Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

Entry 2019/07/25
Update

映画『ダンスウィズミー』あらすじネタバレと感想。三吉彩花と大物俳優・宝田明が輝く日本製ミュージカル

  • Writer :
  • 村松健太郎

映画『ダンスウィズミー』は2019年8月16日(金)より全国ロードショー公開!

「突然歌って踊り出すなんてヤバくない!?」と、ミュージカル映画における暗黙の了解にツッコミを入れた日本発ミュージカル・コメディ。

それが矢口史靖監督の映画『ダンスウィズミー』です。

『スウィングガールズ』『ハッピー・フライト』と数々の名作コメディ映画を手がけてきた矢口監督の最新作にして、監督の記念すべき長編第10作にあたります。

映画『ダンスウィズミー』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『ダンスウィズミーの作品情報


(C)2019「ダンスウィズミー」製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【原作・脚本・監督】
矢口史靖

【キャスト】
三吉彩花・やしろ優・Chay・三浦貴大・ムロツヨシ・宝田明

【作品概要】
『スウィングガールズ』『ハッピー・フライト』など、その軽妙なストーリーテリングとコメディセンスが光る手腕によって数々のヒット作を打ち出してきた矢口史靖監督の最新作にして、監督の長編第10作目にあたる作品。

記念すべき長編第10作目に矢口監督が挑んだのは、日本製ミュージカル・コメディ。

抜群の歌唱力と特技であるダンスによって見事主演を勝ち取った三吉彩花を筆頭に、メインキャスト陣が歌って踊ります。

共演にはお笑い芸人のやしろ優、人気歌手のChay、現在の国内ドラマ・映画にとって欠かせない俳優となったムロツヨシ、そして日本ミュージカル界の重鎮・宝田明が揃いました。

映画『ダンスウィズミー』のあらすじとネタバレ


(C)2019「ダンスウィズミー」製作委員会

鈴木静香(三吉彩花)は、いわゆる勝ち組のOL。大手企業で勤め、タワーマンションに住み、ブランド品で身を包み、ランチはおしゃれなレストランだけ。

しかもわざと「食べきれない」と言って残すなど、“キラキラOL”であるために徹底した生活を送っていました。

面倒な仕事を押し付けられても、それが人気のあるエリート社員の村上涼介(三浦貴大)と近づけると分かると、自宅に仕事を持ち帰ってでもやって見せたりします。

そんなある日、休日に姪っ子の面倒を見ることを押し付けられます。嫌々ながらに引き受けた子守を何とかやり過ごすため、静香は姪っ子を連れてとある遊園地に出かけます。

何気なく二人が行ったのが、催眠術のコーナー。

そこにはいかにも怪しげな催眠術師・マーチン上田(宝田明)がいました。かつてはテレビ番組の人気者だったマーチンも、今は場末の会場で胡散臭い仕事をしています。

催眠術のことを全く信じていない静香の目の前には、玉ねぎを果物のようにかぶりつく女性・斎藤千絵(やしろ優)の姿がありました。

にわかには信じがたいマーチン上田の催眠術ですが、なぜか姪っ子はそれを見て前のめりになります。

姪っ子の願いは、学校の出し物でやるミュージカルで失敗しないことでした。

静香にとってミュージカルには、小学校の時にクラスの投票でヒロインに選ばれたにもかかわらず、舞台で大失敗してしまったという苦い思い出がありました。

姪っ子の本気を見て、それに付き合う静香。マーチンは「これから音楽を聞いたら踊らずにいられなくなる」という催眠術をかけます。ところが、姪っ子には今一つピンときません。

翌日、出社した静香は村上に声をかけられ、同じ会議に出席することになります。周りのOLからは、妬みにも似た視線を向けられます。

村上の助手役として会議を進める静香。そんな中、プレゼンの材料としてとある音楽が鳴り始めます。その瞬間、静香は会議室を飛び出して、オフィス内で歌い踊り出してしまいます。

音楽が止んだ瞬間、我に返った静香は会社を飛び出します。

あの怪しげなマーチンの催眠術が自分に効いてしまったことを知った静香はマーチンの元へ向かいますが、マーチンは既に借金取りから逃げてしまった後でした。

そこに、あの玉ねぎをかじっていた千絵が現れます。彼女はフリーターであり、マーチンに雇われた仕込みのサクラとして働いていました。

彼女しかツテがない静香は千絵から離れないまま、二人はとある興信所に向かうことに。二人を出迎えた興信所の所長・渡辺義雄(ムロツヨシ)は、マーチンの捜索調査をひき受けてくれることになります。

調査費用を工面するために、家中の品物を全て売り払う静香。勝ち組OLだったはずの静香は、いつの間にかTシャツ一枚の姿になってました。

渡辺からの連絡でマーチンが東北で怪しげな巡業をしていることを知った静香は千絵に車を出させ、マーチンの後を追います。

しかし、途中でヤンキーまがいの男たちに絡まれたり、手持ちのお金が尽きたりとトラブルが続いてしまいます。

一方で、道中にて偶然出会ったストリートミュージシャンの山本洋子(chay)と即席の路上ライブをして軍資金を稼ぎ、窮地を脱します。

そして青森に着いた時、洋子に頼まれてとある結婚パーティーでも歌声を披露することになります。

以下、『ダンスウィズミー』ネタバレ・結末の記載がございます。『ダンスウィズミー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2019「ダンスウィズミー」製作委員会

洋子とともに静香と千絵が出席したパーティは、洋子とデュオを組んでいた男性の結婚パーティ。それまでおとなしい様子だった洋子は豹変し、パーティ会場で大暴れします。

静香と千絵は何とかその場を切り抜けて、マーチンを追って北海道に渡ります。そこには渡辺の姿もありました。

相変わらず胡散臭い催眠術を披露するマーチン上田。

しかし、千絵から静香への催眠術が強烈に効いていたことを知らされたマーチンは往年のパフォーマンスを披露。会場中を大きなミュージカル会場にしてみせます。

無事に催眠が解けた静香。千絵や渡辺とともに、何とか週明けの月曜日の出社時間に間に合った彼女はオフィスに向かいます。

けれども、見栄を張り、自分を飾っていた今までのOL生活への違和感を感じた静香は踵を返し、千絵たちの元へと走っていきました。

スポンサーリンク

映画『ダンスウィズミー』の感想と評価


(C)2019「ダンスウィズミー」製作委員会

劇中のセリフで静香がツッコんでいる通り、「ミュージカル映画では作品に“没入”することができない」という方にとっての、ミュージカル映画の最大の障害。それが、「唐突に入る歌唱とダンスシーン」です。

なぜ普通に会話をしていたのに、突然歌い踊り始めるのか。不自然といえば、あまりにも不自然です。

そこに矢口監督が持ち込んだ力業というべきエクスキューズが、“音楽が鳴ると歌い踊りだしてしまう催眠術”という設定。この設定により、半ば強引に主人公は歌い踊らされてしまいます。

また「楽曲を既存の歌謡曲にする」という工夫も効果的です。

山本リンダ『ねらいうち』、キャンディーズ『年下の男の子』、サディスティック・ミカ・バンド『タイムマシンにおねがい』など、いわゆるJPOP以前の歌謡曲を敢えて選曲しています。

「懐メロ」とも呼ばれがちなこのような楽曲は、「歌えないけど知っている」「サビだけならなんとなく分かる」という方が沢山いる楽曲でもあります。

このチョイスによって、ミュージカル場面における歌唱部分の不自然さを上手い具合にごまかすことができています。

もう一つの見どころが、「ゴジラと同期」の日本ミュージカル界の重鎮・宝田明の歌唱シーンがスクリーンに焼き付けられている点でしょう。

多くの舞台で歌い踊り、アニメーション作品の吹替(『アラジン』ジャファー役が特に有名です)などでも知られるこの大ベテランは、意外にも映画で歌い踊るのは55年ぶりとのこと。

その55年前に歌い踊った映画とは、1964年の『ひばり チエミ いづみ 三人よれば』。

主演が美空ひばり・江利チエミ・雪村いづみという昭和・戦後の大スター三人(いわゆる“三人娘”)であることからも、時代の流れを切に感じてしまいます。

女性ダンサーとのおちゃめな絡みなどを見ると、軽妙な彼の持ち味はいまだ健在だということを感じることができます。

まとめ


(C)2019「ダンスウィズミー」製作委員会

“催眠術”という二度目はない力業を使ったとはいえ、その制作が困難になりがちな“日本製ミュージカル映画”を矢口監督はやり切りました。

これには、やはり主演を務めた三吉彩花の歌と踊りに対する努力の成果が大きいといえます。

オーディションを通過したのち、三吉彩花のスケジュールは3か月間びっしりと歌と踊りのレッスンで埋まったという話です。

これは妻夫木聡たち若手俳優にシンクロを本気でやらせた『ウォーターボーイズ』、上野樹里たちにビッグバンドジャズのスタンダードをフルで演奏させた『スウィングガールズ』と同じ手法です。

特技がダンスとバレエである三吉彩花でしたが、この三カ月の猛特訓を経て「今まで初めてといっていいほど極限に追い込まれた」と語っています。

その甲斐もあり、劇中ではポールダンスやヒップホップダンス、変則的な空中ブランコ、更にはテーブルクロス引きまでやって見せます

過去に若手を鍛えた作品に比べて主演一人にかかる部分が大きく、プレッシャーも並大抵のものではなかったでしょうが、結果として観た者が決して忘れることのできない輝きを、1時間43分の上映時間中めいっぱいに放ち続けています

それだけでも、この映画を見る価値はあると思います。

映画『ダンスウィズミー』は2019年8月16日(金)より全国ロードショー公開!


関連記事

コメディ映画

映画『まぼろしの市街戦』感想と解説。4K版のラストエンディングで日本公開版より狂気の果ては明快に

フランスの巨匠フィリップ・ド・ブロカ監督の代表作『まぼろしの市街戦』が、4Kデジタル修復版で、10月27日(土)より、新宿K’s cinemaほかにて公開されることが決まりました。 狂気にまみれた愚か …

コメディ映画

映画『フィッシャーマンズ・ソング』あらすじと感想レビュー。漁師たちが歌手デビュー!?コーンウォールから愛をこめて

イギリスを席巻!実在する漁師バンドのサクセスストーリー イギリスの小さな港町の漁師たちが、歌手デビューしちゃった!? この奇想天外な実話を映画化した『フィッシャーマンズ・ソング コーンウォールから愛を …

コメディ映画

菅田将暉映画『帝一の國』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

超人気のイケメン俳優たちが大大大集結!!! 学園政権闘争コメディ映画『帝一の國』をご紹介します。 映画『帝一の國』を今すぐ見る スポンサーリンク CONTENTS映画『帝一の國』の作品情報映画『帝一の …

コメディ映画

『だれもが愛しいチャンピオン』映画感想と内容解説。障がいと困難に立ち向かう必要性を軽快なテンポでユーモラスに描く

映画『だれもが愛しいチャンピオン』は2019年12月27日(金)より全国公開 プライドの高いバスケットコーチと、知的障がい者のバスケットボールチームのメンバーとの絆を描いたヒューマンドラマ、映画『だれ …

コメディ映画

映画『グランドブダペストホテル』ネタバレ感想解説とラスト結末の考察。ウェスアンダーソン監督のカリスマコンシェルジュが奔走するミステリーコメディ

伝説のコンシェルジュが誘う“究極”のおもてなし人生 高級ホテル“グランド・ブタペスト・ホテル”のカリスマコンシェルジュと、若きロビーボーイの交友を通し、ホテルの常連客が殺害されたことをきっかけに、巻き …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学