Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2018/12/20
Update

映画『山〈モンテ〉』公開日情報。黒澤明の精神を継ぐ傑作【アミール・ナデリ作品】

  • Writer :
  • かりごめあき

現代イラン映画の巨匠アミール・ナデリ監督が、イタリアでオールロケを敢行した映画『山〈モンテ〉』。

ミケランジェロなどのイタリア彫刻にインスピレーションを受けて制作された本作は、肉体を過剰に酷使しながら孤立無援の人間の限界突破を描く孤高の傑作です。


© 2016 Citrullo International, Zivago Media, Cineric, Ciné-sud Promotion. Licensed by TVCO. All rights reserved.

アップリンク吉祥寺にて公開となる映画『山〈モンテ〉』の公開日が2019年2月9日(土)に決定し、併せて予告編が解禁されました。

スポンサーリンク

映画『山〈モンテ〉』の予告編

予告編には、岩山に光を遮られ、光が差さずに作物が育たない不毛の地で暮らすアゴスティーノと妻のニーナ、息子のジョヴァンニたちの苦しみに満ちた生活が描かれています。

この村を「死の世界」と皆は呼び、次々に村人たちが去っていく中、アゴスティーノたちは祖先や亡き妹の墓があるこの地を離れようとしません。

彼らは神に祈りを捧げ必死に働きますが、その祈りはむなしくも届かず、異端者として町の人々から迫害され、家族は離れ離れになってしまいます。

そして、遂にアゴスティーノは神に祈ることを止め、自らの手で山を崩そうと鍬を手にします。

アゴスティーノが岩山に打ち付ける鍬の音と彷徨が山々に響きます。

果たして、彼は山〈モンテ〉を突き崩すことができるのでしょうか…!?

イタリアを舞台に、黒澤明の精神を受け継ぐ傑作


© 2016 Citrullo International, Zivago Media, Cineric, Ciné-sud Promotion. Licensed by TVCO. All rights reserved.

予告編の中では、アミール・ナデリ監督の「これは黒澤明の精神から生まれた映画だ」というコメントが引用されています。

この言葉は、ナデリ監督が敬愛する黒澤明映画に登場する人物の“絶望的な環境にいながらも、決してあきらめずに生き抜こうとする姿”から引き継がれているようです。

実際に本作は、企画当初は日本で撮影することを予定していました。

しかし、ナデリ監督がイメージするような硬くゴツゴツとした岩山が日本には存在しないため、舞台はイタリアに変更されました。

一見、荒唐無稽とも思われかねない物語を、重厚なカメラワークと拘りぬいた色彩設定とサウンドデザインで、映画表現を極北まで押し広げた本作。

本編への期待がますます高まります。

映画『山〈モンテ〉』の作品情報


© 2016 Citrullo International, Zivago Media, Cineric, Ciné-sud Promotion. Licensed by TVCO. All rights reserved.

【公開】
2019年(イタリア・アメリカ・フランス合作映画)

【原題】
MONTE(英題:MOUNTAIN)

【監督・脚本・編集・音響】
アミール・ナデリ

【製作】
カルロ・ヒンターマン、ジェラルド・パニチ、リノ・シアレッタ、エリック・ニアリ

【撮影】
ロベルト・チマッティ

【美術】
ダニエレ・フラベッティ

【衣装】
モニカ・トラッポリーニ

【装飾】
ララ・シキック

【録音】
ジャンフランコ・トルトラ

【VFX】
佐藤文郎

【キャスト】
アンドレア・サルトレッティ、クラウディア・ポテンツァ、ザッカーリア・ザンゲッリーニ、セバスティアン・エイサス、アンナ・ボナイウート 

【作品概要】
天涯孤独の少年を、圧倒的な映像美で描いたイラン映画の金字塔『駆ける少年』(1985)や、西島秀俊主演『CUT』(2011)で知られる、現代イラン映画の巨匠アミール・ナデリ監督作品。

何十年もの間、イタリアで映画を撮ることを夢見ていたナデリ監督が、待望のイタリアオールロケを敢行した意欲作。

2016年度、第17回東京フィルメックスにて招待作品として上映され、第73回ヴェネツィア国際映画祭では「監督・ばんざい!賞」を受賞。

スポンサーリンク

映画『山〈モンテ〉』あらすじ


© 2016 Citrullo International, Zivago Media, Cineric, Ciné-sud Promotion. Licensed by TVCO. All rights reserved.

中世後期イタリア。

南アルプスの山の麓にある小さな村の外れで暮らすアゴスティーノと妻のニーナ、息子のジョヴァンニ。

この村は、壁のようにそびえる壮大な山に太陽の光を遮られており、思うように作物を育てることができずにいます。

他の家族はよりよい暮らしを求めて去っていきましたが、アゴスティーノとニーナは彼らの説得にも応じず、先祖の墓や亡き娘の墓があるこの地を離れようとはしませんでした。


© 2016 Citrullo International, Zivago Media, Cineric, Ciné-sud Promotion. Licensed by TVCO. All rights reserved.

飢えた家族となんとか生き延びるため、アゴスティーノはあらゆる手を尽くしますが、周囲の村の者達からは異端者として差別され、遂にはそこに暮らすことさえも禁止されて離れ離れになってしまう家族。

もはや手立てはありません。

神や自然、人間からも見棄てられたアゴスティーノは、たった一人で彼らを苦しめる忌まわしき山と対峙し…。


© 2016 Citrullo International, Zivago Media, Cineric, Ciné-sud Promotion. Licensed by TVCO. All rights reserved.

まとめ


© 2016 Citrullo International, Zivago Media, Cineric, Ciné-sud Promotion. Licensed by TVCO. All rights reserved.

アップリンク吉祥寺にて公開となる映画『山〈モンテ〉』の公開日が2019年2月9日(土)に決定し、予告編が解禁されました。

アミール・ナデリ監督が、念願のイタリアでのオールロケを敢行し、ヴェネツィア国際映画祭「監督・ばんざい!賞」を受賞した本作。

西島秀俊主演『CUT』に代表される、ナデリ監督の“肉体を過剰に酷使しながら孤立無援の人間の限界突破を描くスタイル”は本作でも引き継がれています。

壁のようにそびえ立つ岩山の麓で暮らす一人の男が、宗教・自然・人間のすべてと対峙する姿を、ナデリ監督拘りの映像美で描き切りました。

映画『山〈モンテ〉』は2019年2月9日(土)より、アップリンク吉祥寺にて公開!以降全国順次。


©︎ Cinemarche

シネマルシェではアミール・ナデリ監督のインタビュー記事を鋭意編集中です。ご期待ください!

関連記事

新作映画ニュース

デニス・ホッパー映画『ラストムービー』4K修復版がリバイバル上映!公開日は12月20日に決定

ハリウッドの異端者にして鬼才デニス・ホッパーによる革命的傑作。 31年ぶりの劇場公開! 1969年にアメリカ文化の記念碑ともいえる初監督作『イージー★ライダー』を発表したデニス・ホッパー。 監督第2作 …

新作映画ニュース

前田多美・佐伯日菜子らがちば映画祭2020のゲスト!1月18日(土)アテネフランセ文化センターにて開催

新年一発! ちば映画祭2020 in アテネ・フランセ文化センターの来場ゲスト発表。 千葉県初上映の若手映画監督の作品上映をメインの作品を上映しているちば映画祭。 2020年1月18日(土)に、千葉県 …

新作映画ニュース

THE GREAT エカチェリーナの時々真実の物語シーズン2|あらすじとキャスト。エル・ファニング×ニコラス・ホルト共演で女帝の生涯を描く

エル・ファニング×ニコラス・ホルト共演で女帝エカチェリーナの愛と欲望の生涯を描く エカチェリーナが「ザ・グレート」の称号を手に陰謀と策略が過熱する、待望の新シーズンが日本初上陸! (C) 2021 M …

新作映画ニュース

映画『ピーターラビット2』あらすじ/キャスト/公開日。実写続編「バーナバスの誘惑」は都会で暴れまわる⁉︎

今度のピーターは“悪”に染まる!? 湖水地方を飛び出したピーターが都会で出会ったのは…。 イギリスで最も美しいと称えられる湖水地方を舞台に、世界で一番愛されるウサギを主人公にした、ビアトリクス・ポター …

新作映画ニュース

金子大地×石川瑠華W主演ラブストーリー映画『猿楽町で会いましょう』劇場公開日は6月5日に決定!

第2回「未完成映画予告編大賞MI-CAN」グランプリ受賞作を映画化。 業界大注目の俳優・金子大地と、ネクストブレイク必至の石川瑠華がW主演した衝撃のラブストーリー『猿楽町で会いましょう』。 映画『猿楽 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学