Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

Entry 2018/07/22
Update

映画『青夏 きみに恋した30日』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

  • Writer :
  • 村松健太郎

映画『青夏 きみに恋した30日』は、2018年8月1日(水)ロードショー

NHKの連続テレビ小説『わろてんか』のヒロインを演じた、葵わかなの朝ドラ以降初の映画出演作品にしての実質的な主演映画。

原作は美波あつこの同題コミック。共演は佐野勇斗、古畑星夏、岐洲匠など若手キャストが終結。

映画『青夏 きみに恋した30日』の作品情報


(C)2018 映画「青夏」製作委員会

【公開】
2018年(日本映画)

【原作】
美波あつこ

【監督】
古沢健

【キャスト】
葵わかな、佐野勇斗、古畑星夏、岐洲匠、久間田琳加、水石亜飛夢、秋田汐梨、志村玲於、霧島れいか、南出凌嘉、白川和子、橋本じゅん、愛美、佐藤寛太

【主題歌】
Mrs. GREEN APPLE 『青と夏』

【作品概要】
講談社「別冊フレンド」で2013年から17年にかけて連載された南波あつこの人気コミックを、NHK連続テレビ小説「わろてんか」の葵わかなと『ちはやふる 結び』の佐野勇斗のダブル主演の青春ラブ・ストーリー。

共演は『一週間フレンズ。』の古畑星夏、『宇宙戦隊キュウレンジャー』の岐洲匠たちが集結。

脚本を担当したのは『青空エール』の持地佑季子、演出は『今日、恋をはじめます』で知られる古澤健監督。

映画『青夏 きみに恋した30日』のキャラクターとキャスト


(C)2018 映画「青夏」製作委員会

船見理緒(葵わかな)
高校一年生。ひと夏を祖母の住む上湖村で過ごすことになる。

泉吟蔵(佐野勇斗)
酒屋の長男。若者が消えていく上湖村を支えることに責任を感じている

大島万里香(古畑星夏)
吟蔵の年上の幼馴染で、地元では公認の仲(?)

菅野祐真(岐洲匠)
合コンで知り合った理緒に想いを寄せる。

映画『青夏 きみに恋した30日』のあらすじとネタバレ


(C)2018 映画「青夏」製作委員会

両親の仕事の関係で祖母の住む上湖村にやってきた理緒。

彼女は今まで一度も彼氏ができたことがなく、どちらかというと運命の出会いの憧れているタイプでした。

そんな理緒の前に上湖村の酒屋の息子吟蔵が現れます。

その直後、祖母のそば店で手伝っている吟蔵と再会を果たします。

ところが、吟蔵は祖母を田舎に放っておいてと理緒に冷たく当たります。


(C)2018 映画「青夏」製作委員会

最初の出会いとの落差に、ガッカリするの通り越してイライラしだす理緒は、独りで店をでます。

そのやり取りを聞いていた理緒の祖母は、吟蔵の思い込みで、自分はよく東京に遊びに出ていてるのだと言い聞かせました。

それを知った吟蔵は、理緒の後を追って行きます。

理緒は途中で乗っていた自転車が転倒、橋の下に転落して身動きが取れなくなっていました。

そこに現れた吟蔵は、理緒に思い込みを謝りました。

理緒と理緒を背負う頭上には満天の星空が輝いていました。


(C)2018 映画「青夏」製作委員会

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『青夏 きみに恋した30日』ネタバレ・結末の記載がございます。『青夏 きみに恋した30日』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。
吟蔵と理緒の仲は急速に近づいていくものの、そこには吟蔵の年上の幼馴染で地元では婚約者同然の存在とされている万里香が現れます。

吟蔵は地元から若者がいなくなっていく中で、自分は地元に残り、地元の上湖村を支えるという義務感のようなものを抱いています。

万里香もまた、地元の雑貨店を営み、地元で一生を終えるという人生が半ば決まっていました。

ひと夏だけの存在の理緒と、彼らの間には大きな違いがあることを理緒は感じでいました。

そんな中、理緒は吟蔵とその友人ナミオやさつきに頼まれて、年に一度の上湖祭りの手伝いをたのまれます。

理緒は吟蔵と一緒に過ごすことができるという思いから、それを引き受けます。

あれこれとアイデアを出し合い盛り上がっていく中で、理緒は思わず吟蔵に“好きだ”と告白してしました。

それに対して、吟蔵はひと夏だけの関係の理緒とは、そういう風になれないとあっさりと断ります。

互いの立場の違いも分かっていた理緒は、それを受け止めました。

一方吟蔵は告白を断ったものの、今まで以上に理緒に目を追ってしまっている自分がいることに気が付きます。

夏休みを中盤になったころ、理緒の東京の友人が遊びにやってきて、吟蔵たちと一緒に遊ぶようになります。

その中には理緒が合コンで出会った菅野の姿がありました。

菅野は理緒に一目惚れをして、上湖村まで追いかけて来たのです。

菅野の存在に吟蔵の心はざわつき始めます。

そして、互いの立場の違いを分かっていたうえで、吟蔵は理緒を強く抱きしめました。

そして二人は、夏休みの終わりまでのわずかの時間を感じながら、夏の恋を謳歌し始めます。

上湖祭りが迫ってきた中で、デザイナーをしている理緒の母の奈緒が帰省してきます。

店のショップカードを作ったり、祭りのチラシを作ったりしていて、デザインの仕事に興味を持っていた吟蔵は将来のことを考え始めました。

祭りの当日は例年以上の盛り上がりを見せていたなか、理緒はひっそりと上湖村を後にします。

やはり二人の置かれている環境が違い過ぎることで、理緒は全てをあきらめていた。

東京に戻った、理緒を菅野が待っていて、思いを告げるが理緒の心は上湖村の吟蔵に向かったままでした。

そのころ吟蔵は奈緒を訪ね、自分がデザインの仕事に進むことができるのか?と相談していました。

その姿を偶然見かけていた菅野は、理緒に吟蔵が東京に来ていることを知らせます。

吟蔵を探して回る理緒。その時理緒は吟蔵の東京修学旅行の思い出話を思い出します。

それは渋谷の片隅で、壁の一面にひまわりのグラフィティで囲まれている場所の話しでした。

そこにたどり着いた理緒、その場所には吟蔵もたどり着いていました。

吟蔵は上京してデザインの勉強をすることを決めていました。

理緒と吟蔵は改めて互いの思いを確かめ合うのだった。

映画『青夏 きみに恋した30日』の感想と評価


(C)2018 映画「青夏」製作委員会

特別な一夏を

試写で本作『青夏 きみに恋した30日』を鑑賞した際、監督の古澤健監督がご挨拶をされました。

その時、撮影の中で一番気を付けたのは、映画の中に青春の輝きを焼きつけたいという思いを語っていました。

そのため8月公開を前提にスケジュールを構成

この映画は今年2018年の4月に撮影され、異例のピッチで編集作業を終えて、夏のど真ん中に夏の青春の輝きを焼き付けた作品を仕上げたもので、公開される期間も特別なものになっています。


(C)2018 映画「青夏」製作委員会

まとめ


(C)2018 映画「青夏」製作委員会

運命の恋を夢見る都会育ちの理緒。女子高生の彼女は大自然の広がる田舎で夏休みを過ごすことにしました。

そこで地元の男子高校生の吟蔵と出会った理緒は、クールだけど実は優しい吟蔵に心惹かれてしまいますが、「住む世界が違う」とフラれてしまうが…。

理緒役に、NHK連続テレビ小説「わろてんか」の葵わかな。吟蔵役は『ちはやふる 結び』の佐野勇斗。

ダブル主演の青春ラブ・ストーリーを、『今日、恋をはじめます』で知られる古澤健監督が演出を担当!

映画『青夏 きみに恋した30日』は、2018年8月1日(水)ロードショー

関連記事

ラブストーリー映画

『同感 時が交差する初恋』感想考察。韓流ラブストーリーとしてリメイク“時を超えて交信する男女の初恋”

映画『同感〜時が交差する初恋〜』は2024年2月9日(金)よりシネマート新宿ほかで全国順次公開 2000年に製作された『リメンバー・ミー』を、時代設定を新たにして描いた韓国ラブストーリー『同感〜時が交 …

ラブストーリー映画

映画『恋する寄生虫』ネタバレ結末あらすじと感想解説。ラスト原作との違いから和泉の正体まで詳細に考察!

今のこの感情がすべて。 君に出会えたことがすべて。 三秋縋の小説『恋する寄生虫』を、柿本ケンサク監督が林遣都と小松菜奈をW主演に迎え実写映画化しました。 潔癖症の青年と視線恐怖症の女子高生。孤独な2人 …

ラブストーリー映画

映画『桜のような僕の恋人』あらすじ感想と評価解説。キャストの中島健人と松本穂香らが“異なる時間”の狭間で愛の本質を演じる

映画『桜のような僕の恋人』は 2022年3月24日(木)Netflixにて全世界独占配信。 Netflix映画『桜のような僕の恋人』はカメラマンを目指す朝倉晴人と、“人より早く年を取る”早老症という難 …

ラブストーリー映画

映画『昼顔』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【上戸彩&斎藤工共演】

上戸彩、斎藤工主演映画『昼顔』が話題です。 社会現象ともなった人気テレビドラマ『昼顔 平日午後3時の恋人たち』の劇場版として制作された本作、ドラマのファンは勿論、映画ファンも楽しめる傑作に仕上がってい …

ラブストーリー映画

【ネタバレ映画】美しい彼|あらすじ結末感想と評価考察。劇場版eternalの恋愛ラブスートリーは“すれ違うふたり”の恋物語

劇場版で彩られる”ぼっち”と”キング”の恋物語 吃音症によって周囲から浮いてしまったことでいじめの対象となった主人公が、一目で自身の全てを奪った&#82 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学