Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

Entry 2017/01/22
Update

映画『僕らのごはんは明日で待ってる』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

  • Writer :
  • 西川ちょり

映画『僕らのごはんは明日で待ってる』のあらすじネタバレと感想や評価をまとめました!

以下、あらすじやネタバレが含まれる記事となりますので、まずは『僕らのごはんは明日で待ってる』映画作品情報をどうぞ!

スポンサーリンク

映画『僕らのごはんは明日で待ってる』作品情報

【公開】
2017年(日本)

【監督】
市井昌秀

【キャスト】
中島裕翔、新木優子、美山加恋、岡山天音、片桐はいり、松原智恵子

【作品概要】
瀬尾まいこのロングセラー小説を中島裕翔、新木優子のフレッシュコンビで映画化。中学生の時に兄を失った少年が、ずかずかと心の中に入ってくる同級生の女子とつきあうことで、成長していく姿を描く。

映画『僕らのごはんは明日で待ってる』あらすじとネタバレ

僕らのごはんは明日で待ってる
(C)2017「僕らのごはんは明日で待ってる」製作委員会

なれそめ

高校3年生の葉山亮太は今日も教室の窓からぼんやり空を眺めていました。中学生の時に兄を病気で亡くしてから、内にこもるようになってしまったのです。

そんな彼のもとに学級委員の上村小春が「たそがれているところ申し訳ないんだけど」と声をかけてきました。体育祭のクラス対抗リレーで米俵ジャンプに出るようにと言うのです。「パートナーは運動神経抜群の私ね」と小春。

放課後、米俵ジャンプの練習をする亮太と小春。だんだん息があってきました。青空をみながら「ちょうどこんな日だったんだ。兄貴が死んだの」と亮太が言うと「そうだね」と小春。「知ってるの?」「知ってるよ、家も近所だったし」。亮太は入院中の兄を想い出しました。「どんな時だって食べなきゃもったいない。食べろ、飲め、死は誰にでも来る。」と言っていた兄。

体育祭本番。息のあった二人はリレー優勝の立役者に。小春は亮太に「リレーで優勝したら告白するって決めてたの」と言います。「告白って誰に?」と亮太が聞くと「葉山くんだよ」と小春。まさか自分とは思わず驚く亮太。

小春の告白を断ってしまった亮太はある日、彼女が欠席していたのが気になって家を訪ねました。「どうしたのかなって」と亮太が言うと「インフルエンザだよ。今流行ってるでしょ? もしかして気付いてなかったの」と小春は呆れます。小春にポカリスエットを渡すと、亮太は言います。「好きになるのが怖いんだ。楽しい想いのあとには必ずむなしい想いが待ってると思うと怖い」。

不安な想いを告白した亮太は小春といろんな話をしました。大学には行かないつもりだという亮太に、葉山くんは大学に言ったほうがいいよ、と小春はいいます。数日後、小春が図書室で勉強しているところに亮太がやってきました。「大学に行くことにした。上村と同じ大学に行くよ」。すると突然「ええ!?」と大声を出す小春。実は小春は保育士の資格をとるために女子短大を受ける予定だったのです。

別々の大学ではありますが二人とも見事合格。亮太は大学で友達もでき、人柄の良さからなのか「イエス・キリスト」というあだ名までつきました。

交際と別れ

亮太と小春は、小春が大好物というケンタッキーフライドチキンのお店へ。小春はカーネル・サンダースの人形を見て、「ケンタッキーのお店は最初たった6席しかなかったんだよ。カーネルさんが65歳の時にフランチャイズ化したの。なんか勇気がもらえる気がする」と言い、人形と握手します。

屋上遊園地にやってきた二人。ここで初めて亮太は、小春には両親がなく、祖母と二人暮しなのを知りました。そういえば小春の泣き顔も見たことがありません。「私が泣いてる時は相当弱ってる時だから助けに来てね」と小春は冗談交じりに言います。

3年後、二人の交際は順調に続き、小春は念願の保育士として働き、亮太も就職が決まりました。亮太は小春の祖母に挨拶に行きますが、あまり良い反応を得られず気落ちします。

しばらくしてファミレスで食事をしていたときに、突然小春が別れ話を持ち出しました。理由も判然とせず、納得できない亮太でしたが、小春の意思は堅くとりつくしまもありません。

亮太はひどく落ち込み、おしぼり工場のバイトでも作業を忘れ物思いにふけり、その分友人はあたふた。しかし、大学の後輩の鈴原えみりに気に入られ、成り行きでつきあい始めます。でもやっぱり小春のことが忘れられないと悟った亮太はえみりにそのことを告げて別れます。

社会人となっても悶々としている亮太。ある日、小春が入院していることを人づてに聞きます。病院を訪ねますが、小春はつれない態度です。病名は子宮筋腫。摘出手術を受けないといけないそうです。子供時代に寂しい想いをした彼女は子どもたちと幸せな家庭を気づくのが夢だったので、とてもつらいはずです。

小春とどう接すればよいか迷っていた亮太は、二人で来たデパートの屋上の望遠鏡を覗いていました。すると、病院の屋上で一人泣きじゃくっている小春が目にはいってきました。亮太は以前彼女が言った言葉を思い出します。「私が泣いてる時は相当弱ってる時だから助けに来てね」。

行動する時

上村はつらいのに心配をかけまいとしてつれないそぶりをしていたんだ。亮太は駆け出します。ケンタッキーフライドチキンの店の前を通るとおもむろにカーネル・サンダースの人形を抱え走り続けます。小春の病室に到着し、「上村じゃなきゃだめなんだ」と叫んで、ベッドの小春に人形の手が届くように斜めに差し出しました。人形と握手する小春。笑顔になりました。

手術中、待機している祖母に亮太はあんパンを差し出します。そして兄の言葉を伝え、しっかり噛み締めて食べるのでした。手術は無事成功しました。

小春も元気になり、二人はカフェで栄養満点の食事をとっていました。祖母も二人の交際を認めてくれたし。そろそろお互いを名前で呼ぼうと、初めて「小春」「亮太」と呼び合う二人、ふいに亮太が立ち上がり、体を伸ばして向かいに座っている小春にキスをしました。

スポンサーリンク

『僕らのごはんは明日で待ってる』の感想と評価

(C)2017「僕らのごはんは明日で待ってる」製作委員会
(C)2017「僕らのごはんは明日で待ってる」製作委員会
見終わって、なんとも穏やかでほっこりした気分にさせられます。主人公の亮太の性格がそのまま映画の土台となっているからでしょう。

ほぼ主役二人だけで展開し、登場人物が非常に少ないという点で『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』に似ているのですが(タイトルも少し似ています)、『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』が純然たる恋愛映画だったのに対して、こちらは、恋人同士の話にもかかわらず、恋愛というよりは、バディ映画のようです。恋人同士というより、相棒に近いというのでしょうか。

どちらかといえばのんびり系の亮太に対して、ちゃきちゃきのしっかり系の小春というまったく正反対の二人が、交わす会話が実にいきいきとしていて、魅力的な会話劇となっています。

カーネル・サンダースと握手するシーンなど、どこかくすっと笑わせるユーモア感覚が絶妙で、ユーモラスな会話劇という点で、ウッディ・アレン的なセンスを感じると言ったら褒め過ぎでしょうか。

全編にほのかに流れる「きちんと生きる」という主題も好感が持てます。ただし、演出にはところどころひねった部分があり、とりわけ、オープニングの奇妙なショットには驚かされます。なんだこれ?と思った瞬間、カメラが90度回転して、展望台の望遠鏡であることがわかります。さらに中盤、同じ場面がそっくり繰り返され、クローズアップからの90度回転がもう一度観られます。同じ意味合いで、ストーブのアップから教室の全景を映していくシーンなど、ユニークなカメラワークにも注目です。

まとめ

(C)2017「僕らのごはんは明日で待ってる」製作委員会2
(C)2017「僕らのごはんは明日で待ってる」製作委員会
亮太を演じる中島裕翔は行定勲監督の『ピンクとグレー』でも主演しており、石原裕次郎や加山雄三ら、往年のスターを彷彿とさせる大物感があります。

小春を演じる新木優子もいくつかの作品に出ていますが、ちょい役ながら『聖の青春』の古本屋の店員役が非常に印象的でした。今回は、とてもさばさばした女性を演じ、これが地の性格?と思わせるぐらいのはまり役です。

『箱入り息子の恋』などで知られる市井昌秀監督は、映画監督になる前はお笑い芸人としても活躍されていた経歴の持ち主で、テンポのいいやりとりや、そこはかとない可笑しみを醸し出す会話は、その経験がいかされているのかもしれません。

関連記事

ラブストーリー映画

映画『シェルブールの雨傘』あらすじネタバレと感想。動画無料視聴方法も

フランスの大女優である、カトリーヌ・ドヌーヴの若く美しい姿も見れる傑作ミュージュカル『シェルブールの雨傘』。 2017年に公開し数多くの映画賞を受賞した『ラ・ラ・ランド』に大きな影響を与えたことで、再 …

ラブストーリー映画

映画『劇場版おっさんずラブ』ネタバレ感想とレビュー評価。BLにとどまらない人間讃歌と愛すべき人たちの物語

『劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』が2019年8月23日(金)に公開! 2018年新語・流行語大賞トップ10に選ばれ、Twitterトレンド第1位になるなど旋風を巻き起こした「お …

ラブストーリー映画

映画『青夏 きみに恋した30日』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

映画『青夏 きみに恋した30日』は、2018年8月1日(水)ロードショー。 NHKの連続テレビ小説『わろてんか』のヒロインを演じた、葵わかなの朝ドラ以降初の映画出演作品にしての実質的な主演映画。 原作 …

ラブストーリー映画

映画『窮鼠はチーズの夢を見る』ネタバレ解説と結末の内容考察。コミック実写版で描いた大倉忠義×成田凌共演の“男性同士の恋愛”

追い詰められて行き場を失ったネズミ君。 さぁ、本気の恋をしよう。 セクシャリティを超え、恋愛の喜びと切なさを描き出した、水城せとなの人気漫画『窮鼠はチーズの夢を見る』『俎上の鯉は二度跳ねる』を、行定勲 …

ラブストーリー映画

『愛と哀しみの果て』ネタバレあらすじ感想と結末の解説評価。大人の恋愛映画おすすめをロバート・レッドフォードとメリル・ストリープ共演で描いた“永遠の愛”

雄大な大地に綴られる愛の叙事詩 アフリカの大地に魅せられ、現地でコーヒー園を経営する一人の女性の激動の半生を描く感動作『愛と哀しみの果て』。 『トッツィー』(1983)の名匠シドニー・ポラック監督がア …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学