Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

Entry 2019/08/13
Update

実写映画『かぐや様は告らせたい』あらすじネタバレと感想。平野紫耀×橋本環奈演じる“恋愛頭脳戦”

  • Writer :
  • 村松健太郎

映画『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦』は2019年9月6日(金)にロードショー公開!

アニメ化でも大きな話題となった赤坂アカの同名人気コミックがついに実写映画化。

監督を務めたのは、『兄に愛され過ぎて困ってます』『ニセコイ』と数々のコミック作品の実写映画化を成し遂げてきた河合勇人。

互いに相手への想いをこじらせすぎて、意地の張り合いとなった一組の天才高校生カップルの“恋愛頭脳戦”が繰り広げられます。

映画『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦』の作品情報


(C)2019 映画「かぐや様は告らせたい」製作委員会 (C)赤坂アカ/集英社

【公開】
2019年(日本映画)

【原作】
赤坂アカ

【監督】
河合勇人

【脚本】 
徳永友一

【キャスト】
平野紫耀、橋本環奈、佐野勇斗、池間夏海、浅川梨奈、ゆうたろう、堀田真由、高橋政宏、佐藤二朗

【作品概要】
ヤングジャンプで好評連載中、アニメ化でも大きな話題を呼んだ赤坂アカの人気コミックが初の実写映画化。

主演には人気アイドルグループ「King&Prince」の平野紫耀と、多くのコミック原作の実写映画化作品に出演してきた橋本環奈。共演には浅川梨奈、佐野勇斗、堀田真由、池間夏海と、注目の若手俳優陣が並びます。

また劇中のナレーションも兼任する佐藤二朗が、コメディリリーフとして抜群の存在感を発揮しています。そして本作の主題歌は「King&Prince」が歌う「koi-wazurai」。

映画『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦』のあらすじとネタバレ


(C)2019 映画「かぐや様は告らせたい」製作委員会 (C)赤坂アカ/集英社

将来、日本を担うエリート候補ばかりが集まる秀知院学園。その学園のトップの中のトップ・秀知院学園生徒会に会長として君臨する白銀御行。そして、彼を支える副会長の四宮かぐや。

学園中の羨望の的の二人には交際の噂が絶えません。二人はあくまで噂と笑い話にしていましたが、実は二人とも相手のことを強く意識しています。

二人は「告白することは恋愛において敗北」という互いの考えとプライドの高さから、相手の告白を待つばかり。無駄に時間を過ごしていきます。

やがて、二人は「何とかして、相手に告白させること」に全てを賭けるようになっていきます

その結果、「映画に行く・行かない」「恋愛相談にどうこたえるか?」など、互いの真意を探り探りの日々が続いていました。

そして、夏休み。互いに「相手から誘いが来る」と考えていた白銀とかぐやの予定はなにもありません。

そんな二人のもとに、生徒会書記の藤原千花から花火大会への誘いが来ます。やっと訪れたイベントに二人は心躍らせます。

ところが、一般庶民に混ざるようなイベントに参加することを良しとされていない家風もあり、かぐやは当日になって不参加となってしまいます。

それでもかぐやは家を抜け出して、花火大会会場へ向かいます。

必死に会場へと走るかぐやですが、惜しくも終了時間に。

今まで生粋の箱入り娘として育てられてきたかぐやは、友人らしい友人ができたのも生徒会に入ってからで、ましてや友人と誘い合って出かけるなどということは今までに一度もありませんでした。

一人呆然として、たたずむかぐや。

そこに白銀が駆けつけます。そして、房総の花火大会ならまだ見ることができるとかぐやの手をひきます。待っていたタクシーには書記の藤原や会計の石上など仲間たちの顔があります。

ギリギリで最後の花火に間に合ったかぐや。ところが、かぐやの耳には花火の音が全く入ってきません。

白銀の横顔を間近に見たことで、トキメキ、そして心臓の鼓動が大きくなりすぎて、周りの音が聞こえなくなっていたのです。

距離が近づいてきたかぐやと白銀。しかし、最後の一歩が踏み込めないまま生徒会の任期は終了してしまいました。

そして、生徒会室を後にしようとした瞬間、かぐやは胸を押さえて倒れてしまいます。

以下、『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦』ネタバレ・結末の記載がございます。『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)2019 映画「かぐや様は告らせたい」製作委員会 (C)赤坂アカ/集英社

病院に緊急搬送されるかぐや。心配する生徒会の面々に対し、かぐやの世話係である早坂は「かぐやの母は心臓の病で若くして亡くなっている」と明かします。

しばらくして退院し、学園へと戻ってくるかぐや。彼女は生徒会会長選挙に出馬することを宣言します。

しかし、彼女の身体のことを思い、白銀もまた生徒会会長に立候補します。

生徒会会長選挙が学園を二分するようになり、今までにない反目ぶりを見せる二人。

そして、運命の立会演説会が始まります。

最初は互いのマイナスポイントを攻め合いますが、いつしか自分にはない相手の魅力を言い合う展開に。思いが募り過ぎた二人は気が付けば互いに愛の言葉をぶつけ合う展開に。

二人の熱量に観衆たちは唖然としてしまいます。正気に戻った二人はその愛は生徒会へ向けられたものだと取り繕います。

選挙は僅差で白銀が勝利。結果的に元のメンバーが最集結して新たな生徒会が始まるのでした。

ちなみに、ひた隠しにしているかぐやの病はただの“恋の病”。二人の意地の張り合い=“恋愛頭脳戦”はまだまだ続きます。

映画『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦』の感想と評価


(C)2019 映画「かぐや様は告らせたい」製作委員会 (C)赤坂アカ/集英社

互いに惹かれあっているものの告白するということは恋愛において敗北という思いと、各々のプライドの高さから、こじらせすぎた男女の“恋愛頭脳戦”。

相手の裏の裏を読み過ぎて、結果として半ば挙動不審になりつつある主役カップル。

THEマンガ的世界観のキャラクターを平野紫耀と橋本環奈が絶妙なはまり具合を見せてくれます

『斉木楠雄のΨ難』『銀魂』とこういうジャンルに抜群の相性の良さを見せる橋本環奈はもちろんですが、その硬さが悪い方向に向かう時もある平野紫耀も今回は絶妙なはまり具合です。

共演メンバーも、それぞれ“学園モノ”作品への出演経験が豊富な佐野勇斗、浅川梨奈、池間夏海、堀田真由、ゆうたろうといった面々。

監督には『兄に愛されすぎて困ってます』『ニセコイ』など“コミック原作モノ”の達人・河合勇人。脚本も『翔んで埼玉』などの違和感ダラケの世界観を映画に落とし込むことには定評のある徳永友一が担当しています。

“キラキラ映画”などとも呼ばれがちな学園ラブコメディ映画。少々飽和状態にあるこのジャンルに該当する作品ではあるものの、徹底的にこじらせ合った者同士の恋愛という変化球ということもあって、新鮮な面白みがある作品に仕上がっています。

まとめ


(C)2019 映画「かぐや様は告らせたい」製作委員会 (C)赤坂アカ/集英社

「天才たちの恋愛頭脳戦」というサブタイトル通り、とにかく過剰に相手の心持ちを読み合ってしまうが故に空回りする姿がなんとも滑稽で笑いを誘います。

原作はもちろん2019年上半期に放映されたアニメ版も大好評であったことから、実写映画化は必ずしも追い風ばかりではありませんでしたが、本作はそのハードルを乗り越えている作品と言えます。

主役の平野紫耀と橋本環奈をはじめ、キャストの演じるキャラクターへのはまり具合も絶妙です。

本作にはそこに、佐藤二朗というとびきり効くスパイスが入ってきます。時折脱線気味にもなりますが、このスパイスがまた、また物語の伏線になっていたりと大切な役割も果たしているのです。





関連記事

コメディ映画

映画『一度死んでみた』ネタバレあらすじと感想。佐藤健はじめキャストちょい役の豪華さにも注目!

ロミオとジュリエットは薬デス! 説明書をよく読んで正しく死んで下さい。 父親大嫌い絶賛反抗期中の女子大生・七瀬と、「2日間だけ死んじゃう薬」で1度死んじゃった父とが巻き起こすドタバタコメディ。 広瀬す …

コメディ映画

【ネタバレ】新解釈・三國志|映画解説とラスト結末の考察。歴史小説との比較でユニークな英雄像を楽しめる

歴史には諸説あり。本当の『三國志』とはこうだったかもしれない!? 福田雄一監督が、歴史ファンの中でも特に人気を誇る『三國志』に独自の解釈を加え、自ら脚本を書き上げた映画『新解釈・三國志』。 福田組なら …

コメディ映画

映画『愛しの故郷(ふるさと)』あらすじと感想評価。チャン・イーモウの特徴を活かした5つの短編オムニバス

映画『愛しの故郷(ふるさと)』は2020年11月6日(金)よりグランドシネマサンシャンなど全国順次公開。 『初恋の来た道』(1999年)『HERO 英雄 』(2002年)『SHADOW/影武者 』(2 …

コメディ映画

映画『ファンシイダンス』ネタバレあらすじと結末の感想考察。本木雅弘×周防正行監督による煩悩だらけのお坊さんコメディ。

映画『ファンシイダンス』は周防正行監督、本木雅弘主演によるコメディ映画。 本作は、『Shall We dance?』の周防正行監督の初期作品で、本木雅弘のアイドル路線脱却の一歩となりました。 ロックバ …

コメディ映画

【ネタバレ】イエスマン|あらすじ感想考察と結末の評価解説。映画が語る生き方/伝えたいことは?ラストでおすすめコメディ洋画が起こす“奇跡”

「イエス」と言い続けた男の起こした奇跡とは? 『マスク』(1995)、『トゥルーマン・ショー』(1998)の人気俳優ジム・キャリー主演のコメディ映画『イエスマン! YESは人生のパスワード』。 『アン …

U-NEXT
【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学