Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

韓国映画『ラブ・アゲイン2度目のプロポーズ』あらすじ/キャスト/公開日。クォン・サンウが笑えるラブコメに主演!

  • Writer :
  • 石井夏子

クォン・サンウ主演の待望のラブコメ復帰作。

2004年から日本で放送されたテレビドラマ『天国の階段』で“涙の貴公子”と称され大変な人気を博したクォン・サンウ。

(C)2019 KTH & LITTLEBIG PICTURES & CINEMA WOOLIM. All Rights Reserved.

クォン・サンウの久々のラブコメ復帰作として大きな注目を集めた映画『ラブ・アゲイン 2度目のプロポーズ』(原題:『二度しましょうか』)が、2020年6月19日(金) よりシネマート新宿、シネマート心斎橋にて公開が決定しました。

併せてアートワーク、予告映像、そして場面写真が到着しました。

スポンサーリンク

映画『ラブ・アゲイン 2度目のプロポーズ』について

(C)2019 KTH & LITTLEBIG PICTURES & CINEMA WOOLIM. All Rights Reserved.

生涯初の離婚式を皮切りに、結婚と離婚というコインの裏表ともいえる題材を描いた本作

「“結婚さえすれば幸せか?かといって離婚すれば幸せになれるのか?”この2つの難問についてコミカルに答えを出してみたかった」というパク・ヨンジプ監督の言葉のように、誰もが共感できる結婚と離婚、そして恋愛についての問いをリアルに解きほぐしていきながら新鮮な面白みも感じさせる、笑いと愛に満ちた大人のラブコメディとしてここに誕生しました。

主演は、映画『マルチュク青春通り』、『美しき野獣』、『宿命』、「探偵なふたり」シリーズから、テレビドラマ『天国の階段』、『誘惑』、『野王~愛と欲望の果て~』、『推理の女王』まで、多彩なジャンルにおいてヒットを飛ばし独自のポジションを確立してきたクォン・サンウ。

離婚式を経て夢にまで見たシングルライフを満喫するヒョヌ役で、クォン・サンウが親しみのあるコミカルな魅力全開でラブコメに復帰を果たしました。

また、図々しくも憎めない元妻ソニョン役に、映画『バトル・オーシャン/海上決戦』などの大作で強烈な存在感を放ったイ・ジョンヒョンが初のラブコメに挑戦

そしてミュージカルからバラエティまでこなす多才な俳優イ・ジョンヒョクが恋のライバル役に扮し『マルチュク青春通り』以来、クォン・サンウと15年ぶりの共演を果たしております。

(C)2019 KTH & LITTLEBIG PICTURES & CINEMA WOOLIM. All Rights Reserved.

映画『ラブ・アゲイン 2度目のプロポーズ』の予告編

解禁された予告編は、クォン・サンウが演じるヒョヌと、イ・ジョンヒョンが演じるソニョンの、結婚式…ではなく、離婚式から始まります。

式中もバチバチと火花を散らし合うふたりの姿が映されたあとは、パンツ一丁のヒョヌが離婚した喜びを全身で表現

しかし、自由を堪能していた彼のもとにソニョンが舞い戻り、不思議な同居生活が始まります。

そして、川辺でヤケ酒をあおっていたソニョンが川へ転落。彼女を助けたイ・ジョンヒョクの演じるサンチョルは恋に落ちます。

実はこのサンチョルはヒョヌの学生時代の友人。サンチョルから恋の相談を受けたヒョヌは、ソニョンが元妻だということを隠しますが…。

最後にはちょっと力わざな、クォン・サンウとイ・ジョンヒョクの学生姿も見られ、笑いが加速する予告映像となっています。

スポンサーリンク

映画『ラブ・アゲイン 2度目のプロポーズ』の作品情報

(C)2019 KTH & LITTLEBIG PICTURES & CINEMA WOOLIM. All Rights Reserved.

【日本公開】
2020年(韓国映画)

【原題】
두번할까요(英題:LOVE, AGAIN)

【監督】
パク・ヨンジプ

【キャスト】
クォン・サンウ、イ・ジョンヒョン、イ・ジョンヒョク、ソン・ドンイル、チョン・サンフン、キム・ヒョンスク、パク・ギョンヘ

【日本語字幕】
朴理恵

映画『ラブ・アゲイン 2度目のプロポーズ』のあらすじ

(C)2019 KTH & LITTLEBIG PICTURES & CINEMA WOOLIM. All Rights Reserved.

赤っ恥覚悟で敢行した離婚式を経て、夢みたシングルライフを満喫することになったヒョヌ。自由を取り戻したのもつかの間、6か月ぶりに元妻ソニョンが現れたことで状況が一転します。

二度と会うことはないと思っていたソニョンと、第二の結婚生活のような、なじみがありながらも危険な生活が始まりました。

さらに、偶然に再会した旧友であり恋愛音痴のサンチョルに相談された恋愛相手が、まさかのソニョンだったんです。

それぞれのシングルライフを送っていた男女3人の、もつれた三角関係の行く末はいかに…。

スポンサーリンク

まとめ

(C)2019 KTH & LITTLEBIG PICTURES & CINEMA WOOLIM. All Rights Reserved.

2008年に女優のソン・テヨンと結婚し、愛妻家としても知られるクォン・サンウは本作について「実際に妻との結婚生活があったからこそうまく表現できるシーンもあった」と明かしており、彼自信の結婚生活が投影され、見る者の共感を呼ぶこと間違いなしのコミカルな熱演をご期待ください。

純度200%!共感200%!迷える大人たちの笑いと愛に満ちたマリッジ・ラブコメディ『ラブ・アゲイン 2度目のプロポーズ』は2020年6月19日(金) よりシネマート新宿、シネマート心斎橋にて公開です。



関連記事

新作映画ニュース

映画『たまつきの夢』あらすじとキャスト。若手監督とミュージシャンのコラボ「MOOSIC LAB2019」を開催!

MOOSIC LAB2019は2019年11月23日(土)から12月21日(土)まで開催。 若手映画監督とミュージシャンのコラボレーションによって制作された映画を上映する音楽と映画の祭典「MOOSIC …

新作映画ニュース

映画『おろかもの』キャスト。イワゴウサトシは婚約間際の兄・高城健治役を演じる【演技評価とプロフィール】

2020年公開予定の映画『おろかもの』キャスト紹介 若手監督の登竜門として知られる田辺・弁慶映画祭の2019年(第13回)のコンペティション部門でグランプリを受賞した長編『おろかもの』が、「田辺・弁慶 …

新作映画ニュース

映画『たちあがる女』あらすじキャスト。アイスランドのスイーツとのコラボも

映画『たちあがる女』2019年3月9日(土)ロードショー 2019年3月9日(土)より、YEBISU GARDEN CINEMAほか、全国順次公開される映画『たちあがる女』。 アキ・カウリスマキやロイ …

新作映画ニュース

アンソニーウォン映画『淪落(りんらく)の人』あらすじとキャスト。公開日は2020年2月1日に決定!

新人女性監督が描いた、香港中を涙と希望で包んだ感動作。 2019年、公開と同時に香港中を涙と感動で包み大ヒットを記録した『淪落(りんらく)の人』(原題:淪落人/英題:STILL HUMAN)が、202 …

新作映画ニュース

『眉村ちあきのすべて(仮)』映画上映館ホワイトシネクイントにて舞台挨拶!続編とキャスト・ファンへの感謝を伝える

眉村ちあき、漸く迎えた主演作の劇場公開初日に登壇! 一緒に作り上げた「自慢のファン」たちに感謝。 2020年7月17日(金)に、映画『眉村ちあきのすべて(仮)』が当初の4月公開予定から3ヶ月遅れで漸く …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学