思っていましたが、そうではないことに気づき、いっそう家族との時間を大事にするようにります。

このままずっとこの幸せが続けばいい……と願っていたパク・ガンでしたが、その時はやってきてしまいます。ちょうど一年が経ったクリスマスイブの夜、再びあのタクシーに乗ってしまいます。

「もう帰る時間です」というタクシー運転手にパク・ガンは「帰りたくない」と言いますが、どうすることもできないと言われてしまいます。そしてタクシー運転手は自身の話を始めます。

自分も演劇をやっていたという運転手は、今でも舞台の上の光景を覚えていると言います。観客席で見ていた息子のことも。後から息子との時間がどれほど貴重な時間であったか気づくと話す運転手。

明日目覚めたら元の生活に戻っていると言われて家に帰ったパク・ガンは、精一杯の笑顔で家族との最後の夜を過ごします。そんなパク・ガンに、スヒョンは子供の頃のパパはロイにそっくりだと写真を見せます。

その写真を見て初めてあのタクシー運転手は自分の父親であったことにパク・ガンは気づきます。そして迎えた翌朝。パク・ガンは高級マンションの部屋で一人目覚めます。

亡くなった父からの素敵なプレゼントに背中を押されパク・ガンは帰国しているというスヒョンに会いに駆け出していきます。

状況がわからず困惑するマネージャーのチョ・ユンに、「もう一度演劇を始めろ、なんでも協力する。クリスマスなのだから子供達と過ごせ」と言い残し車に乗ります。

そしてスヒョンの展示会場を訪れ、スヒョンの姿を探そうとすると一枚の絵に気づきます。その絵の家は、昨日まで過ごしていたスヒョンと家族のいる家にそっくりで驚きます。

そこにスヒョンがやってくると、スヒョンを家族が住んでいた家に連れていきます。「話したいことがたくさんあるんだ」

大切なものに気づいたパク・ガンはスヒョンと結婚し、2年後には双子が生まれます。その頃、トップ俳優であるチョ・ユンは不思議なタクシーに乗り合わせ……。

映画『スイッチ 人生最高の贈り物』の感想と評価


(C)2023 LOTTE ENTERTAINMENT & HIVE MEDIA CORP. All Rights Reserved.

もしあの時あの選択をしていなければ……。そのような後悔を胸の中に抱えている人も多いでしょう。また、胸を張って幸せと思える人生を歩んでいるのだろうかと不安になることもあるでしょう。

本作は、トップ俳優で華やかな独身生活を満喫し、お金にも不自由していない、一見全てを手にしたかのように思えるパク・ガンが、本当に自分にとって大切な人や幸せについて気付かされる映画になっています。

パク・ガンは売れていくにつれ、マネジャーや監督に対して傍若無人に振る舞い、一夜を共にした女性とも一夜限りで終わりにしようとしたりと、自分の周りの人物を大切にすることをいつしか忘れていました。

そんなパク・ガンは、クリスマスイブの夜タクシーに乗り、「もし人生を選び直せるならどうするか?」と不思議なことを言われます。

酔いに任せて運転手の話を聞いていたパク・ガンでしたが、翌日目覚めてみると見知らぬ家で、そこには別れたはずの恋人・スヒョンや見知らぬ子供・ロヒとロハがいます。

困惑していたパク・ガンでしたが、次第に状況を受け入れ始め、かつて共に演劇をしていたが、芽が出ずパク・ガンのマネージャーになったチョ・ユンがトップ俳優であることを知り、自分とチョ・ユンの人生が入れ替わったことに気づきます。

元の世界では、パク・ガンは互いの成功のためと別れを切り出し、スヒョンは海外に勉強しに行き、その後再会せずにいました。しかし、今の世界では海外に行こうとするスヒョンを引き留めたことでパク・ガンはスヒョンと結婚し、ロヒとロイが生まれています。

そのことを知ったパク・ガンは、「後悔していないか、海外で勉強することもできたのに」と聞きます。するとスヒョンは悩むことなく「後悔していない、今が幸せ」と答えます。

スヒョンと子供たちと過ごすことによって、傲慢で傍若無人であったパク・ガンが次第に変わっていきます。それだけでなく、チョ・ユンのマネジャーになったことで、かつての自分の姿とチョ・ユンが重ね自身の言動を省みることになるのです。

スヒョンと子供たちにいい思いをさせたいと、チョ・ユンの働きかけなどによって役を得たパク・ガンは、いいマンションでいい車で生活をさせようとします。

するとスヒョンは、「郊外で今まで築き上げた生活は?ロイはアトピーだから自然のある郊外で育てようってあなたが言ったのよ」と言います。パク・ガンは、かつての自分のように、成功した生活を送ることが幸せだと思っていたのです。

スヒョンの言葉に目を覚まさせられたパク・ガンはあ家族のために仕事を頑張り、家族の時間を大切にするようになります。

人生が変わって初めて“幸せ”を知ったパク・ガンでしたが、再びあのタクシーに乗ってしまいます。

一年が経ち元の生活に戻る時がきたのです。「帰らない」というパク・ガンにタクシー運転手が、「殆ど過ごしてこなかった息子との時間がどれほど大切なのか後になって気づく」と自分の話を始めます。その言葉がパク・ガンの背中を押します。

そして後になってあのタクシー運転手は亡くなったはずの父親であったことにパク・ガンは気づきます。父親がクリスマスイブの夜に贈ってくれたプレゼントを胸に、元の生活に戻ったパク・ガンは、帰国したというスヒョンに会いに飛び出していきます。

クリスマスらしい心温まる本作は、観客である私たちへのプレゼントかのようなワンダフルな映画になっています。観終わってふと自分にとって大切な人の顔が浮かぶのではないでしょうか。

まとめ


(C)2023 LOTTE ENTERTAINMENT & HIVE MEDIA CORP. All Rights Reserved.

本作は、「探偵なふたり」シリーズや、『鬼手』(2019)、『ヒットマン エージェント:ジュン』(2020)のクォン・サンウとNetflixドラマ『サイコだけど大丈夫』(2020)、『エクストリーム・ジョブ』(2019)のオ・ジョンセが、コメディスターっぷりを発揮しているところも見事です。

冒頭、スキャンダルも多く、傍若無人なトップスターのパク・ガンは、いい人ではないけれどどこか憎めない人物です。そんなパク・ガンがスヒョンと子供たちと出会ってから少しずつ変わっていく様子が印象的です。

最初は子供たちとも接し方が分からず、遠ざけていましたが、次第に子供たちに読み聞かせしたり共に遊んだりするようになります。

更に自分は役者として芽が出ずマネージャーをすることに悔しさもあれど、チョ・ユンが活躍している姿を見ることに友人として嬉しさも感じているパク・ガンは、マネージャーとしてチョ・ユンをサポートします。

それだけでなく、スキャンダルが出るとかつての自分とチョ・ユンを重ねて放って置けない気持ちになります。しかし、「俺よりもはるかに偉い」と自分の傍若無人っぷりを反省するような発言もしています。

そのように人生が入れ替えった2人ですが、全く同じようにならないのも面白いところです。パク・ガンはチョ・ユンのドラマに代役として出たことで注目を浴びますが、監督にパク・ガンを推薦したのはチョ・ユンでした。

また、パク・ガンとは違い恋愛に関しては不器用なチョ・ユンは、スキャンダルは出ても片思いばかりでなかなか次に進めずにいたり、自分の外見を気にして美容にも気を使っています。

パク・ガン、チョ・ユンの違いや、韓国の芸能界に対するブラックユーモアなど笑いのエッセンスが随所に散りばめられています。また、表情豊かな子役2人の演技にも注目です。


関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『タイニー・ファニチャー』あらすじとキャスト。感想レビューも

2017年12月16日より、下北沢トリウッドにて「歳末青春大セール!ティーンムービー傑作選」という特集上映が行われます!  日本未公開映画の紹介、上映を企画・運営するGucchi’s Free Sch …

ヒューマンドラマ映画

映画『武曲 MUKOKU』あらすじネタバレ感想とラスト結末の解説【綾野剛×村上虹郎共演のおすすめ代表作】

剣を棄てた男と、剣に出会った少年。運命は2人の人生を交錯させる…。 映画『私の男』の熊切和嘉監督が若手の実力派俳優・綾野剛を主演に迎え、芥川賞作家・藤沢周の小説「武曲」を映画化。 綾野剛が主人公・研吾 …

ヒューマンドラマ映画

鈴木紗理奈映画『キセキの葉書』あらすじとキャスト!原作はある?

2017年8月19日(土)より、すでに関西圏の布施ラインシネマでは先行公開されている『キセキの葉書』。 主演を務めた鈴木紗理奈は、スペインに渡航していた際に財布とパスポートの盗難され、不幸のどん底から …

ヒューマンドラマ映画

『天上の花』映画原作ネタバレあらすじと感想評価。愛憎劇の結末を描いた“三好達治抄”とは⁈

小説『天上の花―三好達治抄―』が映画化され、2022年12月に新宿武蔵野館、渋谷ユーロスペースほか全国順次公開! 三好達治、萩原朔太郎とその妹の慶子が織りなす純粋で凄まじい「愛」と「詩人の生」を、朔太 …

ヒューマンドラマ映画

映画『バックドラフト』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。消防士兄弟の絆をロン・ハワード監督が描いた感動作

消防士兄弟の絆を描いた「バックドラフト」シリーズ第1作! ロン・ハワードが監督を務めた、1991年製作のアメリカの大作ドラマ映画『バックドラフト』。 消火作業中に殉職した父の後を引き継ぎ、消防士になっ …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学