Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

映画『つかのまの愛人』あらすじとキャスト。フィリップ・ガレル監督のプロフィール紹介も

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

映画『つかのまの愛人』は、8月18日(土)より31日(金)までシネマヴェーラ渋谷にて限定公開決定!

『ジェラシー』や『パリ、恋人たちの影』に続く、映画『つかのまの愛人』。

フィリップ・ガレル監督が自ら“フロイド的三部作”と名付けたシリーズでは、女性たちの無意識や欲望、そして苦悩。

恋愛にまつわる様々な感情とふるまいに迫っていく野心作。ひとりの男をめぐる女たちの奇妙な共犯関係とは?


© 2016 Guy Ferrandis / SBS Productions

スポンサーリンク

映画『つかのまの愛人』とは


© 2016 Guy Ferrandis / SBS Productions

フィリップ・ガレルの最新作『つかのまの愛人』(原題:l’Amant d’un jour)が、8月21(土)よりシネマヴェーラ渋谷にて限定公開されることが決まりました。

本作は撮影監督に『今宵かぎりは』(1972)などで、ダニエル・シュミット監督と組んだことで知られるレナート・ベルタ。

また、『昼顔』『ブルジョワジーの秘かな愉しみ』など、ルイス・ブニュエル作品の脚本家としても知られるジャン=クロード・カリエールが共同脚本。

さらにフィリップ作品の『ジェラシー』『パリ、恋人たちの影』で、音楽担当でタッグを組んだジャン=ルイ・オベール、といったフランス映画界を牽引してきた名匠たちがスタッフに顔を揃えています。

そのほか、フィリップ監督が教鞭をとる国立高等演劇学校の教え子だったルイーズ・シュヴィヨット、ガレルの実の娘エステール・ガレルという俳優たちが、ともにつくりだしたガレル監督の新境地ともいえる作品。

また、本作公開に合わせ公開劇場であるシネマヴェーラ渋谷では、絡みあう恋愛の連立方程式を学ぶ2週間として特集上映「愛の力学“彼と彼女と彼”あるいは 彼女と彼と彼女」を開催されますので、映画ファンのあなたなら注目ですよ。

映画『つかのまの愛人』の作品情報


© 2016 Guy Ferrandis / SBS Productions

【公開】
2018年(フランス映画)

【原題】
L’amant d’un jour

【脚本・監督】
フィリップ・ガレル

【キャスト】
エリック・カラヴァカ、エステール・ガレル、ルイーズ・シュヴィヨット

【作品概要】
現代の恋愛を描いた『ジェラシー』と『パリ、恋人たちの影』に続く、フィリップ・ガレル監督が自ら“フロイド的三部作”と名付けたシリーズの完結編。

女性たちの無意識や欲望、苦悩を描いた恋愛にまつわる感情に迫る野心作。

スポンサーリンク

フィリップ・ガレルのプロフィール

参考映像:『灼熱の肌』(2011)

フィリップ・ガレルは1948年4月6日パリ生まれ。

1968年の19歳の時に制作した『Marie pour mémoire(記憶すべきマリー)』が、イエール映画祭でヤングシネマ賞を受賞。俳優ミシェル・シモンに称賛されます。

その後、ポップアートの旗手アンディー・ウォーホルの映画『チェルシー・ガールズ』に感銘を受けて渡米。彼の構えるファクトリーと呼ばれるスタジオに集う人たちと交流を持ちます。

そこでヴェルヴェット・アンダーグラウンドの歌姫であったニコと出会い、主演に7本の作品を制作します。

1974年に『孤高』ではニコととも商業映画から離れていたジーン・セバーグも迎えて映し出しました。

1979年に『秘密の子供』で商業映画に復帰すると、本作は1982年に第32回ジャン・ヴィゴ賞を受賞します。

1983年に、父モーリスを主演の『自由、夜』で、第37回カンヌ国際映画祭のフランス映画の展望部門にてグランプリを受賞。

その後も、1988年にニコの突然の死を知ったフィリップ監督は、彼女との生活や別離、そして死をテーマにした、『ギターはもう聞こえない』を1990年に発表すると、第48回ヴェネツィア国際映画祭で銀獅子賞を受賞します。

その後も、1993年に『愛の誕生』、1996年に『彷徨う心』でも、ニコの死後も生きるフィリップ自身の人生が語られ続けます。

1999年に大女優カトリーヌ・ドヌーブから要望を受け、彼女を主演に『夜風の匂い』を制作。

2000年代に入りると、2001年の『白と黒の恋人たち』で第58回ヴェネツィア国際映画祭にて国際映画批評家連盟賞を獲得します。

『恋人たちの失われた革命』は主演の息子ルイ、父モーリスのほか、ブリジット・シィ、キャロリーヌ・ドリュア=ガレル、オーレリア・アルカイスなど集結させた作品で、第62回ヴェネツィア国際映画祭にて、2度目となる銀獅子賞を獲得

そのほか、ルイ・デリュック賞やリュミエール賞の監督賞、ヨーロッパ映画賞の国際映画批評家連盟賞など、多数の賞を受賞しています。

映画『つかのまの愛人』のあらすじ


© 2016 Guy Ferrandis / SBS Productions

アリアンヌは3ヶ月ほど前から哲学教師のジルと付き合っていました。

しかしジルには、アリアンヌと同じ歳の娘ジャンヌがいました。

その娘ジャンヌは初めて人生での大きな恋愛の終わりに絶望を抱え、父親の元に身を寄せていました。

ジャンヌは歳の近い父親の恋人アリアンヌと、やがて親しくなっていきます。

そこで愛することや女性として欲望について互いの価値観を語り合っていきますが…。

スポンサーリンク

映画『つかのまの愛人』の感想と評価


© 2016 Guy Ferrandis / SBS Productions

『ギターはもう聞こえない』(1991)『恋人たちの失われた革命』(2005)で、ヴェネチア国際映画足銀獅子賞を獲得し、1960年代から現在まで途切れることなく、意欲的な作品を発表し続けるフランスの名匠フィリップ・ガレル監督。

ヌーヴェル・ヴァーグの映画作家のジャン=リュック・ゴダールやフランソワ・トリュフォーなどから影響を受け、ポスト・ヌーヴェルヴァーグの1人とされ、“ゴダールの再来”と呼ばれ、シネマテークの創設者のアンリ・ラングロワは、“ヌーヴェル・ヴァーグ以降で最も重要な作家の1人”と述べています。

本作品『つかのまの愛人』は、ガレル監督の最新作にして、『ジェラシー』(2013)『パリ、恋人たちの影』(2015)に続く、フィリップ自ら三部作する作品です。

モノクロームの静謐な映像に紡がれるのは、哲学教師の男と若い恋人、そして男の娘との奇妙な三角関係の顛末。

大学の教え子アリアンヌと同棲している哲学教師のジルのもとに、ある日恋人にフラれて自暴自棄となった娘ジャンヌが訪れ、3人の共同生活が始まります。

同い歳のジャンヌとアリエンヌは、愛や性欲、そしてジルには言えない秘密を打ち明け合います。

それは女たちの間に生まれた共犯関係にも似た奇妙な絆でした。しかし、父として、恋人として、それぞれの愛をジルに求めるふたりの間には、やがて友情だけではない感情が芽生え出します…。

若い女たちの欲望や嫉妬、生への執着がまざまざと活写された本作は、愛という根源的なモチーフを扱いながら、これまでにない女性描写で、あなたを魅了します。

まとめ


© 2016 Guy Ferrandis / SBS Productions

フィリップ・ガレル監督は、女性を“地上に影を投影する雲のようだ”と、例えて語っています

「彼女たちは陽光が射すのを妨げ、そこにできた影は私たちをかすめ、周囲を動いていく。彼女たちが私たちに与えたもの、それは愛であり、それはもうここにはない」

このような詩的な語りのほかにも…。

「いま私が映画で探求しようとしていることは、女性のリビドーと男性のリビドーが同じ強さである」

熟した経験と思惟を感じさせる言葉も述べています。

あなたが映画を通して、“愛”について知りたい。

また、自己存在を見出したいと考えたとすれば、フィリップ・ガレル監督の作品に、その問いも答えも見い出せるかもしれません。

映画『つかのまの愛人』は、8月18日(土)より31日(金)までシネマヴェーラ渋谷にて限定公開決定!

ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

ラブストーリー映画

実写映画『覆面系ノイズ』あらすじとキャスト!中条あやみ演技評価も

福山リョウコ原作の累計100万部突破の人気気No.1恋愛コミックを実写映画化! 『覆面系ノイズ』は主演のニノ役を中条あやみが演じ、三木康一郎監督の演出で制作され、11月25日(土)より、全国公開がロー …

ラブストーリー映画

映画『ハニーレモンソーダ』ネタバレ実写結末と感想評価。キャストのラウール×吉川愛が登場人物を青春ラブストーリーで息づかせる

映画『ハニーレモンソーダ』は、2021年7月9日(金)より全国公開。 雑誌『りぼん』(集英社)に2016年2月号から連載中の、村田真優によるコミック『ハニーレモンソーダ』が、実写映画化されました。 髪 …

ラブストーリー映画

映画『聖なるもの』感想と考察。岩切一空の向こう側の構造と系譜とは

映画『聖なるもの』は、4月13日(土)より、ポレポレ東中野ほか全国順次ロードショー! 岩切一空監督の渾身の一作となる本作のキャッチコピーは、“フェリーニ meets 庵野秀明!?”。 庵野監督といえば …

ラブストーリー映画

カンヌ映画祭2017『光』永瀬正敏の演技と河瀬直美監督への評価

永瀬正敏は河瀬直美監督の前作『あん』に引き続き『光』でも主演を果たして、2017年のカンヌ国際映画祭のレッドカーペットを踏みました。 彼は日本人初の3年連続のカンヌ入りをした俳優。また、俳優人生では4 …

ラブストーリー映画

映画『ひるなかの流星』あらすじとキャスト一覧。【永野芽郁×三浦翔平×白濱亜嵐出演】

“はじめて人を好きになった瞬間、はじめての告白、はじめての失恋、そしてはじめての…” 究極の三角関係を描いた胸キュン度200%のラブストーリー『ひるなかの流星』をご紹介します。 スポンサーリンク CO …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学