Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

オムニバス映画『おかざき恋愛四鏡』感想レビューと評価。川井田育美監督の「はちみつイズム」で描いた“恋愛の厳しさ”

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

映画『おかざき恋愛四鏡』は2020年1月24日(金)イオンシネマ名古屋茶屋ほか全国順次公開
若手の監督とキャストによる、4つの恋愛ストーリーを描いた、映画『おかざき恋愛四鏡』。

それぞれ違う作風を持つ個性豊かな4つの物語の中から、今回は、現実の恋愛「リアキュン」を求める、夢見がちな女の子の物語『はちみつイズム』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『おかざき恋愛四鏡』とは


(C)おかざき恋愛四鏡

4人の若手監督が、全てのロケを愛知県岡崎市で敢行した、テーマも作風も違う4つの恋愛ストーリー。出演者には、オーディションで選ばれた7名の女優や、ファッションモデル、アイドル、ベテラン俳優など、さまざまな才能が集結しています。

また、不思議な鏡で、それぞれの物語を繋ぐブリッジドラマに、名古屋・栄を拠点とするアイドルグループ「SKE48」の熊崎晴香と松本慈子が出演。双子ユニット「HANA&MOMO」の大崎ハナと大崎モモと、コミカルな演技を披露しています。

映画『おかざき恋愛四鏡』作品情報

【公開】
2020年 (日本映画)

【エグゼクティブプロデューサー】
渡辺未生

『はちみつイズム』

【『はちみつイズム』監督・脚本】
川井田育美

【『はちみつイズム』キャスト】
越智ゆらの、織田唯愛、内海啓貴、神保悟志、茜結、新井花菜

【『はちみつイズム』作品概要】
少女漫画を目指す女の子、雛子が「生きた恋心」を描く為、一目ぼれしたイケメン男性の智樹との、リアルでキュンキュンする恋愛「リアキュン」を求めて奮闘するラブストーリー。

主演に、ツイッターのフォロワー数が約43万人以上の、人気モデル越智ゆらの、ミュージカル『テニスの王子様』などに出演し活躍している内海啓貴。

雛子を支える喫茶店のマスターを「相棒」シリーズや、大河ドラマに多く出演している、ベテラン俳優の神保悟志が演じています。

監督は「相棒」シリーズの制作に携わって来た、 川井田育美。

スポンサーリンク

映画『はちみつイズム』の主な登場人物


(C)おかざき恋愛四鏡

横山雛子

喫茶店でアルバイトをしながら、少女漫画家デビューを目指す、少し夢見がちな女の子。

持ち込んだ作品が、いつもボツにされてしまう為、担当の編集長から、リアルでキュンキュンな恋愛「リアキュン」を経験し、「生きた恋心」を漫画にする事を提案されます。

若杉太郎

雛子がアルバイトをしている、喫茶店のマスター。

優しくて穏やかな雰囲気を持っていますが、喫茶店のマスターなのにコーヒー嫌いだったり、営業中に趣味の筋トレをしたり、少し変わった部分があります。

田中智樹

建築を専攻している大学院生。

頭が良くてスポーツが万能な、文字通り少女漫画から抜け出てきたようなイケメン。

雛子は一目ぼれしますが、彼との「リアキュン」の行方は?

松田みなみ

雛子の高校時代からの親友で相談相手。

雛子とは真逆で、冷静で現実主義的な性格です。

伊藤絵梨

雛子が持ち込みをしている「プリズム出版」の編集長。

雛子の一生懸命さは評価しており、漫画の完成度を高くする為「リアキュン」を提案します。

映画『はちみつイズム』のあらすじ


(C)おかざき恋愛四鏡
少女漫画デビューを目指す女の子、横山雛子は「プリズム出版」へ作品を持ち込みますが、編集長の伊藤絵梨の反応はイマイチです。

雛子は絵梨に「実際に恋愛をしているか?」と聞かれ、「はい」と答えた事から、そのリアルでキュンキュンする恋愛「リアキュン」を、漫画にする事を提案されます。

しかし、実際に雛子の周囲にいる男性は、バイト先の喫茶店のマスターだけ。

「少女漫画のような恋愛をして、それを漫画にする」という、雛子の理想から、現実はかけ離れていました。

そんな雛子の前に、雛子が描いた漫画に登場する生徒会長と、瓜二つの外見を持つイケメン大学院生、田中智樹が現れます。

智樹に一目ぼれした雛子は「現実は甘くない」という、親友の松田みなみの忠告も聞かず、智樹との「リアキュン」を追い求め、ある事がキッカケで、智樹と親密になっていきます。

自身に訪れた「リアキュン」を漫画にしていく雛子は、絵梨からデビューのチャンスが掴める「新人漫画大賞」に、作品を応募する事を提案されます。

「新人漫画大賞」への応募を決めた雛子は、無事に作品を完成させる事ができるのでしょうか?

そして、智樹との「リアキュン」の行方は?

スポンサーリンク

『はちみつイズム』感想と評価


(C)おかざき恋愛四鏡
夢見がちな女の子の雛子が、自身の漫画を完成させる為に、リアルな恋愛「リアキュン」を追い求める『はちみつイズム』。

「リアキュン」の事ばかり考えている雛子と、お客さんが来なくて廃業寸前なのに、筋トレに力を入れている、優しいけどマイペースな喫茶店のマスターをメインにした、ほのぼのした雰囲気の楽しい作品です。

雛子を演じた、主演の越智ゆらのは「夢見がちな女の子の雛子は、自分に近い」と語っており、とにかく可愛さが爆発しています。

また、ベテラン俳優の神保悟志が、変わり者でマイペースな喫茶店のマスターを演じており、雛子との脱力した会話が、ほのぼのした作風を際立たせています。

ただ、本作は終始ほのぼのした作品ではありません。

雛子が智樹と経験する「リアキュン」の、現実だからこその恋愛の厳しさを描いています

この厳しさの部分が、小さな事のように見えて、実は大問題という、実際に男女の間に起きる問題としては、一番多いのではないかという部分です。

全体的に可愛らしく、ほのぼのした作風だからこそ、この厳しさの部分が一層際立っています。

また、雛子が追い求めているのは「リアキュン」であり、誰かを好きになったから恋愛が始まったのではなく、恋愛をする為に、人を好きになっているようで、本末転倒のように見えます。

恋愛する事は素晴らしいですが、恋心を向けるべき相手と、目的を見失った恋愛は、果たして幸せなのでしょうか?

本作は、そんな厳しい部分もありますが、全体的に可愛らしく癒される作風となっており、『おかざき恋愛四鏡』の最後のエピソードとして、観終わった後には、清々しい気持ちになれる作品でした。

まとめ


(C)おかざき恋愛四鏡
本作の作品の冒頭が「パンをくわえて走る、遅刻寸前の女の子」という場面から始まるあたり、昨今の邦画に多い、少女コミックの実写化作品を意識した作風となっています。

「少女コミックの実写化作品を意識した作風」といっても、そういった映画の輪郭をなぞっただけの「それっぽい映画」ではありません。

雛子が自分の作品の主人公、安藤沙羅と会話をしながら、自身の気持ちを語るなどの、いわゆる「メタ要素」が含まれており、「キラキラ系」とも呼ばれる、少女コミックを実写化した作品への、風刺的な部分を作品から感じました。

川井田育美監督の意向は違うかもしれませんが、作中でも雛子の親友、松田みなみの「リアルはそんなに甘くないぞ」という言葉がありますが、決して甘くない、リアルな恋愛の厳しさを描いた本作だからこそ、「キラキラ系」への風刺的な部分を取り入れた、独特の作風になっていると感じます。

4つのラブストーリから構成されている、オムニバス映画『おかざき恋愛四鏡』は、それぞれが独自の世界観を持っており、同じ恋愛をテーマにした作品でも、いろいろな切り口があり、どれも見応えのある作品ばかりです。

映画『おかざき恋愛四鏡』は2020年1月24日(金)から、イオンシネマ名古屋茶屋ほかで、全国順次公開です。



関連記事

ラブストーリー映画

映画『恋妻家宮本』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

会話劇のトークショーの登壇する機会があったのですが、改めて何本かの映画を見返して気になったのは“家族の会話”。 特に“夫婦の会話”は、長年連れ添ったことに慣れてしまい、自然と会話を楽しむことが少なくな …

ラブストーリー映画

レイニーデイ・イン・ニューヨーク|ネタバレ感想とあらすじ考察。恋愛映画おすすめの作品をティモシー・シャラメとエル・ファニングで描く

雨と街と人と出会いとノスタルジック。そんな魅力が詰まった映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』   ウディ・アレン監督による、魅力的にニューヨークの街を描くハートフルラブストーリー『レイニーデイ・イ …

ラブストーリー映画

映画『芳華 Youth』感想ネタバレとあらすじ。結末まで恋する特別な青春の日々

中国4000万人が涙した美しくも切ない物語。 ヴェネチア、トロントなど数々の映画賞を獲得した巨匠フォン・シャオガン監督が描く、1970年代の中国、激動の時代に軍歌劇団として前線で生きる若者。 軍の歌劇 …

ラブストーリー映画

映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

邦画恋愛ファン必見の映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』 七月隆文の同名小説を、『ストロボ・エッジ』の福士蒼汰と『バクマン。』の小松菜奈共演した映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』。 (C …

ラブストーリー映画

映画『午前0時、キスしに来てよ』あらすじネタバレと感想。主題歌にGENERATIONS from EXILE TRIBEの「One in a Million -奇跡の夜に」を起用

映画『午前0時、キスしに来てよ』は12月6日(金)よりロードショー! 『近距離恋愛』『きょうのキラ君』など映画化された作品も多い、みきもと凛の同題コミックをGENERATIONS from EXILE …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学