Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

Entry 2022/07/19
Update

【ネタバレ】スウィートビターキャンディー|結末感想と解説評価。孤独を感じていた少女が出会った孤独な男との“初めての恋”

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

孤独を感じ、子供と大人の狭間で揺れる少女の初めての恋を描く甘くて苦い恋

若さと馬鹿さ』(2019)、『新しい風』(2021)などの監督を務め、『岬の兄弟』(2018)ほか役者としても活躍する中村祐太郎が監督を務めた映画『スウィートビターキャンディー』。

大学受験を控えている女子高生のサナエ(小川あん)は、人付き合いが苦手で、孤独を感じていました。

そんなサナエは、家政夫としてやってきた裕介(石川法嗣)に、自分と似ている部分があると感じ、恋心を抱いていきます。

子供と大人の狭間で揺れる少女の一夏の甘くて苦い初恋をみずみずしく眩く描き出します。

あいが、そいで、こい』(2019)、『約束の時間』(2019)など多数の作品で活躍している小川あんが主演を務め、『カナリア』(2002)の石川法嗣が家政夫の裕介を演じました。

映画『スウィートビターキャンディー』の作品情報


(C)MotionGalleryStudio

【公開】
2022年(日本映画)

【監督】
中村祐太郎

【脚本】
中村祐太郎、小寺和久

【出演】
小川あん、石田法嗣、田中俊介、清水くるみ、松浦祐也、片岡礼子

【作品概要】
第16回大阪アジアン映画祭出品作品。『若さと馬鹿さ』(2019)、『新しい風』(2021)の中村祐太郎監督が、オリジナル脚本で前作にあたる『アーリーサマー』(2016)の地続きの世界を描き出しました。

サナエ役を演じたのは、『あいが、そいで、こい』(2019)、『約束の時間』(2019)などの小川あん。

その他のキャストは、『カナリア』(2002)、『友罪』(2020)の石川法嗣、『タイトル、拒絶』(2020)、公開待機作として『向田理髪店』(2022)が控える田中俊介、『わたし達はおとな』(2022)、『宇宙でいちばんあかるい屋根』(2020)の清水くるみなど。

映画『スウィートビターキャンディー』のあらすじとネタバレ


(C)MotionGalleryStudio

裕福な家庭で育ったサナエ(小川あん)は、人付き合いが苦手で、家族と共にいても孤独感を感じていました。

大学受験を控えた高校三年生の夏休み、東京の大学に行った姉・ユキエ(清水くるみ)が帰ってきている中、両親の仕事の都合により家政夫を雇うことになります。

家にやってきた裕介(石田法嗣)を見たサナエは最初怖い印象を受けますが、次第に興味を持ちはじめます。

自分の部屋にある舐めかけの飴がなくなっていることに気づいたサナエは、慌てて裕介のところに向かうと、庭の草木に水を上げながら飴を舐めている裕介の姿がありました。

私が舐めたやつなのに、何で勝手に舐めるかなと怒るサナエに裕介は驚きつつも謝ります。

後日、サナエは裕介に話しかけるも、相手にされず構ってほしいサナエは卵を割り裕介の仕事を増やして構ってもらおうとします。卵の片付けにきた裕介の前で更にサナエは牛乳をこぼそうとします。

するとその牛乳は、裕介の頭にもかかってしまいました。シャワーを浴びて牛乳を落とした裕介にサナエは髪の毛を乾かしてあげると、強引に座らせ髪を乾かし、セットしようとします。

戸惑いながらもされるがままだった裕介の肩にサナエは頬を寄せ、突然のことに驚いた裕介は何しているんだよ、と離れようとします。

いいからもう少しこのままでいさせてとサナエは言います。

少しずつ、ぶっきらぼうだけれど謎めいた裕介にサナエは惹かれていきます。一方でユキエも裕介の見た目の良さを気に入り、勝手に写真を撮ってSNSにあげてしまいます。

サナエとユキエの父親が社長を務め、母親も働いている会社の部下である山下(田中俊介)は以前からユキエと男女関係にあり、娘を取り込んで社長の座を奪おうと画策していました。

しかし、東京の大学に行ってからユキエは山下に素っ気なくなり、SNSに裕介が写っているのを見た山下は、サナエの家で家族らと食事をした後、裕介を車で送ろうと声をかけます。

山下は、裕介を雇い、家を手配しているのは自分だ、姉妹に手を出すなと牽制します。裕介は何のことだかわからず戸惑い、翌日ユキエに勝手に写真を撮ってSNSにあげたことを怒り、何考えているんだ、頭悪いのかと罵倒します。

今までと違う怖い裕介の姿にユキエは唖然とします。学校に行こうとしていたサナエはたまたまその会話を聞いてしまいます。

学校から帰ったサナエは裕介に、勝手に写真あげるのはダメだよね、でもあの人何で怒られたか分かっていないよと話します。そして迷惑かけてごめんなさいと謝ります。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『スウィートビターキャンディー』ネタバレ・結末の記載がございます。『スウィートビターキャンディー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)MotionGalleryStudio

サナエら家族と裕介が仲良くなるのが気に食わない山下は、裕介のことを調べ始めます。そして、裕介が以前いた町でストーカーに暴行など問題を起こし、所属していた劇団も辞めていたことを知ります。

そしてその過去をサナエに話し、サナエから両親に言うように頼みます。

裕介の過去を知り、ショックを受けた早苗ですが、両親には言わず、裕介にストーカーしたって本当なのか、と聞きます。

私は裕介のことを分かりたいと思うから、話してほしい。大丈夫、嫌いにならないから、と必死で訴えますが、俺がお前に何か迷惑かけたか、全部俺が悪いんだ、もう話したくないと拒絶します。

それでもサナエは必死に裕介にしがみつきますが、突き放されてしまいます。次の日、裕介が家政夫の仕事に来るのを待ち伏せしていたサナエは裕介に謝ります。それを聞いて裕介も謝り、サナエはそれ以上裕介に聞こうとはせず今までのように接します。

裕介が映画が好きでかつて役者をやっていたことを知ったサナエは2人で近所のレンタルショップに向かい、裕介が出演している映画を見つけ、レンタルします。

レンタルショップから出てきた2人の姿を、昼休みに部下と外食に来ていた山下がたまたま見つけてしまいます。そして、サナエが両親に裕介の過去を言わないでいることを知ってしまったのです。

山下はサナエの父に裕介の過去を話し、それを聞いた父親は裕介の解雇を決めます。サナエは一方的すぎると抗議しても両親は聞かず、何かあったのかと逆にサナエに聞くのでした。

山下は裕介に、自分も実は少年院出身だと話します。そして裕介に対し、執行猶予ついてないのだからいくらでもやり直せると言います。

裕介は途方に暮れ、帰る家も仕事もなく、行く宛もない。何か仕事を紹介してくれないかと言います。そして、山下が紹介したのは、デリヘル嬢の送迎の仕事でした。

ユキエは夏休みを終え、東京に戻り、裕介への想いを抑えられないサナエは山下に裕介の過去のことなど資料を見せてもらい自分で調べ、裕介が仕事をしているデリヘルの事務所の場所を探し出します。

事務所の近くまで押しかけたサナエは裕介を見つけて話しかけますが、裕介は何でここにいるんだ、くるな、会いたくないと突き放します。それでも諦めずサナエは裕介に会いにきます。

一方山下は、ユキエが東京に帰ってしまったので、サナエを取り込もうと猛アタックしますが、裕介を想うサナエは山下の告白を断ります。

思い通りにならないのは全て裕介のせいだと山下は裕介を呼び出し、飲みに誘います。お互い酔いつぶれた状態で、山下はお願いだから俺の前から消えてくれないか、邪魔なんだと裕介に言い、裕介を殴ります。

殴られた裕介は殴り返し、更に近くにあった椅子で山下のことを殴ってしまいます。それを見ていたサナエは裕介に飛びつき泣きながら名前を呼びます。

月日が経ち、大学生になったサナエは友人らに連れられ、カラオケで夜遅くまですごし、帰る方向が同じであった男性の家に誘われ家にいきますが、そのまま眠ってしまいます。

朝になり、家に帰ったサナエを母親が心配そうな顔で見つめます。そんな母にサナエは何もなかった、ただ寝ていただけだと言った後に、時々ね、ママがすごく遠くに感じるのはパパとユキエはもっと遠い。でも分かりたい、分かってほしい存在がいれば十分だと呟くように言います。

刑務所に入っていた裕介が出所すると、サナエが出迎えにきていました。もう放っておいてほしい、関わらないでほしい、と迷惑そうにする裕介にサナエは、私はわかりたいと思う、裕介が好きで、ただ一緒にいたいと言います。

しかし裕介はサナエを拒絶します。するとサナエは、誰といても自分はずっと1人だと思っていたのに、裕介といるときはちゃんと2人だって思えた楽しかった、でももうやめるありがとうと言って裕介にプレゼントを渡して背を向けて歩き出してしまいます。

裕介は呆然とした後、サナエの後ろ姿を追いながら、言いすぎた、俺だって気になっていた、一緒にいて楽しかったけどすぐ壊してしまうから、怖いんだと話します。

サナエは泣きながら裕介の言葉を聞きつつももう立ち止まろうとはしませんでした。

映画『スウィートビターキャンディー』感想と評価


(C)MotionGalleryStudio

分かりたいという気持ち

誰といても自分は1人なんだ、という孤独を感じていたサナエが出会った訳ありの家政夫・裕介。

裕介はかつて女性にストーカーし、その女性を殴ったという過去があります。しかし、サナエは裕介の過去に対し、クズだと決めつけず、どうしてそんなことをしたのか知りたいと言います。

ストーカーも暴行も許されない行為ではありますが、裕介がどういう経緯でそのような行為をしたのか、一方的な情報しか与えられておらず、見方を変えれば違う真実が見えてくる可能性もあります。

サナエは真っ直ぐに裕介にぶつかり、裕介を知ろうとしますが、裕介はそんなサナエを拒絶してしまいます。

裕介はサナエのように仲の良い家族ではなかったと言っています。更に過去のこともあり、人に心の奥底を見せることに対する恐怖、自分が大切なものを壊してしまうのではないかという恐怖も感じています。

裕介が感じている居場所のなさに対し、少年院出身である山下は、俺らみたいなものはどんなことをしても居場所を手に入れるしかないと考えていますが、裕介は手段を選ばない山下のようになろうとは思っていません。

一方、サナエは家族や友達といても自分が1人なのだという孤独を感じていましたが、裕介といる時間はちゃんと2人だと思えたと言っています。同時に、同じように裕介も感じているはずだとサナエは思うのです。

どこかでサナエは裕介には自分がいる、自分が守ってあげる、と母性本能のような感情も抱いています。それは拒絶されてきた裕介にとっては初めての温もりだったのかもしれません。

そのような温もりに対してどうすれば良いのか分からない戸惑いに加えて、身に覚えのないことで山下によって奪われてしまうことに対する怒り、さまざまな感情が裕介を再び暴力行為を行ってしまう結果になりました。

出所してもなお、裕介のそばにいようとするサナエに対し、裕介は嬉しさ以上に戸惑いが大きかったのではないでしょうか。お互いを思う気持ちはあるのにうまくいかない2人の不器用さが苦しくなります。

初めて恋を知ったサナエのひたむきさと苦しさが印象的ですが、裕介の視点に立ってみると初めて出会った温もりと恋であったかもしれません。

まとめ


(C)MotionGalleryStudio

孤独を感じていたサナエが同じように孤独を感じていた裕介に出会い、恋を知っていく甘くて苦しい映画『スウィートビターキャンディー』。

時には子供のような無邪気な残酷さで裕介の気を引こうとしたり、大人のように肌を触れ合わせたり、戸惑う裕介の全てを受け止めようとする母性本能を垣間見せたり…少女と大人の狭間で揺れ動くサナエはひたむきであると同時に危険さも併せ持っている印象を受けます。

裕介に対する思いを抑えられないサナエの行動は逸脱しているとも言いかねないところにまでいってしまいます。

その一方的な思いと行為によってサナエは周りが見えなくなっている状態であり、犯罪行為と側から思われても仕方ないところまで行動がエスカレートしてしまう危険性があるのです。

また、友人にサナエが受験勉強に前向きになってくれて良かったと言われている場面もあり、サナエの思いの盲目性が垣間見えるのです。

しかし、そのように自分でもコントロールできないほど相手に対する思いが大きくなってしまうのが恋愛でもあります。恋の甘さと苦しみを知り、戸惑うサナエのピュアさを小川あんがみずみずしく演じ、キャンディーなどが世界観に煌めきを与えます。


関連記事

ラブストーリー映画

映画『マチネの終わりに』文庫本のネタバレ結末。キャストに福山雅治×石田ゆりこで実写化

運命の恋と言うには簡単すぎる。 その人の存在が自分の人生のすべてになる瞬間。 芥川賞作家・平野啓一郎の累計30万部を超える人気小説『マチネの終わりに』が、福山雅治と石田ゆりこの共演で実写映画化。いよい …

ラブストーリー映画

実写映画『君は放課後インソムニア』あらすじ結末感想と評価解説。悩みを抱える少年少女を池田千尋監督が描いたラブストーリー

同じ悩みを抱える2人が出会う放課後青春劇 生命活動を維持し、心身ともに健康を保つために必須である「睡眠」。 しかし、時にさまざまな悩みや環境の問題によって眠りに着くことが出来ないこともあります。 今回 …

ラブストーリー映画

映画『ライアー×ライアー』ネタバレあらすじと感想評価。結末ラストで漫画タイトルの意味が判明する禁断のラブストーリー

映画『ライアー×ライアー』は2021年2月19日より公開。 ウソから始まる不思議なラブストーリーとして、多くの女性読者の心を掴んだ、金田一蓮十郎によるコミック『ライアー×ライアー』。 クールでイケメン …

ラブストーリー映画

『フォルトゥナの瞳』ネタバレ感想。映画と原作本(百田尚樹)の違いを徹底解説

人の運命は最初から決まっているのでしょうか? ローマ神話に伝わる運命の女神「フォルトゥナ」その瞳を持ってしまった者には、死を目前にした人間が透けて見えるという。 あなたは、目の前の人が死ぬ運命にあるこ …

ラブストーリー映画

映画『婚約者の友人』あらすじネタバレ感想とラスト結末の解説評価。フランソワ・オゾン監督がモノクロとカラーを織り交ぜて描くミステリー作品

『8人の女たち』などで知られたのフランソワ・オゾン監督のミステリー映画『婚約者の友人』。 第1次世界大戦後のドイツ。婚約者を戦争で亡くしたアンナの前に現れた青年は何者なのか? 真相が明かされた時、新た …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学