Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

Entry 2022/06/12
Update

『わたし達はおとな』感想結末あらすじと解説評価。恋愛ドラマの若き男女の出会いとすれ違いをリアリティで描く

  • Writer :
  • 山田あゆみ

2人にとっての「おとな」とは何なのか?

映画『わたし達はおとな』は、「劇団た組」で注目を集める若き劇作家・演出家の加藤拓也の、オリジナル脚本による長編監督デビュー作となっています。

主演は、『菊とギロチン』(2018)『鈴木家の嘘』(2018)の木竜麻生。『くれなずめ』(2021)『his』(2020)の藤原季節。注目の実力派若手俳優の初共演です。

圧倒的リアリティを追求した演出と俳優陣の繊細な演技が光る本作。その魅力と特徴を、ネタバレありで解説していきます。

映画『わたし達はおとな』の作品情報


(C)2022「わたし達はおとな」製作委員会
【公開】
2022年(日本映画)

【監督】
加藤拓也

【キャスト】
木竜麻生、藤原季節、菅野莉央、清水くるみ、森田想、桜田通、山崎紘菜、片岡礼子、石田ひかり、佐戸井けん太

【作品概要】
脆く崩れやすい日常、“少女”から“女性”になる過程、恋のほろ苦さや歯がゆさ、自分の中に押し込めるしかない葛藤を描いく等身大の恋愛映画。

監督は、『平成物語』(2018)でドラマの脚本を初めて手掛け、その後ドラマ『俺のスカート、どこ行った?』(2019)、『死にたい夜にかぎって』(2020)、『きれいのくに』(2021)など話題のテレビドラマの脚本を担当した加藤拓也。今作が初の長編映画となります。

主演は、『菊とギロチン』(2018)で映画初主演を果たし、同年の『鈴木家の嘘』(2018)でもヒロインに抜擢され、第40回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞や第92回キネマ旬報ベスト・テン新人女優賞など数々の映画賞を受賞した木竜麻生。

映画『his』(2020)や『佐々木、イン、マイマイン』(2020)、『くれなずめ』(2021)などに出演し、圧倒的存在感と技力を持つ藤原季節が恋人役を演じます。

菅野莉央、清水くるみ、山崎紘菜、石田ひかりらが共演。

映画『わたし達はおとな』あらすじとネタバレ


(C)2022「わたし達はおとな」製作委員会

大学でデザインを学ぶ優実(木竜麻生)は、演劇サークルの学生・直哉(藤原季節)と同棲していました。

優実は自分が妊娠していることに気づきます。親友のは、具合が悪そうだと心配されますが打ち明けられずにいました。

直哉に妊娠を告げた優実。ただ、お腹の子が直哉と一時期別れていた時に関係を持った男性との子の可能性があることを打ち明けました。

優実と直哉が出会う前のこと。優実は女友達4人で海沿いのホテルに泊まりに行きます。良い彼氏をみつけたい、どんな相手と初体験したいかなどで盛り上がりました。

大学で元カレのまさとから誕生日プレゼントを渡された優実。ネックレスと、2人が付き合っていた時のことを絵本にしたものを贈られたのでした。

学校で知人から演劇サークルのチラシ作成を頼まれ、そこで優実は直哉と出会いました。直哉から舞台に誘われた優実は、一緒に行きその後お酒を飲んで仲が縮まっていきました。

妊娠が分かった現在、直哉に今後のことを話し合いたいと伝えたものの、考える時間が欲しいと言われます。

入院していた母が急逝し、実家に帰った優実。父には彼氏や妊娠のことは言えず、葬儀を済ませます。その夜、改めて話したいと直哉から連絡があり、優実は東京に戻ります。

直哉から、自分は就職しようと思っていて生んだ方がいいと言われ、優実も「そう思う。」と返事したものの涙があふれてきました。

翌朝、体調が落ち着いたからどこかに連れて行ってほしいと直哉に頼んだ優実。直哉は先輩の舞台に連れて行きましたが、優実は観劇中に体調が悪くなって席を外してしまいました。

付き合う前の2人は、直哉のサプライズでホテルに一泊旅行をしました。そのホテルは優実が以前友人らと泊まった場所でした。

そこでふたりはセックスしましたが、直哉はゴムを着けませんでした。観光などはせず、それぞれ家に帰りましたが、直哉の家には元彼女が住んでいました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『わたし達はおとな』ネタバレ・結末の記載がございます。『わたし達はおとな』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

現在、舞台から帰宅してから、自己管理できていないと直哉に言われて喧嘩になる2人。過去、元カノと住んでいることを打ち明けた直哉は、優実の家に引っ越してくることにしました。

現在、具合が悪くて寝ていた優実が起き、夕飯を作ろうとすると直哉は先に食べていました。そのことをきっかけに喧嘩になったふたり。

過去、同棲中の2人。優実に鍵を返して直哉は出て行ってしまいました。理由も説明しません。落ち込んだ優実の家に親友がやって来ます。フラれたことを打ち明け、泣きながら嘔吐する優実。

友人の勧めでアルバイトを始めた優実。時間を持て余し、合コンに行った優実はそこで帰り道が同じになった男性と帰宅し、セックスしてしまいます。

ゴムを着けずに中に射精されて、怒る優実でしたがその男性は反省の色もありません。優美は男性を家から出て行かせました。

直哉は元カノの家で罵声を浴びせられます。元カノは直哉の子を妊娠して中絶した過去がありました。

3日後アフターピルを貰いに病院に行った優実。病院が休みだったので時間が空いてしまったと説明します。

現在。夕食を食べている優実にお腹の子の遺伝子検査をしたいと切り出す直哉。検査をしたくない優実と口論になります。

直哉は本当は就職したくないし、自分の子か分からない子の父親になりたくないというのを喧嘩の中で言ってしまいます。

過去、元カノのもとを去って優実に会いに行った直哉。道端で2人で缶チューハイを飲みながら楽しくしゃべります。2人はヨリを戻しました。

現在、優実は別れたいと直哉に打ち明けます。子どものことはどうにかすると言います。

過去、2人で同棲を始めたばかりのころ「これはほぼ結婚でしょ」と直哉に言われ、はにかんでいた優実。

現在、口論の末、直哉は優実に鍵を返して出ていきました。ソファーに呆然と座る優実。思い立ったようにキッチンに立ち、調理を始めます。

トーストと卵とウインナーを、まっすぐ前を見つめながら食べる優実。

映画『わたし達はおとな』の感想と評価


(C)2022「わたし達はおとな」製作委員会

本作は、とあるカップルが彼女の妊娠をきっかけに変化していく様を、生々しく描いた一作です。

どこにでも起こりうる物語を、巧みな演出によって圧倒的リアリティで、見せています

覗き込む視点

本作の特徴の1つとして、カメラワークが挙げられます。

家具越しに俳優たちを写したり、優美と直哉の会話シーンで表情にズームせず定点で捉えることで、観客に覗き見している感覚を持たせる狙いがあると考えられます。

特にそのカメラワークが際立つ印象的なシーンは、クライマックスの2人の口論シーンでした。

優実がトイレに入ってしまい、ドア越しに直哉と口論します。優実の声が少しくぐもっているし、トイレ内の映像はないので彼女の表情は見えません。

また、向き合って2人が話している場面でも、俳優は後ろを向いたり俯いていたり、表情をはっきりとは写しません。

それでもしっかりと伝わってくる、すれ違う2人の気持ちと緊張感。思わず目を覆いたくなるようなヒリヒリとした感覚に襲われます。

本作のストーリー自体は、決して特殊ではなく、言ってみればありふれた話です。

誰もが経験しうる、もしくは聞いたことのあるような話を、こういったリアリティ溢れる見せ方をすることで、「映画を観ている」のではなく「優実と直哉」を見ている、ような感覚に陥らせているのです。

さらに「すべてを見せない」ことで、想像力が掻き立てられ、より観客の心が動きます

この身近でありふれた物語にあえて余白をつくる、この演出力の巧みさが、本作の大きな特徴であり、魅力だといえます。

若者の未熟さ


(C)2022「わたし達はおとな」製作委員会

本作を観ると、男性のダメな部分がうんざりするほど露見しますが、かといって女性が正しい存在だったり、優美が単なる被害者として描かれていないところも注目すべき点です。

大学で友人とデザインの話をしている場面では、知らないことをなんとなく知っているふりをしてこっそり調べたり、母の件について直哉に打ち明けられず、言われるがままになってしまったり。

優美のはっきりしない性格や、なんとなく流されてしまう部分は、誰もがもつ若さや未熟さではないでしょうか。

この未熟さや不安定さがあるからこそ、エンドロール最後のあの表情に優美の変化を感じられ、「わたし達はおとな」のタイトルが胸にグッと迫るのです。

まとめ


(C)2022「わたし達はおとな」製作委員会

本作のタイトルにもなっている「おとな」という言葉。

何度か登場しますが、1度目は友人たちとホテルに泊まりに行ったときに、まだ処女の優実に「早く大人になってほしいわ」と友人が言うシーンです。

2度目は、直哉と優実が初めて2人でお酒を飲んでいるときに、将来について「大人向けのアートの場所を作りたい」と直哉が言った場面。

そして3度目は、外出中につわりで具合が悪くなった優実に対して直哉が、体調が悪いなら前もって予想してコントロールして欲しい、という意味で言った「大人なんだからさ」というセリフです。

大人とは、いったい何なのでしょうか。

優実は直哉と出会ってから、初めてセックスをし、妊娠し、さらに言うとその間に母を亡くしました。

処女ではなくなったから、子どもができたから、親を亡くしたから、大人になれた。というわけではないと思います。

全ての経験を通し、傷つき苦しんで、孤独をかみしめた上で、「それでも生きていく。それでも明日は来る」と理解して取ったあのエンドロール最後の行動こそ、大人になるということなのではないでしょうか

この映画は、エンドロールの最後まで観て完結する作品だといえます。





関連記事

ラブストーリー映画

映画『枯れ葉』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。アキ・カウリスマキ監督による大人のラブストーリーと“孤独な男女”

孤独を抱えながら生きる男女のラブストーリー 突然の引退宣言を撤回し、『希望のかなた』(2017)から6年ぶりにアキ・カウリスマキ監督が取りまとめました。 労働三部作『パラダイスの夕暮れ』(2002)、 …

ラブストーリー映画

映画『アンナ(1966)』あらすじネタバレと感想。2019年にデジタルリマスター版にて復刻リバイバル

世界がアンナに恋をした。 伝説の女優アンナ・カリーナ、幻の傑作。 『アンナ』は始め、1966年、フランス国営放送が初のカラーテレビ番組として製作した作品でした。 主演のアンナ・カリーナは『気狂いピエロ …

ラブストーリー映画

【ネタバレ】ブリジット・ジョーンズの日記3 ダメな私の最後のモテ期|あらすじ感想と結末の評価解説。完結編はアラフォーになった幸せを見届けられる!

アラサーの星・ブリジットがアラフォーになって帰ってくる 女性から絶大な支持を受けたレネー・ゼルウィガー主演の大人気ロマンティックラブ・コメディ『ブリジット・ジョーンズの日記』(2001)シリーズの、前 …

ラブストーリー映画

映画『余命10年』ネタバレあらすじ感想とラスト結末評価。小松菜奈が命の終わりをみつめながらひたむきに生きる難病のヒロインを演じる

日々を大切に生きるということ SNSを中心に反響を呼んだ小坂流加の同名恋愛小説を、『新聞記者』(2019)の藤井道人監督が小松菜奈と坂口健太郎を主演に迎え映画化。 脚本は『8年越しの花嫁 奇跡の実話』 …

ラブストーリー映画

映画『ローマの休日』あらすじネタバレ感想と結末ラストの評価解説。たった1日のラブストーリーはオードリーヘプバーンの代表作!

永遠の妖精オードリー・ヘプバーン。 ここから伝説は始まった! オードリー・ヘプバーンは映画『ローマの休日』で、アメリカ映画初出演を果たしました。これをきっかけに、大スターへと成長します。 この映画でオ …

U-NEXT
【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学