Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

オムニバス映画『おかざき恋愛四鏡』感想レビューと評価。増本竜馬監督の「タイフーン・ガール」は強烈な主人公を通して“恋愛とは何か”を問う

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

映画『おかざき恋愛四鏡』は2020年1月24日(金)イオンシネマ名古屋茶屋ほか全国順次公開
若手の監督とキャストによる、4つの恋愛ストーリーを描いた、映画『おかざき恋愛四鏡』。

それぞれ違う作風を持つ個性豊かな4つの物語の中から、今回は、恋愛嫌いの主人公を通して「恋愛とは何なのか?」を問う『タイフーン・ガール』をご紹介します。

映画『おかざき恋愛四鏡』とは


(C)おかざき恋愛四鏡
4人の若手監督が、全てのロケを愛知県岡崎市で敢行した、テーマも作風も違う4つの恋愛ストーリー。出演者には、オーディションで選ばれた7名の女優や、ファッションモデル、アイドル、ベテラン俳優など、さまざまな才能が集結しています。また、不思議な鏡で、それぞれの物語を繋ぐブリッジドラマに、名古屋・栄を拠点とするアイドルグループ「SKE48」の熊崎晴香と松本慈子が出演。

双子ユニット「HANA&MOMO」の大崎ハナと大崎モモと、コミカルな演技を披露しています。

映画『おかざき恋愛四鏡』作品情報

【公開】
2020年 (日本映画)

【エグゼクティブプロデューサー】
渡辺未生

「タイフーン・ガール」

【『タイフーン・ガール』監督・脚本】
増本竜馬

【『タイフーン・ガール』キャスト】
土許麻衣、茜結、斉藤莉央、吉岡志峰、青山春翔、石田優奈、佐野あやか、櫻井保幸、岡田貴寬、織田唯愛

【『タイフーン・ガール』作品概要】
恋愛に否定的な考えを持ち、周囲を巻き込んできた繭子が、友人達の変化に直面し、変化していく様子を描いた物語。本作の出演者を決めるオーディションで「監督賞」に輝いた、土許麻衣が主人公の繭子を演じ、同オーディションで「プロデューサー賞」に選ばれた斉藤莉央が、繭子の友人の佐奈を演じています。監督は、ニューシネマワークショップにて映像制作を学んだ後、『ほんとにあった!呪いのビデオ』の演出補を務めてきた、増本竜馬。

映画『タイフーン・ガール』の主な登場人物


(C)おかざき恋愛四鏡

小鳥遊繭子

自我が強く、周囲を巻き込むタイプの女の子。

ある理由により、「恋愛は素晴らしい」という、世間の価値観に反抗的。

小鳥遊透子

繭子とは正反対の、おっとりした口調と性格の、繭子の姉。

幸せな恋愛をして、幸せな結婚をする事を夢見ています。

東雲佐奈

繭子に何かと世話を焼かれている、繭子の友人。

繭子のペースに巻き込まれてきましたが、ある事をキッカケに、彼女の中で変化が訪れます。

吉川柚月

繭子に何かと絡んでくる、自称「繭子の妹」。

南原省吾

幼い頃は繭子の手下のようなポジション。

成長した現在は、繭子に上から目線でアドバイスをするようになっており、若干ウザい空気を出しています。

胡桃沢英子

突然、繭子の前に現れた、謎の女性。

繭子とは、何かと気が合う様子です。

羽原由美

繭子の中学時代の同級生。

学生時代は、繭子と気の合う友人でしたが、

その後、大きな変化を迎えています。

西宮優士

佐奈の勤める、本屋に通う気弱な青年。

繭子にとっては、イライラするタイプのようです。

穂積花音

繭子と同じ職場で働いています。

幽霊と交信できる力があるらしく、過去には「美少女霊能力者」として話題になっていました。

小鳥遊明彦

事故で他界した、繭子の父親。

現在も、繭子の事を見守っているようですが、その目的は?

映画『タイフーン・ガール』のあらすじ


(C)おかざき恋愛四鏡
父親は事故で他界し、母親は別の男性と再婚した為、姉の透子と2人で暮らしている繭子。

繭子は、ある理由から、恋愛至上主義とも言える、世の中の価値観に嫌悪感を抱いており、自分とは正反対で、恋愛依存体質の姉に、呆れた様子を見せています。

また、繭子が何かと世話を焼いていたはずの友人、佐奈が、自身に想いを寄せている男性の出現により変化を見せ、中学時代は同類だったはずの友人、由美にも恋人ができたらしく、周囲の変化に、繭子は何とも言えない苛立ちを覚えていました。

苛立ちを覚え、孤立していく繭子でしたが、同じく恋愛嫌いの思想を持つ、胡桃沢英子と出会います。

「恋愛しか頭に無い奴は、脳みそが腐ったゾンビ」という意見で一致し、盛り上がる繭子と英子。

ですが、繭子は英子の素性について、何も知りません。

突然、繭子の前に現れた、英子とは何者なのでしょうか?

また、繭子の事を見守っている、亡霊となった父親の真意は?

『タイフーン・ガール』感想と評価


(C)おかざき恋愛四鏡
恋愛が嫌いどころか、敵意すら持っている繭子を主人公に、恋愛が及ぼす周囲の変化を描いた作品『タイフーン・ガール』。

繭子は、自身に関する「ある事」が理由で、恋愛に価値を見出せないどころか、憎しみを抱いており、周囲にも、自分の価値観を押し付けて生きてきた、なかなか強烈なキャラクターです。

ですが、周囲の友人達は異性に出会い、恋愛をする事で、変化をしていきます。

まるで、繭子を置いていくように。

恋愛に否定的な繭子は、周囲に比べ、子供じみた印象を持つかもしれませんが、本当にそうでしょうか?

本作では「恋愛をする事とは、根本的にどういう事なのか?」という事を問いかけてきます。

考えてみれば、恋愛は矛盾が多いと感じます。

「恋をする事は美しい」と言えば聞こえは良いですが、本作に登場する、人前で平気でいちゃつくカップルのように、場所と程度をわきまえないと、反感を買われるだけという事もあります。

ですが、「恋をする事は美しい」と思うのであれば、他人がいちゃついている場面も、本来は微笑ましいはずですが、そうじゃないですよね?

ラブストーリーは「鑑賞しよう」と思っても、他人の恋人自慢の話を「聞きたい」と思いますか?

繭子ほどではなくても、恋愛が他人事になると、否定的な感情が芽生える事があるはずです。

全ての価値観の中で、恋愛が一番上となると、繭子の姉である透子のように、恋愛依存症とも言える体質となり、それはそれで問題がある訳です。

しかし、人は何故、恋愛をするのでしょうか?

一時の時間を楽しむ為でしょうか?

多くの男女が、楽しいだけではなく、恋愛の先に進む事を考えるはずです。

そして「恋愛の先にある事とは、どういう事か?」の1つの答えを、亡霊となり繭子を見守っている、父親が握っています。

繭子の父親について、多くは語られていませんが、作品を通して感じるのは「だらしない人」という印象です。

ですが、そのだらしない父親だからこそ、この世に残した事も多くあります。

繭子と透子も、父親がこの世に残した事の1つです。

そして、父親が残した多くの事の1つが、結果的に繭子の心境を変化させ、精神的に救うキッカケとなります。

人は、「1人では生きていけない」と言いますが、誰かと繋がる必要のある人間だからこそ、恋愛感情が重宝されるのかもしれません。

恋愛を巡る、繭子と周囲の人達のさまざまな物語から、そんな事を考えた作品です。

まとめ


(C)おかざき恋愛四鏡
『タイフーン・ガール』は、父親の幽霊の存在も含め、4つの作品の中で一番、幻想的な作品です。

作中では、乙川の殿橋下で、横並びに設置をされた食卓で、登場人物達が食事をするという、抽象的な情景が随所に挿入され、作品から受ける、幻想的な印象を強くしています。

この情景の意味は、最後に分かるのですが、前述した「恋愛の先にある事」の、1つの答えになっていると感じます。

本作は「再開した友人に恋人ができていて、何か雰囲気も変わっていた」という、何とも言えない寂しさを感じた事のある方なら、繭子へ共感できる内容となっています。

そのうえで、幻想的な作風を楽しみ、作品に込められたテーマを、受け止めてみてはいかがでしょうか?

映画『おかざき恋愛四鏡』は2020年1月24日(金)から、イオンシネマ名古屋茶屋ほかで、全国順次公開です。

関連記事

ラブストーリー映画

『優しさのすべて』あらすじ感想と評価解説。二田絢乃(にたひろの) ×田中一平で描く、孤独を抱えた“恋人たちが大切にするもの”

優しい男と孤独を持て余す女の恋 安達勇貴監督による東京で生きる恋人たちの真摯で不器用な恋を描く青春映画『優しさのすべて』が2022年10月1日よりシアター・イメージフォーラムにてレイトショー上映されま …

ラブストーリー映画

『ラ・ボエーム ニューヨーク愛の歌』あらすじ感想と評価解説。名作オペラをパンデミック下の現代に蘇らせたミュージカル

映画『ラ・ボエーム ニューヨーク愛の歌』は2023年10月6日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開 オペラ最高傑作として長らく愛され続けている「ラ・ボエーム」を、<1830年代のパリ>から< …

ラブストーリー映画

映画『ラスト・クリスマス』あらすじネタバレと感想。デートにおすすめなロマンチックな物語

お互い助け合っているから。それで幸せになれるから。 クリスマスに欠かせない定番ソングとして世界中の人々に親しまれているワム!の同名曲からインスパイアされたとびっきりチャーミングな物語『ラスト・クリスマ …

ラブストーリー映画

『九月の恋と出会うまで』ネタバレ感想。映画化されたもう一度読みたい恋愛小説の見どころとは⁈

「タイムパラドックス」で大切な人が消える⁈未来が彼女を消すまで、あと365日。 松尾由美の人気恋愛小説を、高橋一生と川口春奈のダブル主演で実写映画化した『九月の恋と出会うまで』 ある日、未来からの声を …

ラブストーリー映画

映画『ファントム・スレッド』あらすじと感想。公開される劇場情報も

映画『ファントム・スレッド』は、5月26日(土)より、シネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMA、新宿武蔵野館 ほか全国ロードショー! 男は女にドレスを着せることを望み、女は男を丸裸に …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学