Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

Entry 2020/09/04
Update

レイニーデイ・イン・ニューヨーク|ネタバレ感想とあらすじ考察。恋愛映画おすすめの作品をティモシー・シャラメとエル・ファニングで描く

  • Writer :
  • ゆきむらゆきお

雨と街と人と出会いとノスタルジック。そんな魅力が詰まった映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』

 
ウディ・アレン監督による、魅力的にニューヨークの街を描くハートフルラブストーリー『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』。

雨の日のニューヨーク・マンハッタン。あるひと組のカップルが、それぞれに過ごす1日。人生って中々、思い通りにはいかない。そんな日に限って、人生を左右する出来事が起きます。

雨と街と人と出会いとノスタルジック。この映画の魅力あふれる味わい深さを、魅力的に解説します。

映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』は2020年7月3日(金)から全国公開中!

スポンサーリンク

映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』の作品情報

(C)2019 Gravier Productions, Inc.
 
【日本公開】
2020年(アメリカ映画)
 
【脚本・監督】
 ウディ・アレン
  
【キャスト】
 ティモシー・シャラメ、エル・ファニング、セレーナ・ゴメス、ジュード・ロウ
 
【作品概要】
ベテラン映画監督ウディ・アレンによる、ニューヨークの情景がとても情緒あふれる恋愛映画。主演は『ストーリー・オブ・マイ・ライフ わたしの若草物語』など、グレタ・ガーウィグ作品で常連のティモシー・シャラメ。

その他、「マレフィセント」シリーズで、プリンセスを演じるエル・ファニング、Netflixドラマ『13の理由』で製作総指揮を務めているセレーナ・ゴメスの出演も。その他では、『キャプテン・マーベル』など幅広く活躍するジュード・ロウなど、豪華出演陣が話題となっています。

映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』のあらすじとネタバレ


(C)2019 Gravier Productions, Inc.

大学生のギャツビーは、母親の社交気取りの教育に嫌気がし、田舎のヤードレー大学に通っています。大学生活では、ギャツビーには大切な彼女がいました。彼女の名前は、アシュレー。

ギャツビーはニューヨークのマンハッタンで生まれ育った、都会っ子。田舎の大学でも楽しく過ごせたのは、アシュレーのおかげです。

そんなアシュレーは、学校の課題で憧れの映画監督、ローランド・ポラードにインタビューするアポイントメントが取れます。興奮した面持ちでギャツビーの元に現れるアシュレーは、ニューヨークに行ける喜びを伝えます。

ギャツビーは、ポーカーで3万ドル勝っていたので、アシュレーを地元のニューヨークを案内して甘い週末を過ごせるだろうと、一緒に行くことにしました。

アシュレーはアリゾナの銀行頭取の娘で、将来はジャーナリスト志望。とても明るいいい娘だというのは、見ていても明らかな女性でした。

ギャツビーにはこの週末、母親の誕生日パーティーがあり、もちろん参加しなければいけませんでしたが、大学の行事で断っています。内緒にしてニューヨークに行くことにします。

母親主催のパーティーには、出たくないギャツビーでした。

ニューヨーク。アシュレーはまずは取材に行きます。ギャツビーは取材後に落ち合おうと、地元を歩いて散策します。

アシュレーは、ローランド・ポラードに取材をします。映画の話を熱狂的に話すのですが、ポラードは映画の話ではなくアシュレーの話ばかり。アシュレーに興味を持ったことが分かります。

すると、新作の試写があるから一緒に見るかい? と誘われます。もちろんアシュレーは二つ返事でOKします。一旦彼氏に約束を遅らせることを伝え、その後に行きましょうと、伝えました。

ギャツビーは、アシュレーと別れた後、歩いていると同級生に遭遇。

大学の課題で短編映画を撮っているらしく、撮影に参加してくれと頼まれます。車に乗ってエキストラでいいと言われるのですが、キスシーンがあるのだという。

動揺するギャツビー、相手役はチャン・ティレル。ギャツビーの、昔付き合っていた女性の妹でした。懐かしんで話していると、撮影開始。キスを交わします。

キスをするときに、チャンの提案でどうせするなら情熱的な本気のキスをやろう、という提案をしていました。しかしギャツビーは面食らって、口を閉じたまましてしまいます。

ぎこちないキスに、不甲斐ない部分を見せてしまったギャツビーでした。しかしそこにはもちろん、アシュレーへの罪悪感もあったのです。

一方そのアシュレーはというと、試写室にいました。映画を観ていると、ポラードがこの映画はダメだと言い、試写室を飛び出してしまいます。脚本家のテッド・ダヴィドフと共に、タクシーを拾いポラードを追いかけることに。

その道すがら、脚本家のダヴィドフの奥さんを発見しました。それは浮気の現場でした。ダヴィドフは、奥さんが出てくるのを待ち、問い詰めました。

アシュレーもその様子をタクシーから眺めていましたが、仲裁に入ります。しかし夫婦の問題だと言われ、ポラードをひとり追いかけることになり、タクシーでスタジオに向かいます。

土砂降りの雨。ギャツビーはタクシーに乗ることにしました。するとそこに、先ほどのチャンがやってきます。ほぼ同時でしたが、相乗りして行くことにする2人。

ギャツビーは近代美術館(MOMA)で、アシュレーと落ち合う予定でしたが、その予定もなくなってしまいました。

チャンは、ギャツビーとはウマが合いません。言い合いをしています。しかし、なんだかんだとギャツビーの時間潰しに美術館へと付き合ってくれたり、2人の時間を過ごしていきました。

実は幼少期の頃、チャンはギャツビーに想いを寄せていたことが分かります。

そんな時、美術館で親戚とばったり会ってしまうギャツビー。結果として、母親主催のパーティーに出席することになってしまいます。

一方、アシュレーはスタジオに向かったと思われるポラードを追いかけ、到着します。スタジオでは、人気俳優でプレイボーイとして名高いフランシスコ・ヴェガと遭遇。

ポラードを探していると言うと、あれよあれよのうちに、ヴェガと食事にいくことになってしまいます。すると、彼と一緒にいるところを大勢に記者や取材陣に囲まれ、パパラッチされてしまいました。

ヴェガと食事をして浮かれていたアシュレーは、お酒が進んでどんどん飲んでしまいます。

美術館をあとにし、雨でびしょ濡れになった2人は、チャンの家に。ギャツビーはチャンの姉と付き合っているときに何度も来たことがある家で、懐かしんでいました。

ピアノを弾く、ギャツビー。その光景に2人の時間が過ぎていくチャンとギャツビーでしたがふとテレビに目をやると、ポラードと取材しているはずのアシュレーが、フランシスコ・ヴェガと一緒にいるところをニュースで目撃してしまいます。

以下、『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』ネタバレ・結末の記載がございます。『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2019 Gravier Productions, Inc.

ギャツビーは、チャンのアパートをあとにするとやけになって、ポーカーをします。ギャツビーはギャンブルとピアノが趣味。見事勝ち大金を得るのでした。

アシュレーは、食事の後にヴェガに連れられてパーティーに行きます。そこで、ポラードやダヴィドフと再会。彼らにも、アシュレーは気に入られている模様。

ですが、アシュレーは再びヴェガに連れられて、彼の家に向かうのでした。彼の家は豪邸。アシュレーは、この流れだと確実に夜を共にする流れだと思いますが、酔っ払って浮かれ調子。

しかしその時、フランシスコ・ヴェガの恋人が帰ってきたのです。彼は、別れたとアシュレーに嘘をついていました。

ヴェガは、下着姿のアシュレーをそのまま雨の降った外に、コートと一緒に放り出してしまいます。アシュレーはどうにもならない状況に、仕方なく、下着にコートという格好で帰るしかありませんでした。

ギャツビーは、そんなアシュレーのことなどもうどうでも良く、ホテルのバーで呑んでいたコールガールの女性に、アシュレーの代わりにパーティーに一緒に行って欲しいと頼みます。

ギャツビーが毛嫌いしていた母親のパーティー。ギャツビーは、そのコールガールの女性をアシュレーとして家族に紹介します。しかし母親は、一緒に連れてきた女性がアシュレーではないということを見抜いていました。

ギャツビーの母親が、なぜコールガールだということを見抜けたのか…

それは、ギャツビーの母親もその昔、コールガールだったのです。母親は、コールガールとして知り合った男性と恋に落ち、結婚していました。

もちろん、その男性はギャツビーの父親です。結婚後に、2人は成功を手にしていました。

ギャツビーの母親は、コールガールだった過去に負い目を感じ、その頃の気持ちを拭いさろうと必死に頑張ったのです。そして自然とその気持ちを、そのまま息子であるギャツビーにも強要してしまっていたのでした。

しかし母親は、続けます。ギャツビーがギャンブルなど世間の闇に惹かれるのは、母親の血だと言います。元々コールガールだった過去を持つ私のせいだと言いました。

そんな事実を知らなかったギャツビー。しかしギャツビーは、そんな母親を誇りに思うのでした。

翌朝、2人はようやくホテルの部屋で顔を合わせます。

馬車に乗って、セントラルパークを散歩していました。アシュレーにとって昨晩の出来事は散々なものでした。

しかし、ギャツビーにとっては違ったのです。灌漑深げにニューヨークの風景を眺めて、アシュレーに今の想いを伝えます。

1人で帰ってくれ、と。ギャツビーはニューヨークで生きていくことを決めたのです。そして、アシュレー1人を残しギャツビーはとある場所へ歩き出すのでした。

残されたアシュレーは、ギャツビーを追うのでもなく雨が降りそうなので急いで戻ってと、自分の心配をしています。

ギャツビーは、セントラルパークにある時計台の下にやってきました。誰かを待っているようです。

するとひとりの女性が、ゆっくりと歩いてきます。それはチャンでした。

この場所は昨晩の会話に出てきた思い出の場所。来ると思った、と言い2人はキスを交わします。

 

スポンサーリンク

映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』感想と評価


(C)2019 Gravier Productions, Inc.

この映画は普通に観れば、ただのラブコメ作品です。古い映画の様に、とあるカップルがすれ違っていく様を淡々と描いたもの

エル・ファニングの底抜けに浮かれている様子も、とても滑稽に見えてくるでしょう。白眉といえるのは、ティモシー・シャラメ。 
 
彼は、何をしていても様になります。きっと何をしても似合ってしまう。ただし“イケメン”に限る…の“イケメン”なのですから……。

でもそんなティモシー・シャラメの魅力を十二分に引き出しているのは、まさしく、ニューヨークの風景なのです。

序盤に登場する、ギャツビーが同級生と再会し、チャンと出会う短編映画のロケ地になっている裏路地。

一見、映画のセットに見えるかの様な通りは、ミネッタ・ストリート。アシュレーが、ダヴィドフと共にタクシーを拾うのはノース・ムーア・ストリートだったりと、ニューヨークのおしゃれなストリートがたくさん出てくる作品です。

この映画を見るだけで、ニューヨークに行きたくなるような……。せめてそんな気分が味わえるように、明日の朝はカフェのテラス席で朝食を食べよう! と、ちょっとよそ行きの気分になれる、ほんの少しの贅沢を楽しめる様な映画です。

まとめ


(C)2019 Gravier Productions, Inc.

映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』は、正直ハリウッドでは、様々な事柄の影響で無期限上映禁止となっている作品です。事実、監督のウディ・アレンは、過去の行いを糾弾されていました。

その結果、出演者たちは、この映画から収入を受け取ることを拒否し、寄付に回している人も多いとされています。

しかし、何があっても悪いのは人であり、完成した映画は悪くありません。アメリカでの上映がないので、この作品の評価も低くなることは間違いないでしょう。

ただ、一つ言いたいことは、その色眼鏡をなくして、この映画を楽しんで観て欲しいと言うこと。

だって、あんなにおしゃれに映るニューヨーク、滑稽なアシュレー、とっぽいギャツビー、日常をこんなに愛らしく切り取った映画は、まさしくウディ・アレンだからこそ成せる技

まずはは是非とも、偏見を持たずに映画として楽しんで欲しい作品です。



関連記事

ラブストーリー映画

瀬々敬久映画『糸』あらすじ感想とレビュー評価。菅田将暉×小松菜奈が中島みゆきの名曲を描くラブストーリー

監督は瀬々敬久、主演は菅田将暉と小松菜奈。 中島みゆきの名曲『糸』をモチーフにしたラブストーリー 映画『糸』は、1998年にリリースされた中島みゆきのヒット曲「糸」をモチーフにして、『8年越しの花嫁 …

ラブストーリー映画

ピーチガール試写会と舞台挨拶情報!キャストや主題歌紹介も

大ヒット少女漫画『ピーチガール』は累計発行部数1300万部を超え、2017年5月20日に全国公開される実写化の映画。 漫画家の上田美和の代表作で別冊フレンドに連載された漫画を女優の山本美月と「Hey! …

ラブストーリー映画

アニメ映画『あさがおと加瀬さん。』あらすじとキャスト。劇場情報も

アニメ映画『あさがおと加瀬さん。』は、6月9日より、新宿バルト9、池袋HUMAXシネマズほかにて公開。 高嶋ひろみによる人気コミックの「加瀬さん。」シリーズは、女子高生同士のピュアな恋と青春を描いたス …

ラブストーリー映画

映画『パームスプリングス』ネタバレ感想解説とラスト結末の評価。繰り返すタイムスリップの恋愛の行く末

同じ日常を繰り返す男女の恋模様を描くハートフルコメディ 映画『パーム・スプリングス』が、2021年4月9日(金)より新宿ピカデリーほか全国ロードショー中です。 2021年のゴールデングローブ賞で作品賞 …

ラブストーリー映画

オムニバス映画『おかざき恋愛四鏡』感想レビューと評価。川井田育美監督の「はちみつイズム」で描いた“恋愛の厳しさ”

映画『おかざき恋愛四鏡』は2020年1月24日(金)イオンシネマ名古屋茶屋ほか全国順次公開。 若手の監督とキャストによる、4つの恋愛ストーリーを描いた、映画『おかざき恋愛四鏡』。 それぞれ違う作風を持 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学