Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

『恋におちたシェイクスピア』ネタバレあらすじ感想と結末の解説評価。切ないラブストーリー映画で紡ぐジョセフ・ファインズとグウィネス・パルトロウの“豪華歴史絵巻”

  • Writer :
  • 谷川裕美子

偉大な作品を生み出した若き日の燃え上がる恋

文豪シェイクスピアの若き日の秘められた恋物語を劇中劇と絡めて虚実織り交ぜて描き出すロマンティックラブストーリー。

イギリス演劇界出身のジョン・マッデンが監督を務め、第71回アカデミー賞で作品賞など7部門を受賞した傑作です。

主演を『エリザベス』(1999)のジョセフ・ファインズが務め、ヒロイン・ヴァイオラ役のグウィネス・パルトロウが主演女優賞を獲得しました。

ジェフリー・ラッシュ、コリン・ファース、ベン・アフレック、ジュディ・デンチらそうそうたるオスカー俳優が顔を揃えます。

スポンサーリンク

映画『恋におちたシェイクスピア』の作品情報


(C)1998 Miramax Film Corp. and Universal City Studios, Inc. All Rights Reserved.

【公開】
1999年(アメリカ映画)

【脚本】
マーク・ノーマン、トム・ストッパード

【監督】
ジョン・マッデン

【編集】
デヴィッド・ガンブル

【出演】
グウィネス・パルトロウ、ジョセフ・ファインズ、ジェフリー・ラッシュ、コリン・ファース、ベン・アフレック、ジュディ・デンチ

【作品概要】
ジョン・マッデン監督による、文豪シェイクスピアの秘められた恋物語を虚実織り交ぜて描く恋愛史劇。

第71回(98年度)アカデミー作品賞・主演女優賞・助演女優賞・オリジナル脚本賞・美術&装置賞・衣裳デザイン賞の7賞を受賞した大作です。

主演は『エリザベス』(1999)のジョセフ・ファインズと『ダイヤルM』(1998)『アベンジャーズ』シリーズのグウィネス・パルトロウ。パルトロウがアカデミー主演女優賞を受賞しました。

『シャイン』(1997)のジェフリー・ラッシュ、『英国王のスピーチ』(2011)のコリン・ファース、『アルマゲドン』(1998)のベン・アフレックら豪華俳優陣が出演。

ヴィクトリア女王 最期の秘密』(2019)のジュディ・デンチが本作でアカデミー助演女優賞を受賞しています。

映画『恋におちたシェイクスピア』のあらすじとネタバレ


(C)1998 Miramax Film Corp. and Universal City Studios, Inc. All Rights Reserved.

1593年ロンドン。ペストの蔓延で芝居小屋が閉鎖されるなか、ウィリアム・シェイクスピアはスランプから抜け出して「ロミオとジュリエット」を書き進めていました。

芝居好きな資産家令嬢のヴァイオラ・デ・レセップスは、風紀上の理由から舞台では女性の役を変声期前の少年が演じなければならないということに反発心を持っていました。燃えるような恋に憧れながらも、現実では貧乏貴族のウェセックス卿との縁談が進んでいました。

シェイクスピアの新作の役者オーディションが行われる中、少年姿に扮したヴァイオラもトマス・ケントという名で参加します。彼女の演技に感動したシェイクスピアは思わず声をかけますが、ヴァイオラは逃げ出しました。シェイクスピアは家まで追っていきましたが、トマスを見つけ出すことはできませんでした。

ウェセックス卿を招いてのレセップス家パーティーにもぐりこんだシェイクスピアは、ヴァイオラの美しさに目を奪われます。ダンスをしながら熱くみつめあうふたり。ウェセックス卿はそんな彼らを見とがめ、マーロウと偽名を名乗ったシェイクスピアを追い出しました。

シェイクスピアの詩と作品に心酔するヴァイオラ。一方、シェイクスピアはヴァイオラという美しいミューズを得て作品をすごい勢いで書き上げます。

両親が留守の間、ヴァイオラはばあやに協力してもらいながら、トマス・ケントとしてロミオ役で出演することになります。

シェイクスピアから詩を捧げられ感動するヴァイオラの前にウェセックス卿が現れました。彼との結婚を初めて伝えられたヴァイオラは傷つきながらも己れの務めを果たすことを決心し、泣きながらシェイクスピアへ別れの手紙を書きます。

ヴァイオラはトマスに扮してシェイクスピアに手紙を渡しますが、ヴァイオラへの熱い恋を語るシェイクスピアに彼女は思わずキスしてしまいます。

トマスがヴァイオラであることに気づいたシェイクスピアは、部屋にしのびこみ彼女を熱く抱きしめました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには映画『恋におちたシェイクスピア』ネタバレ・結末の記載がございます。映画『恋におちたシェイクスピア』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)1998 Miramax Film Corp. and Universal City Studios, Inc. All Rights Reserved.

ロミオ役を演じるヴァイオラとの芝居の稽古中にも、シェイクスピアは彼女への愛の詩を紡ぎ続けます。

しかし、とうとう宮廷で女王陛下の前でウェセックス卿との結婚を報告する日が訪れます。ヴァイオラはウェセックス卿の手をとり、シェイクスピアは侍女に変装して同行しました。

エリザベス女王は芝居が本物の恋を書けるかという賭けを持ちだした後、ウェセックス卿にヴァイオラはすでにほかの男のものになっているとささやいて帰っていきます。

トマス・ケントとして稽古した後、ヴァイオラとシェイクスピアたちが酒場で飲んでいると、マーロウが何者かに殺されたという悲報が入りました。自分の代わりに彼が殺されたと思ったシェイクスピアは罪の重さに打ちのめされます。

ヴァイオラはシェイクスピアに、結婚しても心は彼のものだと言って抱きしめました。

シェイクスピアへの嫉妬に狂い、稽古場を訪れ彼に剣で切りかかったウェセックス卿。場が収まった後、マーロウを殺したのがウェセックス卿ではなかったことを知ってシェイクスピアは安堵します。

以前シェイクスピアに役を下ろされたことを恨む少年ジョンがトマス・ケントは女性だと密告したために、風紀を乱したかどで芝居小屋が閉鎖されてしまいます。

しかし、敵対していたカーテン座が協力を申し出たことから、「ロミオとジュリエット」は上演されることになりました。

ヴァイオラがウェセックス卿の結婚式の日がやってきました。式の後、上演のチラシを見たヴァイオラは、抜け出して劇場へと向かいます。

ヴァイオラの代わりにロミオ役を演じることになったシェイクスピア。満員の観客を前に幕が上がります。

しかし、ジュリエット役の少年が当日の朝に声変わりしてしまったため、劇団は窮地に陥ります。ピンチを知った客席のヴァイオラ。セリフをすべて暗記している彼女は急遽、女装した男性俳優としてジュリエットを演じることになります。

舞台は大成功し、情熱的な愛と悲劇を演じ切ったふたりに観客は惜しみない拍手を送りました。

そこに宮内長官が現れ、女王の名のもとに全員を逮捕すると告げます。しかし、お忍びで来ていたエリザベス女王が歩み出て、ヴァイオラをトマス・ケントとして労い罪を不問にしました。シェイクスピアには、今度は変装などせず城を訪ねてくるようにと声をかけます。

ウェセックス卿に妻に逃げられたといわれた女王は、ケントに対して、ヴァイオラを呼び戻すようにといいます。女王が負けた賭けの50セントはケントに渡されました。

ヴァイオラはシェイクスピアにこれからも書き続けてくれるように言い、最後のくちづけを交わして別れます。

「ロミオとジュリエット」の成功で名声を得たシェイクスピアは、女王の希望で喜劇「十二夜」を書き始めます。

ヒロインの名はヴァイオラ。彼女のアメリカでの新たな人生を想像しながら、シェイクスピアも新たな旅へと出発しました。

スポンサーリンク

映画『恋におちたシェイクスピア』の感想と評価


(C)1998 Miramax Film Corp. and Universal City Studios, Inc. All Rights Reserved.

現実と芝居が交錯する夢物語

若き日のシェイクスピアの恋を熱く美しく描く『恋におちたシェイクスピア』。ヒロインのヴァイオラは、シェイクスピア喜劇『十二夜』で兄の名をかたって男装する登場人物のヴァイオラとリンクして描かれます。

シェイクスピアに心酔する資産家の娘で芝居好きなヴァイオラは、少年姿に扮して当時女人禁制だった芝居のオーディションに参加し、ロミオ役を勝ち取ります。

その演技に魅了されたシェイクスピアが少年の後を家まで追っていき、実は大邸宅の美貌の令嬢ヴァイオラだと知って恋におちる物語です。

この作品の魅力は、舞台上の「ロミオとジュリエット」の熱い恋のセリフと、現実でのシェイクピアとヴァイオラの切ない情熱的なラブシーンが交錯し、リンクしていくところです。

現実の世界なのか、芝居の世界なのか、わからなくなるほどに両方の世界が溶け合っていきます。

ロイヤル・シェイクスピアカンパニーにも在籍した経験を持つジョセフ・ファインズをはじめ、実力派が繰り広げる緊迫感あるクライマックスの最後の舞台シーンは圧巻です

この時代の舞台を再現した中での演劇の姿に、さらに感動が高まります。

これらの名作を、粗末な机とつけペンからシェイクスピアが生み出した事実に思いを馳せ、その偉大さに改めて胸打たれるに違いありません。

人とペン、人と舞台、演者と観客。余計なもののない時代の純粋な芝居。人々がどれほどの熱狂をもってシェイクスピア劇を受け入れたかがダイレクトに伝わってくる一作です。

パルトロウ演じるヴァイオラの美しさに酔う


(C)1998 Miramax Film Corp. and Universal City Studios, Inc. All Rights Reserved.

結婚した妻と子に去られたシェイクスピアは、芸術家ならではの純粋さを失わず、ヴァイオラとの身分違いの恋に飛び込んでいきます。

パルトロウ演じるヴァイオラが見惚れてしまう素晴らしさで、ヴァイオラをミューズに数々の戯曲、詩を書き上げていったシェイクスピアの気持ちが手に取るように伝わってきます。

妖精の羽のような襟のドレスを着こなし、シェイクスピアも婚約者のウェセックス卿も虜にしたのももっともだと思わせる圧倒的な美しさです。

ウェセックス卿はヴァイオラがいないところでは散々愚痴りながら、いざ美しい彼女が現れると思わず「待たせるに値する女だ」と呟いて観る者を笑わせますが、シェイクスピアならさしずめ「書かせるに値する女だ」といったところでしょうか。シェイクスピアの愛と芸術は一体となってうねるように昇華されていきます。

シェイクスピアへのあふれ出る尊敬の念が熱い恋に変わったことで、幼かった彼女が大人の女性へと一気に花開く姿を、パルトロウが繊細に演じています。

もうひとつ特筆すべきは、エリザベス女王を演じたジュディ・デンチの存在です。彼女が生み出した真の女王に負けずとも劣らない威厳こそが、この時代を描くことに成功した一番の鍵となったことは間違いありません。

まとめ

シェイクスピアの恋と芸術を描き出した傑作『恋におちたシェイクスピア』。

実在した人物であるエリザベス1世やクリストファー・マーロウ、トマス・ケントが女性だと密告する少年ジョンなども登場し、現実と芝居を行き来する劇中同様、現実と非現実が織り交ぜられた傑作です。

切なく情熱的な恋におちる主演のジョセフ・ファインズとグウィネス・パルトロウの熱演もさることながら、彼らを支える豪華共演者の抜群の演技にも注目です。

ヘンズロー役で三枚目に徹する実力派のジェフリー・ラッシュ、きまじめなのにどこかコミカルなウェセックス卿を演じるコリン・ファース、脇役のマキューシオを演じるメイン劇団員ネッド役のベン・アフレックらが、絶妙なおかしみで軽やかで親しみある作品に仕上げています。

洞察力に長け人の心への同情心篤く、威厳ある女王エリザベスを演じたジュディ・デンチはさすがの名演です。

名優たちの素晴らしい演技に注目しながら、美しい夢絵巻の世界を堪能してください。




関連記事

ラブストーリー映画

ティモシー・シャラメ映画最新作『ホット・サマー・ナイツ』あらすじと感想。いち早く見どころ紹介

アメリカで2018年7月27日に公開された映画『Hot Summer Nights(原題)』。 主演は『君の名前で僕を呼んで』(2018)でおなじみ、実力派若手俳優のティモシー・シャラメ。 配給は『エ …

ラブストーリー映画

『ノッティングヒルの恋人』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。魅力ある恋愛映画をヒューグラント×ジュリアロバーツで紡いだ“おしゃれで最高の楽しさ”

ジュリア・ロバーツ、ヒュー・グラントを迎えて名手リチャード・カーティスが紡ぐ珠玉のラブコメ 『プリティ・ウーマン』(1990)のジュリア・ロバーツと『ラブ・アクチュアリー』(2004)のヒュー・グラン …

ラブストーリー映画

Netflix映画『マリッジストーリー』ネタバレ評価レビュー。大人のラブストーリーは何度も見たくなる深い味わい

2019年、第76回ベネチア国際映画祭コンペティション部門出品『マリッジ・ストーリー』 Netflix映画『マリッジ・ストーリー』は、知り合って10年になる30代半ばの夫婦が離婚するまでを描いた物語。 …

ラブストーリー映画

モダンライフ・イズ・ラビッシュ ロンドンの泣き虫ギタリスト|あらすじとキャスト。上映館情報も

映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ロンドンの泣き虫ギタリスト』は、11月9日(金)より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかロードショー! イギリス・ロンドンを舞台に、音楽が引き合わせた …

ラブストーリー映画

映画『巴里のアメリカ人』あらすじネタバレ感想とラスト結末の評価解説。ミュージカル名作傑作でジーン・ケリーとレスリー・キャロンが踊る!

『巴里のアメリカ人』は、アーサー・フリード、ヴィンセント・ミネリというMGMミュージカルの黄金コンビが、ジーン・ケリーを主役に、新星レスリー・キャロンを迎えて撮った傑作ミュージカルです。 以下、あらす …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学