Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2018/11/01
Update

アミール・ナデリ映画『山〈モンテ〉』 あらすじとキャスト。アップリンク吉祥寺で公開は2019年2月に決定!

  • Writer :
  • 石井夏子

第73回ヴェネツィア国際映画祭「監督・ばんざい!」賞受賞作

アミール・ナデリ監督作品 『山〈モンテ〉』がついに公開決定しました。

解禁されたメインビジュアルと場面写真もあわせてご紹介します。

神や自然、人間からも見棄てられたその男は、すべてを苦しめる忌まわしき山と対峙する―。

映画『山〈モンテ〉』は2019年2月より、アップリンク吉祥寺にて公開!以降全国順次ロードショーです。


© 2016 Citrullo International, Zivago Media, Cineric, Ciné-sud Promotion. Licensed by TVCO. All rights reserved.

スポンサーリンク

映画『山〈モンテ〉』の作品情報


© 2016 Citrullo International, Zivago Media, Cineric, Ciné-sud Promotion. Licensed by TVCO. All rights reserved.

【公開】
2019年(イタリア・アメリカ・フランス合作映画)

【原題】
MONTE

【監督・脚本・編集・音響】
アミール・ナデリ

【キャスト】
アンドレア・サルトレッティ、クラウディア・ポテンツァ、ザッカーリア・ザンゲッリーニ、セバスティアン・エイサス、アンナ・ボナイウート 

【作品概要】
西島秀俊主演『CUT』(2011)も記憶に新しい現代イラン映画の巨匠アミール・ナデリが監督した『山〈モンテ〉』(英題:MOUNTAIN 原題:MONTE)。

何十年もの間、イタリアで映画を撮ることを夢見ていたナデリ監督が、遂にイタリアでのオールロケを敢行した本作。

2016年度、第17回東京フィルメックスでも招待作品として上映され、第73回ヴェネツィア国際映画祭では、監督・ばんざい!賞も受賞しています。

映画『山〈モンテ〉』あらすじ


© 2016 Citrullo International, Zivago Media, Cineric, Ciné-sud Promotion. Licensed by TVCO. All rights reserved.

中世後期イタリア。

南アルプスの山の麓にある小さな村の外れで暮らすアゴスティーノと妻のニーナ、息子のジョヴァンニ。

この村は、壁のようにそびえる壮大な山に太陽の光を遮られており、思うように作物を育てることができずにいます。

他の家族はよりよい暮らしを求めて去っていきましたが、アゴスティーノとニーナは彼らの説得にも応じず、先祖の墓や亡き娘の墓があるこの地を離れようとはしませんでした。


© 2016 Citrullo International, Zivago Media, Cineric, Ciné-sud Promotion. Licensed by TVCO. All rights reserved.

飢えた家族となんとか生き延びるため、アゴスティーノはあらゆる手を尽くしますが、周囲の村の者達からは異端者として差別され、遂にはそこに暮らすことさえも禁止されて離れ離れになってしまう家族。

もはや手立てはありません。

神や自然、人間からも見棄てられたアゴスティーノは、たった一人で彼らを苦しめる忌まわしき山と対峙し―。

スポンサーリンク

巨匠アミール・ナデリがイタリアでオールロケを敢行


© 2016 Citrullo International, Zivago Media, Cineric, Ciné-sud Promotion. Licensed by TVCO. All rights reserved.

現代イラン映画の巨匠アミール・ナデリがイタリアでのオールロケを敢行した本作は、肉体を過剰に酷使しながら孤立無援の人間の限界突破を描く孤高の傑作です。

監督は、天涯孤独の少年を、圧倒的な映像美で描いたイラン映画の金字塔『駆ける少年』(1985)、近年は西島秀俊主演『CUT』(2011)も記憶に新しい現代イラン映画の巨匠アミール・ナデリ。

何十年もの間、イタリアで映画を撮ることを夢見ていたナデリが、遂にイタリアでのオールロケを敢行。

ナデリの、肉体を過剰に酷使しながら孤立無援の人間の限界突破を描くスタイルは本作でも引き継がれ、宗教・自然・人間のすべてと対峙する一人の男を描き出しました。


© 2016 Citrullo International, Zivago Media, Cineric, Ciné-sud Promotion. Licensed by TVCO. All rights reserved.

またイタリア・ネオレアリズモ映画にインスピレーションを受けてきたナデリ監督の、その愛情は本作へ結実。

それはまるでイタリアの風土や歴史、芸術へと捧げられた、イタリア・ネオレアリズモの精神で描かれた彫刻作品のようです。

本作は、第73回ヴェネツィア国際映画祭「監督・ばんざい!賞」を受賞。

2018年度の東京フィルメックスでも回顧上映が特集されるなど、今まさに各国で注目を集めるアミール・ナデリが作り上げた孤高の傑作です。

まとめ


© 2016 Citrullo International, Zivago Media, Cineric, Ciné-sud Promotion. Licensed by TVCO. All rights reserved.

アミール・ナデリ監督の映画『山〈モンテ〉』が2019年2月よりアップリンク吉祥寺(12月14日(金)オープン予定)にて公開されることが決定しました。以降全国順次ロードショーも予定されている本作。

ナデリ監督ががイタリアでのオールロケを敢行し、ヴェネツィア国際映画祭「監督・ばんざい!」賞を受賞した、濃厚な作品です。

解禁されたメインビジュアルや場面写真からも、一人の男の生き様が伝わって来ます。

肉体を過剰に酷使しながら孤立無援の人間の限界突破を描く孤高の傑作、映画『山〈モンテ〉』にご期待ください。

© 2016 Citrullo International, Zivago Media, Cineric, Ciné-sud Promotion. Licensed by TVCO. All rights reserved.

関連記事

新作映画ニュース

柄本佑映画『痛くない死に方』公開日/上映館/特報予告動画。在宅医療の課題と現状を描いたベストセラーを映像化!

特報&場面写真、長尾和宏&坂井真紀&奥田瑛二のコメント解禁! 柄本佑主演・高橋伴明を監督に迎えた、在宅医療のスペシャリスト・長尾和宏のベストセラー「痛くない死に方」「痛い在宅医」の映画化『痛くない死に …

新作映画ニュース

『メビウスの悪女』『ワーニング』あらすじ/キャスト/予告編動画。夏のホラー秘宝まつり2020も日本や韓国の話題作そろい踏み!

「観客参加型のホラー映画祭」が2020年も開催。 夏の風物詩となりつつある「ホラー秘宝まつり」。 2020年も東京、名古屋、大阪の3都市で『夏のホラー秘宝まつり2020』同時開催されます。 このたび、 …

新作映画ニュース

映画『コントラ』あらすじ/キャスト/アンシュル監督インタビュー動画。劇場公開は2021年春に決定!

戦後75年を迎える日本を拠点に活動するアンシュル・チョウハン監督。 初の大林賞受賞作が2021年春、新宿Kʼs cinemaにてロードショー公開決定! 北米で最大の日本映画祭「ジャパン・カッツ」ネクス …

新作映画ニュース

青木柚映画『暁闇』あらすじとキャスト。阿部はりか監督の青春物語が劇場公開へ

阿部はりか監督の映画『暁闇』(ぎょうあん) 2019年7月に渋谷ユーロスペースでの単独レイトショー公開が決定! MOOSIC LAB2018長編部門にて準グランプリ、男優賞(青木柚)を受賞した阿部はり …

新作映画ニュース

映画『ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像』あらすじとキャスト。公開日は2020年2⽉28⽇に決定

作者不明で謎の肖像画。 年老いた美術商がたどり着いた“本当に価値のあるもの”とは? 「幻の名画」に込められた真実が明かされるとき、すれ違っていた家族の秘めた想いが絆を紡ぎだします。 © Mamocit …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学